FC2ブログ

チェ・ブラックメンソール(Che Black Menthol)【シャグの感想】


チェ・ブラックメンソール Che_Black_Menthol チェ チェ・ゲバラ Rebel Che メンソールシャグ RYO 手巻きタバコ
チェ・ブラックメンソール
原産国:ルクセンブルク
内容量:25g
価 格:550円
グラム単価:22.0円
巻紙付



【商品について】
 2018年7月に、シャグの定番銘柄の一つでもあるチェ(Che)・シリーズよりブラックメンソールが新たに加わりました。このページでは紙巻きタバコの方のブラックメンソールを紹介していますが、今回はシャグの方です。

 チェ・シリーズには既にメンソール(che Menthol)はありますが、商品説明によるとメンソールレベルを最大強化した爽快感あふれる一品だそうで、強さは既存版の約3倍とのこと。チェ・メンソールもそれなりに清涼感は強いので、説明だけ読むと相当強いものと想像してしまいます。


【シャグについて】
 刻み幅は繊細で、色は明るめのブラウンです。
 開封時点でそれなりに保湿されているので、すぐに加湿する必要は無いでしょう。


チェ・ブラックメンソール Che_Black_Menthol チェ チェ・ゲバラ Rebel Che メンソールシャグ RYO 手巻きタバコ

【喫味】
 “約3倍”かどうかは別としても、清涼感はチェ・メンソールより強めだと思います。
 しかし、巻き方や葉の量の違いなどもあるかもしれませんが、あくまで私の感覚ではせいぜい1.5倍程度くらいで既存品より少し強いかもという感じでした。

 したがって、清涼感だけならコルツ・クリアメンソール(COLTS CLEAR MENTOL)チョイス・ダブルメンソール(CHOICE DOUBLE MENTOL)あたりよりは劣るという印象です。

 とはいえメンソールの質は高く、何しろチェのシャグなのでタバコ自体は単純にうまいです。
 甘さとコクもありながら後味はスッキリしていながらスパイシーさもあり、飽きの来ない喫味なので持て余すことなく最後まで違和感なく楽しめるでしょう。


【巻紙】
 チェ・シリースおなじみの、オリジナルの薄紙(スローバーニング)が同梱されています。


CHE CHE_SHAG チェ チェ・シャグ CHE_GUEVARA チェ・ゲバラ 手巻きタバコ REBEL ペーパー 巻紙 薄紙 スローバーニング


 基本的にシャグのオマケ紙は燃焼剤入りの漂白ペーパーが主流なので、薄紙というのはありがたいところです。


【最後に…】
 昨今のメンソール系の紙巻きタバコや、gloのメンソール系くらいの強さを期待すると肩透かしを食うかもしれませんが、それでも清涼感はシャグの中でも強めなので、少なくとも私の場合はじゅうぶんです。

 また、内容量と値段が手頃なので手を出しやすいシャグだと思います。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png




スポンサーサイト



テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 チェ・ブラックメンソール Che_Black_Menthol チェ チェ・ゲバラ Rebel Che メンソールシャグ

ドミンゴ・メンソール(DOMINGO MENTHOL)【シャグの感想】


ドミンゴ・メンソール ドミンゴ DOMINGO_MENTHOL DOMINGO 手巻きタバコ メンソールシャグ RYO
ドミンゴ・メンソール
原産国:ベルギー
内容量:40g
価格:850円
グラム単価:21.25円
【巻紙付き】


【商品について】
 グラム単価が安くラインナップが豊富なドミンゴ(DOMINGO)シリーズより、今回はメンソールです。
 これに関してはそれほど清涼感は無いという話を聞いていたので、強いメンソールタバコが好きな私としては今まで候補に入っていなかったのですが、新規開拓も含めて購入してみました。

 商品説明によると、主にフルキュアド・タバコとバーレーをブレンド、メンソールをフレーバリングし、メンソールとうまく調和した、スムーズな味わいとのことです。


【シャグについて】


ドミンゴ・メンソール ドミンゴ DOMINGO_MENTHOL DOMINGO 手巻きタバコ メンソールシャグ RYO

 色はやや暗めのブラウンで、刻み幅は細めです。触った感じでは少しパサパサしているので加湿してからの方がより楽しめるでしょう。
 因みに、清涼感が強めであれば鼻を近づけると強いメンソールを感じるのですが、これに関しては殆ど感じませんでした。
 その代わりといっては何ですが、なぜかプルーンのような甘酸っぱい香りを感じました。同じドミンゴのチェリー(DOMINGO CHERRY)に近い香りです。
 もしかしたら、たまたま私が購入したものがそうだっただけかもしれません。長いこと店内に置いてあったことで他のフレーバー系シャグの香りがうつった可能性もありますが、個人的には心地よいフルーティーな香りであることは間違いありません。


【喫味】
 ある意味香りどおりといったところで、清涼感は弱めでアクセント程度に抑えている印象です。別のことをしながら嗜むと、場合によってはメンソールシャグということを忘れそうなほどでした。
 とはいえ、弱めながらもじんわりとした清涼感は長いこと口に残りました。

 清涼感が控えめな分、タバコの本来の味も楽しめます。
 酸味のある後味に加え香りどおりのなかなかフルーティーな喫味で、特に加湿をすると吸いごたえはかなり軽めになりました。


【巻紙】
 他のドミンゴシリーズ同様、オリジナルの巻紙がついています。普通の燃焼剤入りのフリーバーニングですが、コーナーがカットされているのでハンドロールよりローラーで巻くのに適しています。


domingo, ドミンゴ, 巻紙, ペーパー, シャグ, 手巻きタバコ, shag, ryo, paper

【最後に…】
 コルツ・クリアメンソール(COLTS CLEAR MENTHOL)チョイス・ダブルメンソール(CHOICE DOUBLE MENTHOL)、或いはチェ・メンソール(che menthol)あたりを期待すると肩透かしを喰らいますが、普段メンソールを吸い慣れていない人でもそれなりに楽しめる印象です。

 また、全体的には無難で大きなクセも無く吸いごたえもそれほど強く、グラム単価も安い方なので、とっつきやすいシャグではないかと思います。





▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 ドミンゴ・メンソール DOMINGO_MENTHOL ドミンゴ DOMINGO メンソールシャグ

チョイス・ダブルメンソール(CHOICE DOUBLE MENTHOL)【シャグの感想】

CHOICE_DOUBLE_MENTHOL チョイス・ダブルメンソール CHOICE チョイス メンソールシャグ 手巻きタバコ RYO
チョイス・ダブルメンソール
原産国:デンマーク
内容量:30g
価格:710円
グラム単価:23.67円

【巻紙付】



【商品について】
 2016年の3月に、フレーバーシャグでおなじみのチョイス(CHOICE)シリーズよりメンソールシャグが登場しました。
 一応、以前からクールミント(CHOICE COOL MNIT)がありますが、あれはほんのりチョコミントフレーバーなので、全くの別物でしょう。

 ネットで調べたところ、何でも最強メンソールを謳っています。
 商品説明によると強い冷却感と良質なたばこ香料との絶妙なバランスで、甘いミント系メンソールとは違い甘さは口に残らずさっぱりしているとか。
 
 現在日本で流通しているメンソール系シャグで、最も清涼感が強いのは断トツでコルツ・クリアメンソール(COLTS CLEAR MENTHOL)ですが、最強というからには相当強いことが窺えます。


【シャグについて】
 最強メンソールたる所以か、シャグに鼻を近づけると強めのメンソール臭が漂います。私の嗅覚では、やはりコルツと同じくらいの強さを感じました。
 
 また、他のチョイス同様しっかり加湿されていおり、刻み幅もかなり細いです。


【喫味】
 確かに謳い文句どおり、コルツに匹敵する強めのメンソールが鼻や喉を通ります。
 このあたりはその時の体調や好みで左右されるかもしれませんが、もしかしたらコルツよりも強いかもしれません。ともあれ、メンソールシャグの中ではかなり強い方です。

 そしてメンソールの種類は、かなりシャープで刺々しいように思いました。
 チョイスは元々の葉の味がそれほど濃くない分メンソールが強調されすぎているので、たまに嗜むなら問題は無いものの立て続けに嗜むと人によってはすぐに飽きてしまうかもしれません。
 喫味も重視してしまうと、そのあたりが残念なところでしょう。

 とはいえ、だからといって悪いということではありませんが、コルツの強さに慣れている人でもじゅうぶん楽しめる清涼感です。 また、他のチョイス同様吸いごたえは軽めですが、メンソールの強さもあって喫味以上の吸いごたえを感じることが出きました。


【巻紙】
 他のチョイスシリーズ同様、マックバレン(MAC BAREN)のペーパーです。
 中身は普通の燃焼剤入り漂白ペーパーです。


手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー CHOICE チョイス MAC_BAREN マックバレン RYO



【最後に…】
 単純に、清涼感だけで言えばコルツや強烈メンソール系の紙巻きタバコに慣れている人でも満足は行くかもしれませんが、上述のとおりメンソールが強調されすぎているところが好みの分かれるところでしょう。
 ともあれ、私は強いメンソールが好きなので、他のシャグとのブレンド用にこれから購入してみてもいいと思いました。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 CHOICE_DOUBLE_MENTHOL チョイス・ダブルメンソール CHOICE チョイス メンソールシャグ

エクセレント・メンソール(EXCELLENT MENTHOL)【シャグの感想】


エクセレント・メンソール EXCELLENT_MENTHOL エクセレント EXCELLENT メンソールシャグ 手巻きタバコ ROLLING TOBACCO
エクセレント・メンソール
原産国:ドイツ
内容量:40g
価 格:950円
グラム単価:約23.75円
【巻紙付】


【商品について】
 フレーバーシャグシリーズでおなじみのエクセレント(EXCELLENT)より、新フレーバーが2016年の2月に追加されました。
 内訳は今回のメンソールの他、グレープ(EXCELLENT GRAPE)、チェリー(EXCELLENT CHERRY)、バニラ(EXCELLENT VVANILLA)の4種類。一気に10種類となり、同じフレーバーシャグシリーズのチョイス(CHOICE)シリーズに匹敵するバリエーションとなりました。

 商品説明から抜粋すると、強いメンソール感が特長で刺激的な清涼感とのこと。個人的に私はメンソール派なので、強いメンソール感と言われてしまうと期待は大きくなってしまいます。


【シャグについて】
 シャグの色は少し明るめのブラウンで、刻み幅は他のエクセレントと同じでやや粗めに見えます。
 また、大きめに刻まれた刺々しい葉脈や茎らしきものも適度に混ざっています。
 開封段階ではシャグをほぐせばブチブチを感じる程度の保湿はされていますが、少し乾き気味に思いました。


エクセレント・メンソール EXCELLENT_MENTHOL エクセレント EXCELLENT メンソールシャグ 手巻きタバコ ROLLING TOBACCO


【喫味】
 吸いごたえは軽めで雑味は無く、じんわりしたスピードで鋭いキリッとした清涼感が口に広がりました。その清涼感の種類は、ピュア(PURE)のメンソールフィルターに近いように思います。
 また後味も甘めで、私の記憶ではハーベスト・ミント(HARVEST MINT)を更に強くしたような喫味に感じました。

 清涼感は、シャグの中では強い方だと思いましたが、最も清涼感が強いとされるコルツ・クリアメンソール(COLTS CLEAR MENTHOL)にくらべると少し大人しめに感じました。私見では、太めに巻くとより清涼感を楽しめると思います。
 したがって、コルツ的な強さを求めるとやや肩透かしをくらうかもしれませんが、それでも強めなことには変わりないので普段からメンソールタバコを嗜んでいる人でも一定の満足感は得られるのではないでしょうか。


【パウチについて】
 健康に関する注意書きはパウチに直接プリントされているのではなく、恐らく現地で売っているものに注意書きのシールを貼り付けています。
 そのためか、パウチの底面にはドイツ語でニコチンの数値らしき表が記載されています。


エクセレント・メンソール EXCELLENT_MENTHOL エクセレント EXCELLENT メンソールシャグ 手巻きタバコ ROLLING TOBACCO
※画像をクリックすると拡大します


 恐らく、フィルターの直径や巻紙の厚さ、シャグの量等で数値が変わるという目安のようなものと思われますが、基本的にシャグにはその手の数値は記載していないため、珍しい表記だと思います。


【巻紙】
 久しくエクセレントを購入していないこともあり、私がこれまでに購入したことのあるものには「TENNESIE」というポーランドのタバコメーカーのオリジナルペーパーが同梱されていましたが、今回はアクロポリス(AKROPOLIS WÜRZIG)に同梱されていた「ORION」名義の巻紙が付いていました。
 質は、ごく普通の燃焼剤入りの漂白ペーパーです。


AKROPOLIS_WÜRZIG AKROPOLIS アクロポリス 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー  RYO

【最後に…】
 個人的にはもう少しメンソールが強くてもいいかなと思いましたが、その分葉の味も楽しめるのでこれはこれで悪くないシャグだと思いました。
 これから気候が暖かくなると更に楽しめそうな気がします。






▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 エクセレント・メンソール EXCELLENT_MENTHOL エクセレント EXCELLENT メンソールシャグ

スタンレー・アイスミント(STANLEY ice mint)【シャグの感想】


STANLEY_Ice_mint STANLEY スタンレー・アイスミント スタンレー 手巻きタバコ シャグ ミントフレーバー RYO
スタンレー・アイスミント
原産国:ベルギー
内容量:30g
価格:690円
グラム単価:23.0円
【巻紙付】


【商品について】
 2014年の10月に発売したフレーバーシャグのスタンレー(STANLEY)シリーズは人気のようですが、2015年の4月より新たに6種類のシャグが登場しました。
 内訳は「オリジナル(ORIGINAL)」「ハーフツヴァイア(HALF ZWAAR)」「バージニア(VIRGINIA)」「ゴールデンリーフ(Golden leaf)」「アメリカンブレンド(AMERICAN BLEND)」「アイスミント」 で全てノンフレーバーです。
 フレーバー系も入れると全11種類という大所帯のファミリーとなりました。これだけ種類が豊富なのは、フレーバー系だけですがチョイス(CHOICE)シリーズくらいではないでしょうか。

 今のページで紹介するアイスミントはネットで発売されると知ってから気になっていたのですが、商品説明によると「清涼ミントのさわやかな香り。きめ細かい刻みが特徴の手巻たばこ」とのことで、購入したお店の店主曰く、コルツ・クリアメンソール(COLTS CLEAR MENTHOL)より清涼感が強いとのことでした。
 メンソールやミントフレーバーのシャグは幾つか出ていますが、主観ではあるものの清涼感だけで言えばコルツとチェ・メンソール(Che Menthol)以外はそれほど前面には出ない程度なので、期待が高まります。


【シャグについて】


STANLEY_Ice_mint STANLEY スタンレー・アイスミント スタンレー 手巻きタバコ シャグ ミントフレーバー RYO


 シャグの色はやや暗めで毛足は細め、開封段階でしっかり保湿されています。


【喫味】
 ミントは強めですが刺々しさは無く丸いです。それでいて、タバコの甘さや香ばしさも濃いめなので、シャグの味もしっかり入ってきます。
 コルツとは趣の異なる清涼感ですが、そこはメンソールとミントの違いなので好みの問題でしょう。紙巻きタバコで言えばラークのアイスミント(LARK ICE MINT)が好きな人は気にいるかもしれません。

 私の味覚では、清涼感は若干コルツより弱めに感じましたが、そこは個人差もあると思います。ともあれ、清涼感だけならシャグの中ではかなり強い方です。

 また、雑味もなく吸いごたえもかなり軽めで非常に吸いやすいです。 
 タバコ自体の甘さも相まって、口の中に良い意味で程よい甘さが残ります。


【巻紙】
 他のスタンレー同様、既成品のスモーキング・ホワイト(Smoking WHITE)が同梱されています。
 オマケの巻紙の多くは50枚入りですが、これは60枚入りなので紙にこだわらないという人には少しお得です。


GROGGY グロッギー Smoking_WHITE スモーキング・ホワイト スモーキング 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー RYO


【最後に…】
 とにかくクセも無くすんなり煙が入ってくるので、単純に吸いやすいです。
 元々メンソール系が好きということもあるので、個人的にはかなり気に入りました。特にこれからは暑くなるので、定期的に手を伸ばしたくなるシャグです。
 強めのタバコが好きな人には物足りないかもしれませんが、グラム単価もそれなりに手頃なので手巻きタバコデビューでこれを選んでも損は無いと思います。やはり、スタンレーシリーズはハズレが無いと改めて思いました。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 STANLEY_ICE_MINT STANLEY スタンレー・アイスミント スタンレー ミントフレーバー

ハーベスト・ミント(HARVEST MINT)【シャグの感想】

HARVEST_MINT HARVEST ハーベスト・ミント ハーベスト 手巻きタバコ シャグ RYO ROLLING_TOBACCO
ハーベスト・ミント
原産国:ドイツ
内容量:40g
価 格:860円
グラム単価:約21.5円
【巻紙付】


【商品について】
 ドイツのフレーバーシャグシリーズのハーベスト(HARVEST)より、ミントフレーバーのシャグです。

 ところで、強さに差はあれどメンソール系シャグの選択肢はそれなりにありますが、いわゆる「ミント」を謳っているものはそう多くありません。
 私が知る限りでは、他にチョイスエクセレント、DJミックスからも出ていますが、商品名はそれぞれクールミント(CHOICE COOL MINT)レモンミント(EXCELLENT LEMON MINT)、ミント&クローブ(DJ MIX MINT & CLOVE)といった具合で、どれもミントに何かしらのフレーバーが加わっています。
 したがって、純粋に“ミント”だけを謳っているものはこれだけでしょう。


【シャグについて】


HARVEST_MINT HARVEST ハーベスト・ミント ハーベスト 手巻きタバコ シャグ RYO ROLLING_TOBACCO

 他のハーベスト同様シャグの状態は乾き気味、色は濃いめのダークブラウンで刻み幅はやや粗めというか細長いです。また、かなり粗く刻まれた葉脈や茎らしきものも適度に混ざっています。
 シャグに鼻を近づけると、ほんのりとした上品なミントの香りを感じます。


【喫味】
 フレーバーは香りの強さどおりといったところで、ミントがほんのり且つじんわりと口に広がります。荒々しさやざらつきのない、良質なミントの香りです。強さはお上品ですが清涼感もしっかりあるので、吸っていて心地良いです。
 そのため、その分タバコそのものの味も楽しめます。
 加湿の程度もあるかと思いますが、私の場合はやや辛さが舌に残りましたが、全体的に甘めで程々にコクもあり後味も爽やかです。

 そして、吸いごたえは他のハーベスト同様軽めなので吸いやすいです。クセの無い喫味なのでとっつきやすいシャグかと思います。

 因みに、加湿しなくても吸えなくはないですが、加湿したところミントが際立ち、葉の甘さやコクが更に深まるので個人的にはこちらの方が好みです。


【巻紙】
 オマケのペーパーはオリジナルで、厚さも普通で燃焼剤入りの漂白ペーパーです。

HAEVEST_CHERRY HARVEST ハーベスト・チェリー ハーベスト ドイツ 巻紙 ローリングペーパー 手巻きタバコ RYO


【最後に…】
 ハーベストはグラム単価も手頃ということも含め、個人的にはなかなか悪くないシャグです。
 フレーバーもさることながら飽きの来ない喫味なので、私の場合は最後まで持て余すことなく楽しめそうです。
 あくまで強い清涼感を求めなければという前提ですが、ミントやメンソールが好きな人は楽しめると思います。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png






テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 HARVEST_MINT HARVEST ハーベスト・ミント ハーベスト フレーバーシャグ ミントフレーバー

コルツ・クリアメンソール(COLTS CLEAR MENTHOL)【シャグの感想】


コルツ colts 
コルツ・クリアメンソール
原産国:デンマーク
内容量:40g
価格:850円880円(2014年4月〜)
グラム単価:21.25円 
22.0円
巻紙付


【商品について】

 コルツ(COLTS)はシャグの中でも人気の高いブランドの一つで、手巻きタバコを扱う店だったら大抵置いてあります。クリアメンソールの他には、ナチュラル・グリーンティー・バニラ・スムーステイストがあります。
 因みに、同ブランドのスリムフィルターもあります。

 個人的な話ですが、手巻きタバコを始めるにあたって初めて購入したシャグがこれです。
 元々メンソールの強いJT製品を常用していたので店員さんに相談したところ、これがメンソールシャグの中で最も強いというので買ってみたのですが、これがなかなか口にあったので、それ以来メインのシャグとして重宝しています。
 言わば、手巻きタバコを始めるきっかけとなったシャグです。
 


【シャグについて】

 中を開けるとこんな感じです。開けると強烈なメンソールの匂いが鼻を刺激します。

コルツ・メンソール colts_menthol コルツ シャグ 手巻きタバコ 手巻き煙草 


 開封時点でそれなりに湿気があるので、開けてすぐに保湿する必要はないと思います。ただ、感覚的に乾燥は早い気がするので、数日経ったら加湿してもいいかもしれません。
 また、刻み幅はかなり細かいので、ローラーでも巻きやすいです。

 しかしながら唯一欠点を挙げるとすれば、シャグが粉状になる比率が高いということでしょうか。
 これに限らずどのシャグも残りわずかともなれば多かれ少なかれ粉状のシャグが残るのですが、これの場合は残り2割くらいがそれこそインスタントコーヒーの粉のようになってしまう気がします。
 そこまで細かいと、巻く時も指先やローラーにけっこうな量の粉シャグがまとわりついてしまうので正直うっとうしいです。
 また、この状態で巻く時にはタバコの先端のシャグを多めに取り除いて、キャンディの包み紙のように縛っておかないと大量の粉シャグがケースの中にボロボロとこぼれてしまうので、注意が必要かもしれません。


【喫味】
 シャグの中で最も強いといわれているだけあって、メンソールの刺激はかなり強いです。JT製品の強いメンソール系のタバコを愛飲している人でも物足りなさを感じることはないと思います。
 しかも、ただ強いだけでなくシャグの風味や香りを引き立てつつ上品で濃厚な清涼感が、口内だけでなく内臓(食道?)にかけて染み渡ります。吸ってみないとわからない部分はありますが、JT製品とは明らかに種類の違う清涼感です。


【巻紙】
 オマケの巻紙はオリジナルブランドですが、いたって普通の漂白済み&燃焼剤入りのペーパーです。
 別売りでも50枚80円で売っています。


【最後に…】
 個人的に思うコルツ製品の長所は、シャグ自体が自分好みというのもありますが、コストパフォーマンスがかなり良いところです。グラム単価で21.25円というのは、シャグの中でもかなり安い方に入ります。
 私自身がこれをきっかけに手巻きタバコを始めたからというのもありますが、いつか始めてみようと思っている人でメンソール派だったら、喫味やコストパフォーマンスを考えても申し分ない銘柄でしょう。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png





▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!






テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 COLTS_CLEAR_MENTHOL コルツ・クリアメンソール COLTS コルツ メンソールシャグ 値上げシャグ

チェ・メンソール(Che Menthol)【シャグの感想】


che_menthol che チェ・メンソール チェ シャグ 手巻きタバコ ゲバラ guevara
チェ・メンソール
原産国:ルクセンブルク
内容量:25g
価 格:530円550円(14年4月〜)
グラム単価:21.2円 → 22.0円
巻紙付



【商品について】

 アルゼンチン出身の革命家で、キューバのゲリラ指導者として有名なChe Guevara(チェ・ゲバラ)をあしらったシャグです。
 以前から無印のものは売っていますが、メンソールは2013年の7月に登場した新商品です。

 因みに、同名の既製品も2012年あたりから出回っています。



【シャグについて】
 中を開けるとこんな感じです。

che_menthol che チェ・メンソール チェ シャグ 手巻きタバコ ゲバラ guevara

 開封段階では若干乾き気味です。最初から加湿はしなくてもじゅうぶんに吸えますが、個人的にはある程度加湿してからの方が好みです。


【喫味】

 シャグそのものは実に香ばしく、それほど強くないので吸いやすいです。とはいえ、全般的に手巻きのシャグは強いものが多いので、ここで言う“吸いやすい”とはあくまでも“シャグの中ではという前提になってしまうのですが、個人的には程良い強さです。

 そして肝心のメンソールは、けっこう強いです。
 このページで紹介したCOLTS  CLEAR MENTHOLコルツ・クリアメンソール)よりは控えめですが、それでもJT製品のメンソールを愛飲している人でも満足のいく強さです。
 それでいてシャグの味はしっかり生きているので、チェ特有の香ばしさと心地よいメンソールが良い感じに混ざって口や鼻に入っていきます。


【巻紙】
 チェについている巻紙はこれです。

チェ CHE シャグ 巻紙 手巻きタバコ ペーパー ゲバラ guevara


 多分別売りはしていない「Rebel」ペーパーです。確か「反逆者」とか「反乱」という意味なので、ゲバラらしいネーミングです。


 中を開けてみるとこんなコピーが。

チェ CHE シャグ 巻紙 手巻きタバコ ペーパー ゲバラ gevara

「El sabor de la libertad」はスペイン語で、日本語に訳すと“解放の味”といったところでしょうか。こうした細かい部分にもコンセプトを徹底するあたりは、個人的に好感が持てます。

 
 因みにこの巻紙は、シャグのオマケとしては珍しいことに薄手のスローバーニング(燃焼速度が遅い)ペーパーです。この手の紙はタバコは葉っぱ本来の味だけがダイレクトに口や鼻を通ります。
 大抵はどのシャグも、同梱されているオマケのペーパーは漂白&燃焼剤入りの素っ気ない質のものなので、かなり嬉しいです。


【最後に…】
 シャグの質や同梱の巻紙を考えると、CHEシリーズのコストパフォーマンスはかなり優秀です。グラム単価で21.2円というのはシャグの中でもかなり安いですし、巻紙も上等ということを考えるとかなり至れり尽くせりな銘柄と言っていいでしょう。
 しかも、25gだったら鮮度が落ちる前に消費できる程度の量でもあるので、手巻きタバコのとっかかりとしても最適かもしれません。

 ともあれ、個人的にはかなりお気に入りの銘柄です。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








続きを読む

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 Che_Menthol チェ チェ・メンソール チェ・ゲバラ Rebel Che メンソールシャグ 値上げシャグ

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR