FC2ブログ

マックバレン・ピュア(MAC BAREN PURE TOBACCO)【シャグの感想】


MACBAREN_PURE MACBAREN マックバレン・ピュア マックバレン 無添加シャグ 手巻きタバコ RYO ADDITIVE FREE
マックバレン・ピュア
原産国:デンマーク
内容量:30g
価格:710円
グラム単価:約23.67円
【巻紙付き】


【商品について】
 2015年の6月に、マックバレン(MAC BAREN)シリーズに無添加シャグが新たに加わりました。
 画像検索してみたところ、少なくともポーランドやロシア語圏では既に売っているようで、このタイミングで日本にも販路を広げたということでしょうか。
 ともあれ、マックバレンは安定して高品質の銘柄なので楽しみです。


【シャグについて】


MACBAREN_PURE MACBAREN マックバレン・ピュア マックバレン 無添加シャグ 手巻きタバコ RYO ADDITIVE FREE
 


 シャグの色は赤みがかった明るめのブラウンで、香りも干し草のような素朴な香りです。

 また、無添加という性質上か乾燥気味です。
 つまめば弾力を感じる程度なので完全にカラカラではありませんが、基本的にマックバレンのシャグはどれもしっかり加湿されているので何だか新鮮な気がします。この状態でも愉しめますが、私の場合は少し辛めだったので加湿しました。


【喫味】
 タバコの味は非常に濃く、バージニア葉のような心地よい甘さと香ばしさがすんなりと口や鼻を通ります。上質な無添加シャグならではの喫味でした。私の味覚では、プエブロ(PUEBLO)シリーズにけっこう近いと感じました。
 それでいて吸いごたえは軽めなので、非常に吸いやすいです。
 大きなクセは無いので、良くも悪くも目新しい喫味では無いかもしれませんが、その分飽きることが無いので最後まで愉しめるところが長所でしょう。


【巻紙】
 他のマックバレンシリーズ同様、いたって普通の燃焼剤入り漂白ペーパーです。


手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー CHOICE チョイス MAC_BAREN マックバレン RYO


【最後に…】
 単純に上質なシャグです。やはりマックバレンは安定して良質です。
 私の場合は、また一つ定期的に購入するであろうシャグが増えたという感想です。

 


▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 マックバレン・ピュア MAC_BAREN_PURE マックバレン MAC_BAREN 無添加シャグ

ロウ・クラシックシャグ(RAW NATURAL AUTHENTIC TOBACCO)【シャグの感想】

RAW_NATURAL_AUTHENTIC_TOBACCO RAW ロウ・クラシックシャグ ロウ 無添加 シャグ バージニアブレンド 手巻きタバコ RYO
ロウ・クラシックシャグ
原産国:デンマーク
内容量:30g
価 格:930円
グラム単価:31円
【巻紙付】


【商品について】
 無漂白・無農薬の巻紙に絶大な定評のあるブランドのRAW(ロウ)名義のシャグが、今年の初めに登場しました。
 因みに、私はまだ試していませんが同じく老舗の巻紙ブランドであるジグザグ(ZIG-ZAG)名義のシャグ・ジグザグ・ファインカット(ZIG-ZAG FINE CUT)が去年の11月頃に登場したので、巻紙ブランドのシャグが立て続けに登場したことになります。

 商品説明によると名前のとおり無添加のシャグで、最高の品質を追求し手作業で行い茎などを除く作業も全て手作業で行い、何世紀にもわたって受け継がれてきた伝統的な手法でタバコの葉を屋内で自然乾燥させているとのことです。
 完璧な喫味と燃焼を得るためにそれぞれブレンドの種類に合わせ、カットの長さと厚みを調整し、最高の煙、風味と濃度を求め、最大水分含有率を15%に抑えているそうです。

 ブレンドの具合は、米国バージニア州とノース・カロライナ州で収穫された糖度の高いバージニア葉に、ブラジル南部のリオグランデ・ド・スル(Rio Grande do Sul)産とサンタ・カタリーナ(Santa Catarina)産の葉を隠し味に加えたバージニアスタイルだそうです。
 商品名にある「AUTHENTIC」という単語は日本語に訳すと「本物の」「正真正銘の」「れっきとした」という意味だそうで、品質に自信があることを伺わせます。

 余談ですが、ネットで調べてみたところ発売元はマックバレン(MAC BAREN)のようで(※詳細はこちら)、どうやら他に無農薬版、黒タバコ、アメリカンブレンドもリリースしているようです。クラシック・シャグの売れ行き次第ではこれらもいずれ日本に入ってくるかもしれません。


【シャグについて】


RAW_NATURAL_AUTHENTIC_TOBACCO RAW ロウ・クラシックシャグ ロウ 無添加 シャグ バージニアブレンド 手巻きタバコ RYO

 色は明るめのブラウンで、刻み幅は細かいです。
 無添加なので当たり前ですが、シャグは乾燥しています。
 また、シャグのにおいは干し草を思わせる素朴な香りで、安堵感を覚えます。


【喫味】
 乾燥した状態では辛かったので、加湿してから吸ってみました。
 全体的にはあっさり系ですが商品説明どおり喫味は確かに甘く、青葉のような自然な青っぽさやコクも程々にあり、後味もすっきりしているので非常に吸いやすいです。
 強いて書くなら、加湿の具合にもよりますが少しばかり辛みが口に残りますが大きなクセとか雑味というわけではありません。良い意味で万人受けするシャグで、飽きにくい風味と言えるでしょう。

 そして、吸いごたえはかなり軽めです。
 あくまで私の感覚ではこのページで紹介しているチェ・シルバー(che silver)より気持ち強い程度で、同じ無添加のシャグでは最も軽いと思います。
 そのため、強めのタバコを恒常的に嗜んでいる人にはひと味足りないと思うこともあるかもしれませんが、軽めのタバコが好きな人であれば気にいると思います。
 ともあれ、商品名のとおり上質なシャグであることには間違いありません。


【巻紙】
 当たり前と言えば当たり前ですが、自社製品のロウ・クラシック・シングル(RAW CLASSIC SINGLE)が同梱されています。
 無漂白の極薄ヘンプペーパーで、RAW製品の中で最も売れ筋の定番商品です。単体で買えば130円なのでありがたいオマケです。(※巻紙の感想はこちらを参照してください)


RAW_CLASSIC RAW ロウ・クラシック・シングル ロウ 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー 無漂白 無添加 薄紙 極薄 RYO


【最後に…】
 私は軽めのタバコも好きなので、定期的に買っても良いと思うほど気に入りました。
 上述のとおり万人受けしそうな喫味なので、無添加シャグのファーストチョイスにも適していると思います。
 しかしながらグラム単価が31円というのはかなり高い方で、比較的入手しやすいシャグの中では最高値に近い価格帯です。
 しかしオマケの巻紙代を差し引けば計算上は約26.7円になるので、それでもシャグ全体では高い方ですがリニューアルしたマニトウ(MANITOU)と同じということになります。
 したがって、極薄無漂白ペーパーとのバリューパック製品と考えれば無闇に高いというわけでは無いでしょう。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 RAW_NATURAL_AUTHENTIC_TOBACCO ロウ・クラシックシャグ ロウ RAW 無添加シャグ バージニアブレンド RAW_CLASSIC_single

マニトウ・ブルー(MANITOU BLUE)【シャグの感想】

MANITOU_BLUE MANITOU マニトウ・ブルー マニトウ 無添加シャグ バージニアブレンド RYO
マニトウ・ブルー
原産国:ドイツ
内容量:30g
価 格:800円
グラム単価:約26.7円
【巻紙付】


【商品について】
 人気がありながらもカビが頻発したことで日本ではしばらく販売を停止していたマニトウ(MANITOU)シリーズが、この度復活しました。

 ラインナップは以前と同じブルー(BLUE)、オーガニック(ORGANIC)、パウチ版と缶入りのバージニアゴールド(VIRGINIA GOLD。通称「マニ金」)、ですが、パウチのデザイン・価格・内容量が変わっています。
 価格は全て800円で、ブルーとゴールドの内容量は35gから30gに、オーガニックは30gから25gに変わりました。

 また、缶入りのマニ金もかつては100g/2,200円でしたが、今回から80g/2,100円だそうです。
 以前は缶入りの方がグラム単価が高かったのですが、@0.5円程度とはいえ今回から缶入りの方が安くなりました。
 結局のところ、同じ無添加・無農薬シャグで人気の高いナチュラルアメリカンスピリット・オーガニック(NATURAL AMERICAN SPIRIT)シリーズくらいの価格帯になってしまいました。特にオーガニックのグラム単価は25円から32円になったので、比較的手に入りやすいであろうシャグの中ではほぼ最高値です。
 質が高くて安いというところもマニトウの人気の一つだったので残念ではありますが、それでも待望の復活であることには変わらないでしょう。

 肝心の中身は水分の含有量が変わっただけらしいので基本的には以前と同じですが、やはり変更点がいくつかあるので復活というよりはリニューアルと言った方がいいかもしれません。

 そして今回のブルーは、通称で「マニ青」「マニトウ・オリジナル」とも言われています。
 かつてのパウチは「MANITOU VIRGINIA BLUE(バージニア・ブルー)」という表記でしたが、新しい方には「MANITOU BLUE」としか書いてありません。
 実のところブルーは試す前に販売終了してしまったので、今回真っ先に購入しました。


【シャグについて】


MANITOU_BLUE MANITOU マニトウ・ブルー マニトウ 無添加シャグ バージニアブレンド RYO


 色は明るめのブラウンで、刻み幅はかなり細かいです。無添加なので当たり前ですがシャグの状態は乾燥気味です。
 また、シャグのにおいは干し草もしくは畳のような素朴で安堵を思わせる香りで、いかにも上等なシャグという気にさせてくれます。


【喫味】
 他のマニトウ同様、無添加ならではの心地よい青っぽさと上品で香ばしい甘さに加え、少しスパイシーな風味も口に入っていきます。青っぽさはオーガニックより少し控えめに感じましたが、それでもトータルでは濃いめだと思います。
 そして後味は爽やかで、非常にすっきりしています。

 しかし、美味いには美味いのですが私には吸いごたえはファミリーの中で最も強いと感じました。
 加湿の具合もあるものの吸っている間はあまり感じないのですが、私の場合は吸ってからどっしりした満足感が来るので、強めのシャグに慣れている人向けのシャグかと思います。
 ともあれ、やはり質は高いシャグには変わりません。


【巻紙】
 かつてはオリジナルのヘンプペーパーが付いていたようですが、私が購入した時はどれもハーベスト(HARVEST)の漂白ペーパーでした。
 しかし今回は、「MASON's」というブランドの薄紙のヘンプペーパーがオマケです。


MANITOU マニトウ 無添加シャグ 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー ヘンプペーパー 麻紙 スローバーニング



【余談】
 今回購入したお店では、レジをすませた直後にお店の方からその場で開封してカビの有無を確かめるよう勧められました。
 もちろん、仕入れたばかりのものなので品質には問題ありませんでしたが、やはり経緯が経緯だけに販売店側も仕入れ業者も慎重になっているようでしょう。
 その場での確認は他の販売店でも行っているようで、お店によっては購入後の返品は受け付けないところもあるようです。
 当然ながら、一度開けたらなるべく短期間で消費するにこしたことはありません。


【最後に…】
 今更この場で書くことではないと思いますが、やはりマニトウはどれも質が高いです。
 何だかんだで待望の人気シャグ再登場となりましたが、再販したからといってカビの問題が完全に解決したわけではないと思われるので、特に保湿維持は気をつけた方が良いでしょう。
 私の場合は、当面はストック用ではなくすぐに消費することを前提に購入した方が良いのかなと思いました。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 MANITOU_BLUE MANITOU マニトウ・ブルー マニトウ 無添加シャグ バージニアブレンド

ドミンゴ・ナチュラル(DOMINGO NATURAL)【シャグの感想】


domingo_natural domingo ドミンゴ・ナチュラル ドミンゴ 無添加シャグ 手巻きタバコ RYO
ドミンゴ・ナチュラル
原 産 国:ベルギー
内 容 量:40g
価   格:850円
グラム単価:21.25円
【巻紙付き】


【商品について】
 グラム単価が安くラインナップが豊富なドミンゴ(DOMINGO)シリーズより、無添加のナチュラルシャグです。

 商品説明から抜粋すると、ブラジル産とバージニア・タバコのブレンドをメインに風味豊かなバーレーを追加し、さらにちょっとスパイシーなダーク・エアキュアド・タバコとスイート・オリエンタル・タバコもブレンドし、素晴らしいナチュラルの味わいを最大限に引き出したブレンドを楽しめるとのことです。

 また、パウチの裏面には以下の文章が書かれています。


「ドミンゴ・ナチュラル」は、100%タバコをブレンドした手巻きタバコです。
膨化加工を施された原料、燃焼促進剤、人工香料は一切使用していません。
いかなる保湿剤や保存料も使用していないので、「ドミンゴ・ナチュラル」の湿度は14%を超えることはありません。
一般的な手巻きタバコに比べると、若干低いレベルではありますが、あくまでも無添加にこだわった結果です。
100%ナチュラルの手巻きタバコ、「ドミンゴ・ナチュラル」をどうぞお楽しみください。



 「一般的な手巻きタバコに比べると、若干低いレベルではありますが」という文言が少し気になりますが、要約すればナチュラルにこだわった自信作ということでしょう。


【シャグについて】


domingo_natural domingo ドミンゴ・ナチュラル ドミンゴ 無添加シャグ 手巻きタバコ RYO

 無添加シャグだけあってか、開封段階では乾燥気味です。
 刻み幅は細かめで、色はやや暗めの茶色です。


【喫味】
 もしかしたら巻紙の種類によるかもしれませんが、甘さや香ばしさ等は堪能できるもののかなり控えめに感じました。
 がっつり加湿すれば甘さ等が引き出され風味も柔らかくなりましたが、劇的というほどではありません。
 むしろ全体的にはビターテイストで、商品説明どおりスパイシーな後味も感じましたが、それほど大きいものではないので全体的には無難といえば無難な喫味かもしれません。
 あくまで私の味覚ではチェ・シャグ(Che Shag)に似た系統の喫味に思いました。

 吸いごたえは、シャグの中では軽めかもしれませんが私には物足りないということは無かったので、よほど強いシャグに慣れていなければそれなりの充足感は得られるでしょう。


【巻紙】
 これまでに購入したことのある他のドミンゴに限らず、大抵のオマケは燃焼剤入りの漂白ペーパーですが、これは無添加シャグということもあってか、無農薬でアンブリーチ(無漂白)のヘンプペーパー(薄紙)が付いています。
 チェ(Che)シリーズやナチュラル・アメリカン・スピリット(NATURAL AMERICAN SPIRIT。通称アメスピ)シリーズはスローバーニングの薄紙ですが、オーガニック系のペーパーは初めてです。
 これもナチュラルへのこだわりと思われますが、かなりお得です。


ドミンゴ・ナチュラル ドミンゴ ヘンプペーパー HEMP 巻紙 手巻きタバコ RYO


【最後に…】
 葉のブレンドが異なるので当たり前といえば当たり前ですが、同じ無添加シャグでもプエブロ(PUEBLO)シリーズペペ(Pepe)シリーズのような系統ではありません。ビターで辛めのタバコが好きであれば最後まで楽しめると思います。

 ともあれ、上述のとおりグラム単価も安い上に何といっても無漂白のヘンプペーパー付きなので、コストパフォーマンスを重視するのであれば買いだと思います。





▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!






テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 DOMINGO DOMINGO_NATURAL ドミンゴ ドミンゴ・ナチュラル 無添加シャグ 値上げシャグ ヘンプペーパー

ナチュラルアメリカンスピリット・オーガニック(NATURAL AMERICAN SPIRIT ORGANIC)【シャグの感想】


NATURAL_AMERICAN_SPIRIT_ORGANIC NATURAL_AMERICAN_SPIRIT ナチュラルアメリカンスピリット・オーガニック アメスピ 無添加 無農薬 手巻きタバコ シャグ RYO
ナチュラルアメリカンスピリット・オーガニック
原産国:アメリカ
内容量:40g
価 格:1,160円
グラム単価:29.0円
【巻紙付】


【商品について】
 ナチュラル・アメリカン・スピリット(以下:アメスピ)シリーズは無添加が売りのタバコですが、今回のオーガニックは無添加プラス無農薬の有機栽培が売りです。紙巻きでもオーガニックもあるので、そのシャグ版です。
 商品説明によると、「世界初、米国農務省(USDA)認定の100%有機栽培により栽培されたたばこ葉のみを使用」「フレーバーの中心となるバージニア葉(約90%)はアメリカ産をメインに、ブラジル産、カナダ産を使用」「更にアメリカ産のバーレー葉を加え、自然で豊かな甘み、コクのある風味を楽しめる」とのことです。
 無農薬プラス上質な葉を使用しているだけあってか、グラム単価もかなり割高となっています。
 元々無農薬のシャグの選択肢はそう多くなく、他はガンドゥン(GUNDUM)シリーズくらいしか私は知りませんが、マニトウ・オーガニック(MANITOU ORGANIC)が入手困難となっている現在では最も人気のある無農薬シャグでしょう。


【シャグについて】


NATURAL_AMERICAN_SPIRIT_ORGANIC NATURAL_AMERICAN_SPIRIT ナチュラルアメリカンスピリット・オーガニック アメスピ 無添加 無農薬 手巻きタバコ シャグ RYO


 色はやや暗めのブラウンで、刻み幅は粗いです。私はいつもローラーを使うのであまり気になりませんが、ハンドロールだと少し巻きづらいかもしれません。
 また、オリジナル同様無添加だけあってか、干し草のような素朴な香りでいかにも“THE・タバコ”といったおもむきです。
 因みに、当たり前といえば当たり前ですが保湿は全くと言っていいほどされていないのでかなり乾燥しています。加湿は必須でしょう。
 なお、無農薬ゆえにカビ発生のリスクが高いので、私の場合は小分けにして加湿することにしました。


【喫味】
 オリジナル同様葉の甘みやコクは濃厚で、混じりっけの無い上質なタバコを堪能している気分に浸れるのはさすがアメスピといったところですが、ある程度加湿をしても酸味・苦味・辛み等がオリジナルよりもやや強いという印象です。オーガニックならではの自然な喫味なのかもしれませんが、このあたりは好みが分かれそうです。
 
 また、私にとってはかなり強いです。
 加湿の程度や1本あたりのシャグの量、吸い方にもよりますが満足感はかなり強く、場合によっては軽くニコチン酔いをしてしまいました。私はいつも根本までしっかり吸うのですが、特にレギュラーサイズの直径で巻いたものは半分くらいでもうじゅうぶんとになってしまいます。
 尤も無理して消費することはありませんが、強いシャグに慣れていない人はシャグの量を少なめにしてふんわり巻く、長めのフィルターを使う、他の軽めのシャグとブレンドするといった工夫が必要かもしれません。私の場合は、スリムサイズの直径がちょうどいいです。


【巻紙】
 オリジナル同様、スローバーニングの薄紙が同梱されています。アメスピオリジナルの巻紙で、見た目だけで紙の質はわかりませんが無塩素漂白のヘンプペーパーだそうです。


NATURAL_AMERICAN_SPIRIT_ORIGINAL ナチュラルアメリカンスピリット・オリジナル アメスピ 無添加シャグ バージニアブレンド 手巻きタバコ RYO


 しかも長さはレギュラーサイズの70mmではなく1-1/4サイズなので、ローラーを使用する場合は長さ78mm以上のもの、あるいは手巻きタバコ用のすだれ(バンブーシート)が必要となります。


【最後に…】
 自分の好みや相性は別としても、今さらこの場で書くまでもなくシャグと喫味はやはり上質です。元々紙巻き版もシャグ版も中身は同じようなので、紙巻き版を愛煙している人は本当に楽しめると思います。
 あるいは、強めで本格志向のタバコが好きな人であれば満足できると思います。
 また、上述のとおり相対的なグラム単価は高いですが、オマケの巻紙も考えれば無闇に高いということは無いでしょう。

 無農薬なのでなるべく早めに消費したいところですが、私の場合は少量のシャグで満足できる分消費量は緩やかになるはずなので、1つのパウチで長持ちしそうです。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 NATURAL_AMERICANSPIRIT_ORGANIC ナチュラルアメリカンスピリット・オーガニック NATURAL_AMERICANSPIRIT アメスピ 無添加シャグ 無農薬シャグ

フランドリア・ナチュラル(Flandria NATURAL)【シャグの感想】


Flandria_NATURAL Flandria フランドリア・ナチュラル フランドリア ベルギー バージニア 無添加 RYO シャグ 手巻きタバコ
フランドリア・ナチュラル
原 産 国:ベルギー
内 容 量:30g25g
価   格:660円590円
グラム単価:22.0円23.6円
【巻紙付】


【商品について】
 フランドリア(Flandria)はベルギー産のシャグで、現在のラインナップは黒タバコのブラック(BLACK)とベルジック(BELGIQUE)、バージニア(VIRGINIA)、そして今回の無添加のナチュラル(NATURAL)です。

 商品説明によると、タバコと水以外何も加えていない自然派タバコで上質なバージニアが主体だそうです。
 また、「実に優しい喫煙感覚で、マイルドで軽く低ニコチン低タール派に最適」とも書いてあり、取り扱っているネットショップによっては「ビギナー向き」という説明も入っています。


【シャグについて】

Flandria_NATURAL Flandria フランドリア・ナチュラル フランドリア ベルギー バージニア 無添加 RYO シャグ 手巻きタバコ


色はやや暗めで、刻み幅は細かいです。
 開封段階では、シャグに弾力を感じるものの乾燥気味です。公式には保湿を勧めているので、気になる人は保湿剤やヒュミストーン等を入れて置いた方が良いでしょう。
 因みに、無添加だけあって干し草のような自然で素朴な香りです。


【喫味】
 試しに乾燥状態で吸ってみましたが、多少の辛さはあるものの吸えないということは無く全体的にすっきりとしたシャープな味わいでした。
 バージニア特有の青葉のような爽やかな香りが口や鼻を通り、端々で感じる苦みが良いアクセントになっています。
 とはいえ、この苦味を雑味と感じるかで好みが分かれそうですが、商品説明どおり吸いごたえは軽めです。

 やはり乾燥は気になるのでしっかり加湿しましたが、更に吸いやすくなりました。
 加湿した分喫味はまろやかになり、バージニア特有の香りはそのままに苦味は緩和されました。個人的には加湿したほうが好みです。
 とはいえ、同じ無添加のバージニア系シャグであるペペ(Pepe)シリーズと比べると全体的にあっさりしている印象を持ちました。


【巻紙】
 バージニア同様「PAY-PAY Negro」という巻紙が同梱されています。漂白済みで燃焼剤入りですが、オマケにしては珍しいヘンプペーパーです。
 また、大抵のオマケペーパーは50枚入りですが、これは紙質もあってか32枚入りでした。
 因みに「PAY-PAY」ブランドの別のペーパーは単体でも売っていますが、このNegroに関してはわかりません。


手巻きタバコ 巻紙 ペーパー PAY-PAY_Negro, PAY-PAY Flandria, ペイペイ・ネグロ ヘンプペーパー RYO 


【最後に…】
 商品説明どおり、軽めのタバコやあっさりした後味のタバコが好きな人は気に入ると思います。
 個人的にはけっこう気に入ったので、今ある分がなくなったらいずれリピートすると思いますが、強めのシャグを連続で購入した時の箸休め的な役割としても重宝しそうです。


【2016.12.5追記】
 フランドリアシリーズはしばらく廃盤になっていましたが、ベルジック以外の3銘柄が2016年10月より再販されました。
 とはいえ、容量、価格、パッケージデザイン、オマケの巻紙が変わったので(※スモーキング〈SMOKING〉のグリーンになりました)、リニューアル販売ということでしょう。
 そのため、このページトップの商品情報を修正しました。







テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 Flandria_NATURAL Flandria フランドリア・ナチュラル フランドリア バージニアブレンド 無添加シャグ PAYPAY

プエブロ・ナチュラル・オリジナル(PUEBLO NATURAL)【シャグの感想】


PUEBLO_NATURAL_ORIGINAL プエブロ・ナチュラル・オリジナル PUEBLO プエブロ 無添加 シャグ 手巻きタバコ
プエブロ・ナチュラルシャグ・オリジナル
原産国:ドイツ
内容量:30g
価 格:680円
グラム単価:約22.67円
【巻紙付】


【商品について】
 プエブロ(PUEBLO)はドイツ産の無添加シャグで、紙巻きタバコの方も販売しています。
 因みに、このページでは姉妹品のプエブロ・ナチュラルブルー(PUEBLO NATURAL BLUE)を紹介していますが、今回はオリジナルの方です。
 シンプルな喫味のタバコを吸いたくなったのでブルーをリピートしても良かったのですが、肝心のオリジナルはまだ試したことが無かったのでこちらを選びました。
 ネットで調べてみると「ヨーロッパで人気No.1の無添加タバコ」という商品説明をよく目にしますが、その根拠となるようなことまでは今のところ見つけていません。


【シャグについて】
 ブルー同様、色は明るめのブラウンで刻み幅はかなり細かいです。
 香りは干し草のような素朴なにおいで、いかにも「無添加」という感じです。
 無添加だけあって保湿はされておらず、開封段階ではかなり乾いています。


PUEBLO_NATURAL_ORIGINAL プエブロ・ナチュラル・オリジナル PUEBLO プエブロ 無添加 シャグ 手巻きタバコ



【喫味】
 まずはそのまま吸ってみましたが、ブルー同様私の好みではエグみのような雑味が気になったので加湿したのですが、無添加ならではの上質で素朴な味わいと感じました。
 確かなコクや甘さ、香ばしさを感じながらも良い意味で控えめで、適度な強さののどごしも心地よいです。
 吸いごたえはやはりブルーよりは気持ち強めに思いましたが、シャグ全体では軽い方なので非常に吸いやすく、少なくとも私にはちょうどいい強さです。

 大きなクセも独特な喫味もあるわけでは無いので「個性のない無難なシャグ」ともとられかねませんがその手のものは万人受けするもので、むしろそれがプエブロの長所ではないかと思いました。「ヨーロッパで人気No.1の無添加シャグ」と言われているのも、クセもなく無難な喫味で(恐らく)値段も手頃だからということもあるのでしょう。


【巻紙】
 オマケの巻紙はブルーと同じで、プエブロオリジナルの漂白済みペーパーです。
 パッケージを見た限りではヘンプ(麻)ペーパーのようで、試してみましたが不快な紙の臭いも特に無くシャグとの相性も悪くはなかったので、なかなか使えると思います。


PUEBLO_NATURAL_BLUE PUEBLO プエブロ・ナチュラルシャグ・ブルー プエブロ 無添加 巻紙 ヘンプペーパー 麻 RYO HAND_ROLLING_TOBACCO


【シャグの保存について】
 無添加なのでシャグが乾きやすいため、保存には注意が必要です。
 ヒュミディパック等を入れて常に一定の保湿を保つことを勧めます。


【最後に…】
 このページで紹介しているコルツ・スムーステイスト(COLTS SMOOTH TASTE)もそうですが、この手の万人受けするシャグは大きくはずれるということはありません。
 私の場合は、単純に喫味も気に入ったということもありますが、お目当てのシャグが手に入らなかった時や、次に買うシャグを決められない時の選択肢としてリピートしても良いと思いました。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 PUEBLO_NATURAL PUEBLO プエブロ・ナチュラルシャグ プエブロ 無添加シャグ 無香料 ヘンプペーパー 値上げシャグ

ナチュラルアメリカンスピリット・オリジナル(NATURAL AMERICAN SPIRIT ORIGINAL)【シャグの感想】


NATURAL_AMERICAN_SPIRIT_ORIGINAL ナチュラルアメリカンスピリット・オリジナル アメスピ 無添加シャグ バージニアブレンド 手巻きタバコ RYO
ナチュラルアメリカンスピリット・
オリジナル

原産国:アメリカ
内容量:40g
価 格:1,080円
グラム単価:27.0円
【巻紙付】


【商品について】
 紙巻きタバコのナチュラルアメリカン・スピリット(通称:アメスピ)は、無添加、無香料にこだわった自然派タバコとしてここ数年で急激に人気が上がっていますが、手巻きタバコ版も人気です。
 シャグの中ではドラム(DRUM)ゴールデン・バージニア(GOLDEN VIRGINIA)などと並ぶ定番銘柄ということもあって、専門店であればまず取り扱っているので入手しやすい製品です。少なくとも、マニトウ(MANITOU)が手に入りづらくなった現在では最も人気の高い無添加系のシャグではないでしょうか。
 
 商品説明から抜粋すると、「バージニア葉をふんだんに使用したイングリッシュブレンドで、天然の糖分を豊富に含んだ上質なアメリカ産バージニア葉を94%使用し、香り高いオリエント葉は上質と言われるトルコ産を使用。自然な甘みと豊かな風味、たばこ葉本来の味わいを楽しめる」とのことです。

 因みに、手巻きの方のバリエーションは今回のオリジナル、無添加プラス無農薬のオーガニック(Organic)、新発売のペリックブレンド(PERIQUE・黒タバコ)の3つです。


【シャグについて】

NATURAL_AMERICAN_SPIRIT_ORIGINAL ナチュラルアメリカンスピリット・オリジナル アメスピ 無添加シャグ バージニアブレンド 手巻きタバコ RYO

 色は明るめのブラウンで、刻み幅は粗めです。私はいつもローラーを使うのであまり気になりませんが、ハンドロールだと巻きづらいかもしれません。
 また、無添加だけあってか香りも素朴でいかにも“THE・タバコ”といったおもむきです。
 保湿は全くと言っていいほどされていないのでかなり乾燥しています。加湿は必須でしょう。


【喫味】
 商品説明のとおり、今まで試したことのあるノンフレーバーのシャグの中でも突出して甘く、心地よい香ばしさとすっきりしたコクも感じます。私の味覚では、無添加系のシャグの多くはコクがかなり濃厚だったものが多かったのですが、それらとは一線を画す喫味でした。
 また、加湿したからということもありますが辛みや雑味も無く、煙も柔らくてまろやかです。いかにも「質の高いタバコを吸っているな」という気にさせてくれます。このあたりはさすがアメスピといったところでしょうか。

 口当たり自体は軽いですが、長さによって多少は変わるもののフィルターを付けても吸った後の満足感はしっかりしています。
 試しに両切りでも吸ってみたのですが、吸っている間はまろやかな煙がするすると口や鼻へ通っていくものの、吸い終わって少し経ってから時間差でずっしりとした余韻が長時間残り、軽くニコチン酔いをしてしまいました。あくまで私の場合はという前提ですが、強いシャグにあまり慣れていない場合は注意が必要かもしれません。


【巻紙】
 オマケとしては珍しく、燃焼剤無しの薄紙が同梱されています。漂白はされていますが、どうやらヘンプペーパーのようです。

NATURAL_AMERICAN_SPIRIT_ORIGINAL ナチュラルアメリカンスピリット・オリジナル アメスピ 無添加シャグ バージニアブレンド 手巻きタバコ RYO


 しかも長さはレギュラーサイズの70mmではなく1-1/4サイズなので、ローラーを使用する場合は長さ78mm以上のもの、あるいは手巻きタバコ用のすだれ(バンブーシート)が必要となります。


【最後に…】
 今さらこの場で書くことでもないですが、評判どおりの上質なシャグだと思いました。紙巻きの方はあまり好みではありませんでしたが、多少気分の問題はあるもののやはり紙巻きと手巻きは別物だと思いました。
 グラム単価で考えると相対的には高いですが、シャグや巻紙の質を考えれば値段相応だと思います。

 尤も、個人的にはメインで吸いたくなるほど気に入ったわけではありませんが、たまの贅沢としてリピートしたいと思ったシャグでした。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png







テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 NATURAL_AMERICANSPIRIT_ORIGINAL ナチュラルアメリカンスピリット・オリジナル NATURAL_AMERICANSPIRIT アメスピ 無添加シャグ バージニアブレンド

マニトウ・オーガニック(MANITOU ORGANIC)【シャグの感想】


MANITOU_ORGANIC, MANITOU, マニトウ・オーガニック, マニトウ 手巻きタバコ シャグ RYO
マニトウ・オーガニック
原産国:ドイツ
内容量:30g25g
価 格:750円800円
グラム単価:25円 32円
【巻紙付】


【商品について】
 定番中の定番シャグの一つであるマニトウ(MANITOU)シリーズより、オーガニックバージョンのシャグです。
 元々マニトウは無添加が売りですが、この商品は名前のとおり無添加プラス無農薬の自然派タバコとして人気です。そのためか、価格は他と同じですがこの商品だけ内容量は5g少ない30gです。
 この商品もカビ騒動で一時販売停止になっていましたが、2014年の1月下旬に日本でも販売が再開されました。
 商品説明によるとアメリカ、ブラジル、ジンバブエのバージニアとギリシャのオリエントのブレンドで、たばこ自体の甘味が引き出されているとのことです。


【シャグについて】

MANITOU_ORGANIC, MANITOU, マニトウ・オーガニック, マニトウ 手巻きタバコ シャグ RYO

 色は明るめのブラウンで、刻み幅はかなり細かいです。
 粗めに刻まれた茎や葉脈のようなものも適度に入っています。
 また、保湿は殆どされていないので乾燥気味です。触るとボロボロとこぼれ落ちる程度です。
 シャグのにおいは、干し草もしくは畳のような素朴で安堵を思わせる香りです。このあたりは無農薬ならではといったところでしょうか。


【喫味】
 まずはそのままの状態で吸ってみましたが、かなりうまいです。
 雑味は殆ど無く、甘くて香ばしい青葉のような心地よい香りが口や鼻を通ります。濃度も良い意味でかなりすっきりしていて吸いごたえも軽めなので、とにかく吸いやすいです。このままでもじゅうぶん楽しめます。
 なので加湿しようかどうかは迷ったものの、無農薬と言うこともあって他の無添加シャグよりカビの発生はシビアなので最低限の加湿をしてみましたが、その分風味は少し上がり、更に吸いやすくなりました。

 そういえば、このページで紹介しているペペ(Pepe)シリーズが出始めた頃、マニトウ・ゴールデンシャグ(マニ金)の喫味に近いという評判をネットでよく目にしたのですが、私の味覚や好みでは“似ていなくもないが完全に別物”という認識です。
 しかしオーガニックに関してはよりペペに近く、イージーグリーンを更にすっきりさせたような喫味に思えます。
 兎にも角にも、いわゆる「タバコ本来の味」を満喫できるシャグです。


【保存について】
 購入した専門店の店主の受け売りになりますが、無添加で無農薬故にとにかくカビが発生しやすいため、開封したらジップロックのような密閉性の高い袋や容器に移すことと、加湿は必要だがヒュミディパックのような保湿剤は使用しない方が良いとのことでした。


【巻紙】
 マニトウ・ゴールデンバージニア同様、ハーベストの巻紙が付いています。

HAEVEST_CHERRY HARVEST ハーベスト・チェリー ハーベスト ドイツ 巻紙 ローリングペーパー 手巻きタバコ RYO


【販売期間について】
 マニトウ・ゴールデンバージニアのページでは、シリーズ全て期間限定販売となるという書き方をしましたが、オーガニックを購入した専門店の店主曰く、実際に6月までに完売するよう取扱の代理店の通達があり、その後は場合によって完全な廃盤もあり得るという言い方をしていました。
 素人知識ですが、マニトウは日本だけでなく諸外国でも人気商品という考えると完全廃盤になることは考えづらく、恐らく日本へ輸出しなくなる可能性があるということだと思います。
 他の銘柄はわかりませんがマニトウは航空便ではなく船便で送っているそうで、輸送に時間がかかる以上日本に到着する頃は少なからず鮮度に変化が出てくるのは避けられないとのことで、できるだけすぐに吸いきるよう念を押されました。

【※2015.01.12追記】
 2015年の1月に販売が復活しました。ただし、内容量、価格が変わっています。
 そのため、ページトップの情報を変更しました。


【最後に…】
 マニ金も美味いには美味いですが、個人的には断然こちらの方が好みです。
 特に理由も無く今まで買わなかったのですが、もっと早い時期に試せば良かったと軽く後悔しているほど気に入りました。
 どのみち夏には買えなくなるので後悔しても仕方のないことですが、売り切れる前に最低でももう一度買おうと思っています。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png


→ZIPPO・喫煙具全般の小売販売専門店マイセンでは手巻きタバコ用のグッズを多数取り揃えています。





テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 MANITOU_ORGANIC MANITOU マニトウ・オーガニック マニトウ 無添加シャグ 無農薬シャグ バージニアブレンド 値上げシャグ

プエブロ・ナチュラルシャグ・ブルー(PUEBLO NATURAL BLUE)【シャグの感想】


PUEBLO_NATURAL_BLUE PUEBLO プエブロ・ナチュラルシャグ・ブルー プエブロ 無添加 RYO HAND_ROLLING_TOBACCO
プエブロ・ナチュラルシャグ・ブルー
原産国:ドイツ
内容量:30g
価 格:650円680円(2014年4月〜)
グラム単価:約21.67円約22.67円
【巻紙付】


【商品について】
 プエブロ(PUEBLO)は無添加・無香料が売りでの自然派タバコで、手巻き用のシャグだけでなく紙巻きバージョンも出ています。
 オリジナルの方は以前から売っていましたが、最近ライト版のブルーが新たに日本でも発売されました。
 ネットで調べてみると「ヨーロッパで人気No.1のシャグ」らしいのですが、それ以外の情報となると「オリジナルより軽い」ということくらいしかわかりません。
 強いて書くなら、オリジナルはネイティブアメリカンの自然栽培アメリカンバージニア葉を使用した無添加タバコのようなので、ブレンドの比率を変えて軽くしたものがこのブルーということくらいでしょうか。


【シャグについて】
 色は明るめのブラウンで刻み幅はかなり細かいです。大きめに刻まれた刺々しい葉脈や茎らしきものも適度に混ざっています。湿度はやや乾き気味といったところです。
 香りは干し草のような素朴なにおいで、いかにも「無添加」という感じです。

PUEBLO_NATURAL_BLUE PUEBLO プエブロ・ナチュラルシャグ・ブルー プエブロ 無添加 RYO HAND_ROLLING_TOBACCO



【喫味】
 まずはそのまま吸ってみましたがかなり軽く、その割に吸いごたえは程ほどにしっかりしている印象です。乾き気味ながらも辛さは無く、上品な香ばしさが口や鼻を通るので吸いやすいです。全体的には控えめですが、軽さと比較すると風味はやや濃いめな気がします。
 また、吸った後の喉ごしはアメリカンスピリット・メンソールライトを吸った時の感覚に近かったので、無添加シャグならではの喫味とも言えるでしょう。

 その後加湿してみたところ、香ばしさや甘さは殆ど変わらないものの喉ごし感は多少緩和された程度で、残るには残るという印象を受けました。
 これは私の保存の仕方が影響している可能性があるので一概には言えないのですが、更にヒュミディパック(保湿剤)を入れても同じでした。

 あくまで私の味覚(もしくは嗅覚)では、上述のとおり喉ごし等はアメスピに近いですが、軽さや後味等はドミンゴ・ホワイトに近いかなと思いました。風味や香ばしさ等はドミンゴより多少濃いですが、全体的には無難なシャグなので万人受けする商品と言えるでしょう。


【巻紙】
 プエブロオリジナルの漂白済みペーパーですが、パッケージを見た限りではヘンプ(麻)ペーパーのようです。この紙でも巻いてみましたが、不快な紙の臭いも特にせずシャグとの相性も悪くはなかったので、なかなか使えるペーパーだと思います。

PUEBLO_NATURAL_BLUE PUEBLO プエブロ・ナチュラルシャグ・ブルー プエブロ 無添加 巻紙 ヘンプペーパー 麻 RYO HAND_ROLLING_TOBACCO



【シャグの保存について】
 無添加なのでシャグが乾きやすいため、保存には注意が必要です。
 ヒュミディパック等を入れて常に一定の保湿を保つことを勧めます。


【最後に…】
 悪くはないですが、個人的にはもうひと味欲しいというか、軽さはともかくもう一段階くらい濃い風味の方が好みでした。
 とはいえシャグの中では軽い方なので、強めのタバコが得意ではないという人には良いかもしれません。
 また、私の場合はまだオリジナルの方を試していないので、これを機に吸いくらべをしてみてもいいかなと思っています。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png






テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 PUEBLO_NATURAL_BLUE PUEBLO プエブロ・ナチュラルシャグ・ブルー プエブロ 無添加シャグ 無香料 ヘンプペーパー 値上げシャグ

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR