スモーキング・シネスト(Smoking THINNEST)【巻紙・ペーパーの感想】


Smoking_THINNEST 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー スローバーニング
スモーキング・シネスト
レギュラーサイズ:長さ69mm × 幅37mm
ミディアム(1-1/4)サイズ:長さ77mm × 幅44mm
キングサイズ:長さ108mm×幅44mm    
購入価格:120円 / 60枚〜(※取扱店によって価格が異なる場合あり)
単価:2.0円〜
原産国:スペイン
燃焼速度:スローバーニング



【商品について】
 アクセサリ全般のブランドで、特に巻紙には定評のあるスモーキングより、“世界最薄”を銘打った巻紙が発売されました。英語で「薄い」を意味する「thin」に最上級を表す「est」がついているので、商品名としてはわかりやすいです。
 
 因みに、2016年にOCBより“世界史上最薄”という触れ込みで「OCB アルティメイト(OCB ULTIMATE)」が発売されているので、その競合ということでしょう。


 スモーキングの公式サイト(※要年齢確認)にある商品説明から抜粋すると、

 “今までで最も薄いペーパーで、飛んでしまうほど薄い!市場の平均的ペーパーと比べると20%も薄く、1平方メートルあたり10gという軽さで透明感もMAX。しかも強度もある。”

 とのことで、とりあえず薄さには自信があるようです。 

 また、FSC®(森林保護基金協力)の認定も受けているようで、糊は100%天然の野菜由来とのことで、環境にも人体にもやさしいことも強調しています。

 なお、上記の通りレギュラー、ミディアム、キングサイズと、全てのサイズが揃っています。


Smoking_THINNEST 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー スローバーニング


 これが巻いた画像です。
 少しわかりづらいですが、OCBアルティメイト同様シャグの細かい部分が目視できるほど薄いです。
 確かに、紙をつまんでみると互いの指の腹や体温を感知できるほど薄く、感触ではOCBの方と殆ど変わらないと思います。
 また、説明どおり強度もそれなりに丈夫のようで、すぐ破れるといったことはありません。
 

【喫味】
 確かに紙の味は全く気にならないので、タバコの味を直に愉しるでしょう。多少なりともプラセボや気分の問題もあるかもしれませんが、他の薄紙と比べてもいくぶんか喫味が濃いと感じられました。尤も、これだけ薄くて紙の味がしてしてしまうと話がおかしくなってしまいますが。

 燃焼速度は、シャグの量や吸引力である程度は左右されるものの、他のスローバーニングの薄紙(特に半透明のもの)と大きな差は無いように思いました。とはいえ、遅いには遅いのでじっくりと1本を愉しめるでしょう。

 しかし、最薄ゆえなのか状況によっては火種が消える頻度が高い気がします。
 これもシャグの状態や詰め具合、吸い方、場所等で変わってきますし、すぐに火が消えること自体はスローバーニングの薄紙全てに言えることではあるのですが、これに関しては1本吸いきるまでに火をつけ直すことが他製品よりも多かったです。


【最後に…】
 正直なところ、OCB・アルティメイトや他の薄紙との大きな違いは感じませんでしたが、単純に良質の巻紙だと思いました。
 枚数の単価で考えても、こちらの方が経済的という点はありがたいところです。
 薄ければ良いというわけでもありませんが、個人的にはなかなか気に入りました。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー スモーキング・シネスト Smoking_THINNEST Smoking スモーキング ヘンプペーパー 薄紙 スローバーニング

ハーベスト・アップルレモン(HAEVEST APPLE LEMON)【シャグの感想】

HAEVEST_APPLE_LEMON HAEVEST ハーベスト・アップルレモン ハーベスト 手巻きタバコ RYO
ハーベスト・アップルレモン
原産国:ドイツ
内容量:40g
価格:860円
グラム単価:21.5円
【巻紙付】


【商品について】
 フレーバーシャグシリーズのハーベスト(HARVEST)より、今回はアップルレモンフレーバーのシャグです。私が手巻きタバコを始めた頃には既に存在していたので、それほど新しい銘柄ではありません。

 因みに、アップルフレーバーのシャグは、チョイスアップル(CHOICE APPLE)とダブルアップル(CHOICE DOUBULE APPLE)が、レモンフレーバーはエクセレント・レモンミント(EXCELLENT LEMON MINT)とスタンレー・レモン(STANLEY Lemon)がありますが、双方をミックスしたフレーバーのシャグはこれだけでしょう。
 


【シャグについて】


HAEVEST_APPLE_LEMON HAEVEST ハーベスト・アップルレモン ハーベスト 手巻きタバコ RYO


 パウチを開けると、早速アップルの甘い香りを感じます。私の嗅覚では、レモンの要素は殆ど感じませんでした。
 個人的には少し芳香剤を思わせるケミカルさを感じましたが、全体的には上品で心地の良い香りです。

 刻み幅は細めで、シャグはある程度だけ保湿されています。気になれば加湿した方が良いでしょう。


【喫味】
 かなり甘酸っぱいアップルのフレーバーが口や鼻を通ります。アップルとレモンが均等に混ざっているというよりは酸味の強いアップルという趣で、レモンはあくまでも隠し味程度の強さです。
 喩えるならば単に酸っぱいリンゴ、或いはアップルジュースにレモン果汁を少量加えたような感じで、このあたりが他のアップルフレーバーのシャグとの大きな違いだと思います。
 
 また、フレーバー系全般に言えることですが吸いごたえは軽めです。フレーバーは濃い目に感じましたが、そもそもがしつこくないことも相まって、吸っていて非常に心地よいです。私の場合は、良い意味で立て続けに手を出したくなるフレーバーでした。
 
 とはいえ、あくまで私見ですが、乾燥するとフレーバーが若干芳香剤に寄る印象を思わせたので、気になるのであればこまめに保湿をした方が良いかもしれません。


【巻紙】
 私がこれまでに購入したハーベストには同名の巻紙(普通のシガレットペーパー)が同梱されていましたが、今回はMASON'sのヘンプペーパー同梱されていました。どこかのタイミングで変わったのでしょう。
 スローバーニングの薄紙で単体でも販売しているものなので、少しお得です。


MANITOU マニトウ 無添加シャグ 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー ヘンプペーパー 麻紙 スローバーニング

【最後に…】
 これを含め、アップルフレーバーのシャグは過去に試喫程度で嗜んだことはあったものの、あまりピンと来なかったので今まで購入していなかったのですが、実際にじっくり嗜んでみるとなかなか気に入ったシャグでした。値段も手頃なので、単純に良い買い物でした。

 これを機に、他のアップル系のシャグもいずれ試してみようと思います。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png






関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 HAEVEST_APPLE_LEMON HAEVEST ハーベスト・アップルレモン ハーベスト レモンフレーバー アップルフレーバー

一ヶ月にかかる手巻きタバコ代−2017年4月【コストパフォーマンス】

さて、月末になったので2017年4月にかかったタバコ代を紹介します。


【シャグ】

-----
合計:1,930円



【巻紙】

-----
合計:324円


【紙巻きタバコ(JT製品)】

-----
合計:2,560円



★★総計:4,814円★★




 4月は30日あるので、一日あたりのタバコ代は約160円となりました。


 今月は、先々月より抑えられた先月より、さらに抑えられました。
 とはいえ、シャグよりも紙巻きの方が高くついてしまったのですが、今月は時間の関係であまりタバコ屋に行けなかったため、今回購入した紙巻きタバコのいくつかはバラして手巻きにするためのものだったので、もしかしたらそれが要因かもしれません。
 スリムサイズで巻けば10本でもけっこうな数が巻けるので。
 
 とはいえ、価格と消費量が比例しているかとなると決してそうではなく、何だかんだで忙しさからくるストレス等でムダ吸いが多かったような気がします。


▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png

 

▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 一ヶ月の手巻きタバコ代 出費 コストパフォーマンス

レッドブル・バージニア(RED BULL VIRGINIA)【シャグの感想】


RED BULL VIRGINIA レッドブル・バージニア レッドブル RED BULL 手巻きタバコ RYO
レッドブル・バージニア
原産国:ドイツ
内容量:40g
価 格:950円
グラム単価:23.75円
【巻紙付】


【商品について】
 このページではチーター・アフリカ(CHEETAH AFRICA EDITION)を紹介していますが、これと同時発売という形でレッドブル・バージニアも登場しました。レッドブルシリーズでは、ブラックカラント(RED BULL BLACK CURRANT)以来の新作ではないでしょうか。

 商品説明によると、「バージニアブレンドによる、調和のとれたマイルドな甘み」とのことです。
 因みに、レッドブル・ブロンドとハーフスワレ、最近登場したツアレ(RED BULL ZWARE SHAG)は900円ですが、これはブラックカラントと同じで950円です。


【シャグについて】
 実のところ、開けてからかなり時間が経ってしまったため開封段階のシャグの保湿状態は覚えていないのですが、それほど加湿されていた記憶はありません。加湿してから楽しんだ方が確実でしょう。


RED BULL VIRGINIA レッドブル・バージニア レッドブル RED BULL 手巻きタバコ RYO

【喫味】
 すっきりした酸味、仄かな苦味、穏やかなコクがバランス良く口や鼻を通り、心なしかフルーティな後味も感じました。
 吸いごたえはやや強めに感じましたが、全体的にはなかなか良いシャグだと思います。
 そこそこ万人受けするシャグに思いましたが、人によっては苦味や酸味をクセと思うかもしれないことと、吸いごたえはやはり昨今の紙巻きタバコと比較すれば強めということを考えれば、好みが分かれる喫味かもしれません。


【巻紙】
 レッドブル名義の巻紙が入っていました。一般的な、フリーバーニングの漂白ペーパーです。


RED_BULL_BLOND, RED_BULL, レッドブル・ブロンド レッドブル 手巻きタバコ RYO バージニア


【最後に…】
 ものすごく気に入ったというわけではありませんが、グラム単価も決して高くないことも踏まえ、個人的にはなかなか悪くないシャグだと思いました。
 少なくとも、1パウチ分は持て余すことなく全て消費できるかなと思ったという程度で気に入りました。


 

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png







関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 レッドブル・バージニア RED_BULL_VIRGINIA) レッドブル RED_BULL バージニアブレンド

一ヶ月にかかる手巻きタバコ代−2017年3月【コストパフォーマンス】

 さて、月末になったので2017年3月にかかったタバコ代を紹介します。


【シャグ】

-----
合計:3,230円



【巻紙】

-----
合計:238円


【フィルター】
  • ピュア スーパースリムメンソールフィルター200(PURE Super Slims MENTHOL)×1=380円
-----
合計:380円


【紙巻きタバコ(JT製品)】

-----
合計:2,540円



★★総計:6,388円★★




 3月は31日あるので、一日あたりのタバコ代は約206円となりました。


 今月は、先月と比較すればそれなりに抑えられました。
 とはいえ、今月購入したシャグは全て消費したわけではないものの、買いだめと言えるほどシャグが残っているわけではなく、且つ巻くのが面倒という理由で相も変わらず紙巻きタバコもそれなりに購入したので、金額の割には消費量が多い、つまりムダ吸いが多い1ヵ月だったように思います。


▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png

 

▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 一ヶ月の手巻きタバコ代 出費 コストパフォーマンス

プロフィール

dada

Author:dada
シャグ・手巻きタバコのブログです。シャグ・巻紙・フィルターの感想や、手巻きタバコを始めて気づいたことや思ったことを書いています。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR