FC2ブログ

レッドブル・ブラックカラント(RED BULL BLACK CURRANT)【シャグの感想】


レッドブル・ブラックカラント RED_BULL_BLACK_CURRANT レッドブル RED_BULL フレーバーシャグ カシス RYO 手巻きタバコ
レッドブル・ブラックカラント
原産国:ドイツ
内容量:40g
価 格:900円
グラム単価:22.5円
【巻紙付】


【商品について】
 2016年の2月頃に、レッドブルよりブラックカラント(RED BULL BLACK CURRANT)が登場しました。レッドブルシリーズでは唯一のフレーバー系シャグです。
 ブラックカラントはカシスのことで、英名がブラックカラント、仏名がカシスというというそうです。因みに和名ではクロスグリというそうです。

 競合のシャグは、スタンレー・カシス(STANLERY Cassis)エクセレント・キールロワイヤル(EXCELLENT Kir Royal)あたりでしょうか。

 商品説明によると、ルームノート(※喫煙をしている空間の香り)もつづく甘い香りが漂い好印象とのことです。


【シャグについて】
 色は暗めで刻み幅は細いです。触ってみたところ、多少は加湿されているようなので開封直後でも楽しめるでしょう。

 香りはかなり控えめで、注意深く嗅げば添加されていることがわかる程度です。
 ほんのり程度の甘酸っぱい香りで、私の嗅覚ではプルーンにも似ていると思いました。ともあれ、上述のスタンレーとエクセレントは強めの香りだったと記憶していたので、予想外でした。


レッドブル・ブラックカラント RED_BULL_BLACK_CURRANT レッドブル RED_BULL フレーバーシャグ カシス RYO 手巻きタバコ

【喫味】
 香りの強さどおりといったところで、フレーバーシャグの中ではかなり控えめな方です。

 これまた意識して吸わないとわからないかもしれませんが、それでもフレーバーは上質です。
 隠し味程度ながらも上品で瑞々しいカシスの甘酸っぱさと、タバコ自体の喫味とのバランスが絶妙なので数本で飽きるということはないでしょう。
 また、他のフレーバーシャグ同様吸いごたえは軽めなので非常に吸いやすいので良い意味で立て続けに手を出したくなる代物です。

 ただ、個人的には好きな香りですが、決して本物のカシスを再現しているわけではないので人によっては芳香剤のようなケミカルさを感じるかもしれません。尤も、フルーツとしてのカシスは食したことはありませんが。 
 

【巻紙】
 他のレッドブル同様、オリジナルの巻紙が入っていました。一般的な、フリーバーニングの漂白ペーパーです。


RED_BULL_BLOND, RED_BULL, レッドブル・ブロンド レッドブル 手巻きタバコ RYO バージニア


【最後に…】
 上述のとおり、フレーバーはかなり弱いのでフレーバーシャグとしては物足りないかもしれませんが、フレーバー自体の質は高く、くどくない分すぐに飽きるということはないでしょう。
 個人的にはなかなか気に入ったので、いずれリピートするかもしれません。


 

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 レッドブル・ブラックカラント RED_BULL_BLACK_CURRANT レッドブル RED_BULL フレーバーシャグ カシスフレーバー

レッドブル・バージニア(RED BULL VIRGINIA)【シャグの感想】


RED BULL VIRGINIA レッドブル・バージニア レッドブル RED BULL 手巻きタバコ RYO
レッドブル・バージニア
原産国:ドイツ
内容量:40g
価 格:950円
グラム単価:23.75円
【巻紙付】


【商品について】
 このページではチーター・アフリカ(CHEETAH AFRICA EDITION)を紹介していますが、これと同時発売という形でレッドブル・バージニアも登場しました。レッドブルシリーズでは、ブラックカラント(RED BULL BLACK CURRANT)以来の新作ではないでしょうか。

 商品説明によると、「バージニアブレンドによる、調和のとれたマイルドな甘み」とのことです。
 因みに、レッドブル・ブロンドとハーフスワレ、最近登場したツアレ(RED BULL ZWARE SHAG)は900円ですが、これはブラックカラントと同じで950円です。


【シャグについて】
 実のところ、開けてからかなり時間が経ってしまったため開封段階のシャグの保湿状態は覚えていないのですが、それほど加湿されていた記憶はありません。加湿してから楽しんだ方が確実でしょう。


RED BULL VIRGINIA レッドブル・バージニア レッドブル RED BULL 手巻きタバコ RYO

【喫味】
 すっきりした酸味、仄かな苦味、穏やかなコクがバランス良く口や鼻を通り、心なしかフルーティな後味も感じました。
 吸いごたえはやや強めに感じましたが、全体的にはなかなか良いシャグだと思います。
 そこそこ万人受けするシャグに思いましたが、人によっては苦味や酸味をクセと思うかもしれないことと、吸いごたえはやはり昨今の紙巻きタバコと比較すれば強めということを考えれば、好みが分かれる喫味かもしれません。


【巻紙】
 レッドブル名義の巻紙が入っていました。一般的な、フリーバーニングの漂白ペーパーです。


RED_BULL_BLOND, RED_BULL, レッドブル・ブロンド レッドブル 手巻きタバコ RYO バージニア


【最後に…】
 ものすごく気に入ったというわけではありませんが、グラム単価も決して高くないことも踏まえ、個人的にはなかなか悪くないシャグだと思いました。
 少なくとも、1パウチ分は持て余すことなく全て消費できるかなと思ったという程度で気に入りました。


 

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png







関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 レッドブル・バージニア RED_BULL_VIRGINIA レッドブル RED_BULL バージニアブレンド

レッドブル・ブロンドシャグ(RED BULL BLOND SHAG)【シャグの感想】


RED_BULL_BLOND, RED_BULL, レッドブル・ブロンド レッドブル 手巻きタバコ RYO バージニア
レッドブル・ブロンド
原産国:ドイツ
内容量:40g
価格:900円
グラム単価:約22.5円
【巻紙付き】


【商品について】
 レッドブルはドイツ産シャグで、2015年3月現在の日本でのラインナップは今回のブロンドとハーフスワレ(RED BULL HALF ZWARE)の2種類です。
 しかし画像検索したところ、国外ではZWARE(スワレ。理屈で言えばハーフスワレの2倍の強さのもの)、VANILLA、VIRGINIA、GOLD BLENDといったバリエーションがあるようです。

 私が知る限りでは、ネットショップは別としても取り扱っていない小売店がざらにあることと、手巻きタバコ関連のブログやBBSでもさほど話題になった様子も無いので、それほどメジャーな銘柄ではないように思います。
 とはいえ、私が手巻きタバコを始めた2年前には既に両方ともあったので、安定した人気のあるシャグなのではないでしょうか。

 商品説明によるとキャラクターはライト、且つバージニアベースで細刻み。毛足が長く、タバコ同士が絡みついているので巻きやすいとのことです。


【シャグについて】
 シャグの香りはいかにもタバコといった塩梅ですが、少し酸っぱいにおいも感じました。
 色は赤めのダークブラウンで確かに刻み幅の毛足は細長く、心なしか他のシャグよりも一本一本が縮れているような気がします。これが商品説明の「タバコ同士が絡みついている」ということでしょうか。

 巻きやすさに関しては、少なくともローラーではさほど実感できませんでした。
 練習がてら下手なりにハンドロールも試しましたが、加湿した状態であれば他よりも綺麗に巻けた気がします。ハンドロールが上手な人であれば実感できるかもしれません。

 なお、開封時点では殆ど保湿されておらずカラカラです。
 試しにその状態で吸ってみましたが、私の味覚では雑味が多いように感じたので加湿してからのほうがより楽しめるでしょう。


RED_BULL_BLOND, RED_BULL, レッドブル・ブロンド レッドブル 手巻きタバコ RYO バージニア


【喫味】
 燻製のような風味を少しだけ感じたものの、バージニアベースだけあって甘さや香ばしさは程々に濃いめで、それでいて後味はさっぱりしています。
 また、私の味覚では隠し味程度にスパイシーというか塩っぽい風味も感じましたが、クセも無く、加湿すれば雑味は消えるので吸っていて心地いいです。

 吸いごたえはシャグの中では軽い方かもしれませんが、ライトというわりにはノド越しも充足感もしっかりしている印象です。
 良くも悪くも万人受けする喫味で、多少なりとも好みはあれど大きく外すことのないシャグだと思います。


【巻紙】
 レッドブルオリジナルのペーパーですが、いたって普通の燃焼剤入り漂白ペーパーです。


RED_BULL_BLOND, RED_BULL, レッドブル・ブロンド レッドブル 手巻きタバコ RYO バージニア


【最後に…】
 私は純粋に美味しいと感じました。
 飽きにくい喫味でグラム単価も手頃なのでポテンシャルは高いです。
 
 しかしながらこの手の喫味は選択肢が多く、個性を重視しなくても器用貧乏なところがこのシャグの長所であり短所であるような気がしました。


 

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png







関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 RED_BULL_BLOND RED_BULL レッドブル・ブロンド レッドブル

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR