FC2ブログ

1984年のタバコカタログ

catalog_01.jpg
※クリックすると拡大します


 先日、昭和59年(1984年)発行の『たばこカタログ』というものをフリマサイトで見つけました。

数百円で出品されていたので興味本位で落札したのですが、まだ民営化する前に発行されたらしく名義は日本たばこ産業ではなく日本専売公社です。

 全国の小売店や業者向けに配布されていた商品カタログと思われ、出品した人は恐らくタバコ店の主人だったかもしれません。

 この頃、私はまだ子どもだったので当然喫煙の習慣は無かったのですが、上述の通り日常でもメディアでも露出が多かったので、CM等で見覚えのある銘柄もあったり、改めて見るとレトロに感じるパッケージデザインなどは見ているだけでも面白いです。

catalog_04.jpg
※クリックすると拡大します

catalog_02.jpg
※クリックすると拡大します

catalog_05.jpg
※クリックすると拡大します

catalog_03.jpg
※クリックすると拡大します


 このカタログのメインは日本たばこ産業の取扱銘柄の紹介ですが、紙巻きだけでなく葉巻やパイプ葉、シガリロも一部掲載されていました。


 他には、タールとニコチンの含有量や定価の一覧、たばこ税納付金の推移といったものも掲載されています。

 だいぶ前のカタログなので現存していない銘柄も多く、全く知らないものも多いですが、個人的にはTender(テンダー)とPARTNER(パートナー)のパッケージデザインは子どもながらに見覚えがあります。
 しかし、喫煙ができる年齢の頃には既に市場から消えていたと記憶しています。

 また、当時の価格は1箱200〜260円あたりで、2018年5月現在では420円〜500円くらいなので、この30数年で概ね2倍強に跳ね上がっていることになりますが、思ったほど上昇していないというのが感想です。
 諸外国によっては1箱10ドル近い価格のところもあると聞きますが、それと比べれば、うるさくなったとはいえ今でも日本はタバコに寛大というか、元来タバコが好きな人種なのか、まだ相応の税収が見込めるということでしょうか。


 そしてカタログの後半には、昭和元年(1926年)から昭和57年(1982年)までの上位5銘柄の販売実績が掲載されていました。
さすがに戦前ともなるとゴールデンバット以外は殆ど知らない銘柄だらけですが、昭和29〜39年(1954-65年)はしんせいが売上トップだったのは、個人的には意外でした。


【1984年という時代】
 因みに、1984年の主なできごとはこのような感じです。

  • 冬季サラエボオリンピック、夏季ロサンゼルスオリンピック開催
  • 広島東洋カープが阪急ブレーブス相手に日本シリーズ優勝
  • 茨城県立取手第二高等学校(取手二高)が夏の甲子園優勝
  • 初の外国人力士、高見山が現役引退
  • サッカーの釜本邦茂が引退
  • エリマキトカゲが流行
  • 1アメリカドル=222.69〜251.6円



 この当時、成人の喫煙率が70%はあったらしいので喫煙に関しては今とは比較にならないほど寛大だったというか、どこでも吸えた時代だったと記憶しています。
 レストランや喫茶店では全席喫煙、病院の待合室や学校の職員室、駅のホーム、飛行機の機内、はては国会でも手元に灰皿が置かれていました。

 当然ながら当時は広告の出稿量も含め露出が多く、TVCMはもちろんのこと映画やドラマ、トーク番組等でも喫煙シーンが映されるのはごく普通でした。

 しかしながら、70%とはいえピーク時は80%を超えていたらしいので、この頃から嫌煙派の意見は徐々に反映されていたと思います。

 現在は喫煙率がかなり少数になったので、特に都心では喫煙できる場所がかなり減りましたが、現在の価値観からすると異様に感じるかもしれません。


【最後に…】
 フリマサイトで見つけた時は、昔の銘柄のパッケージデザインが見れればいいという程度の動機で購入したのですが、実際に目を通してみるとなかなか読み応えがあったので、充分に元を取れた1冊でした。

 

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : タバコカタログ

シャグの管理には茶筒がけっこう使えるという話

 手巻きタバコを嗜むにあたって、シャグを何かしらの容器に入れて管理している人はたくさんいるでしょう。


 何しろパウチを開けたままにしておけばシャグが乾燥して風味が損なわれしまい、かといって加湿しすぎるとシャグによっては質が落ちたり、ドロー(吸い込み)にも影響してしまうので、何らかの容器に移して管理している人は多いと思います。
 ゴールデン・バージニア(GOLDEN VIRGINIA, GV)のようにファスナーが付いているパウチを採用している商品もありますが、殆どは一度開けてしまえば再度密閉することはできません。


 ところでその容器ですが、大まかに分ければキャニスター、ジップロック、タッパー等に移し替え、恐らく一般的にはヒュミストーンやヒュミディパック等で加湿するのが一般的でしょうか。余談ですが、加湿にはミカンの皮が有効ということを聞いたことがあります。
 中には、単に加湿するだけでなくバニラエッセンス等の料理用の香料、ラム酒やウィスキー等の蒸留酒、ハッカ油等で香り付けをする人もいるでしょう。実際に、アパラギ製品のようにタバコ用の香料を取り揃えています。


 私の場合はそれほど厳密にはやっていないので、パウチに入れっぱなしで中にヒュミストーンを入れる程度ですませることもままありますが、基本的には直径が広めのキャニスターに入れていました。100円ショップで手に入るので、大した出費でも手間でもありません。


 ところで先日、あくまでキャニスターの代替品として茶筒を購入してみたのですが、実際に使ってみるとこれがなかなか使い勝手が良いことを知りました。


cyadutsu_02.png
cyadutsu_01.png

  まず、キャニスターと比べても密閉性が高く、水に浸したヒュミストーンを入れると短時間で程よく加湿され、且つ保湿されている時間もキャニスターより長い気がします。
 尤も、そこはキャニスター自体の質によるところもあることと、あくまで「そんな気がする」というところもあるので確実ではありませんが、恐らく内蓋がついているからでしょうか。容量にもよりますが、1パウチすべてを消費するまでに何回かヒュミストーンを浸し直す必要がありますが、茶筒にしてからその回数が明らかに減っています。


 さらに気づいたですが、茶筒の蓋は深いのでヒュミストーンを水に浸す容器としても使えるということです。



 今までは、使わなくなったプラスチック製の名刺入れを使っていたのですが、茶筒一つでシャグと石の加湿の両方ができるのはなかなか便利です。


 しかしながら難点もって、残りが少なくなったらシャグを取り出すのがキャニスターよりも面倒ということです。
 茶筒は名前のとおり筒なので、形状としては細長いです。そのため、残りが少なくなればに茶筒を横に寝かせるか、一度全てのシャグを紙の上などに出して、巻いた後にまたシャグを入れ直さなければなりません。
 もちろんキャニスターでも最終的には同じことをしなければなりませんが、高さがある分キャニスターよりも早い段階で「倒す」▶「取り出す」▶「場合によっては紙の上に残ったシャグを入れ直す」という作業を強いられることでしょうか。


 とはいえ、手間としては小さなものなので単純に保湿に重きを置けば、茶筒の方が優れている気がします。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 茶筒 シャグ管理

iPadで当ブログを閲覧している方へ【追尾型広告を消す方法】

 この度は当ブログにアクセスしていただき、誠にありがとうございます。

 さて、ブログの趣旨とは異なるのですが、現在iPadで閲覧すると、画面下に大きな追尾型広告が出ます。

phase01_500.png


 上はブログのスクリーンショットですが、このように、かなり大きな広告です。
 サイズが小さければあまり気にならないのですが、なにぶん閲覧に支障をきたす大きさであることと、名前のとおりスクロールしても一緒についてくるタイプの広告なので、何とか消すことはできないものかと思っていたところ、手軽に消す方法を見つけたので参考までに紹介します。


【1】
 下のJavaScriptをコピーします。

javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();


【2】
 何でもいいので適当なサイトをブックマークに登録し、URL欄に先ほどコピーしたJavaScriptをペーストします(※タイトルは任意で入れてください)

phase02_500.gif  
※画像をクリックすれば拡大します。



【3】
FC2のブログに移動したら、「ブックマーク」から先ほど登録したページをタップします。

phase03_500.gif
※画像をクリックすれば拡大します。



【4】
 追尾型広告が消えました。

phase04_500.png
※画像をクリックすれば拡大します。



 しかしながら、一度でも更新したり移動するとまた出てくるのでその都度ブックマークをタップしなければならないのが難点ですが、他のブログやサイトでも応用できるはずなので宜しければお試しください。


参考ブログ:
http://ameblo.jp/kuromame5656/entry-11432963376.html

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

当ブログの一時的な凍結について

 当ブログにアクセスしていただき、誠にありがとうございます。


 さて、短い時間ではありますが、2013年12月11日に当ブログが何の予告もなく一時的に凍結してしまい、閲覧はおろか管理画面にもログインできなくなるという事態が発生しました。

 大まかに理由を書けば「多数のユーザーに迷惑をかける行為を行った」「規約を破った」ということだったらしいのですが、まったく身に覚えがないので問い合わせたところ、向こうのシステムの誤作動で凍結してしまったとのことで即座に解除してもらいました。
 
 確かに、タバコという嗜好品をテーマにしているので未成年の閲覧は今後もご遠慮願いたいですが、当ブログでは公序良俗に反するようなことを書いたこともなければ、ユーザーに迷惑をかけるよう行為を行ったことは一度もありませんし、今後もありません。また、ブログの規約も遵守しています。

 凍結していた時間帯に当ブログの閲覧を試みた方があらぬ誤解をしてしまうのは本意ではないため、ブログの趣旨と異なるのは承知の上で書かせていただきます。


 私はまだ手巻きタバコを始めて1年も経っていないので、当ブログでは拙い表現や描写、知識不足といったこともあるかもしれません。
 しかしながら、日を追うごとにアクセス数が増えているので私としても大変励みになっております。


 本当にありがたく思っていると同時に、今後も有益な情報提供の場として閲覧・活用していただけると幸いです。

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR