FC2ブログ

【日本未発売のシャグ】VAN HÄASEN NATIVO【シャグの感想】

van-haasen_01.jpg
VAN HÄASEN NATIVO
原産国:アルゼンチン
内容量:30g
巻紙:なし
価格:不明


【商品について】
 前回紹介したアルゼンチンのシャグ「ARLEQUIN MYSTIQUE」に続き、今回も同じくVAN HÄASENはという日本未発売シャグです。

 どことなくオランダやドイツあたりのファミリーネームを思わせますが、恐らく原産はアルゼンチンのようです。
 公式サイトを翻訳にかけたところ、「P&B Smoking Company」という会社が取り扱っているようで、シャグ以外にも葉巻、シガリロ、ライター、手巻き用アクセサリー、その他タバコ関連アクセサリー全般も手がけているとのこと。

 そしてVAN HÄASENはORIGINAL BLEND、MIDDLE BLEND、INTENSE BLEND(ハード又はストロング)、NATIVO(無添加)の計4種類あって、全てバージニアがベースとなっているようです。

 今回はNATIVOを入手したのですが、サイトの説明文を翻訳にかけると、

 厳選されたバージニアタバコ5種類をブレンドして添加物なし。
 喫煙すると、口の中に非常に満たされた感覚を表現し、口蓋に柔らかい強度を持ち、
 非常にバランスのとれた仕上がりです。


 と出ました。


 ところで、アルゼンチンでは健康被害に関する警告表示の面積はパッケージの半分と決まっているようですが、恐らくこの写真は喫煙が原因で死亡した人が霊安室に安置されている様を表しているのでしょうか。
 ちなみに、警告の文言は「喫煙は寿命を縮める」という意味だそうです。


【シャグについて】
 色はやや明るめ且つ毛足は細かいです。また、無添加ということもあってか開封時点でカラカラの状態でした。


van-haasen_02.jpg


【喫味】
 日本で売っていない以上は詳細を説明しても証明のしようがないので最低限に留めますが、なかなか質の高いシャグでした。 
 あくまで私の味覚ではマニトウ・オーガニック(MANITOU ORGANIC)に似た喫味で、口当たりも良く香ばしさやコクもあって、それでいながら後味に心地よい青臭さも感じるので、非常に吸いやすいです。
 

【最後に…】
 スタンダードな喫味でしたが、仮に日本で販売されたとしてもそれなりに支持されそうなシャグでした。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png









スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 VAN_HÄASEN_NATIVO 日本未発売 アルゼンチンのシャグ 無添加シャグ

【日本未発売のシャグ】ARLEQUIN MYSTIQUE【シャグの感想】

Arlequin_01.jpg
ARLEQUIN MYSTIQUE
原産国:アルゼンチン
内容量:30g
巻紙:なし
価格:不明


【商品について】
 このブログでは時折日本未発売のシャグを紹介していますが、またいくつか入手したのでそのうちの一つを紹介します。
 今回は「ARLEQUIN」というシャグで、Van Haasenというメーカーから出ているフレーバーシャグのシリーズのようです。
 商品名は“道化師”を意味するフランス語のようで、本来は「アルルカン」と読むらしいです。日本では、英語読みの「ハーレクイン」の方が聞きなじみはあるかもしれません。

 因みにVan haasenとは恐らくオランダかドイツあたりの姓と思われますが、原産はアルゼンチンのようです。

 公式サイトによるとフレーバーの内訳はSWISS CHOCOLATE、VANILLA、FRESH LEMON、MANGO、GRAPE、MENTHOL、MINT、MYSTIQUEと計8種類で、スタンレー並みのラインナップのようです。

 今回はMYSTIQUEを入手したのですが、和訳すると「神秘」という意味だそうです。どれだけ現地で売れているかはわかりませんが、恐らくスタンダードではないでしょう。

 パッケージには4種類のフルーツが描かれていて、キウイとパパイヤはわかるのですが他の2つはよくわかりません。恐らく、白い方がノニあたりで、暗い色の方はプルーンでしょうか。
 サイトの説明文を翻訳にかけると、

 トロピカルフルーツの爆発、強烈な鼻の香り、非常にフルーティーで甘い。

 
 と翻訳されました。


 ところで、アルゼンチンでは健康被害に関する警告表示の面積はパッケージの半分と決まっているようで、今回は掲載しませんが他のシャグも同じでした。ちなみに、警告の文言は「今日から禁煙」という意味だそうです。


【シャグについて】
 色は明るめ且つ毛足は少し粗めで、多少は加湿されていました。
 そしてシャグの香り海外産のスイカ味のガムに似た匂いで、少しケミカルな芳香剤を思わせます。ともあれかなり独特で、現在日本で流通しているシャグには無い香りです。


Arlequin_02.jpg


【喫味】
 日本で売っていない以上は詳細を説明しても証明のしようがないので最低限に留めますが、確かに説明通りトロピカル系で香りは強めでした。
 しかしながら、キウイやパパイヤの要素がどこに生かされているのかがよくわからなかったのが残念ですが、パッケージのフルーツはあくまでイメージということでしょうか。
 かなり好き嫌いが分かれそうなフレーバーなので、恐らく現地でもスタンダードなシャグでは無いと思います。
 同様に日本でも、あまり受け入れられないだろうと思われるフレーバーでした。
 
 また、香りは強いながらもタバコ自体の喫味も楽しめたのですが、なかなか糖度が高く香ばしい葉でした。


【最後に…】
 正直なところ最後まで楽しめるかはわかりませんが、世の中にはこういうタバコがあるというのがわかったという点では悪くない経験でした。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png









テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 ARLEQUIN_MISTIQUE 日本未発売 アルゼンチンのシャグ VAN_HAASEN フレーバーシャグ

【日本未発売・ウルグアイのシャグ】RIO NOVO CRIOLLO【シャグの感想】

RIO_NOVO_CRIOLLO, Tabaco_de_Liar, Uruguayan_Tobacco RYO ウルグアイのシャグ
RIO NOVO CRIOLLO
原産国:ウルグアイ
内容量:45g


【商品について】
 このカテゴリでは日本未発売のシャグを紹介していますが、今回は「RIO NOVO CRIOLLO」というウルグアイ産のシャグです。
 このページで紹介しているCERRITOPERUANO同様、ウルグアイの老舗タバコ会社であるMONTEPAZ社が生産・販売しているみたいです。
 なにげに日本と馴染み深い会社で、日本で手に入る同社のタバコは、フレーバータバコでおなじみのアークロイヤル(ARK ROYAL)、格安タバコのブライト(BRIGHT)、CelFXという最新のチャコールフィルター使用という触れ込みのフロイド(FLOYD)です。

 因みに、「みたいです」と書いたのはパッケージに社名が記載されていたからで、肝心の公式のウェブサイトには一切情報はありません。
 ネットでも調べてみたのですが驚くほど情報が無く、あったとしてもネットオークションの出品ページくらいしかヒットしませんでした。

 
 さて、このカテゴリで紹介しているシャグは概ね喫煙による健康被害の警告写真やアイコンが大きく掲載されていますが、これも例外なくパッケージの3/4近くが警告写真で占めています。
 同じ銘柄でもバリエーションは色々あるらしいのですが、写真は表裏共に以前に入手したCERRITO、PERUANOと同じです。現地ではこの画像のやつがたくさん出回っているのでしょうか。


 裏面にもバッチリ大きく掲載されています。


RIO_NOVO_CRIOLLO, Tabaco_de_Liar, Uruguayan_Tobacco RYO ウルグアイのシャグ

 墓の前で佇んでいる少年の画像で、大事な人が喫煙による健康被害で天に召されたということでしょうか。


【パウチについて】
 これまたCERRITO同様、パウチは袋状ではなく厚紙でシャグを包んでいる構造になっています。日本ではまず見かけない形状なので、新鮮に感じます。


RIO_NOVO_CRIOLLO, Tabaco_de_Liar, Uruguayan_Tobacco RYO ウルグアイのシャグ

 これがパウチを分解した画像です。
 当然ながら一度ここまで開けたらパウチの機能は望めないので、シャグをキャニスターに移して保存しています。


【シャグについて】
 色は暗めのブラウンで、毛足は少し粗めです。加湿は申し訳程度だったのでやや乾き気味です。
 そしてシャグの香りはかなり独特で、燻製若しくは乾燥の魚介を思わせます。この時点で万人受けするようなシャグでは無いことが伺えます。


【喫味】
 日本で売っていない以上は詳細を説明しても証明のしようがないので最低限に留めますが、シャグの香りどおりかなりクセがありました。喫味然り煙の残り香然り、何だか焼いた小魚が頭に浮かぶような香りでした。
 
 そのため初めの数本は違和感がありましたが、吸っている内にこの臭みが軽くやみつきなりました。やみつきといっても中毒ではなく、ピスタチオや落花生あたりをつい立て続けに食べたくなるような感覚です。
 もしかしたらですが、これは黒タバコかもしれません。私自身、黒タバコは紙巻きもシャグも殆ど試したことが無いので憶測になってしまいますが、一度だけ吸ったことのある黒タバコの味に近い気がします。

【最後に…】
 日本で手に入るシャグで近しいものは今のところ思いつかないので、ある意味南米ならではのシャグかもしれません。
 仮に日本で販売することになったら、一般受けすることはなくてもガラム系タバコのように根強い愛好家に愛されそうなシャグだと思いました。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png










テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 RIO_NOVO_CRIOLLO 日本未発売 ウルグアイのシャグ

【日本未発売・アルゼンチンのシャグ】NATURAL PURO ARGENTINO【シャグの感想】

NATURAL_PURO_ARGENTINO, RYO TOBACCO TABACO アルゼンチンのシャグ 手巻きタバコ
NATURAL PURO ARGENTINO
原産国:アルゼンチン
内容量:50g


【商品について】
 またしても日本未発売のアルゼンチン製シャグを手に入れました。

 検索してもこれといった情報は出てきませんが、名前のとおり無添加のシャグです。
 パウチのデザインは、日本で売ってないオリジナルブレンドのナチュラル・アメリカン・スピリット(ORIGINAL BLEND NATURAL AMERICAN SPIRIT)に酷使しています。



natural american spirit_original
これがORIGINAL BLEND NATURAL AMERICAN SPIRIT のパウチです。2015年8月時点では日本未発売です


【パウチについて】
 パウチ自体はかなり簡素というか投げやりで、厚めの透明袋に商品ロゴと警告表示のステッカーが表裏に貼ってあるだけです。
 検索して出てきた商品画像も同じだったので、この形態で流通していることは間違いないでしょう。

 相変わらず南米のタバコの警告表示は日本と比べると過剰ですが、上の画像の「DEJA DE FUMAR HOY」という警告は、大まかに訳すと「今日から禁煙」という意味です。

 表面だけでなく裏面には別の警告を表示しています。


NATURAL_PURO_ARGENTINO, RYO TOBACCO TABACO アルゼンチンのシャグ 手巻きタバコ

「FUMAR CAUSA ADICCIÓN」とは「喫煙は中毒を引き起こす」という意で、一番下には「Programa Nacional de CONTROL del TABACO」という禁煙プログラムのウェブサイトのURLが記載されています。


【シャグについて】
 色はやや明るめのブラウンで、刻み幅はやや粗めです。
 無添加だけあってか、シャグの感触はパサパサしていました。


NATURAL_PURO_ARGENTINO, RYO TOBACCO TABACO アルゼンチンのシャグ 手巻きタバコ


【喫味】
 日本で売っていない以上は詳細を説明しても証明のしようがないので最低限に留めますが、アメスピに通ずるノド越しを感じたものの、喫味自体はアメスピとは異なりビター系に思いました。
 しかしこれといった雑味も無く吸いごたえはしっかりしているので、1本でどっしりとした充足感が得られました。


【巻紙】
 今まで手に入れた南米産のシャグにはオマケの巻紙はありませんでしたが、今回はありました。紙の方はアルゼンチンではなくウルグアイ製のようです。


NATURAL_PURO_ARGENTINO, RYO TOBACCO TABACO アルゼンチンのシャグ 手巻きタバコ PAPEL_LEGITIMO_ATALA_NORUEGONATURAL_PURO_ARGENTINO, RYO TOBACCO TABACO アルゼンチンのシャグ 手巻きタバコ PAPEL_LEGITIMO_ATALA_NORUEGO

 ブックレット式で糊が付いてないので、コニカル巻き仕様かもしれません。

【最後に…】
 雑味が無いとは言え私には少しばかり味気ない喫味だったので、50gという大容量を最後まで愉しめるかとなると微妙なところです。
 兎にも角にも日本で売っているものには無い風味のシャグでした


▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 NATURAL_PURO_ARGENTINO 日本未発売 アルゼンチンのシャグ

【日本未発売・ウルグアイのシャグ】PERUANO【シャグの感想】

PERUANO, Tabaco_de_liar ウルグアイのシャグ tabaco uruguayo RYO 手巻きタバコ
PERUANO
原産国:ウルグアイ
内容量:45g


【商品について】
 このカテゴリでは日本未発売のシャグを紹介していますが、今回もウルグアイ産のシャグです。「PERUANO」はスペイン語で、直訳すると「ペルー人」若しくは「ペルーの」という意味です。ペルーのタバコ事情はわかりませんが、同じ会社から「PUERTO RICO」というシャグがあるらしいので、単に地名を銘柄に採用したかもしれません。

 このシャグは、このページで紹介しているCERRITO同様ウルグアイの老舗タバコ会社・MONTEPAZ社が生産・販売しています。
 紙巻きタバコですが、フレーバータバコでおなじみのアークロイヤル(ARK ROYAL)、格安タバコのブライト(BRIGHT)、CelFXという最新のチャコールフィルター使用という触れ込みのフロイド(FLOYD)がMONTEPAZ社製なので、なにげに日本と馴染み深い会社です。

 さて、このカテゴリで紹介しているシャグは概ね喫煙による健康被害の警告写真やアイコンが大きく掲載されていますが、これも例外なくパッケージの3/4近くが警告写真で占めています。
 同じ銘柄でもバリエーションは色々あるらしいのですが、写真は表裏共に以前に入手したCERRITOと同じです。


【パウチについて】
 これまたCERRITO同様、パウチは袋状ではなく厚紙でシャグを包んでいる構造になっています。日本ではまず見かけない形状なので、新鮮に感じます。



PERUANO, Tabaco_de_liar ウルグアイのシャグ tabaco uruguayo RYO 手巻きタバコ

 これが分解した画像です。CERRITOのページでは牛乳のパックに近いと書きましたが、今回は何故かバターを開ける感覚に似ていると思いました。
 当然ながら一度ここまで開けたらパウチの機能は望めないので、シャグをキャニスターに移して保存しています。


【シャグについて】
 色はやや明るめのブラウンで、毛足は細かいです。
 公式サイトでは「フルフレーバー」としか書いていないので葉の詳細はわかりませんが、とりあえずしっかりと加湿してありました。


【喫味】
 日本で売っていない以上は詳細を説明しても証明のしようがないので最低限に留めますが、端的に掛けば全体的にビター系で、口の中にブラックココアパウダーのような苦味が残ります。
 吸いごたえは軽めですが、時間差でそこそこどっしりとした充足感が来るので、ハーフスワレ系に近いかもしれません。

 しかしながら、それ以外はこれといって特筆するものは浮かばず、良くも悪くも普通の喫味のシャグでした。
 個人的には、単体で愉しむにはもう一味欲しいといったところでしたが、この手の喫味はすぐに飽きが来ないので長く愉しめるといえば楽しめることと、他のシャグとブレンドしても相性を気にしなくていいという点がメリットでしょうか。


【最後に…】
 これまた良くも悪くもハズレの無いシャグなので、開けて以来コンスタントに愉しめています。
 容量も45gと多めなので、当分は重宝しそうです。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png









テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 PERUANO 日本未発売 ウルグアイのシャグ

【日本未発売・ブラジルのシャグ】Parvathi【シャグの感想】

Parvathi, パールヴァティー, ブラジルのシャグ, 手巻きタバコ, RYO
Parvathi
原産国:ブラジル
内容量:25g


【商品について】
 このカテゴリでは日本未発売のシャグを紹介していますが、今回はブラジル産のシャグです。
 パウチに記載されているポルトガル語を機械検索にかけたところ、100%無添加のバージニアベースらしいです。

 公式サイトのURLもあるのでアクセスしてみたのですが、何らかの理由で閉鎖しているようで詳細はわかりません。

 因みに検索して初めて知ったのですが、Wikipediaによると「Parvathi」とはヒンドゥー教の女神の一柱で、「山の娘」を意味するそうです。日本語表記では「パールヴァティー」が一般的のようです。
 余談ですが、某人気スマホゲームのキャラクターや同名のインド人女優の情報も検索結果に表示されました。
  

 今回はいただき物なので0円で手に入れたのですが、手書きの値札シールには「25.00」とありました。
 ブラジルの通貨であるレアルのレートは2015年6月3日現在で1レアル≒約40円らしいので、日本円に換算すると約1,000円です。
 日本での相場で考えるとグラム単価約40円というのはかなり高めですが、このシャグだけ特別なのか、ブラジルでは平均的な価格なのかはわかりません。
 

 ところで、これまでに紹介した南米のシャグは警告画像をかなり大きく掲載していましたが、このシャグはパウチの裏面に1/3程度の大きさで掲載されています。



Parvathi, パールヴァティー, ブラジルのシャグ, 手巻きタバコ, RYO


 わかりづらいかもしれませんが、タバコの火も消さずに子どもに食事を与えている構図です。
 主観ですが、これはタバコの害以前に常識の問題のような気がします。


【パウチについて】
 無添加ということなのか、ゴールデン・バージニア(GOLDEN VIRGINIA、GV)のようにファスナー付きです。
 勝手に南米のパッケージはかなり雑というイメージがあったので意外でしたが、それだけ上質ということでしょうか。



Parvathi, パールヴァティー, ブラジルのシャグ, 手巻きタバコ, RYO


 色はやや明るめのブラウンで、毛足は細かいです。
 無添加らしくシャグの香りもかなり素朴で良い香りですが、じっくり嗅ぐとドラム(DRUM)とは異なるカツオブシ臭というか燻製のようなにおいも感じました。


【喫味】
 日本で売っていない以上は詳細を説明しても証明のしようがないので最低限に留めますが、端的に掛けば吸いごたえは軽く後味もすっきりしているので非常に吸いやすいです。

 とはいえ、バージニアベースといってもマニトウ(MANITOU)ペペ(Pepe)プエブロ(PUEBLO)あたりとは遠からず近からずといったところでシャグの香りどおり燻製のような独特な風味です。


【最後に…】
 ブラジル製のタバコは初めてですが、良くも悪くも日本で売っているものとはすこしばかり毛色の違う独特なシャグでした。
 量もそれほど多くないので大事に嗜みたいところです。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png





テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 Parvathi 日本未発売 ブラジルのシャグ パールヴァティー

【日本未発売・ウルグアイのシャグ】CERRITO【シャグの感想】

CERRITO ウルグアイのシャグ ROLLING_TOBACCO TABACO_DE_LIAR
CERRITO
原産国:ウルグアイ
入手場所:ウルグアイ
内容量:45g


【商品について】
 このカテゴリでは日本未発売のシャグを紹介していますが、今回はこのページで紹介している3 Indiosに続いてウルグアイ産のシャグです。「CERRITO」とはスペイン語で、直訳すると「小さな丘」という意味だそうです。

 このシャグは、ウルグアイの老舗タバコ会社・MONTEPAZ社が生産・販売しています。
 紙巻きタバコですが、フレーバータバコでおなじみのアークロイヤル(ARK ROYAL)、格安タバコのブライト(BRIGHT)、CelFXという最新のチャコールフィルター使用という触れ込みのフロイド(FLOYD)がMONTEPAZ社製なので、日本と馴染み深い会社です。

 さて、このカテゴリで紹介しているシャグは概ね喫煙による健康被害の警告写真やアイコンが大きく掲載されていますが、これも例外なくパッケージの3/4近くが警告写真で占めています。
 同じ銘柄でもバリエーションは色々あるようで、私が入手したものは喫煙が原因で患ったであろう女性が乳幼児にミルクを与えている写真です。正直なところ、ここまで悪化するのはタバコだけのせいとは思えないのですが。

 因みに警告写真は表だけでなく、裏側にもバッチリ掲載しています。



CERRITO ウルグアイのシャグ ROLLING_TOBACCO TABACO_DE_LIAR


 ベッドで深刻な表情をしている男女の構図ですが、これは喫煙がED(性的不能)の原因になるということを表しているようです。


【パウチについて】
 通常、というかヨーロッパ産のパウチは袋状になっていますが、これはシャグを紙で包んでいる構造になっています。
 恐らく機械でパッケージングしていると思いますが、糊付けが申し訳程度なので折り目の隙間からほんの少しだけシャグがこぼれていました。
 かなり雑に思いますが、これもまた非ヨーロッパのシャグならではといったところでしょうか。

CERRITO ウルグアイのシャグ ROLLING_TOBACCO TABACO_DE_LIAR


 これが分解した画像です。何だか牛乳のパックに近い気がします。


【シャグについて】

CERRITO ウルグアイのシャグ ROLLING_TOBACCO TABACO_DE_LIAR


 色はやや明るめのブラウンで、毛足は細かいです。
 葉の詳細が見当たらないので、どのような葉を使用しているのかはわかりません。


【喫味】
 日本で売っていない以上は詳細を説明しても証明のしようがないので最低限に留めますが、端的に掛けば全体的にビター系で、少し酸味があって後味がさっぱりしていて吸いごたえもそれなりにどっしりしています。
 わりかし独特なので日本で売っているシャグで類似する明確な銘柄は見当たらないのですが、強いて挙げるならドラム(DRUM)やハーフスワレ系のシャグが好きな人向けに思いました。

 また、煙も独特で他のシャグよりも残り香が強く且つ長時間残るような代物でした。


【最後に…】
 インドネシアのタバコほど個性が強いというわけではありませんが、日本で売っているものとはすこしばかり毛色の違う独特なシャグでした。
 容量も45gと多めで、且つ吸いごたえも強いので当分の間は大事に愉しめそうです。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png









テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 CERRITO 日本未発売 ウルグアイのシャグ

【日本未発売・ドイツのシャグ】Chee-Tah Kentucky【シャグの感想】

Chee-Tah_Kentucky Chee-Tah シャグ 手巻きタバコ ROLLING_TOBACCO RYO
Chee-Tah Kentucky
原産国:ドイツ
入手場所:ウルグアイ
内容量:30g


【商品について】
 このカテゴリでは日本未発売のシャグを紹介していますが、またしても南米在住の知人から現地で販売しているシャグをいただいたので紹介します。
 そのため読む側からすれば無益かもしれませんが、諸外国の嗜好やタバコ事情の紹介ということで目を通していただければ幸いです。

 警告写真の面積が大きすぎるのでロゴが少し隠れていますが商品名は「Chee-Tah」です。これはウルグアイで販売しているドイツ産のシャグで、販売元はPlanta社というベルリンのタバコ会社です。
 紙巻タバコ、シガリロ(リトルシガー)、シーシャ(水タバコ)、電子タバコ用のリキッド等タバコ全般を取り扱っていますが、特にパイプが有名な会社です。ここをクリックすると公式の商品カタログ(PDF)を閲覧できます。
 私はパイプには詳しくないですが、私がタバコ専門店等で見たことのある銘柄ではブラックバニラ(BLACK VANILLA)、ゴールデンバニラ(GOLDEN VANILLA)、エリーゼ(ELYSSE)、ブリッグ(BRIGG)、ホルガー・ダンスケ(Holger Danske)あたりを取り扱っています。
 因みに日本でも売っているシャグでは、PL88、エクセレント(EXCELLENT)、アクロポリス(AKROPOLIS)を取り扱っているようです。

 そして本題ですが、カタログによると今回のシャグは無添加のようです。
 ベースはバージニアで、名前のとおりケンタッキー葉と厳選されたバーレー葉がブレンドされているそうです。
 喫味はナッティー且つスパイシーのようなので、本格的というか王道系かと思われます。

 因みに他のバリエーションは、無添加のgrün(グリーン)、スムーステイストのgelb(イエロー)、ハーフスワレのblau(ブルー)、フルスワレのschwarz(ブラック)だそうです。


【シャグについて】


Chee-Tah_Kentucky Chee-Tah シャグ 手巻きタバコ ROLLING_TOBACCO RYO


 色は明るめのブラウンで毛足はやや長め。無添加ということもあって保湿はされていません。
 また、シャグの香りはハーフスワレ系で、マックバレンのハーフスワレ(MAC BAREN HALFZWARE)に近いです。


【喫味】
 日本で売っていない以上は詳細を説明しても証明のしようがないので最低限に留めますが、説明どおりバージニア特有の甘さとすっきりした後味に加え、良い意味でスパイシーさがアクセントになっている喫味です。
 吸いごたえもしっかりしているので、仮に日本で販売したらそれなりに人気が出るのではと思いました。


【最後に…】
 独特な風味ではなく、全体的にはスタンダードなキャラクターなので特に異国情緒に浸るようなことはありませんが、単純に美味しいシャグでした。
 無添加なので早めに消費したいところですが、大事に愉しみたいと思います。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 Chee-Tah_Kentucky 日本未発売

【日本未発売・アルゼンチンのシャグ】Richmond【シャグの感想】

Richmond アルゼンチンのシャグ RYO 手巻きタバコ
Richmond
原産国:イギリス(恐らく)
入手場所:アルゼンチン
内容量:50g
商品価格:不明
【巻紙無し】



【商品について】
 このページでは、日本では売っていないウルグアイ産のシャグを紹介しましたが、今回は件の知人からアルゼンチンのシャグを送ってもらいました。
 そのため読む側からすれば無益かもしれませんが、諸外国の嗜好やタバコ事情の紹介ということで目を通していただければ幸いです。

 事前にメールで商品画像を送ってもらっていたのですが、ネットで調べてみると驚くほど情報がありませんでした。
 とりあえずイギリス産で同じ名前の紙巻タバコがあることは知ったのですが、ヨーロッパ圏内で全く同じものを売っている様子はありませんでした。

 そこで画像検索をしてみたところ類似する画像は数個しか上がっておらず、どれをクリックしても行き着いた先は同じECサイトらしきページといった感じで、どの商品ページにも商品説明の類が一切ありません。
 しかもそのサイトの国別コードトップレベルドメインはアルゼンチン(.ar)ではなくお隣のチリ(.cl)なので、謎は深まるばかりです。
 更に調べると、正にこれのFacebookのコミュニティページに行き着いたのですがろくに更新してないので、やはり詳細は不明でした。 
 こうなってくると、知人はどこから購入したのか、アルゼンチンではメジャーなシャグなのか、そもそもアルゼンチン産なのか、それ以前にちゃんとしたシャグタバコなのかも怪しくなってきましたが、先日遂に現物が届きました。

 パウチには販売元のURLが記載されていたのでアクセスしてみたところ、やはりアルゼンチンに本拠地を置くタバコ会社から出ている商品でした。
 といっても公式サイトですら詳細情報は無く、取扱銘柄の一覧に商品名と価格と容量しか記載されてませんが、ちゃんとしたシャグタバコであることはしっかり判明しました。


【メーカーについて】
 「Nobleza Piccardo」というアルゼンチンのタバコ製造販売企業で、サイトを見た限りではイギリス最大手のタバコ会社であるブリティッシュ・アメリカンタバコ(BRITISH AMERICAN TOBACCO)社と密接な関係があるようです。傘下なのか業務提携しているだけなのかはわかりませんが、ラッキーストライク(LUCKY STRIKE)やキャメル(CAMEL)、ポール・モール(PALL MALL)といった有名どころの販売を取り扱っているようです。

【※2014.11.26追記】
「Nobleza Piccardo」は、ブリティッシュ・アメリカンタバコ社と密接な関係があるというよりはブリティッシュ・アメリカンタバコ社が買収したアルゼンチンのタバコ会社のようです。
 ブリティッシュ・アメリカンタバコ社の企業ロゴを知らなかったので、両社のロゴが同じものであることに気が付きませんでした。因みに「Nobleza Piccardo」をGoogleで翻訳すると「ブリティッシュ・アメリカンタバコ」と出ます。


【パウチについて ①】


Richmond アルゼンチンのシャグ RYO 手巻きタバコ


 これはパウチを広げた画像です(※クリックすれば多少は拡大します)
 パッケージデザインは普通に見えるものの、やはりアルゼンチンもウルグアイ同様タバコの規制は厳しいようです。
 喫煙による健康被害をイメージさせる写真こそありませんが、警告文の類がかなり直接的というか皮肉っぽいように思いました。

 例えば、商品ロゴの下に「EL CIGARRILLO MATA A UNO DE CADA DOS FUMADORES」という文章があるのですが、簡易翻訳サイトで翻訳したところ、「タバコは、2人のうちの1人の喫煙者を殺す」と出ました。厳密には微妙に異なるかもしれませんが、言わんとしていることはさして間違いは無いと思われます。

 更に、中央あたりの「Q.E.P.D」とある箇所は、お墓のイラストです。
 「Que En Paz Descanse」というスペイン語の文章の頭文字なのですが、意味は英語の「R.I.P (Rest In Peace)と同じで「安らかに眠れ」という意味です。要するに、 “喫煙による健康被害で死んだ喫煙者のお墓” を表しているということでしょう。
 因みに、中央から下の位置にも大きく「FUMAR CAUSA MUERTE O ENFERMEDAD GRAVE(喫煙は、死か重病を引き起こす)」とありますが、これまでのものに比べれば可愛く思えます。


【パウチについて ②】
 個人的なことですが、現在いくつかのシャグを同時に嗜んでいるのでこれをいつ開けようかと思っていたものの、結果的には入手した日に開けることとなりました。
 というのもこのシャグは完全密封されておらず、ベロの折り返しに小さな粘着テープが申し訳程度に貼ってあるだけという状態でした。
 しかもテープは一度剥がしたら再び貼れない仕様になっていたので、実質手にした時点で既に開いていたも同然ということになります。
 これがアルゼンチンでは一般的かどうかはわかりませんが、これもまた異国ならではといったところでしょうか。


【シャグについて】


Richmond アルゼンチンのシャグ RYO 手巻きタバコ


 パウチには「Corte Fino」、つまりファインカットとあるので刻み幅は繊細かと思いましたがかなり粗めです。また、初めから多少は保湿されていました。


【喫味】
 日本で売っていない以上は詳細を説明しても証明のしようがないので最低限に留めますが、喫味はかなりあっさりしており、コクや甘さも控えめではあるものの、少しばかり薬品臭さが口に残りました。
 良くも悪くもありきたりな喫味でしたが、このページで紹介している紙巻きタバコのブライト 6・メンソール(BRIGHT 6 MENTHOL)、もしくはポールモール・メンソールライト(PALL MALL MENTHOL LIGHT)をバラして加湿した状態の喫味に近かったです。ということは、アメリカンブレンドのシャグと思われます。
 もちろんこのシャグはメンソールではありませんが、後味は特にそう感じました。
 しかしながら、上述のとおりパッケージングのことや、実際のところ件の知人が入手してから私の手元に届くまで2ヶ月以上は経過しているので、鮮度が変わっているかもしれないのが惜しいところです。


【余談】
 上述のチリのECサイトでの販売価格は、5,000ペソとありました。十中八九チリ・ペソだと思いますが、日本円に換算すると約970円のようで(※2014年11月6日現在)、グラム単価が約19円というのは非常に安いです。


【最後に…】
 ウルグアイのシャグの方は、良い意味で日本で売っているものには無い独特な風味がありましたが、今回もシャグにはこれといって特筆すべき点はありませんでした。
 正直なところ50gを持て余すことなく消費できるか些か不安ではありますが、やはり日本で売っていないシャグを手にする機会はめったに無いので大事に愉しみたいと思います。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png






テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 Richmond アルゼンチンのシャグ 日本未発売

【日本未発売・ウルグアイのシャグ】3 Indios【シャグの感想】

3_Indios シャグ ウルグアイ Tabacos_del_Sur RYO Tabaco_de_Liar
3 Indios
原産国:ウルグアイ
内容量:45g
商品価格:不明
【巻紙無し】



【商品について】
 今回紹介する「3 Indios(トレス・インディオス)」は南米・ウルグアイのシャグで、日本では売っていません。
 そのため読む側からすれば無益かもしれませんが、諸外国の嗜好やタバコ事情の紹介ということで目を通していただければ幸いです。

 そもそもは、とある知人がウルグアイに滞在しているので現地のシャグを送ってもらったことがきっかけです。私が知る限りで日本で手に入るウルグアイのタバコといえばアークロイヤル(ARK ROYAL)ブライト(BRIGHT)ですが、ウルグアイのタバコは質が良いと思っているのでシャグも質が高いだろうと思い購入を依頼したところ、探してくれたということです。
 何でも、「小さな会社の製品だけど質は高いらしい」ということでこれを選んだようです。ウルグアイではスタンダードなものかはわかりませんが、タバコ屋の主人が薦めたみたいなので本格嗜好のスモーカー向けかもしれません。
 因みに商品名を検索してもこれといった情報があまり出なかったので、恐らく販売エリアはそれほど広くないと思われます。


【メーカーについて】
 メーカーである「TOBACOS DEL SUR」社のサイトをGoogle翻訳にかけたところ、シャグがメインというわけではなくむしろ葉巻(シガー)やパイプに力を入れているようです。
 シャグに関しては、「100%ナチュラル」「なめらかな味わい」「軽い」「洗練された圧縮葉巻を繊細にカット」といった文言があります。機械翻訳なのでどこまで正確かはわかりませんが、要約すれば「上質な葉巻を丁寧にカットした自然派シャグ」ということでしょうか。
 ともあれ会社自体はかなり老舗のようなので、葉巻やパイプ愛好家の間では有名なブランドかもしれません。


【パッケージについて 1】
 ウルグアイはタバコの規制が厳しいようで、このシャグに限らず「喫煙による健康被害」を連想させるイメージ画像をパッケージに大きく載せています。余談ですが、東南アジアのタバコもかなり露骨です。
 その画像も多種多様で銘柄によって異なるのですが、このシャグに掲載されている画像は少しショッキングに思えたので一部モザイクをかけています。このページに掲載されている画像と同じなので、興味がある人はクリックしてみてください(※決して気持ちの良いものではないので、自己責任でお願いします)

 ヨーロッパのタバコにもパッケージに大きく「SMOKING KILLS」といった直接的な警告文が大きく書かれていたりしますが、それでも面積はパッケージの1/3程度なので、それに比べればかなり徹底しています。 
 パウチに大きく書かれている「FUMAR CAUSA INFARTOS CEREBRALES」はスペイン語で、直訳すると「喫煙は脳梗塞の原因となります」という意味です。
 また、下の「www.puedodejar.com」とは、どうやらウルグアイの保健省(日本で言う厚生労働省)が立ち上げたサイトのようで、全てはわかりませんがタバコの害や禁煙の啓蒙が目的のようです。サイト名を直訳すれば「やめられるドットコム」といったところでしょうか。

 パッケージのほぼ全面にわたって健康被害に関する警告で占められるとパッケージデザインもへったくれも無いですが逆にここまでするということは、政府の方針であるということと同時に、仮に喫煙で健康を損なっても訴訟はさせないというタバコ会社の意思表示も含まれているのではないかと勝手に勘繰ってしまいます。


【パッケージについて 2】
 そしてパウチ自体の説明ですが、内容量が45gと多めの割には体積はかなり小さいです。恐らく、200mlくらいの紙パック飲料より少しコンパクトです。
 私がこれまでに買ったことのあるシャグは、例外なくどれも洋封筒のように幅の広い部分が開封口になっていますが、これは上部の狭い部分が開く構造になっています。形状然り構造然り、緑茶の葉や水出し麦茶のパックに近いです。シャグの保存に重きを置くと理にかなっている気がしますが、開封口が狭い分シャグの出し入れが少し面倒です。


3_Indios シャグ ウルグアイ Tabacos_del_Sur RYO Tabaco_de_Liar


 ともあれ、こういった違いも興味深いです。


【シャグについて】
 100%ナチュラルということもあってか、シャグの香りは実に素朴でいかにも“タバコ”といった自然な香りでした。
 また、開封時点では乾燥しているので手にするとボロボロとこぼれ落ちます。
 色は明るめのブラウンで、刻み幅はこのページで紹介しているエクセレント(EXCELLENT)シリーズより少し細かいといったところでしょうか。


【喫味】
 日本で売っていない以上は詳細を説明しても証明のしようがないので最低限に留めますが、商品説明どおり非常に軽くて吸いやすく、それでいて甘さや香ばしさは濃い目でしたが、加湿しても酸味と辛さは若干残ったのでそういうフレーバーのシャグだと思います。
 少なくとも私の好みでは,大ヒットとまではいかないまでも最後まで持て余すことなく楽しめそうなので、仮に日本で販売することになったとしたらそこそこ受けるのではないかと思いました。


【オマケ】
 巻紙はついていませんが、代わりに小さなマッチ箱が同梱されていました。



3_Indios シャグ ウルグアイ Tabacos_del_Sur RYO Tabaco_de_Liar



 

箱だけなのでマッチ自体はお好みで入れるということだと思いますが、ウルグアイではライターよりもマッチが主流なのか、あるいはこのシャグはライターよりマッチでの点火を薦めているということでしょうか。


【余談】
 今回はその知人から直接受け取ったのではなく現地から国際便で送ってもらったのですが、タバコということもあってしっかり通関料と関税がかかりました。
 今回の依頼はお土産の一つということになったのでシャグ代は0円ですが、合計で700円かかったので出費としては普通のシャグを買ったも同然という結果になりました。


【最後に…】
 個人的な話ですが、現在の私は全くと言っていいほど海外とは縁のない生活を送っているので、日本で売っていないシャグを手に入れる機会は滅多に無いため、ちょっとした海外旅行気分で楽しもうかと思っています。
 また、ウルグアイはともかくとしてもいずれ海外旅行をすることがあったら、通常の観光に加えて現地のタバコ屋をまわって日本で売っていないシャグを試すこともイベントの一つとして加えたくなった次第です。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png




テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 3_Indios ウルグアイのシャグ 日本未発売 無添加シャグ Tobacos_del_Sur

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR