FC2ブログ

【日本未発売のシャグ】ARLEQUIN MYSTIQUE【シャグの感想】

Arlequin_01.jpg
ARLEQUIN MYSTIQUE
原産国:アルゼンチン
内容量:30g
巻紙:なし
価格:不明


【商品について】
 このブログでは時折日本未発売のシャグを紹介していますが、またいくつか入手したのでそのうちの一つを紹介します。
 今回は「ARLEQUIN」というシャグで、Van Haasenというメーカーから出ているフレーバーシャグのシリーズのようです。
 商品名は“道化師”を意味するフランス語のようで、本来は「アルルカン」と読むらしいです。日本では、英語読みの「ハーレクイン」の方が聞きなじみはあるかもしれません。

 因みにVan haasenとは恐らくオランダかドイツあたりの姓と思われますが、原産はアルゼンチンのようです。

 公式サイトによるとフレーバーの内訳はSWISS CHOCOLATE、VANILLA、FRESH LEMON、MANGO、GRAPE、MENTHOL、MINT、MYSTIQUEと計8種類で、スタンレー並みのラインナップのようです。

 今回はMYSTIQUEを入手したのですが、和訳すると「神秘」という意味だそうです。どれだけ現地で売れているかはわかりませんが、恐らくスタンダードではないでしょう。

 パッケージには4種類のフルーツが描かれていて、キウイとパパイヤはわかるのですが他の2つはよくわかりません。恐らく、白い方がノニあたりで、暗い色の方はプルーンでしょうか。
 サイトの説明文を翻訳にかけると、

 トロピカルフルーツの爆発、強烈な鼻の香り、非常にフルーティーで甘い。

 
 と翻訳されました。


 ところで、アルゼンチンでは健康被害に関する警告表示の面積はパッケージの半分と決まっているようで、今回は掲載しませんが他のシャグも同じでした。ちなみに、警告の文言は「今日から禁煙」という意味だそうです。


【シャグについて】
 色は明るめ且つ毛足は少し粗めで、多少は加湿されていました。
 そしてシャグの香り海外産のスイカ味のガムに似た匂いで、少しケミカルな芳香剤を思わせます。ともあれかなり独特で、現在日本で流通しているシャグには無い香りです。


Arlequin_02.jpg


【喫味】
 日本で売っていない以上は詳細を説明しても証明のしようがないので最低限に留めますが、確かに説明通りトロピカル系で香りは強めでした。
 しかしながら、キウイやパパイヤの要素がどこに生かされているのかがよくわからなかったのが残念ですが、パッケージのフルーツはあくまでイメージということでしょうか。
 かなり好き嫌いが分かれそうなフレーバーなので、恐らく現地でもスタンダードなシャグでは無いと思います。
 同様に日本でも、あまり受け入れられないだろうと思われるフレーバーでした。
 
 また、香りは強いながらもタバコ自体の喫味も楽しめたのですが、なかなか糖度が高く香ばしい葉でした。


【最後に…】
 正直なところ最後まで楽しめるかはわかりませんが、世の中にはこういうタバコがあるというのがわかったという点では悪くない経験でした。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png









関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 ARLEQUIN_MISTIQUE 日本未発売 アルゼンチンのシャグ VAN_HAASEN フレーバーシャグ

一ヶ月にかかる手巻きタバコ代−2018年9月【コストパフォーマンス】

 さて、月末になったので2018年9月にかかったタバコ代を紹介します。
 厳密に言えばまだ1日ありますが、もう買うことはないので前倒しで紹介します。

【シャグ】

-----
合計:3,750円


【フィルター】

-----
合計:380円



【加熱式タバコ】

  • neostick スムース・フレッシュ×10=4,200円(@420)
-----
合計:4,200円


【紙巻きタバコ(シガリロ含む)】

  • ボヘームシガー・モヒート(BOHEM CIGAR mojito)×1=420円
  • メビウス・プレミアムメンソール・フローズン・5(MEVIUS PREMIUM MENTHOL FROZEN)×12=5,280円(@440)
  • ケント・エスシリーズ・スパーク 5・100’s(KENT SPARK 5)×1=410円
  • ケント・クリックメンソール・アロマ 5(KENT CLICK MENTHOL AROMA 5)×1=420円
  • ホープ・メンソール(HOPE MENTHOL)×2=460円(@230)
-----
合計:6,990円



★★総計:15,320円★★



 9月は30日あるので、1日あたりのタバコ代は約510円となりました。


 10月からタバコ代は軒並み値上げするため、今月は買いだめも兼ねているのでけっこうな額になりました。

 シャグに関しては、容量によっては比率的に紙巻きほどの上がり幅ではないものが多いという印象ですが、個人的に気に入っているコルツはけっこう上がるので(+80円)2つだけ買っておきました。

 また、メビウス・プレミアムメンソールは今まで試したことはなかったのですが、たまたま人からもらったところなかなか気に入ったので、カートンで買っておきました。

 とはいえ、今月買いだめをしたからといって来月はその分だけ出費が減るとは限りませんが。
 

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png

 

▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 一ヶ月の手巻きタバコ代 出費 コストパフォーマンス

タバコ税率引上げに伴うシャグの値上げ

 2018年10月より、タバコ税率引き上げに伴い値上げするのでシャグの新価格表とグラム単価を作成しました。
 なお、今回記載している銘柄はこのブログで紹介しているものだけとし、既に廃盤予定になっている銘柄は記載しておりません。

price_2018.png


 基本的にはほぼ全ての銘柄が値上げするようですが、アムステルダマージャンゴは据え置きのようです。
 また、値上げ幅は概ね容量に比例しているようで20〜80円増しが多いようですが、レッドブルシリーズはなぜか180円も上がります。参考までに。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 値上げシャグリスト

スタンレー・バナナ(STANLEY Banana)【シャグの感想】

スタンレー・バナナ スタンレー STANLERY_BANANA STANLERY バナナフレーバー 手巻きタバコ RYO
スタンレー・バナナ
原産国:ベルギー
内容量:30g
価格:690円
グラム単価:23.0円
【巻紙付】


【商品について】
 値段と容量が手頃で、且つフレーバー系・ノンフレーバー系共に抱負なラインナップを取り揃えているスタンレーですが、2018年9月頃にオレンジ(STANLEY Orange)とバナナが追加されました。今回はバナナの紹介です。

 タバコとバナナという組み合わせのは珍しいように思いますが、紙巻きではこれまでにいくつか出ていたことがわかりました。

 現状では、マールボロ ダブルバースト アンバー5(Marlboro w-burst amber 5)のカプセルの一つはバナナ系をイメージしているそうで、過去にはキャプテンアーク・バナナ(CAPTAIN ARK)や、期間限定ではあったもののホープ・リッチイエロー(HOPE RICH YELLOW)は夜店のチョコバナナをイメージしたものというコンセプトでした。

 しかし手巻きとなると、私が知る限りではこのページで紹介しているバナナフレーバーの巻紙(マントラ・バナナ)があるくらいなので、競合のないフレーバーということになります。

 余談ですが、バナナの皮はシャグの保湿に適しているそうです。


【シャグについて】


スタンレー・バナナ スタンレー STANLERY_BANANA STANLERY バナナフレーバー 手巻きタバコ RYO


 他のスタンレー同様、シャグはしっかり保湿してあります。
 刻み幅はかなり細いので、ハンドロールでもローラーでも巻きやすいでしょう。ただし保湿がしっかりされている分、ギュウギュウに詰めるとドローが悪くなるので注意が必要です。


 パウチを開けた途端に漂うので、香り自体は強めです。
 芳香剤や香水のような人工的なものではなく、上等なバナナの香料がふんだんに使われているようで、上等な洋菓子を思わせます。また、あくまで私の嗅覚ではタバコ専門店の店内の香りに似ていると思いました。


【喫味】
 香りこそ洋菓子と書きましたが、市販のバナナジュースを思わせるフレーバーです。
 後味はすっきりしていますが全体的には濃厚というかクリーミーなので、コクが倍増している感じです。
 コクが倍増というのはマントラでも書きましたが、やはりシャグに直接添加されている分、こちらの方がよりバナナを楽しめるでしょう。
 また、他の着香系シャグ同様吸いごたえは軽めなので、良い意味で立て続けに手を出したくなりました。


【巻紙】
 スモーキング・グリーン(Smoking Green)が同梱されていました。コーナーがカットされているので、ローラーで巻きやすい設計になっています。
 また、オマケの巻紙の多くは50枚入りですが、これは60枚入りなので紙にこだわらないという人には少しお得です。


Smoking_Green_cut_corners スモーキング・グリーン・カットコーナー 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー RYO

【最後に…】
 なかなか新感覚の喫味ですが、個人的にはなかなか楽しめました。
 単品でもじゅうぶん楽しめると思いますが、他のシャグとのブレンドしても楽しめるでしょう。
 ノンフレーバーに少量混ぜるのも良いと思いますが、やはりチョコレートフレーバーのシャグと混ぜてチョコバナナにしたり、バニラフレーバーのシャグと混ぜてバナナミルクを再現するのも良いかもしれません。 



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png




関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 STANLEY_Banana STANLEY スタンレー・バナナ スタンレー バナナフレーバー

一ヶ月にかかる手巻きタバコ代−2018年8月【コストパフォーマンス】

 さて、月末になったので2018年8月にかかったタバコ代を紹介します。

【シャグ】

-----
合計:1,210円


【巻紙】

-----
合計:240円



【加熱式タバコ】

  • neostick スムース・フレッシュ×7=2,940円(@420)
-----
合計:2,940円


【紙巻きタバコ(シガリロ含む)】

  • セブンスター・メンソール5(SEVEN STARS MENTHOL 5)×2=920円(@460)
  • ブラックスパイダー・チェリーコーラ(BLACK SPIDER CHERRY COLA)×1=450円
  • マールボロ・ダブルブースト・パープル(marlboro w-burst pueple)×1=470円
  • ケント・エスシリーズ・スパーク 5・100’s(KENT SPARK 5)×1=410円
  • ケント・クリックメンソール・アロマ 5(KENT CLICK MENTHOL AROMA 5)×1=420円
-----
合計:2,670円



★★総計:7,060円★★



 8月は31日あるので、1日あたりのタバコ代は約228円となりました。


 先月からgloを使っているのですが、結果的にはgloに最も費用がかかったという結果になりました。
 やはり紙巻きや手巻きの方が断然美味しいと思っているのですが、普通のタバコより加熱式タバコであれば喫煙が許されるという環境に置くことが多かったのが要因です。

 また、10月よりほとんどの紙巻き及び加熱式タバコが値上げされます。増税分は1本あたり1円のようですが、原材料やら諸々のコストや品質維持を加味して1本あたり2円アップが相場のようです。そのため、1箱あたり大体40円程度上がることになります。

 シャグに関しては特に情報はありませんが、特に都心では喫煙できる環境がより厳しくなっていることも考えると、行く行くのことを検討せざるを得なくなるのかなと感じている次第です。
 

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png

 

▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!






関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 一ヶ月の手巻きタバコ代 出費 コストパフォーマンス

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR