FC2ブログ

アンバーリーフ・オーガニックブレンド(AMBER LEAF ORGANIC BLEND)【シャグの感想】

アンバーリーフ・オーガニックブレンド AMBER_LEAF_ORGANIC_BLEND アンバーリーフ AMBER_LEAF 無農薬シャグ 手巻きタバコ RYO
アンバーリーフ・オーガニックブレンド
原産国:イギリス
内容量:25g
価格:600円
グラム単価:24円
【巻紙付】


【商品について】
 2017年の11月に、イギリス産のシャグのアンバーリーフより無農薬のシャグが登場しました。

 商品説明から抜粋すると、オーガニック(無農薬有機栽培)原料100%使用で、バージニア葉の自然な甘みがあり、
ふんわりとした優しい味わいとのことです。

 因みに、他のアンバーリーフの価格は570円ですが、これだけ600円と少し高いです。


【シャグについて】


AMBER LEAF BLONDE, AMBER LEAF アンバーリーフ・ブロンド アンバーリーフ RYO 手巻きタバコ シャグ

 少し暗めのブラウンで、粗めの歯が若干混ざっていますが全体的には細かい刻み幅です。これまた商品説明によると、0.45mgのファインカットだそうです。

 また、私の勝手なイメージでは無農薬や無添加のシャグはかなり乾燥していると思いこんでいたのですが、これに関しては初めから程よく加湿されていました。そのため、感触はかなりふわふわしています。


【喫味】
 端的に書けばかなり上質なシャグだと思います。

 コクと甘さが強めな分口当たりはまろやかで、上品な苦みが口や鼻を通ります。このあたりは商品説明どおりといったところです。
 また吸いごたえも軽めなので、良い意味で立て続けに手を出したくなるタイプのシャグです。

 尤も、言い方を変えれば良くも悪くもありきたりな喫味なので、あえてこれを選ぶという決め手に欠けるとも言えるのですが、この手のシャグは万人受けするので大きく外れるということは無いこと、他のシャグとのブレンド用としても使えるので勝手が良いという点が特長だと思います。


【巻紙】
 他のアンバーリーフ同様、オリジナルと思われる巻紙が同梱されています。フリーバーニングの漂白ペーパーですが、ドミンゴ(DOMINGO)の巻紙同様コーナーカットされているのでローラー(巻き器)を使用している人にはありがたい巻紙です。


AMBER_LEAF アンバーリーフ 手巻きタバコ RYO 巻紙 ローリングペーパー


【最後に…】
 やはり、アンバーリーフは大きなクセや個性も無い分、常喫向けの喫味なので個人的に気に入っています。すぐかどうかは別としても普通にリピートしても良いと思ったシャグでした。

 喫味もさることながら容量も価格も手頃なので、手巻きタバコのファーストチョイスにも適している商品だと思います。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!






スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 アンバーリーフ・オーガニックブレンド AMBER_LEAF_ORGANIC_BLEND アンバーリーフ AMBER_LEAF 無農薬シャグ

ハイタバコ・100%アディティブフリー(Hi tobacco 100% ADDITIVE-FREE)【シャグの感想】


ハイタバコ・アディティブフリー Hi_tobacco_ADDITIVE-FREE ハイタバコ Hi_tobacco 無添加シャグ 手巻きタバコ RYO
ハイタバコ・100%アディティブフリー
原産国:ブラジル
内容量:30g
価格:870円
グラム単価:29円
【巻紙付き】


【商品について】
 このページでは、2017年10月の終わり頃に登場したブラジル産シャグ・ハイタバコ・バージニアブレンド(Hi tobacco VIRGINIA BLEND)を紹介しましたが、今回はそのファミリーの一つである100%アディティブフリーです。

 「アディティブ」とは「添加物、添加剤」のことなので、要は無添加・無香料のシャグです。
 商品説明によると「無添加・無香料。雑味・辛味が少なく、マイルドな吸いごたえ」とのことです。

 因みに、バージニアブレンドと同じファミリーのダークファイア(Hitobacco DARK FIRE)は800円ですが、これだけ870円と少々高めです。
 グラム単価で考えるとシャグの中でもかなり高い方で、ナチュラルアメリカンスピリット・ターコイズオーガニック(NATURAL AMERICAN SPIRIT ORGANC)と同じです。


【パウチについて】 
 バージニアブレンド同様内側にジップが付いており、更に外側にはマジックテープも付いています。また、パウチの内側にはニス加工が施されており、パウチの髪質もクラシックな趣を持つクラフト用紙を使っています。
 テープの面積は小さいですが、シャグの保管としてはかなり優秀です。いわば二重ロックのようなものなので、両方をしっかりとめておけばまずシャグがこぼれることはないでしょう。


【シャグについて】


ハイタバコ・アディティブフリー Hi_tobacco_ADDITIVE-FREE ハイタバコ Hi_tobacco 無添加シャグ 手巻きタバコ RYO

 色は明るめのブラウンで、刻み幅は長く細めです。
 無添加なので当然といえば当然ですが、加湿は一切されていないので一度保湿をしてからの方がより楽しめるでしょう。


【喫味】
 商品説明どおり雑味も辛味もなく、仄かな苦みと強めの甘み、コクが程よく混ざっています。
 それでいて後味もすっきりしているので吸っていて非常に心地が良く、良い意味で立て続けに手を出したくなる喫味です。このあたりは価格だけのことはあるといったところでしょうか。ともあれ、万人受けするタイプの喫味だと思います。
 また、吸いごたえも比較的軽めなので、常喫に向いていると思います。

 しかも、多少シャグが乾燥しても殆ど辛くならないのはありがたいところです。

 

【巻紙】
 オリジナルの巻紙ですが、スローバーニングの薄紙が同梱されています。
 しかも、触った感じでは恐らく「極薄」くらいに分類されそうなほど薄い紙で、長さも1-1/4mm(78mm)という代物です。1-1/4mmの巻紙が同梱されている銘柄は、これまた私が知る限りではナチュラルアメリカンスピリット(NATURAL AMERICAN SPIRIT)くらいでしょうか。そのため、レギュラーサイズのローラーをメインで巻いている人は注意が必要です。


ハイタバコ・バージニアブレンド Hi_tobacco_VIRGINIA_BLEND ハイタバコ Hi_tobacco RYO 巻紙 ローリングペーパー 手巻きタバコ

【最後に…】
 独特な個性が無いので他の無添加シャグと比べても大きな違いは感じませんでしたが、それでも個人的には気に入りました。
 グラム単価で考えると高めですが、シャグの喫味や質然り、パウチの機能、オマケの巻紙等を考えると、なかなか割安で手を出しやすいシャグだと思います。
 これでまだ試していないのはダークファイアだけなので、俄然興味を持ったところです。





▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!






テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 ハイタバコ・アディティブフリー Hi_tobacco_ADDITIVE-FREE ハイタバコ Hi_tobacco 無添加シャグ

ジャンゴ・100% タバック(DJANGO 100% TABAC)【シャグの感想】

ジャンゴ・100%タバック DJANGO_100%_TABAC ジャンゴ DJANGO 無添加シャグ RYO手巻きタバコ
ジャンゴ・100% タバック
原産国:デンマーク
内容量:25g
価格:600円
グラム単価:24円
【巻紙付】


【商品について】
 2016年10月に、アムステルダマーシリーズと同時発売したジャンゴDJANGOより、今回は100%タバックです。
 
 商品説明によると無添加・無香料のシャグで、100%自然貯蔵したバージニア葉を使用。 雑味が少なくタバコ本来の喫味が楽しめ、満足感のある吸いごたえとのことです。


【シャグについて】


ジャンゴ・100%タバック DJANGO_100%_TABAC ジャンゴ DJANGO 無添加シャグ RYO手巻きタバコ


 色は明るめのブラウンで、刻み幅はかなり細いです。鼻を近づけると、タバコ本来の素朴な香りを感じました。
 また、開封時点でかなり保湿されているのでそのまま楽しめそうです。


【喫味】
 全体的にはコクが印象に残るビター系で、ブラックのココアを思わせる喫味でした。
 後味もすっきりしてるので吸いやすいです。
 
 また、商品説明では満足感のある吸いごたえとありましたが、あくまで私の場合では、たしかに相応の満足感はあるものの強いか軽いかで言えばやや軽めという印象です。

 しかしながらシャグとしての個性が弱く、あまり印象に残らなかったところが残念な点に思いました。
 もちろん単体でも楽しめるには楽しめますが、この手のシャグとのブレンド用に適しているかもしれません。


【巻紙】
 マックバレン(MAC BAREN)の巻紙が同梱されています。紙巻きと同じ質の漂白ペーパーです。


手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー CHOICE チョイス MAC_BAREN マックバレン RYO

【最後に…】
 良く言えば万人受けするシャグだと思いますが、上述のとおりあまり印象に残らない喫味なので、あえてこれを選ぶという決め手には欠けている気がします。

 とはいえ、容量と価格が手頃ということと、解釈を変えればシャグに強い個性を求めなければ大きく外れるということはないという点はメリットだと思います。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 ジャンゴ・100%タバック DJANGO_100%_TABAC ジャンゴ DJANGO 無添加シャグ

プエブロ・ナチュラルシャグ・オレンジ(PUEBLO NATURAL ORANGE)【シャグの感想】


PUEBLO_NATURAL_ORANGE PUEBLO プエブロ・ナチュラルシャグ・オレンジ プエブロ 無添加シャグ
プエブロ・ナチュラルシャグ・オレンジ
原産国:ドイツ
内容量:30g
価 格:680円
グラム単価:約22.67円
【巻紙付】


【商品について】
 このページでは、2016年の10月に登場した無添加シャグ・プエブロ・ピンク(PUEBLO PINK)を紹介しましたが、今回は同時発売したオレンジの方を購入しました。オレンジといっても何かしらのフレーバーが添加されているわけではなく、無着香、無香料、無添加シャグです。

 商品説明によると、ジャワ、バーレー葉のタバコ葉本来のしっかりとした喫味が味わえ、満足できる逸品とのことです。
 ピンクの方は、プエブロの割にはそこそこクセの強い喫味という印象を持ちましたが、オレンジもオレンジで気になるところです。 


【シャグについて】
 他のプエブロ同様、葉の色は明るめのブラウンで、毛足は細かいです。
 開封段階ではある程度保湿されていますが、無添加であるということと冬場は乾燥しやすいことを考えれば、少しでも加湿した方が良いでしょう。


PUEBLO_NATURAL_ORANGE PUEBLO プエブロ・ナチュラルシャグ・オレンジ プエブロ 無添加シャグ



【喫味】
 大きなクセや雑味も無く吸いごたえもそれなりに軽めで、程よい甘さやコクも堪能でき、心地よい香ばしさや干し草のような素朴さが後味に残るところはいかにもプエブロらしく、非常に吸いやすいシャグ感想です。


 しかしながら、正直なところオリジナルとどう違うのかが今ひとつわからなかったところは、私が味覚音痴だからかもしれませんが、強いて挙げるならオリジナルよりも喫味が全体的に若干濃いめに思いました。
 オリジナルよりもビターでコクも強く、あくまで私の味覚ではナッツ系の後味が色濃く残る感じがしました。もしかしたら、チョコレートフレーバーのシャグとの相性が良いかもしれません。


【巻紙】
 オマケの巻紙は他のプエブロと同様、オリジナルの漂白済みペーパーです。
 パッケージを見た限りではヘンプ(麻)ペーパーのようで、試してみましたがシガレットペーパー独特の不快な紙の臭いも特に無くシャグとの相性も悪くはなかったので、それなりに使えると思います。


PUEBLO_NATURAL_BLUE PUEBLO プエブロ・ナチュラルシャグ・ブルー プエブロ 無添加 巻紙 ヘンプペーパー 麻 RYO HAND_ROLLING_TOBACCO


【最後に…】
 やはり何だかんだ言ってもプエブロのシャグだからという部分はありますが、少なくともピンクよりは確実に万人受けする喫味で常喫や手巻きタバコのファーストチョイスに適しているシャグだと思います。
 しかしながら、上述のとおり私の場合はオリジナルとの明確な差がわからなかったところが気になるところですが、とりあえず持て余すことなく最後まで楽しめているのでリピートしてもいいシャグの選択肢がまた増えたという感想です。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png









テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 PUEBLO_NATURAL_ORANGE PUEBLO プエブロ・ナチュラルシャグ・オレンジ プエブロ 無添加シャグ 無香料

アムステルダマー・100%タバック(AMSTERDAMER 100% TABAC)【シャグの感想】


アムステルダマー・100%タバック AMSTERDAMER_TABAC アムステルダマー AMSTERDAMER 無添加シャグ 手巻きタバコ RYO
アムステルダマー・100%タバック
原産国:デンマーク
内容量:25g
価 格:600円
グラム単価:約24円
【巻紙付】


【商品について】
 アムステルダマー(AMSTERDAMER)は、このページで紹介したジャンゴ(DJANGO)と同時発売された新商品で、2016年の10月に登場しました。
 個人的には、海外の手巻きタバコの販売サイトで見かけたことがあるのですが、画像検索するとけっこうな数の画像がヒットしたので、ヨーロッパでは定番銘柄の一つかもしれません。

 アムステルダマーの内訳は、バージニア葉本来の喫味を残し、且つ仄かなバニラの甘さが香るというオリジナル(ORIGINAL)、バランスのとれたクセのない味わいらしいブロンド(BLOND)、そして今回の100%タバックです。

 商品説明によると100%自然貯蔵したバージニア葉を使用した無添加、無香料のバージニアブレンドで、辛みがなくマイルドな喫味とのことです。


【シャグについて】
 刻み幅は細めで、開封段階で保湿されています。そのため、加湿しなくてもすぐに楽しめます。


アムステルダマー・100%タバック AMSTERDAMER_TABAC アムステルダマー AMSTERDAMER 無添加シャグ 手巻きタバコ RYO



【喫味】
 商品説明どおり、辛みも無くマイルドで大きな雑味はありません。
 コクのあるビターな喫味が前面に出ていて、後味もすっきりしていました。あくまで私の味覚ですが、何だかブラックココアをまぶしたかのような喫味に思いました。
 また、後味もすっきりしている上に吸いごたえもシャグの中ではけっこう軽めなので、非常に吸いやすいです。

 良くも悪くも万人受けする喫味と感じましたが、全体的にはかなり大人しめなシャグという印象を受けました。個人的にはもうひと味足りないというか、もう少し大きな特徴があればいいかもと思ってしまいましたが、このあたりは好みの問題でしょう。
 

【巻紙】
 ジャンゴ同様、マックバレン(MAC BAREN)の巻紙が同梱されていました。普通のシガレットペーパーです。


手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー CHOICE チョイス MAC_BAREN マックバレン RYO


【最後に…】
 個人的には悪くない銘柄でした。特に、軽めのタバコが好きな人は気にいると思います。
 蛇足な話ですが、無添加でこの喫味だとするとブロンドの方がどれほど大人しめなのかが逆に気になっています(※ブロンドと銘打っているものは軽めを表していることが多いため)



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 アムステルダマー・100%タバック AMSTERDAMER_TABAC アムステルダマー AMSTERDAMER 無添加シャグ

プエブロ・ナチュラルシャグ・ピンク(PUEBLO NATURAL PINK)【シャグの感想】


PUEBLO-PINK, PUEBLO, PINK, プエブロ・ピンク プエブロ 無添加 手巻きタバコ シャグ RYO
プエブロ・ナチュラルシャグ・ピンク
原産国:ドイツ
内容量:30g
価 格:680円
グラム単価:約22.67円
【巻紙付】


【商品について】
 ヨーロッパで人気NO.1という触れ込みの無添加シャグ・プエブロ(PUEBLO)より、2016年の10月に新たに2銘柄が追加されました。
 内訳は、無添加・無香料のバーレーブレンドのオレンジと、無添加・無香料のローストテイストのピンクの2種類で、今回はピンクの方を購入しました。ピンクだからといって何かしらのフレーバーが添加されているわけではなく、通常の無添加シャグです。

 商品説明によると、バージニア葉がメインで無添加・無香料ならではの上品な香ばしい甘さが特徴のようです。
 


【シャグについて】
 葉の色は明るめのブラウンで、毛足は細かいです。
 開封段階ではある程度保湿されていますが、この状態で試したところだとけっこう辛かったので、辛いのが好きでなかればすぐに加湿した方が良いでしょう。


PUEBLO-PINK, PUEBLO, PINK, プエブロ・ピンク プエブロ 無添加 手巻きタバコ シャグ RYO



【喫味】
 加湿してからの感想は商品説明どおり、まろやかで上品な甘さや香ばしさに加え、コクもはっきりと感じました。全体的な喫味はあっさりとしているものの、無添加ということもあってか、人によっては濃いめに感じるかもしれません。とはいえ、私の味覚では心地よい間隔で、大きなクセも感じませんでした。

 巻き方や葉の量にもよりますが、吸いごたえは割りと強めで充足感もしっかり残りました。オリジナルの方は久しく購入していないので喫味の詳細は覚えていませんが、少なくともブルーよりは強いと思います。
 また、これまた私の味覚では、加湿しても多少のスパイシーさが口に残ったので、無難なプエブロの中では多少は人を選ぶであろう銘柄に思いました。


【巻紙】
 オマケの巻紙は他のプエブロと同様、オリジナルの漂白済みペーパーです。
 パッケージを見た限りではヘンプ(麻)ペーパーのようで、試してみましたがシガレットペーパー独特の不快な紙の臭いも特に無くシャグとの相性も悪くはなかったので、それなりに使えると思います。


PUEBLO_NATURAL_BLUE PUEBLO プエブロ・ナチュラルシャグ・ブルー プエブロ 無添加 巻紙 ヘンプペーパー 麻 RYO HAND_ROLLING_TOBACCO


【最後に…】
 プエブロは、喫味然り吸いごたえ然り無難さが売りと勝手に思っていたのですが、これに関してはある程度強めのタバコが好きな人向けかもしれません。
 とはいえ、強さやスパイシーさは小さなことなので、全体的にはプエブロらしいシャグだと思いました。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 PUEBLO_NATURAL_PINK PUEBLO プエブロ・ナチュラルシャグ・ピンク プエブロ 無添加シャグ 無香料

ロウ・オーガニック(RAW ORGANIC)【シャグの感想】

RAW_ORGANIC ロウ・オーガニック ロウ RAW 無添加シャグ 無農薬シャグ 手巻きタバコ RYO
ロウ・オーガニック
原産国:デンマーク
内容量:30g
価 格:1,000円
グラム単価:33.3円
【巻紙付】


【商品について】
 2016年最初に紹介するシャグは、巻紙でもシャグでも無添加にこだわったロウ(RAW)シリーズより、無農薬のオーガニック(RAW ORGANIC)です。

 商品説明によると、ピュアなバージニア葉は認証済み有機栽培農場で収穫された糖度の高いブラジルのリオグランデ・ド・スル葉と、サンタ・カタリナ産とのブレンドで、同じく有機栽培のカナダ産バージニア葉を隠し味に加えて完璧な味を実現したとのことです。

 商品名でオーガニックを謳っているシャグで真っ先に浮かぶのは、このページで紹介しているマニトウ・オーガニック(MANITOU ORGANIC)ですが、グラム単価で考えるとこちらの方が若干高く、比較的入手しやすいシャグの中ではほぼ最高値なので質の高さがうかがえます。


【シャグについて】


RAW_ORGANIC ロウ・オーガニック ロウ RAW 無添加シャグ 無農薬シャグ 手巻きタバコ RYO

 色は明るめのブラウンで刻み幅は細かく、粗めに刻まれた葉も少し混ざっています。
 シャグの香りはいかにも無農薬といった趣で、さながら干し草のような自然な香りです。
 また、無添加シャグの割にははそれほど乾いておらず少ししっとりしていましたが、無添加・無農薬のシャグは乾きやすいので加湿は必要でしょう。


【喫味】
 結論から言えば、かなり上質なシャグです。
 喫味は濃いめで、濃厚な甘さやコクを楽しめます。
 それでいて後味はすっきりしていて、当然ながら雑味やクセも無く吸いごたえもやや軽めなので吸っていて実に心地よいです。本当に上質なタバコを吸っている気になります。
 このあたりはロウならではといったところで、良い意味で万人受けするシャグでしょう。


【巻紙】
 当たり前と言えば当たり前ですが、自社製品のロウ・クラシック・シングル(RAW CLASSIC SINGLE)が同梱されています。
 無漂白の極薄ヘンプペーパーで、RAW製品の中で最も売れ筋の定番商品です。32枚入りですが単体で買えば130円なので、ありがたいオマケです。(※巻紙の感想はこちらを参照してください)


RAW_CLASSIC RAW ロウ・クラシック・シングル ロウ 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー 無漂白 無添加 薄紙 極薄 RYO


【最後に…】
 競合であろうマニトウと比較するのは野暮かもしれないが、双方とも遜色無いのでマニトウが好きな人でもじゅうぶん楽しめると思います。
 また、上述のとおり万人受けしそうな喫味なので、無添加シャグのファーストチョイスにも適していると思います。
 尤も、グラム単価で考えるとかなり高めですが、そもそもこの手のシャグはコストパフォーマンスを重視するのは野暮かもしれません。
 私の場合は、たまの贅沢な楽しみとして少し間を置いてまた購入しようと思います。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png


▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 RAW_ORGANIC ロウ・オーガニック ロウ RAW 無添加シャグ 無農薬シャグ RAW_CLASSIC_single

ロウ・ブロンドシャグ(RAW BRIGHT LEAF BLOND)【シャグの感想】

RAW_BRIGHT_LEAF_BLOND, RAW, ロウ・ブロンドシャグ, ロウ 無添加シャグ 手巻きタバコ RYO アメリカンブレンド
ロウ・ブロンドシャグ
原産国:デンマーク
内容量:30g
価 格:930円
グラム単価:31円
【巻紙付】


【商品について】
 2015年の初めに、無漂白・無農薬の巻紙に絶大な定評のあるブランドのRAW(ロウ)より「ロウ・クラシックシャグ(RAW NATURAL AUTHENTIC TOBACCO)」が登場し、5月頃には世界初の無添加ハーフスワレと銘打った「ロウ・ブラックシャグ(RAW FIRE CURED BLACK)」が登場しましたが、この度新たに2銘柄がファミリーに追加されました。

 内訳は、有機栽培農場で収穫された糖度の高い葉をブレンドした「ロウ・オーガニック(RAW OUGANIC)」と、“無添加ブレンドの芸術品”と銘打った「ロウ・ブロンドシャグ(RAW BRIGHT LEAF BLOND)」です。今回は、ブロンドの方を購入してみました。

 商品説明によるとスムースなアメリカンブレンドで、ブレンドの内訳はアメリカ産の糖度が高いバージニア葉とブラジル産のリッチなバーレー葉、天日干ししたギリシャ産のオリエント葉だそうです。

 ところで、ロウ・クラシックシャグの紹介ページで、海外では無農薬版、黒タバコ、アメリカンブレンドもリリースされているので、クラシック・シャグの売れ行き次第ではこれらもいずれ日本に入ってくるかもしれないというようなことを書きましたが、図らずもその通りになったようです。尤も、黒タバコに関してはハーフスワレのことだとは思いませんでしたが。


【シャグについて】


RAW_BRIGHT_LEAF_BLOND, RAW, ロウ・ブロンドシャグ, ロウ 無添加シャグ 手巻きタバコ RYO アメリカンブレンド

 色は明るめのブラウンで、刻み幅は細かいです。
 無添加シャグの割にははそれほど乾いておらず、少しばかりしっとりしていました。


【喫味】
 クラシックと似たような感想になってしまうのですが、全体的にはあっさりしている割には商品説明どおり喫味は確実に甘く、青葉のような自然な青っぽさやコクも程々にあり、後味もすっきりしているので非常に吸いやすいです。
 ただ、ある程度加湿してもスパイシーな後味が残ったので、これを雑味と取るか隠し味と取るかで好みが若干分かれそうですが、良い意味で万人受けするシャグで飽きにくい風味と言えるでしょう。
 また、あくまで個人的な味覚では、このページで紹介しているペペ・ナチュラル・イージーグリーン(Pepe NATURAL EASY GREEN)にかなり近いものを感じました。

 そして、吸いごたえはやはり軽めです。
 クラシックも軽かったのですがそれよりも若干軽く感じたので、シャグの中ではかなり軽い方だと思います。
 しかしながら、その割には吸った後の充足感はそれなりにしっかりしているので、立て続けに吸わないと物足りないということは無いと思います。
 ともあれ、商品名のとおり上質なシャグであることには間違いありません。


【巻紙】
 当たり前と言えば当たり前ですが、自社製品のロウ・クラシック・シングル(RAW CLASSIC SINGLE)が同梱されています。
 無漂白の極薄ヘンプペーパーで、RAW製品の中で最も売れ筋の定番商品です。32枚入りですが単体で買えば130円なので、ありがたいオマケです。(※巻紙の感想はこちらを参照してください)


RAW_CLASSIC RAW ロウ・クラシック・シングル ロウ 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー 無漂白 無添加 薄紙 極薄 RYO


【最後に…】
 かなり上質なしゃぐで、軽めのタバコが好きな人は気に入ると思います。

 上述のとおり万人受けしそうな喫味なので、無添加シャグのファーストチョイスにも適していると思います。
 しかしながら、これまたクラシックと重複してしまいますが、グラム単価が31円というのは相対的にはかなり高い方で、比較的入手しやすいシャグの中では最高値に近い価格帯です。
 しかし、オマケの巻紙代を差し引けば計算上は約26.7円になるので、極薄無漂白ペーパーとのバリューパック製品と考えれば無闇に高いというわけでは無いでしょう。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png


▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!




テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 RAW_BRIGHT_LEAF_BLOND ロウ・ブロンドシャグ ロウ RAW 無添加シャグ アメリカンブレンド RAW_CLASSIC_single

アメリカン・バイソン(AMERICAN BISON)【シャグの感想】

AMRICAN_BISON アメリカンバイソン 無添加シャグ 手巻きタバコ RYO
アメリカン・バイソン
原産国:アメリカ
内容量:40g / 150g
価格:1,000円 / 3,500円
グラム単価:約25円 / 約23.3円
【巻紙付】



【商品について】
 アメリカン・バイソンAMERICAN BISONは名前の通りアメリカ(米国)産の無添加シャグで、少なくとも私が手巻きタバコを始めた頃から既に存在していた銘柄です。
 あくまで私のイメージでは少し地味な存在ですが、前から気になっていたので今回購入してみました。
 今回購入したのは40gですが、缶入りの150gもあります。グラム単価で考えれば缶入りの方がやや安いです。
 また、姉妹品としてセレモニアル・ブレンドAMERICAN BISON Ceremonial Blend)がありましたが、こちらは既に廃盤になったようです。

 因みに、一時期これは販売停止になっていたようですが現在では普通に流通しています。

 商品説明によると、スムースかつ深い喫味を実現するために小規模生産ながら原料のクオリティ・ブレンドの配合比にこだわっているそうで、原料構成はヴァージニアが94%、オリエントが6%だそうです。
 ヴァージニアの産地割合は米国産35%、イタリア産25%、フィリピン産18%、ブラジル・アルゼンチン産16%となっており、オリエントはトルコとギリシャ産とのこと。

 特にヴァージニアは、産地とその配合比が注意深く選定されているだけでなく、栽培されているタバコの糖分が集中する部位のみを熱風乾燥して使用し、旨みを徹底的に追及しているとか。


【シャグについて】
 色はやや明るめのブラウンで、刻み幅はかなり細かいです。
 無添加なので当たり前といえば当たり前ですが、開封段階では乾燥しています。


AMRICAN_BISON アメリカンバイソン 無添加シャグ 手巻きタバコ RYO

 

【喫味】
 商品説明ではマイルドとありましたが私の味覚では吸いごたえはそこそこ強いです。
 しかし後味はすっきりしていて、上質な甘さや香ばしさ、コク等も仄かに堪能できました。
 しかしながら、ある程度加湿しても雑味ではないスパイシーさが少し残ります。全体的にはやや荒々しいというか、刺々しい喫味でした。

 これまたあくまで私の味覚ですが、吸った時にコルツ・100%ナチュラル(COLTS 100% NATURAL)を思い出しました。


【巻紙】
 パーティー・イン・ハウスParty in Houseのスローバーニングの薄紙が同梱されています。


Party_in_House パーティー・イン・ハウス 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー 薄紙 スローバーニング


 日本では、パーティー・イン・ハウスの巻紙はそれほど流通していませんが、巻紙に力を入れているような大きいショップでたまに見かけます。
 実際に使用しましたが、他の薄紙との大きな差別化はわからなかったものの単純に良い巻紙だと思います。


【最後に…】
 いわゆる万人受けするシャグとは少しばかり毛色の違うシャグに思うので手巻きのファーストチョイスには向いていない気がしますが、個性の強いシャグが好きな人は気に入ると思います。

 また、相対的にはグラム単価で考えるとさほど高くはないですが、オマケの巻紙を考えるとそう高いものでは無いと思います。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png






テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : アメリカン・バイソン AMERICAN_BISON 無添加シャグ パーティー・イン・ハウス Party_in_House

マックバレン・ピュア(MAC BAREN PURE TOBACCO)【シャグの感想】


MACBAREN_PURE MACBAREN マックバレン・ピュア マックバレン 無添加シャグ 手巻きタバコ RYO ADDITIVE FREE
マックバレン・ピュア
原産国:デンマーク
内容量:30g
価格:710円
グラム単価:約23.67円
【巻紙付き】


【商品について】
 2015年の6月に、マックバレン(MAC BAREN)シリーズに無添加シャグが新たに加わりました。
 画像検索してみたところ、少なくともポーランドやロシア語圏では既に売っているようで、このタイミングで日本にも販路を広げたということでしょうか。
 ともあれ、マックバレンは安定して高品質の銘柄なので楽しみです。


【シャグについて】


MACBAREN_PURE MACBAREN マックバレン・ピュア マックバレン 無添加シャグ 手巻きタバコ RYO ADDITIVE FREE
 


 シャグの色は赤みがかった明るめのブラウンで、香りも干し草のような素朴な香りです。

 また、無添加という性質上か乾燥気味です。
 つまめば弾力を感じる程度なので完全にカラカラではありませんが、基本的にマックバレンのシャグはどれもしっかり加湿されているので何だか新鮮な気がします。この状態でも愉しめますが、私の場合は少し辛めだったので加湿しました。


【喫味】
 タバコの味は非常に濃く、バージニア葉のような心地よい甘さと香ばしさがすんなりと口や鼻を通ります。上質な無添加シャグならではの喫味でした。私の味覚では、プエブロ(PUEBLO)シリーズにけっこう近いと感じました。
 それでいて吸いごたえは軽めなので、非常に吸いやすいです。
 大きなクセは無いので、良くも悪くも目新しい喫味では無いかもしれませんが、その分飽きることが無いので最後まで愉しめるところが長所でしょう。


【巻紙】
 他のマックバレンシリーズ同様、いたって普通の燃焼剤入り漂白ペーパーです。


手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー CHOICE チョイス MAC_BAREN マックバレン RYO


【最後に…】
 単純に上質なシャグです。やはりマックバレンは安定して良質です。
 私の場合は、また一つ定期的に購入するであろうシャグが増えたという感想です。

 


▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 マックバレン・ピュア MAC_BAREN_PURE マックバレン MAC_BAREN 無添加シャグ

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR