FC2ブログ

アパッチ・シルバー(APACHE SILVER)【シャグの感想】


アパッチ・シルバー APACHE_SILVER アパッチ APACHE 手巻きタバコ RYO
アパッチ・シルバー
原産国:オランダ
内容量:25g
価 格:560円
グラム単価:22.4円
【巻紙付】


【商品について】
 オランダ産シャグのアパッチ(APACHE)より、今回はシルバー名義のシャグです。

 商品説明によると煙量豊かな喫煙がベストで、刻み幅は通常のシャグより広くハバナを含め10種類のタバコが入っているとのこと。太巻きで作ることを勧めています。

 私の認識では、ラスタ・シルバー(RASTA SILVER)然りチェ・シルバー(che SILVER)然り、シルバーを銘打ったシャグはオリジナルより軽めのもの、つまり昔の紙巻きタバコで言うライトやマイルド系を意味すると思っていたのですが、これに関してはそういうことではないようです。


【シャグについて】
 シャグの幅はやや粗めで、色はダークブラウン。開封状態では乾燥しているので、気になれば加湿した方が良いかもしれません。


アパッチ・シルバー APACHE_SILVER アパッチ APACHE 手巻きタバコ RYO

【喫味】
 全体的にはコクのあるビター系で、ほのかな甘みを感じつつ後味はすっきりしていました。吸いごたえも、吸っている間はやや軽めに感じたのですが、時間差で強めの充足感が来た印象です。
 他のアパッチとは系統の異なる喫味で、個人的にはクラシックやハーフスワレ系を大衆向けに仕上げた感じに思いました。
 あくまで勝手に連想したことですが、どことなくプエブロのオレンジ(PUEBLO NATURAL ORANGE)の喫味に似ている気がします。

 太巻きか細巻きかは好みの問題ですが、個人的には太巻きだと強すぎたので細巻きの方がしっくり来ました。
 また、刻み幅は粗めなので、各々の好みはあるものの巻紙は厚めの方が適しているでしょう。


【巻紙】
 ルックアウト(LOOKOUT)名義の巻紙が入っていました。一般的な、フリーバーニングの漂白ペーパーです。


apache アパッチ 巻紙 ローリングペーパー ルックアウト LOOK_OUT RYO

【最後に…】
 やはり、他のシルバーを銘打ったシャグとは異なるどころか、オリジナルとは一線を画すした喫味のシャグでした。それなりにクセのある喫味なので、好みは分かれるかもしれません。

 とはいえ、価格も容量も手頃なので手を出しやすいシャグだと思います。


 

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png







スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 アパッチ・シルバー APACHE_SILVER) アパッチ APACHE

アムステルダマー・ブロンド(AMSTERDAMER BLOND)【シャグの感想】


アムステルダマー・ブロンド AMSTERDAMER_BLOND アムステルダマー AMSTERDAMER 手巻きタバコ RYO マックバレン MACBAREN
アムステルダマー・ブロンド
原産国:デンマーク
内容量:25g
価 格:600円
グラム単価:約24円
【巻紙付】


【商品について】
 このページでは、2016年の10月に登場したアムステルダマー・100%タバック(AMSTERDAMER 100% TABAC)を紹介しましたが、今回はその姉妹品であるブロンドです。

 商品説明によるとバージニア、バーレー、オリエント葉を絶妙にブレンドし、バランスのとれたクセのない味わいとのことですが、100%タバックもけっこうクセの無い味わいだったので、ブロンドがどれほどのものかが気になるところです。


【シャグについて】
 刻み幅は細めで、開封段階で保湿されています。そのため、加湿しなくてもすぐに楽しめます。


アムステルダマー・ブロンド AMSTERDAMER_BLOND アムステルダマー AMSTERDAMER 手巻きタバコ RYO マックバレン MACBAREN



【喫味】
 商品説明どおり、確かにバランスのとれたクセのない味わいで、すっきりとした酸味のある後味に加え、心なしかココア的な風味も感じました。良くも悪くもいかにもな洋モクっぽい喫味に思いました。
 また、吸いごたえも軽めなので確かに吸いやすいです。

 しかしながら、ある程度意識して味わえばそのような喫味は感じましたが、惰性だったり何かをしながら嗜むと、殆ど印象に残らないという点が気になりました。
 尤も、ブロンド名義のシャグなのである意味それが特長ではあるのですが、個人的には無難すぎるという感想です。

 


【巻紙】
 100%タバック同様、マックバレン(MAC BAREN)の巻紙が同梱されていました。普通のシガレットペーパーです。


手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー CHOICE チョイス MAC_BAREN マックバレン RYO


【最後に…】
 上述のとおり、私の味覚や好みでは無難すぎたので、敢えてリピートするかが微妙なところかなと思いましたが、逆に言えば個人の嗜好に大きく左右されない喫味なので、大きくはずれるということは無いだろうという点は長所かもしれません。


▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png






テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : アムステルダマー・ブロンド AMSTERDAMER_BLOND アムステルダマー アメリカンブレンド

ジャンゴ・ブロンド(DJANGO BLOND)【シャグの感想】

DJANGO_BLOND DJANGO ジャンゴ ジャンゴ・ブロンド 手巻きタバコ アメリカンブレンド RYO
ジャンゴ・ブロンド
原産国:デンマーク
内容量:25g
価格:600円
グラム単価:24円
【巻紙付】


【商品について】
 ジャンゴ(DJANGO)は2016年10月に登場した新発売のシャグです。
 ラインナップは、100%自然貯蔵したバージニア葉使用という無添加の100%タバック(100% TABAC)、フルーティなバニラテイストのアロマティック(AROMATIQUE)、そして今回紹介するブロンドです。

 商品説明によるとバージニア葉、バーレー葉、オリエント葉をブレンドしたもので、しっかりとした口当たりのよい喫味が特徴のようです。
 一般的に、シャグでは“ブロンド”と銘打ったシャグは軽めを意味していることが多いので、手始めに購入してみました。

 余談ですが、久しく新商品は無かったもののここに来て、復刻も含め新商品が続々と登場しています。


【シャグについて】


DJANGO_BLOND DJANGO ジャンゴ ジャンゴ・ブロンド 手巻きタバコ アメリカンブレンド RYO


 色は明るめのブラウンで、刻み幅はかなり細いです。鼻を近づけると、タバコ本来の素朴な香りに加え何やらフルーティなそれも感じました。
 また、開封時点でかなり保湿されているのでそのまま楽しめそうです。


【喫味】
 タバコ本来の甘さとビターテイストに加え、香りどおりのフルーティさが程よく混ざった良い喫味で、後味もすっきりしています。私の味覚では、いわゆる昔ながらの洋モクっぽい風味もありましたが、全体的にはスタンダードな喫味ながらも良い個性を持っているという印象です。

 また、ブロンドを銘打っている割には濃いめに思いましたが、それでもブロンドということもあってか、ものすごく濃いというわけではありません。強めのメンソールフィルターで試してみたところ、少し負ける程度でした。

 吸いごたえも軽めで気になるほどの雑味は無いので、良い意味で立て続けに手を出したくなるシャグでした。


【巻紙】
 マックバレン(MAC BAREN)の巻紙が同梱されています。紙巻きと同じ質の漂白ペーパーです。


手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー CHOICE チョイス MAC_BAREN マックバレン RYO

【最後に…】
 正直なところありきたりな喫味のシャグかと思いましたが、個人的にはけっこう気に入りました。お気に入りが新たに加わったという感想です。
 質の良さをうかがえたので、なるべく早めに他のフレーバーも試してみたいと思わせるシャグでした。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png







テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 ジャンゴ・ブロンド DJANGO_BLOND ジャンゴ DJANGO

アンバーリーフ・ブロンド(AMBER LEAF BLONDE)【シャグの感想】

AMBER LEAF BLONDE, AMBER LEAF アンバーリーフ・ブロンド アンバーリーフ RYO 手巻きタバコ シャグ
アンバーリーフ・ブロンド
原産国:イギリス
内容量:25g
価格:570円
グラム単価:22.8円
【巻紙付】


【商品について】
 このページは2015年11月に登場したアンバーリーフ・フルボディ(AMBER LEAF)を紹介していましたが、今回はその姉妹品であるアンバーリーフ・ブロンド(AMBER LEAF BLONDE)です。

 商品説明から抜粋すると、厳選されたバージニア葉主体のブレンドで、味と香りはバージニア葉のストレートな香り立ち、煙量豊かですっきりした後味のシャグだそうです。
 そもそも“ブロンド”と名のつくシャグは軽めの喫味を意味しているので、アンバーリーフ・フルボディのライト版であろうことは想像がつきます。


【シャグについて】


AMBER LEAF BLONDE, AMBER LEAF アンバーリーフ・ブロンド アンバーリーフ RYO 手巻きタバコ シャグ

 フルボディ同様色は明るめのブラウンで、刻み幅は細かいです。これまた商品説明によると、0.45mgのファインカットだそうです。

 また、本家ほどではないですがかすかに酸っぱい香りを感じます。

 開封時点でしっかり保湿されているので、刻み幅も相まって非常に巻きやすいです。
 しかし巻く際にしっかりほぐさないと、ドロー(吸い込み)が悪くなりかねないので注意が必要です。


【喫味】
 商品説明どおりバージニア葉ならではの甘さや香ばしさが前面に出ており、煙もまろやかなので非常に吸いやすいです。
 また、吸いごたえもかなり軽めで全体的にはなので良い意味で立て続けに手を付けたくなります。
 しかしながら、言い方を変えれば軽い上に控えめな喫味なので、例えば強めのメンソールフィルターを使うとメンソールが勝ってしまうかもしれません。
 人によってはもう一味欲しいというか、パンチがきいていないと感じるかもしれないので、基本的には万人受けする無難な喫味ですが、このあたりで好みが分かれそうです。


【巻紙】
 これまたフルボディ同様、オリジナルと思われる巻紙が同梱されています。フリーバーニングの漂白ペーパーですが、ドミンゴ(DOMINGO)の巻紙同様コーナーカットされているのでローラー(巻き器)を使用している人にはありがたい巻紙です。


AMBER_LEAF アンバーリーフ 手巻きタバコ RYO 巻紙 ローリングペーパー


【もう一つのオマケ】
 今回も、私が買ったものにはクリッパー式のライターがオマケで付いていましたが、恐らく初回出荷分が捌かれたらシャグのみの販売になるかもしれません。
 お店によってはまだライター付きのものが売っているかもしれません。


AMBER_LEAF アンバーリーフ 手巻きタバコ RYO ライター LIGHTER クリッパー式 CLIPPER


【最後に…】
 大きなクセも無いので、いわゆる無難な風味で軽めのシャグが好きな人は気にいると思います。
 また、ブロンドと銘打っているシャグなので当たり前な話なのですが、喫味に大きなインパクトが無い故に似たような喫味の選択肢はこれ以外にも多いのが痛し痒しですが、容量もグラム単価も手頃なので、手を出しやすいという点では大きく失敗することのない銘柄でしょう。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!






テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 AMBER_LEAF_BLONDE アンバーリーフ アンバーリーフ・ブロンド AMBER_LEAF

レッドブル・ブロンドシャグ(RED BULL BLOND SHAG)【シャグの感想】


RED_BULL_BLOND, RED_BULL, レッドブル・ブロンド レッドブル 手巻きタバコ RYO バージニア
レッドブル・ブロンド
原産国:ドイツ
内容量:40g
価格:900円
グラム単価:約22.5円
【巻紙付き】


【商品について】
 レッドブルはドイツ産シャグで、2015年3月現在の日本でのラインナップは今回のブロンドとハーフスワレ(RED BULL HALF ZWARE)の2種類です。
 しかし画像検索したところ、国外ではZWARE(スワレ。理屈で言えばハーフスワレの2倍の強さのもの)、VANILLA、VIRGINIA、GOLD BLENDといったバリエーションがあるようです。

 私が知る限りでは、ネットショップは別としても取り扱っていない小売店がざらにあることと、手巻きタバコ関連のブログやBBSでもさほど話題になった様子も無いので、それほどメジャーな銘柄ではないように思います。
 とはいえ、私が手巻きタバコを始めた2年前には既に両方ともあったので、安定した人気のあるシャグなのではないでしょうか。

 商品説明によるとキャラクターはライト、且つバージニアベースで細刻み。毛足が長く、タバコ同士が絡みついているので巻きやすいとのことです。


【シャグについて】
 シャグの香りはいかにもタバコといった塩梅ですが、少し酸っぱいにおいも感じました。
 色は赤めのダークブラウンで確かに刻み幅の毛足は細長く、心なしか他のシャグよりも一本一本が縮れているような気がします。これが商品説明の「タバコ同士が絡みついている」ということでしょうか。

 巻きやすさに関しては、少なくともローラーではさほど実感できませんでした。
 練習がてら下手なりにハンドロールも試しましたが、加湿した状態であれば他よりも綺麗に巻けた気がします。ハンドロールが上手な人であれば実感できるかもしれません。

 なお、開封時点では殆ど保湿されておらずカラカラです。
 試しにその状態で吸ってみましたが、私の味覚では雑味が多いように感じたので加湿してからのほうがより楽しめるでしょう。


RED_BULL_BLOND, RED_BULL, レッドブル・ブロンド レッドブル 手巻きタバコ RYO バージニア


【喫味】
 燻製のような風味を少しだけ感じたものの、バージニアベースだけあって甘さや香ばしさは程々に濃いめで、それでいて後味はさっぱりしています。
 また、私の味覚では隠し味程度にスパイシーというか塩っぽい風味も感じましたが、クセも無く、加湿すれば雑味は消えるので吸っていて心地いいです。

 吸いごたえはシャグの中では軽い方かもしれませんが、ライトというわりにはノド越しも充足感もしっかりしている印象です。
 良くも悪くも万人受けする喫味で、多少なりとも好みはあれど大きく外すことのないシャグだと思います。


【巻紙】
 レッドブルオリジナルのペーパーですが、いたって普通の燃焼剤入り漂白ペーパーです。


RED_BULL_BLOND, RED_BULL, レッドブル・ブロンド レッドブル 手巻きタバコ RYO バージニア


【最後に…】
 私は純粋に美味しいと感じました。
 飽きにくい喫味でグラム単価も手頃なのでポテンシャルは高いです。
 
 しかしながらこの手の喫味は選択肢が多く、個性を重視しなくても器用貧乏なところがこのシャグの長所であり短所であるような気がしました。


 

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png







テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 RED_BULL_BLOND RED_BULL レッドブル・ブロンド レッドブル

ラスタ・シルバー(RASTA SILVER)【シャグの感想】


RASTA_SILVER RASTA ラスタ・シルバー ラスタ 手巻きタバコ シャグ RYO
ラスタ・オリジナル
原産国:ベルギー
内容量:25g
価 格:580円(※2014年4月〜)
グラム単価:約23.2円
【巻紙付】



【商品について】
 このページでは新発売のチェ・シルバー(Che Silver)を紹介しましたが、今回はベルギー産シャグであるラスタ(RASTA)の方のシルバーです。
 ラスタ・シルバーはシリーズの中で最も軽く、シャグ全体でもかなり軽い方と以前から聞いていたのですが、チェ・シルバーがかなり軽かったのでラスタの方もどれだけ軽いのか試してみたくなり、購入してみました。
 商品説明によると、「コクはしっかり出てくるので喫煙の充足感が得られる。フィルターをつけるとスーパーライト」だそうです。


【シャグについて】
 オリジナル同様色はダークブラウンで、刻み幅は細かいですが粗めに刻まれた葉脈もしくは茎のようなものも適度に入っています。
 開封段階では一定の湿度は保っているようで、感触はフワフワとパサパサの中間くらいに思いました。


RASTA_SILVER RASTA ラスタ・シルバー ラスタ 手巻きタバコ シャグ RYO


【喫味】
 評判どおり、シャグの中ではかなり軽く、チェ・シルバーとほぼ同じくらいに思いました。

 私の味覚では喫味のベースはやはりラスタ・オリジナルで、オリジナルよりもマックバレン(MAC BAREN)を思わせるハーフスワレ系のビターな風味で、それにバージニア系の酸味やコク、そして隠し味程度のスパイシーさが加わったといった感じでした。
また、 商品説明どおり軽いながらもしっかりとタバコの味は堪能できるので、空気を吸っているような味気なさはありません。
 しかしながら、やはり元々が軽いので長めのフィルターやヘンプペーパーを使うと本当に吸った気がしなくなるかもしれないので、短めのフィルターやフィルターチップを使えばより楽しめるでしょう。

(※ヘンプペーパーで巻いたタバコは他のペーパーで巻いたものより吸いごたえがまろやかになると思っているのですが、もしかしたら私だけかもしれません)


【巻紙】
 オリジナル同様、オマケの巻紙は「ORLANDO」というごく普通の燃焼剤入りの漂白ペーパーです。


RASTA_ORIGINAL, RASTA, RYO, HANDROLL_TOBACCO, ラスタ シャグ 手巻きタバコ


【最後に…】
 個人的には軽いタバコも好きなので、最後まで持て余すことなく消費できそうなシャグです。
 今どきの紙巻きタバコと比べるとシャグはどれも強めなので、これくらい軽いものがあれば手巻きタバコの間口が広がるのではないかとも思いました。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png









テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 RASTA_SILVER RASTA ラスタ・シルバー ラスタ 値上げシャグ

チェ・シャグ・シルバー(Che Silver)【シャグの感想】


Che_Silver チェ・シルバー Che_Guevara チェ・ゲバラ 手巻きタバコ シャグ RYO 
チェ・シルバー
原産国:ルクセンブルク
内容量:25g
価 格:550円
グラム単価:22.0円
巻紙付



【商品について】
 2014年10月に、定番シャグの一つでもあるチェ(Che)・シリーズより久々の新作が登場しました。
 今回のシルバーはオリジナルのライト版だそうですが、オリジナルもメンソールもシャグの中ではそれほど強い銘柄ではないので、どれだけ軽いのかが気になったので購入しました。
 因みに商品説明によると、葉は南アフリカ産バージニア、キューバ産バーレーのブレンドだそうです。


【シャグについて】
 刻み幅は繊細で、色はダークブラウンといったところです。
 開封時点でそれなりに保湿されているので、すぐに加湿する必要は無いでしょう。


Che_Silver チェ・シルバー Che_Guevara チェ・ゲバラ 手巻きタバコ シャグ RYO 


【喫味】
 結論から言えば、本当に軽いです。もしかしたら、これまでに私が試したことのあるシャグの中で最も軽いかもしれません。巻紙の質やフィルターの有無にもよりますが、紙巻きタバコで言うところのスーパーライトやエクストラ・ライト系くらいの吸いごたえに思いました。
 とはいえ、少なくとも私の味覚では味気ないとか薄いというわけではなく、オリジナルの喫味や風味を維持しつつ全体的にまろやかという印象です。雑味も無く口当たりも柔らかいので、つい短時間で手を伸ばしたくなるシャグです。


【巻紙】
 チェ・シリースおなじみの、オリジナルの薄紙(スローバーニング)が同梱されています。


CHE CHE_SHAG チェ チェ・シャグ CHE_GUEVARA チェ・ゲバラ 手巻きタバコ REBEL ペーパー 巻紙 薄紙 スローバーニング


 基本的にシャグのオマケ紙は燃焼剤入りの漂白ペーパーが主流なので、薄紙というのはありがたいところです。


【最後に…】
 私は元々軽めのタバコの方が好みということもあるのですが、個人的にはかなり気に入りました。
 紙巻きタバコと比べるとシャグは強いものが多いので、これだけ軽いものがあっても良いと思います。
 また、グラム単価もシャグの中ではかなり安く喫味も手堅い方なので、手巻きタバコ未経験者のファーストチョイスにも良いのではないでしょうか。





▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png




続きを読む

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 チェ・シルバー Che_Silver チェ チェ・ゲバラ Rebel Che

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR