メイソンズ フレイバーストリップ・フレッシュ・メンソール(MASON'S FLAVOR STRIP FRESH MENTHOL)


MASONS_FLAVORSTRIP_FRESH MENTHOL メイソンズ フレイバーストリップ・フレッシュ・メンソール 手巻き
メイソンズフレイバーストリップ・
フレッシュ・メンソール

原産国:フィンランド
価 格:150円+税


【商品について】
 アクセサリブランドのメイソンズ(MASON’S)より、シャグにフレーバーを添加できるというシートが発売されました。
 フレーバーを添加するアイテムとしてはアパラギからいくつかのフレーバーリキッドが以前から出ていますが、シートという形状は見たことがありません。

 商品説明から抜粋すると、今までにない風味と香りで、シガレットにも手巻きたばこにもパイプたばこにも自分流の香りが愉しめるとのことです。全て植物由来成分、乾燥後に加工したので腐敗の心配はないとか。

 使い方は、パッケージを開封してシートを取り出して香り付けしたいものにそのまま挿入するだけ。約1時間後からフレーバーが香り出し、約7時間後には香りと風味がマックスになるそうです。
 香りの強さは時間で調節できるので、自分の好みの強さで愉しめるとのこと。

 フレーバーの内訳は、アイスコールド・スペアミント(ICE COLD SPEARMINT)、フレッシュ・メンソール(FRESH MENTHOL)、テイスティー・チェリー(TASTY CHERRY)、フルーティー・メロン(FRUITY MELON)、ピュア・ラズベリー(PURE RASPBERRY)、ブルーベリー・メンソール(BLUEBERRY MENTHOL)の6種類で、今回はフレッシュ・メンソールを購入してみました。

 パッケージを見ると「好みのフレーバーを選ぶ」という日本語が目にとまりますが、それと似たような意味であろう言葉が多言語で書かれています。Googleで翻訳した限りでは、それぞれ上から英語、フランス語、ロシア語、スペイン語、日本語、(恐らく)インドネシア語、ドイツ語のようです。

 また、パッケージの裏にはシートの使い方が書かれています。


MASONS_FLAVORSTRIP_FRESH MENTHOL メイソンズ フレイバーストリップ・フレッシュ・メンソール 手巻き


 そしてこれがシートです。


MASONS_FLAVORSTRIP_FRESH MENTHOL メイソンズ フレイバーストリップ・フレッシュ・メンソール 手巻き


 見づらいですが、MASON'Sのロゴが箔押しされています。開けた瞬間に、目に来そうなくらいのメンソールが添加されていました。

 因みに、この手のもの楽しむには個性の強いシャグよりは、無難な喫味で薄味のシャグの方が適しているでしょう。


【商品の感想】
 初めてなので、今回はパウチに入れて様子をみました。
 1時間経ってから試してみましたが、殆どフレーバーは添加されておらず、意識して吸えば申し訳程度の清涼感をおぼえる程度でした。
 さらに時間を置いて約7時間後に改めて試してみましたが、さっきよりはわずかにメンソールが強まったかなという程度で大きな変化はありませんでした。商品説明と開封段階ではかなり強そうだったので、予想が外れました。

 その後も入れっぱなしにしてなるべくシートに接着している部分のシャグを中心に試してみましたが、状態は殆ど変わらないまま1パウチを消費しました。


【全体的な感想】
 もしかしたら元々がそれほど強いものではないのか、あるいは使い方を間違えたのかはわかりませんが、私が思っていたような結果にはなりませんでした。

 また、使ってから気づいたことですが、他のフレーバーはともかくとしても単にメンソールを添加したいのであれば、わざわざこれを使わずともメンソールのフィルターを使用した方が早い気がします。
 とはいえ、私が知る限りではどのメンソールフィルターも清涼感は強めなので、ほんのり程度が好きという人には良いアイテムかもしれません。

 ともあれ、メンソール以外にも気になるフレーバーもあるので次回は他を試してみようと思います。





▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : メイソンズ・フレイバーストリップ・フレッシュメンソ メイソンズ MASON'S MASON'S_FLAVORSTRIP フレーバーシート

アパッチ・シルバー(APACHE SILVER)【シャグの感想】


アパッチ・シルバー APACHE_SILVER アパッチ APACHE 手巻きタバコ RYO
アパッチ・シルバー
原産国:オランダ
内容量:25g
価 格:560円
グラム単価:22.4円
【巻紙付】


【商品について】
 オランダ産シャグのアパッチ(APACHE)より、今回はシルバー名義のシャグです。

 商品説明によると煙量豊かな喫煙がベストで、刻み幅は通常のシャグより広くハバナを含め10種類のタバコが入っているとのこと。太巻きで作ることを勧めています。

 私の認識では、ラスタ・シルバー(RASTA SILVER)然りチェ・シルバー(che SILVER)然り、シルバーを銘打ったシャグはオリジナルより軽めのもの、つまり昔の紙巻きタバコで言うライトやマイルド系を意味すると思っていたのですが、これに関してはそういうことではないようです。


【シャグについて】
 シャグの幅はやや粗めで、色はダークブラウン。開封状態では乾燥しているので、気になれば加湿した方が良いかもしれません。


アパッチ・シルバー APACHE_SILVER アパッチ APACHE 手巻きタバコ RYO

【喫味】
 全体的にはコクのあるビター系で、ほのかな甘みを感じつつ後味はすっきりしていました。吸いごたえも、吸っている間はやや軽めに感じたのですが、時間差で強めの充足感が来た印象です。
 他のアパッチとは系統の異なる喫味で、個人的にはクラシックやハーフスワレ系を大衆向けに仕上げた感じに思いました。
 あくまで勝手に連想したことですが、どことなくプエブロのオレンジ(PUEBLO NATURAL ORANGE)の喫味に似ている気がします。

 太巻きか細巻きかは好みの問題ですが、個人的には太巻きだと強すぎたので細巻きの方がしっくり来ました。
 また、刻み幅は粗めなので、各々の好みはあるものの巻紙は厚めの方が適しているでしょう。


【巻紙】
 ルックアウト(LOOKOUT)名義の巻紙が入っていました。一般的な、フリーバーニングの漂白ペーパーです。


apache アパッチ 巻紙 ローリングペーパー ルックアウト LOOK_OUT RYO

【最後に…】
 やはり、他のシルバーを銘打ったシャグとは異なるどころか、オリジナルとは一線を画すした喫味のシャグでした。それなりにクセのある喫味なので、好みは分かれるかもしれません。

 とはいえ、価格も容量も手頃なので手を出しやすいシャグだと思います。


 

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png







関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 アパッチ・シルバー APACHE_SILVER) アパッチ APACHE

一ヶ月にかかる手巻きタバコ代−2017年5月【コストパフォーマンス】

 さて、月末になったので2017年5月にかかったタバコ代を紹介します。


【シャグ】

-----
合計:2,770円



【巻紙】

-----
合計:770円


【フィルター】

-----
合計:360円


【紙巻きタバコ(JT製品)】

-----
合計:2,640円



★★総計:6,540円★★




 5月は31日あるので、一日あたりのタバコ代は約210円となりました。


 今月は多少の買いだめをしたことや、外出先で紙巻きを買う機会が多かったために相応の出費となりました。
 とはいえ、数年前に手巻きタバコを始めた頃のようにひと月あたり8,000円以上かかることがほぼなくなったのは、単純に消費量が減ったからでしょう。

 体調や体質、日常生活の変化等もありますが、やはり以前と比べても公然と喫煙できる機会や場所が確実に限定されていることも大きい気がします。
 


▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png

 

▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 一ヶ月の手巻きタバコ代 出費 コストパフォーマンス

スモーキング・シネスト(Smoking THINNEST)【巻紙・ペーパーの感想】


Smoking_THINNEST 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー スローバーニング
スモーキング・シネスト
レギュラーサイズ:長さ69mm × 幅37mm
ミディアム(1-1/4)サイズ:長さ77mm × 幅44mm
キングサイズ:長さ108mm×幅44mm    
購入価格:120円 / 60枚〜(※取扱店によって価格が異なる場合あり)
単価:2.0円〜
原産国:スペイン
燃焼速度:スローバーニング



【商品について】
 アクセサリ全般のブランドで、特に巻紙には定評のあるスモーキングより、“世界最薄”を銘打った巻紙が発売されました。英語で「薄い」を意味する「thin」に最上級を表す「est」がついているので、商品名としてはわかりやすいです。
 
 因みに、2016年にOCBより“世界史上最薄”という触れ込みで「OCB アルティメイト(OCB ULTIMATE)」が発売されているので、その競合ということでしょう。


 スモーキングの公式サイト(※要年齢確認)にある商品説明から抜粋すると、

 “今までで最も薄いペーパーで、飛んでしまうほど薄い!市場の平均的ペーパーと比べると20%も薄く、1平方メートルあたり10gという軽さで透明感もMAX。しかも強度もある。”

 とのことで、とりあえず薄さには自信があるようです。 

 また、FSC®(森林保護基金協力)の認定も受けているようで、糊は100%天然の野菜由来とのことで、環境にも人体にもやさしいことも強調しています。

 なお、上記の通りレギュラー、ミディアム、キングサイズと、全てのサイズが揃っています。


Smoking_THINNEST 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー スローバーニング


 これが巻いた画像です。
 少しわかりづらいですが、OCBアルティメイト同様シャグの細かい部分が目視できるほど薄いです。
 確かに、紙をつまんでみると互いの指の腹や体温を感知できるほど薄く、感触ではOCBの方と殆ど変わらないと思います。
 また、説明どおり強度もそれなりに丈夫のようで、すぐ破れるといったことはありません。
 

【喫味】
 確かに紙の味は全く気にならないので、タバコの味を直に愉しるでしょう。多少なりともプラセボや気分の問題もあるかもしれませんが、他の薄紙と比べてもいくぶんか喫味が濃いと感じられました。尤も、これだけ薄くて紙の味がしてしてしまうと話がおかしくなってしまいますが。

 燃焼速度は、シャグの量や吸引力である程度は左右されるものの、他のスローバーニングの薄紙(特に半透明のもの)と大きな差は無いように思いました。とはいえ、遅いには遅いのでじっくりと1本を愉しめるでしょう。

 しかし、最薄ゆえなのか状況によっては火種が消える頻度が高い気がします。
 これもシャグの状態や詰め具合、吸い方、場所等で変わってきますし、すぐに火が消えること自体はスローバーニングの薄紙全てに言えることではあるのですが、これに関しては1本吸いきるまでに火をつけ直すことが他製品よりも多かったです。


【最後に…】
 正直なところ、OCB・アルティメイトや他の薄紙との大きな違いは感じませんでしたが、単純に良質の巻紙だと思いました。
 枚数の単価で考えても、こちらの方が経済的という点はありがたいところです。
 薄ければ良いというわけでもありませんが、個人的にはなかなか気に入りました。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png







関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー スモーキング・シネスト Smoking_THINNEST Smoking スモーキング ヘンプペーパー 薄紙 スローバーニング

ハーベスト・アップルレモン(HAEVEST APPLE LEMON)【シャグの感想】

HAEVEST_APPLE_LEMON HAEVEST ハーベスト・アップルレモン ハーベスト 手巻きタバコ RYO
ハーベスト・アップルレモン
原産国:ドイツ
内容量:40g
価格:860円
グラム単価:21.5円
【巻紙付】


【商品について】
 フレーバーシャグシリーズのハーベスト(HARVEST)より、今回はアップルレモンフレーバーのシャグです。私が手巻きタバコを始めた頃には既に存在していたので、それほど新しい銘柄ではありません。

 因みに、アップルフレーバーのシャグは、チョイスアップル(CHOICE APPLE)とダブルアップル(CHOICE DOUBULE APPLE)が、レモンフレーバーはエクセレント・レモンミント(EXCELLENT LEMON MINT)とスタンレー・レモン(STANLEY Lemon)がありますが、双方をミックスしたフレーバーのシャグはこれだけでしょう。
 


【シャグについて】


HAEVEST_APPLE_LEMON HAEVEST ハーベスト・アップルレモン ハーベスト 手巻きタバコ RYO


 パウチを開けると、早速アップルの甘い香りを感じます。私の嗅覚では、レモンの要素は殆ど感じませんでした。
 個人的には少し芳香剤を思わせるケミカルさを感じましたが、全体的には上品で心地の良い香りです。

 刻み幅は細めで、シャグはある程度だけ保湿されています。気になれば加湿した方が良いでしょう。


【喫味】
 かなり甘酸っぱいアップルのフレーバーが口や鼻を通ります。アップルとレモンが均等に混ざっているというよりは酸味の強いアップルという趣で、レモンはあくまでも隠し味程度の強さです。
 喩えるならば単に酸っぱいリンゴ、或いはアップルジュースにレモン果汁を少量加えたような感じで、このあたりが他のアップルフレーバーのシャグとの大きな違いだと思います。
 
 また、フレーバー系全般に言えることですが吸いごたえは軽めです。フレーバーは濃い目に感じましたが、そもそもがしつこくないことも相まって、吸っていて非常に心地よいです。私の場合は、良い意味で立て続けに手を出したくなるフレーバーでした。
 
 とはいえ、あくまで私見ですが、乾燥するとフレーバーが若干芳香剤に寄る印象を思わせたので、気になるのであればこまめに保湿をした方が良いかもしれません。


【巻紙】
 私がこれまでに購入したハーベストには同名の巻紙(普通のシガレットペーパー)が同梱されていましたが、今回はMASON'sのヘンプペーパー同梱されていました。どこかのタイミングで変わったのでしょう。
 スローバーニングの薄紙で単体でも販売しているものなので、少しお得です。


MANITOU マニトウ 無添加シャグ 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー ヘンプペーパー 麻紙 スローバーニング

【最後に…】
 これを含め、アップルフレーバーのシャグは過去に試喫程度で嗜んだことはあったものの、あまりピンと来なかったので今まで購入していなかったのですが、実際にじっくり嗜んでみるとなかなか気に入ったシャグでした。値段も手頃なので、単純に良い買い物でした。

 これを機に、他のアップル系のシャグもいずれ試してみようと思います。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png






関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 HAEVEST_APPLE_LEMON HAEVEST ハーベスト・アップルレモン ハーベスト レモンフレーバー アップルフレーバー

プロフィール

dada

Author:dada
シャグ・手巻きタバコのブログです。シャグ・巻紙・フィルターの感想や、手巻きタバコを始めて気づいたことや思ったことを書いています。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR