FC2ブログ

オーシービー・ブラウン 1-1/4(OCB BROWN HEMP)【巻紙・ペーパーの感想】


OCB_BROWN_HEMP オーシービー・ブラウン・ヘンプ OCB オーシービー ヘンプペーパー 麻紙 スローバーニング 手巻きタバコ 巻紙 RYO
オーシービー・ブラウン 1-1/4
サイズ:長さ73mm × 幅44mm
定 価:200円 / 50枚
(※店によってはプラス消費税)
単 価:約4.0円
原産国:フランス
燃 焼:スローバーニング


【商品について】
 OCB(オーシービー)は1918年に立ち上げたフランスのブランドで、日本でも定番の一つとされています。

 今回購入したのは、アンブリーチ(無漂白)の天然ヘンプ素材の薄紙です。
 商品説明によると、リサイクルペーパー素材にベジタブルインクを使用して印刷したパッケージで自然環境にやさしい製品とのことです。
 また、ページトップの画像ではわかりにくいですがかなり薄い紙で、光にかざすと全面にわたってOCBのロゴが透かしで入ってるのがわかります。

 そして、巻いた画像がこれです。


OCB_BROWN_HEMP オーシービー・ブラウン・ヘンプ OCB オーシービー ヘンプペーパー 麻紙 スローバーニング 手巻きタバコ 巻紙 RYO


 やはり薄紙だけあって中が透けて見えるほど薄いです。
 肌触りも良く、コシも丈夫そうです。


【喫味】
 あくまで個人的な味覚であり好みですが、アンブリーチの巻紙で巻いたタバコは葉本来の味がしっかりと入ってくる反面、少しばかり酸味が増すという印象があります。
 といっても著しく葉の味が損なわれるわけではないの私は特に気にならないのですが、人によっては好みが分かれるという話も聞いたことがあります。
 しかしながら、この巻紙に関してはそういった酸味は殆ど感じず、純粋に葉の味を堪能できる良質な紙だと思いました。

 また、これまた私の中ではヘンプペーパーで巻いたタバコはライスペーパーより喫味が少しまろやかになると感じているのですが、これもまたその傾向があり、心なしか香ばしさが増したように思いました。これは葉の味を生かしたというよりは、わずかな紙の味だと思われます。


【最後に…】
 OCBの製品を購入したのは今回で3つ目ですが、これも純粋に質が高いという感想です。
 私の場合、アンブリーチ系の巻紙はスモーキング・ブラウンNo.8(Smoking Brown No.8)グリンゴー・アンブリーチ(Greengo Unbleached)のどちらかを常備しているのですが、これを3つ目に加えても良いと思ったほど気に入りました。
 しかし、金額的にこれらの6割増しくらいという点が少し残念なところでしょうか。
 したがって無作為に買うような巻紙では無いので、当面は闇雲に多用することなく大事に使いたいと思います。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png






スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー OCB_BROWN_HAMP OCB_ブラウン OCB オーシービー スローバーニング 薄紙 ヘンプペーパー アンブリーチ

【巻正】マキマサ・『平』TAIRA 無漂白麻紙(MAKIMASA TAIRA)【巻紙・ペーパーの感想】


マキマサ 巻正 MAKIMASA 平 TAIRA 手巻きタバコ ペーパー 巻紙 ヘンプ 麻紙 無漂白 スローバーニング 薄紙 RYO
【巻正】マキマサ・『平』TAIRA 無漂白麻紙
サイズ:長さ70mm × 幅36mm
定 価:100円 / 60枚
(※店によってはプラス消費税)
単 価:約1.67円
原産国:日本
燃 焼:スローバーニング


【商品について】
 巻正(マキマサ・MAKIMASA)の製品はこのページでロングサイズのフィルターを紹介しているのですが、最近になって『平(TAIRA)』という手巻きタバコ用のペーパーが新たに発売されました。
 ラインナップは『亜麻』『麻紙(ヘンプ)』『極薄紙』『無漂白麻紙』の4種類で、どれもスローバーニングの薄紙のようです。
 今回の『無漂白麻紙』は、名前のとおりアンブリーチのヘンプペーパーです。

 この商品を調べるにあたって、マキマサは日本のブランドだということを初めて知りました。何でも、日本人の好みに特化した手巻きタバコ用喫煙具を追求するというのがメインコンセプトのようです。 
 そういう方針のためか、商品の質だけでなく商品名やパッケージデザイン等にも和を強調しています。

マキマサ 巻正 MAKIMASA 平 TAIRA 手巻きタバコ ペーパー 巻紙 ヘンプ 麻紙 無漂白 スローバーニング 薄紙
  
 紙の厚さは「極薄」と言っていいほどに薄く、向こう側がはっきり見えます。グリーンゴ(Greeingo)ロウ(RAW)と同じくらい、もしくはそれらよりも若干薄く思えました。
 肌触りも良く、コシも丈夫そうです。

 そして、巻いた画像がこれです。
マキマサ 巻正 MAKIMASA 平 TAIRA 手巻きタバコ ペーパー 巻紙 ヘンプ 麻紙 無漂白 スローバーニング 薄紙 RYO
 
 やはり薄紙だけあって、中が透けて見えるほど薄いです。


【喫味】
 ロウで書いたことと同じになってしまいますが、他の無漂白系の薄紙同様シャグの風味を最大限に引き出した上で煙が口や鼻へ入っていきます。
 また、これといって酸味も無くシャグの香ばしさや甘さも他の紙で巻いたものより気持ち濃い目に入ってくるあたりは、ロウやグリーンゴに近いかなという印象を持ちました。このあたりは他と大きな差は無いので好みの問題ですが、巻紙としては単純に高品質だと思いました。
 因みに、私が今までに使用したことのあるヘンプペーパーはどれも喫味がまろやかになる印象があるのですが、これに限っては特にまろやかになったということはありませんでした。


【最後に…】
 60枚入りで100円という値段設定はかなり嬉しいところです。ラインナップ然り単価然り、恐らくスモーキング(Smoking)シリーズを意識しているのではと勝手に推測しています。

 ともあれ、質も値段もかなり良いので私の場合は今後も定期的に買うであろうペーパーです。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png




→ZIPPO・喫煙具全般の小売販売専門店マイセンでは手巻きタバコ用のシャグを多数取り揃えています。

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー 薄紙 マキマサ_『平』TAIRA_無漂白麻紙 MAKIMASA_TAIRA MAKIMASA 巻正 ヘンプペーパー 無漂白 スローバーニング

ロウ・クラシック・シングル(RAW CLASSIC SINGLE)【巻紙・ペーパーの感想】


RAW_CLASSIC RAW ロウ・クラシック・シングル ロウ 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー 無漂白 無添加 薄紙 極薄 RYO
ロウ・クラシック・シングル
サイズ:長さ70mm × 幅37mm
定 価:120円 / 50枚
(※販売価格は店によって変動あり)
単 価:約2.4円
原産国:スペイン
燃 焼:スローバーニング


【商品について】
 ロウ(RAW)は手巻きタバコ用の巻紙を中心にローラー、フィルター、その他周辺アイテムを出しているスペインのブランドです。
 特に巻紙は定番とも言えるほど人気で、取り扱っているショップも多いです。

 商品説明によると今回のクラシック(CLASSIC)は、塩素漂白剤や化学漂白剤を使用せず、自然素材にこだわった無添加です。
 素材は亜麻、麻などの植物由来の素材をブレンドしているようなので、ヘンプペーパーというわけでは無いようです。
 
RAW_CLASSIC RAW ロウ・クラシック・シングル ロウ 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー 無漂白 無添加 薄紙 極薄 RYO
  
 紙は「極薄」と表記しても問題無いほどに薄く、向こう側がはっきり見えます。このページで紹介しているグリーンゴ(Greeingo)と同じくらいでしょうか。

 また、この紙は全体に格子状の透かしが入っているのが大きな特徴です。
 この透かしによって不均一なタバコの燃焼を防ぎ、均一でスムースな燃焼を維持するとのこと。
 確かにペーパーによっては、何も考えずに火を付けると均等に燃えずにいわゆる「片燃え」になってしまうことがよくあるので、ありがたい加工と言えます。

RAW_CLASSIC RAW ロウ・クラシック・シングル ロウ 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー 無漂白 無添加 薄紙 極薄 RYO

 少し分かりづらいかもしれませんが、ペーパー全体に格子状の加工が施されています(※画像をクリックすれば拡大します)

 そして、巻いた画像がこれです。

RAW_CLASSIC RAW ロウ・クラシック・シングル ロウ 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー 無漂白 無添加 薄紙 極薄 RYO

 これまた少しわかりづらいかもしれませんが、シャグがはっきり透けて見えるほど薄いです。


【喫味】
 他の無添加系の薄紙同様、シャグの持ち味を最大限に引き出した上でダイレクトに口の中へ入っていきます。燃焼速度も遅いので、一本で長時間楽しめると思います。
 心なしか、他の巻紙で巻いたものより喫味が濃く感じられました。プラシーボ的な要素は少なからずあると思いますが、同じ無漂白の薄紙でもスモーキング(Smoking)やグリーンゴとは違う個性を持つ巻紙だと思いました。
 また、無漂白の薄紙の中には酸味を感じるものもあるのですが、これは特に感じなかったので個人的にかなり気に入りました。
 因みに肝心の燃え方も、100%の確率で均等に燃えるというわけではありませんが、体感的には他のペーパーよりも片燃えする率はかなり低いように思います。 
 

【最後に…】
 単純に良質な巻紙だと思うので、私の場合はリピートしてもいいなと思いました。
 同じサイズのスモーキングNo.8ブラウンと比べるとやや割高ですが、特にコストを気にしなければ買っても損は無いと思います。

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png




テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー RAW_CLASSIC_single RAW ロウ・クラシック・シングル ロウ スローバーニング 薄紙 アンブリーチ 無漂白

グリンゴー・アンブリーチ(Greengo Unbleached)1-1/4【巻紙・ペーパーの感想】


Greengo グリンゴー 手巻きタバコ ペーパー 巻紙 無漂白 FSC認証 最極薄
グリンゴー・アンブリーチ 1-1/4
サイズ:長さ77mm × 幅44mm
素 材:無漂白ライスペーパー
価 格:120円 / 50枚
単 価:2.4円
原産国:オランダ
【スローバーニング】


【商品について】
 グリンゴー(Greengo)は、ヒュミストーン(保湿用の石)やグラインダー(パイプ葉等の粗い葉を細かく刻む道具)等を生産しているメーカーです。
 渦巻きのデザインが特徴ですが、地紋がグリーンだけに日本だと唐草模様にも見えてしまいます。

 また、これはFSC(Forest Srewarship Council・森林評議会)認証商品で、「完全無塩素」「無漂白」「100%天然アラビア糊使用」を謳っています。とことん環境問題に配慮したペーパーということでしょう。

 因みにFSCというものを初めて知ったのですが、カナダで創設されたNGOのようです。
 サイトをざっと見た限りでの活動内容をかいつまんで書くと、「環境的に適切で、社会的な便益をもたらし、経済的に継続可能な森林管理」を推進しているそうです。
 別に私はここの会員ではないですが、もし興味があればこちらのFSCジャパンのサイトを参照してみてください。

 
Greengo グリンゴー 手巻きタバコ ペーパー 巻紙 無漂白 FSC認証 最極薄
 

 因みに、このページで紹介している「スモーキング No.8 ブラウン」「超極薄」を謳っていますが、これはそれよりも薄い「最極薄」が売りです。
 それでいて、スモーキングよりもコシがあって強度が高い印象です。
 紙の色はSmokingより淡く、このページで紹介している「ピュア・ヘンプ(Pure hemp)」より少し濃いくらいでしょうか。



 そして、巻いた状態がこれです。

Greengo グリンゴー 手巻きタバコ ペーパー 巻紙 無漂白 FSC認証 最極薄

 最極薄を謳っているだけあって、中身がはっきり見えるほど薄いです。


【喫味】
 他の無漂白系の薄紙同様シャグそのものの風味がダイレクトに入ってきますが、他で巻いたものよりも更に詳細な風味が入って来る感じがしました。
 上の画像ではコルツ・メンソール(COLTS MENTHOL)を巻いたのですが、心なしかシャグの香ばしさやメンソール具合がいつも以上に強く感じました。
 尤も、その時の体調やプラシーボ効果のようなものも否定はできませんが、少なくとも惰性でバカバカ吸う時ではなく食後や一日の仕事終わり等、大事な時の一服で愛用したくなります。
 また、Smoking No.8 Brownはわずかながら酸味を感じることがあるのですが、これは殆ど感じません。
 どちらが良いかは好みの問題ですが、私の場合はスモーキングもスモーキングで気に入っているので甲乙付けがたいといった感じです。
 因みに、幅が長いのでフィルターを使う場合はレギュラーサイズが適しているかもしれません。


【余談】
 上述のようにGreengoではヒュミストーンやグラインダーも販売していますが、手巻きタバコ用のハーブも販売しています。ヘーゼルナッツの葉・パパイヤ・ミント・ユーカリ等がブレンドされているそうです。当たり前ですが脱法ハーブの類ではありません
 タバコ葉は一切入っていないのでこれだけではニコチンの補給にはなりませんが、手持ちのシャグに混ぜたり禁煙時等の代用として使用するのが望ましいと思います。


【最後に…】
 単純に、かなり良質な巻紙です。
 また、相対的な価格はともかく質を考えれば50枚で120円というのはむしろ安いと思うので、常備しておいて損は無いでしょう。
 しかしながら、ネット通販はともかくとして私が知る限りではスモーキングやジグザグのペーパーほど出回っていないようで、専門店でも置いていないところがざらにあるのが惜しいです。

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png




テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : Greengo_Unbleached Greengo グリンゴー・アンブリーチ グリンゴー 巻紙 ペーパー 無漂白 アンブリーチ 薄紙

スモーキング No.8 ブラウン(Smoking No.8 Brown)【巻紙・ペーパーの感想】


スモーキング No.8ブラウン Smoking_No.8_Brown 手巻きタバコ 巻紙 スローバーニング 薄紙 スローバーニング 極薄 ライスペーパー 無漂白 アンブリーチ
スモーキング No.8 ブラウン
サイズ:長さ70mm × 幅37mm
素 材:無漂白ライスペーパー

価 格:100〜105円 / 60枚(※店によって変動あり)
単 価:1.67円
燃 焼:スローバーニング
原産国:スペイン



【商品について】
 「スモーキング(Smoking)」は主に手巻きタバコ用の巻紙を扱っているブランドで、、他にはローラーやフィルターも売っています。
 
 「Smoking No.8 Brown」の素材はライスペーパーで、漂白していないアンブリーチペーパーです。商品名のとおり茶色いのはそのためです。
 したがって、かなり微々たることかもしれませんがブリーチペーパーよりは体にやさしいということになると思います。


スモーキング No.8ブラウン Smoking_No.8_Brown 手巻きタバコ 巻紙 スローバーニング 薄紙 スローバーニング 極薄 ライスペーパー 無漂白 アンブリーチ

 また、燃焼剤も入っていないスローバーニングなので、1本で長時間楽しめるのが特長です。


 そして巻いた状態がこれです。

スモーキング No.8ブラウン Smoking_No.8_Brown 手巻きタバコ 巻紙 スローバーニング 薄紙 スローバーニング 極薄 ライスペーパー 無漂白 アンブリーチ


 写真だとよくわかりませんが、薄いのでシャグが透けて見えます。


【喫味】
 これで巻くと、タバコが格段に美味くなります。
 一般的な巻紙は燃焼剤や漂白剤といった薬品類が入っているのでその臭いも口に入ってくるのですが、これはタバコの味がダイレクトに入って来るので個人的には大変気に入っています。初めて吸った時は、あまりの美味さに驚いたものでした。
 私の場合は、本当に惰性で吸う時は普通のブリーチペーパーも使うのですが、これで巻いたものは本当に格別なので、食後とかその日の仕事終わりといった、大事な時に吸うようにしています。
 しかしながら、強いて欠点を挙げるとすれば若干酸味を感じることでしょうか。無漂白だからというのもあるかもしれません。個人的にはさほど気になりませんが、人によっては好みが分かれるところかもしれません。


【余談】
 この手のペーパーの価格は50枚入りで100円若しくはそれ以上というものが多いのですが、Smokingシリーズは60枚で100円なので、他よりもお得です。
 しかも、それでいて質が劣っているわけではないので、大変重宝しています。


【最後に…】

 今回紹介したのはレギュラーサイズですが、長さ79mmのロングサイズ(1 1/4)と110mmのキングサイズも売っています。
 前者50枚で120円、後者は33枚で200円なので単価は上がってしまいますが、1本でより長く楽しみたい人にはお薦めです。

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png




テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 薄紙 Smoking_No.8_Brown Smoking スモーキング 巻紙 無漂白 アンブリーチ ライスペーパー スローバーニング

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR