FC2ブログ

キャプテンブラック・ブライトバージニア(CAPTAIN BLACK BRIGHT VIRGINIA)【シャグの感想】

キャプテンブラック・ブライトバージニア CAPTAIN_BLACK_BRIGHT_VIRGINIA キャプテンブラック 手巻きタバコ シャグ RYO
キャプテンブラック・ブライトバージニア
原産国:
アメリカ
内容量:30g
価格:780円
グラム単価:26円
【巻紙付】


【商品について】
 個人的には嗜んだことはないのですが、キャプテンブラックはシガリロ(リトルシガー)やパイプ葉の定番で、専門店であればどこも取り扱っているほど親しまれている銘柄です。

 そのキャプテンブラックですが、2018年11月にシャグ版が登場しました。
 ラインナップはブライトバージニア、チェリー、バニラの3種類で、どれも定番のフレーバーです。銘柄の知名度もあって、どれも手を出しやすい商品と言えるでしょう。

 今回はブライトバージニアを購入しました。商品説明によると、「熟したバーレイ・オリエントのブレンド。スムースかつ、キレのあるテイスト」とのことです。


【シャグについて】


キャプテンブラック・ブライトバージニア CAPTAIN_BLACK_BRIGHT_VIRGINIA キャプテンブラック 手巻きタバコ シャグ RYO


 刻み幅は細めで、色はやや明るめのブラウンです。
 開封段階で保湿してあるので、すぐに楽しめます。


【喫味】
 商品説明どおり、口当たりはスムースで仄かな甘さを感じ、後味はすっきりしていてキレがあるので吸っていて心地よいです。
 また、吸いごたえもそれほど強くなく万人受けするタイプの喫味なので、良い意味で短時間で手を伸ばしたくなるシャグでした。

 尤も、これといった個性や特徴が無い分似たような喫味のシャグは他にも多数あるのでインパクトには欠けますが、逆に言えば万人受けする手堅い喫味のシャグなので、好みに個人差はあれど数本で持て余すということは無いでしょう。

【巻紙】
 キャプテンブラックのオリジナルの巻紙で、漂白済みのミディアムバーニングです。


キャプテンブラック CAPTAIN_BLACK 手巻きタバコ RYO 巻紙 ローリングペーパー

【最後に…】
 上述のとおりキャプテンブラックはこれまで嗜んだことはないのですが、さすが定番の銘柄だけあってシャグの質もかなり高いと思いました。
 グラム単価もそれほど高くなく、喫味も相まって手を出しやすいのでしばらく経ったらリピートしても良いと思ったシャグでした。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png




スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 キャプテンブラック・ブライトバージニア CAPTAIN_BLACK_BRIGHT_VIRGINIA キャプテンブラック CAPTAIN_BLACK バージニアブレンド

フランドリア・スパニッシュバージニア(Flandria SPANISH VIRGINIA)【シャグの感想】

flandria_spanish_virginia_01.jpg
フランドリア・スパニッシュバージニア
原産国:ベルギー
内容量:25g
価格:590円
グラム単価:約23.6円
【巻紙付】


【商品について】
 フランドリア(Flandria)シリーズは数年前に販売中止になっていた時期があったのですが、販売再開を機に新登場したのが今回のスパニッシュバージニアです。

 商品説明によると品質には徹底してこだわっており、葉の中骨を丁寧に取り、何度もふるいにかけるハンドストリップ(手でタバコの葉の中身を取り除く作業)で丁寧に仕上げているそうです。
 柔らかな吸い心地のバージニア が特長で、商品名通りスペインで人気のシャグとのこと。
 
 実のところ、登場時はこのページで紹介しているフランドリア・バージニア(Flandria VIRGINIA)の後継銘柄だと思っていたのですが、別物のシャグということを最近知ったので購入しました。


【シャグについて】
 色は明るめのブラウンで、刻み幅はかなり繊細です。
 繊細だからということもあるかもしれませんが、開封段階で保湿されているようなのですぐに楽しめるでしょう。
 ただし、これくらい細いとドロー(吸い込み)にかなり影響されるので、よほど乾燥していない限り加湿は短時間で十分だと思います。


【喫味】
 コクと甘さが豊かでありながら全体的にはスッキリしており、後味も程よい酸味を感じます。
 大きなクセも雑味も無く吸いごたえもそれほど強くはないので、良い意味で立て続けに手を出したくなるシャグでした。
 言ってみればよくある喫味のシャグではありますが、この手のものは飽きが来ない分手を出しやすいです。 


【巻紙】
 スモーキングのグリーンが同梱されていました。
 フリーバーニングですが、ローラーで巻きやすくするためにコーナーがカットされています。
 また、同梱の巻紙の多くは50枚入ですが、これは60枚入なので少しお得です。


Smoking_Green_cut_corners スモーキング・グリーン・カットコーナー 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー RYO


【最後に…】
 単純に、質の高いシャグだと思います。
 また、容量も価格も手頃で喫味も手堅いので手巻きタバコのファーストチョイスにも適しているでしょう。
 個人的にはなかなか気に入ったので、いずれリピートしたいと思わせるシャグでした。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!






テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 フランドリア・スパニッシュバージニア Flandria_SPANISH_VIRGINIA フランドリア Flandria バージニアブレンド

パピヨン・バージニアスペシャル(PAPILLON VIRGINIA SPECIAL)【シャグの感想】

papillon-virginaspecial papillon パピヨン・バージニアスペシャル パピヨン 手巻きタバコ シャグ RYO
パピヨン・バージニアスペシャル
原産国:インドネシア
内容量:40g
価格:920円
グラム単価:23円
【巻紙付】


【商品について】
 2018年の4月に、インドネシア産シャグシリーズのパピヨンより、2種類のシャグが追加されました。
 内訳は、本物のインドネシア産クローブをブレンドしたというパピヨン・クローブ(PAPILLON CLOVE)と、バージニアの甘みが絶妙にマッチしているというバージニア・スペシャルです。

 元々パピヨンシリーズはクセの強い喫味が特長なので、今回はファミリーの中では最も無難な喫味だろうと想像し、バージニアスペシャルを購入しました。

 商品説明によると、「パピヨンらしい香りとバージニアの甘みが絶妙にマッチしたタバコ。甘く香ばしい煙が最大の特徴で、ふんわり優しいバージニアブレンドとのことです。


【パウチについて】
 パウチはPP袋に入っており、パウチ自体には密封の糊付けは一切されていません。申し訳程度にテープで止めてあるだけです。
 要は、オランダ産のシャグと同じ形状です。


【シャグについて】


papillon-virginaspecial papillon パピヨン・バージニアスペシャル パピヨン 手巻きタバコ シャグ RYO

 色は暗めのブラウンで、刻み幅は細かいです。
 また、よくよく触ってみるとさほど保湿はされていないように感じましたが、毛足が細くふわふわしているので開封直後でも嗜めそうです。
 香りは主にチョコ系で、薬草のような香りも追加されている感じです。私はクローブについてはよくわかりませんが、これがクローブの要素でしょうか。香りだけなら個人的にはなかなか良いです。


【喫味】
 コクのあるビター系で、口あたりはやさしくスムースに煙が通ります。喫味はインドネシア産らしく独特の風味があり、後味は割りとすっきりした酸味と甘みが残りました。全体的には温和でまろやかな印象です。


 私の味覚では、はっきりとしたバージニアらしさは感じませんでしたがバージニアが混ざったことでまろやかさが強調されているのかもしれません。

 吸いごたえは軽めに感じましたが、吸い終わった後にどっしりとした充足感が来ました。あくまで私の場合ですが、少しの空腹時でも相応のニコチン酔いというか胃の中がぐるぐるするような感覚があったので、満腹時以外は避けた方がいいかもしれません。

 また、シャグの量や巻紙の種類、吸い込む力、保湿具合なども影響しているかもしれませんが、燃焼速度は速めです。直径が細いスリムサイズよりはレギュラーサイズで巻いたほうがより楽しめるでしょう。

 あくまで私の味覚では、全体的にはシガー系に似た喫味に感じました。


【巻紙】
 パウチの外側にくっついていなかったので同梱されていないものと思ってしまいましたが、パウチの中に入っていました。
 しかもスタンダードな巻紙ではなく、糊のついてない本格的なオリジナル巻紙です。 


papillon-virginaspecial papillon パピヨン・バージニアスペシャル パピヨン 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー コニカル巻き RYO


 枚数は40枚で燃焼剤も入っている一般的な巻紙ですが、幅も一般的な巻紙より1.5倍くらいは広いのでコニカル巻きを推奨しているのでしょうか。

 因みに、以前オリジナルを購入したときはスモーキング・No.8レッド(Smoking No.8 Red)が同梱されていたのですが、どこかのタイミングで変わったのでしょう。


【最後に…】
 恐らくパピヨンシリーズの中では大衆向けというか万人受けする喫味だとは思いますが、それでもかなりクセの強いシャグなので好みは分かれるでしょう。

 私の好みでは、全く受け付けなかったというわけではないのでそれなりに楽しめると思いますが、あまり常喫向けではないので最後まで消費するまで時間がかかると思います。

 しかしながら、この手のシャグはブレンドや隠し味に使えるので、別のシャグにひと味足すためのものとして持っておくのもいいかもしれません。

 


▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 パピヨン・バージニアスペシャル PAPILLON_VIRGINIA_SPECIAL パピヨン PAPILLON バージニアブレンド

モホーク・バージニア(MOHAWK ORIGINAL VIRGINIA BLEND)


MOHAWK-VIRGINIA MOHAWK モホーク・バージニア モホーク バージニアブレンド 手巻きタバコ RYO シャグ
モホーク・バージニア
原産国:ドイツ
内容量:35g
価格:800円
グラム単価:約22.86円
【巻紙付き】


【商品について】
 2017年11月に、モホーク・バージニアという新銘柄が登場しました。
 モホークとは、今で言うネイティブ・アメリカン(先住民)で、北東部に拠点を構えていた部族のようです。
 別名はカニエンケハカ(Kanienkehaka)というそうで、「火打石の人々」を意味するとか。余談ですが、特徴的な髪型のモヒカン刈りは、このモホーク族が始まりだそうです。

 余談ですが、アパッチ(APACHE)マニトウ(MANITOU)もネイティブ・アメリカン関連から借用した商品名です。既に廃盤になったものでは「スー(Sioux)」もそうです。
 また、商品名こそ上記ほど直接的ではありませんが、ナチュラルアメリカンスピリット(NATURAL AMERICAN SPIRIT)もパウチデザインはネイティブアメリカンを思わせます。
 やはり、現在のタバコ文化にはかつてのネイティブアメリカンの文化が密接に関わっているとされているからでしょう。

 そして商品説明によると、「典型的なバージニアブレンド。刻みが細かいので巻きやすく、マイルドな喫味」とのことです。


【シャグについて】


MOHAWK-VIRGINIA MOHAWK モホーク・バージニア モホーク バージニアブレンド 手巻きタバコ RYO シャグ

 色は明るめのブラウンで、刻み幅も細かいです。
 シャグはある程度加湿されているので、開封直後でも楽しめるでしょう。


【喫味】
 結論から言えば、普通に質の高いシャグだと思います。
 糖度が高め且つ濃厚でまろやかなコクが口や鼻を通り、大きなクセも雑味もありません。

 また、吸いごたえもそれほど強くないので良い意味で立て続けに手を出したくなるシャグでした。あくまで私の味覚や記憶では、ぺぺ(Pepe)シリーズに近いかなと思いました。
 
 商品説明どおり、典型的といえば典型的な喫味なので似たようなシャグは他にも多数ありますが、万人受けする常喫向けなので初めての手巻きのチョイスにも適していると思います。


【巻紙】
 パーティ・イン・ハウス(Party in House)の薄紙(スローバーニング)が同梱されていました。
 最近は薄紙が同梱されているシャグが増えているのでその傾向に則ったのでしょうか。ともあれ、買う側からすれば嬉しいオマケです。


party-in-house パーティ・イン・ハウス 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー スローバーニング RYO

【最後に…】
 個人的にはかなり気に入りました。
 喫味や質もさることながら、値段も手頃で薄紙が同梱されているというところもポイントが高いです。 
 この手の喫味は人を選ばないので、初めての手巻きのチョイスにも適していると思います。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!






テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 モホーク・バージニア MOHAWK-ORIGINAL-VIRGINIABLEND モホーク MOHAWK バージニアブレンド

ハイタバコ・バージニアブレンド(Hi tobacco VIRGINIA BLEND)【シャグの感想】


ハイタバコ・バージニアブレンド Hi_tobacco_VIRGINIA_BLEND ハイタバコ Hi_tobacco RYO 手巻きタバコ
ハイタバコ・バージニアブレンド
原産国:ブラジル
内容量:30g
価格:800円
グラム単価:約26.7円
【巻紙付き】


【商品について】
 2017年10月の終わり頃に、ブラジル産の「ハイタバコ」が新たに登場しました。ここ最近は殆ど新作が出ていなかったので、久々の新商品です。

 内訳は、バージニアブレンド、黒タバコのダークファイア(Hi tobacco DARK FIRE)、無添加・無香料の100%アディティブフリー(Hi tobacco 100% ADDITIVE-FREE)の3種類です。
 バージニアブレンドとダークファイアは800円ですが、100%アディティブフリーのみ870円です。今回は、最も無難であろうバージニアブレンドを購入しました。
 因みに、どのパウチにも「NATURAL TOBACCO」と書いてあるので、これも無添加なのかもしれません。

 商品説明によると、吸い込んだときの強い味の中に心地よい甘みがある、飽きの来ないバージニアブレンドとのことで、パウチの裏には以下の文章が書いてあります。


「Virginia blend tobacco is made from a mixture high quality tobacco grown 100% in Brazilian crops.
Its composition of mild and clear tobacco, Virginia type original, extremely light smoking.
It is a variety with unique aroma and sugary notes coming from the tobacco leaf itself.」


これを自動翻訳したところ、

「バージニア州の混合タバコは、ブラジルの作物で100%栽培された高品質のタバコを混合して作られています。
軽くて透明なたばこの組成、ヴァージニアタイプオリジナル、非常に軽い喫煙。
それはタバコの葉自体から来るユニークな香りと甘いノートを持つ品種です。」


 と出ました。一部の訳は機械的ですが、質に自信があるのがうかがえます。


因みに、私が知る限りでは現在日本で流通しているシャグの原産国は、ドイツやオランダ、ベルギー、デンマーク等ヨーロッパの国が占めているように思いますが、ブラジル産というのはあまり聞き慣れません。


【パウチについて】 
 この商品はパウチが特徴的で、まずジップが付いています。ジップ付きパウチはゴールデン・バージニアやジブ(Zibb)でも採用していますが、それだけでなくマジックテープも付いています。テープの面積は小さいですが、シャグの保管としてはかなり優秀です。いわば二重ロックのようなものなので、両方をしっかりとめておけばまずシャグがこぼれることはないでしょう。


ハイタバコ・バージニアブレンド Hi_tobacco_VIRGINIA_BLEND ハイタバコ Hi_tobacco RYO 手巻きタバコ



【シャグについて】


ハイタバコ・バージニアブレンド Hi_tobacco_VIRGINIA_BLEND ハイタバコ Hi_tobacco RYO 手巻きタバコ

 色は明るめのブラウンで、刻み幅は長く細めです。
 触った感じでは程々に加湿されているのでそのままでも楽しめますが、気になるのであれば石等を入れておいた方がいいでしょう。


【喫味】
 私の味覚では、端的に書けば王道というかオーソドックスな喫味のシャグでした。
 甘みとコクが強く、それでいて後味もすっきりしていて雑味大きな個性も無いので非常に吸いやすいです。吸いごたえもシャグの中では軽い方なので、良い意味で立て続けに手を出したくなるシャグだと思います。万人受けするタイプなので、常喫に向いていると思います。

 しかしながら、言い方を変えればよくある喫味なのであえてこれを選ぶという決め手には欠けるかもしれませんが、よくある喫味のシャグの中でも質は高い方だと思います。


【巻紙】
 オリジナルの巻紙ですが、スローバーニングの薄紙が同梱されています。
 しかも、触った感じでは恐らく「極薄」くらいに分類されそうなほど薄い紙で、長さも1-1/4mm(78mm)という代物です。1-1/4mmの巻紙が同梱されている銘柄は、これまた私が知る限りではナチュラルアメリカンスピリット(NATURAL AMERICAN SPIRIT)くらいでしょうか。そのため、レギュラーサイズのローラーをメインで巻いている人は注意が必要です。


ハイタバコ・バージニアブレンド Hi_tobacco_VIRGINIA_BLEND ハイタバコ Hi_tobacco RYO 巻紙 ローリングペーパー 手巻きタバコ

【最後に…】
 グラム単価で考えると少々高めですが、シャグの喫味や質然り、パウチの機能、オマケの巻紙等を考えると、なかなか割安で手を出しやすいシャグだと思います。
 個人的にはなかなか気に入ったので、リピートしてもいいと思ったことと、ダークファイアと100%アディティブフリーにも興味を持った次第です。


 


▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!






テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 ハイタバコ・バージニアブレンド Hi_tobacco_VIRGINIA_BLEND ハイタバコ Hi_tobacco バージニアブレンド 無添加シャグ

レッドブル・バージニア(RED BULL VIRGINIA)【シャグの感想】


RED BULL VIRGINIA レッドブル・バージニア レッドブル RED BULL 手巻きタバコ RYO
レッドブル・バージニア
原産国:ドイツ
内容量:40g
価 格:950円
グラム単価:23.75円
【巻紙付】


【商品について】
 このページではチーター・アフリカ(CHEETAH AFRICA EDITION)を紹介していますが、これと同時発売という形でレッドブル・バージニアも登場しました。レッドブルシリーズでは、ブラックカラント(RED BULL BLACK CURRANT)以来の新作ではないでしょうか。

 商品説明によると、「バージニアブレンドによる、調和のとれたマイルドな甘み」とのことです。
 因みに、レッドブル・ブロンドとハーフスワレ、最近登場したツアレ(RED BULL ZWARE SHAG)は900円ですが、これはブラックカラントと同じで950円です。


【シャグについて】
 実のところ、開けてからかなり時間が経ってしまったため開封段階のシャグの保湿状態は覚えていないのですが、それほど加湿されていた記憶はありません。加湿してから楽しんだ方が確実でしょう。


RED BULL VIRGINIA レッドブル・バージニア レッドブル RED BULL 手巻きタバコ RYO

【喫味】
 すっきりした酸味、仄かな苦味、穏やかなコクがバランス良く口や鼻を通り、心なしかフルーティな後味も感じました。
 吸いごたえはやや強めに感じましたが、全体的にはなかなか良いシャグだと思います。
 そこそこ万人受けするシャグに思いましたが、人によっては苦味や酸味をクセと思うかもしれないことと、吸いごたえはやはり昨今の紙巻きタバコと比較すれば強めということを考えれば、好みが分かれる喫味かもしれません。


【巻紙】
 レッドブル名義の巻紙が入っていました。一般的な、フリーバーニングの漂白ペーパーです。


RED_BULL_BLOND, RED_BULL, レッドブル・ブロンド レッドブル 手巻きタバコ RYO バージニア


【最後に…】
 ものすごく気に入ったというわけではありませんが、グラム単価も決して高くないことも踏まえ、個人的にはなかなか悪くないシャグだと思いました。
 少なくとも、1パウチ分は持て余すことなく全て消費できるかなと思ったという程度で気に入りました。


 

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png







テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 レッドブル・バージニア RED_BULL_VIRGINIA レッドブル RED_BULL バージニアブレンド

バージニア・スプリング(VIRGINIA SPRING)【シャグの感想】

VIRGINIA SPRING バージニア・スプリング 手巻きタバコ シャグ RYO
バージニア・スプリング
原産国:オランダ
内容量:25g
価格:550円
グラム単価:22.0円
【巻紙付】


【商品について】
 バージニア・スプリングは、このページで紹介しているジブ・アメリカンブレンド(Zibb)と同時発売されたオランダ産のシャグで、2016年2月から日本で販売されています。
 商品説明によると高品質なバージニア・ブレンドタイプで、入念に厳選されたバージニア葉をブレンドして作りあげたとのことです。


【シャグについて】


ジブ Zibb アメリカンブレンド 手巻きタバコ ROLLING TOBACCO 15g

 色は明るめのブラウンで、刻み幅は細く気持ち長めです。
 開封時点ではそこそこ保湿されていたので、加湿はお好みでしょう。


【喫味】
 バージニア特有の酸味や香ばしさ、甘み、コクが程ほどに感じられるあっさり系の喫味で、吸いごたえも比較的軽めに感じましたが、大きな特徴もクセもなく見事なまでに可もなければ不可もなく、良くも悪くも全てにわたってオーソドックスな喫味のシャグでした。ありません。
 ある程度個性の強い喫味が好きな人には物足りないと感じるかもしれませんが、逆に言えば万人受けするタイプなので好みに関係なくすんなりと手を出しやすい銘柄という言えるでしょう。


【巻紙】
 ジブ同様「LIBELLA」という巻紙が同梱されています。燃焼剤入りの漂白ペーパーですが、心なしか薄めに思います。


ジブ Zibb アメリカンブレンド 手巻きタバコ ROLLING TOBACCO 巻紙 ローリングペーパー


【その他オマケ】
 冒頭の画像がそうですが、初回限定でジッパー式の特製パウチが付いています。
 パウチごと収納できるので、シャグの保管にありがたいです。


【最後に…】
 あっさり系が好きな人向けに思いましたが、この手のシャグは選択肢が多いので決め手に欠けるのは仕方のないところでしょう。
 しかし大きなクセが無いというのはある意味長所でもあり、万人受けするものなので常喫や手巻きタバコファーストチョイスに向いていると思います。
 しかも価格も手頃で内容量も25gと少なめなので、そういった意味では買う価値はあると思います。
 私の場合は、お目当てのシャグが手に入らなかった時の代用や個性的な喫味のシャグが続いた時の箸休め的な用途で使えそうです。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 バージニア・スプリング VIRGINIA_SPRING バージニアブレンド

バリシャグ・プレミアムバージニア(Bali Shag PREMIUM VIRGINIA)【シャグの感想】

Bali Shag PREMIUM VIRGINIA, Bali Shag, バリシャグ・プレミアムバージニア バリシャグ バージニアブレンド 手巻きタバコ RYO
バリシャグ・プレミアムバージニア
原産国:デンマーク
内容量:40g
価格:1,020円
グラム単価:25.5円

【巻紙付】



【商品について】
 映画俳優のジョニー・デップ(Johnny Depp)が愛飲しているという触れ込みのバリシャグ(Bali Shag)より、今回は2015年8月に登場したプレミアム・バージニアを購入しました。

 商品説明によると、“最高級のバージニア葉に自然乾燥と直火乾燥処理を施し、強い甘みとまろやかな喫味を実現。リッチでプレミアムな逸品”とのこと。
 競合の銘柄は、ゴールデン・バージニア(GOLDEN VIRGINIA)マックバレン・バージニアブレンド(MACBAREN VIRGINIA BLEND)スタンレー・バージニア(STANLEY VIRGINIA)ドミンゴ・バージニア(DOMINGO VIRGINIA)あたりでしょう。

 因みに、他のバリシャグシリーズはどれも価格は970円ですが、これだけやや高く1,020円です。


【シャグについて】
 色は明るめのブラウンで刻み幅は細かく、開封段階でしっかり加湿されています。
 葉の刻み幅も相まって、かなりふわふわした手触りです。
 バージニアブレンドだけあって香りに特徴があります。どことなくソース味のスナックやカップ焼きそばを思わせるにおいに加え、ハーフスワレ系のシャグのような香りが薄く混ざっている印象でした。
 私が知る限りでは、バージニアブレンドのシャグは酸味の強い香りですが、私の嗅覚では上述のスタンレーにかなり近い香りです。


Bali Shag PREMIUM VIRGINIA, Bali Shag, バリシャグ・プレミアムバージニア バリシャグ バージニアブレンド 手巻きタバコ RYO


【喫味】
 端的に言えばけっこう吸いやすく、喫味はすっきり濃いめといったところです。
 程よい青っぽさやコク、甘さがあって吸いごたえも強すぎず軽すぎずといったところなので、よほど強い喫味のシャグに慣れていない限りは軽くて物足りないということはなさそうです。ある程度好みはあるものの大きく外れるということは無いと思います。

 全体的には、大きなクセは感じなかったので手を出しやすそうですが、強いて言えばシャグの香りが特徴的なので必ずしも万人受けするシャグとは言い切れないかな思いました。

 ともあれシャグの香りどおりというか、同じバージニアブレンドを謳っているシャグの中では上述のスタンレーにかなり近い喫味に思いました。


【巻紙】
 バリシャグオリジナルの巻紙ですが、フリーバーニングの漂白ペーパーです。
 これは別売りもしています。


【最後に…】
 単純に良いシャグだと思いましたが、バージニアブレンドを一通り嗜んだ人であれば良くも悪くも想像どおりの喫味のシャグといったところです。
 また、コストを重視するとシャグの中では高めの値段設定でありながら、比較的手軽な価格のスタンレーと喫味が近い点は人によって好みが分かれそうかなとも思いました。


 

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png





テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : バリシャグ・プレミアムバージニア バリシャグ Bali_Shag_PREMIUM_VIRGINIA Bali_Shag バージニアブレンド ジョニー・デップ

バージニア・ゴールデンブレンド(GOLDEN BLEND'S VIRGINIA)【シャグの感想】

GOLDEN BLEND'S VIRGINIA, バージニア・ゴールデンブレンド GOLDEN BLEND'S, ゴールデンブレンド 手巻きタバコ シャグ RYO ROLLING_TOBACCO PUEBLO プエブロ
バージニア・ゴールデンブレンド
原産国:ドイツ
内容量:30g
価格:680円
グラム単価:約22.67円
【巻紙付】


【商品について】
 ゴールデンブレンド(GOLDEN BLEND'S)シリーズは2015年11月に発売されたドイツ産のシャグです。
 内訳は、バージニアブレンドのバージニアとバニラ風味のアロマティックシャグ(GOLDEN BLEND'S AROMATIC SHAG)の2種類で、今回はバージニアの方を購入してみました。余談ですが、パウチの色合いは既に廃盤になったフロリーナ(Frorina)を思わせます。
 商品名がゴールデン・バージニア(GOLDEN VIRGINIA。以下GV)に酷似している気がしますが、商品説明によるとバージニア葉を贅沢に使用し、深みのある味わいを楽しめるとのことです。


【シャグについて】


GOLDEN BLEND'S VIRGINIA, バージニア・ゴールデンブレンド GOLDEN BLEND'S, ゴールデンブレンド 手巻きタバコ シャグ RYO ROLLING_TOBACCO PUEBLO プエブロ

 色は赤めのブラウ刻み幅は気持ち粗めでしょうか。
 香りはいかにもTHE・タバコといった趣で、GVのような酸っぱいにおいは一切しないので別のもののシャグでしょう。
 また、開封時点でしっかりと保湿されていました。


【喫味】
 結論から言えば、決して悪くはないのですが良くも悪くも無難で万人受けしそうな喫味です。
 程々にコクと甘さがあって後味はすっきりとしており、大きなクセも無く、やはりGVとはまったく別物です。私の味覚では、それらに加えて若干のスパイシーさが口に残りました。
 また、私にとって吸いごたえは少し強めという点が大きな特徴かもしれませんが、この手の喫味のシャグは選択肢が多いのであえてこれを選ぶという決め手に欠けている気がします。


【巻紙】
 無添加シャグでおなじみのプエブロ(PUEBLO)の巻紙が同梱されています。ということは、現地ではプエブロと同じ会社で製造・販売しているのでしょう。


PUEBLO_NATURAL_BLUE PUEBLO プエブロ・ナチュラルシャグ・ブルー プエブロ 無添加 巻紙 ヘンプペーパー 麻 RYO HAND_ROLLING_TOBACCO


【最後に…】
 値段、内容量、喫味、商品名などなど、全てにおいて標準的なシャグだと思います。
 上述のとおり何から何まで無難というのが正直な感想ですが、逆に言えばこの手のシャグは常喫に向いていること、次に買うシャグに迷った時やお目当てが手に入らなかった時のリリーフピッチャー的な存在になりえること、万人受けする分手巻きタバコのファーストチョイスに適しているであろうといった点がメリットだと思います。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 バージニア・ゴールデンブレンド GOLDEN_BLEND'S_VIRGINIA ゴールデンブレンド GOLDEN_BLEND'S PUEBLO プエブロ

スタンレー・バージニア(STANLEY VIRGINIA)【シャグの感想】

STANLEY_VIRGINIA STANLEY スタンレー・バージニア スタンレー バージニアブレンド 手巻きタバコ RYO
スタンレー・バージニア
原産国:ベルギー
内容量:30g
価格:690円
グラム単価:23.0円
【巻紙付】


【商品について】
 2015年の4月から、スタンレー(STANLEY)シリーズにノンフレーバーのシャグが新たに登場しましたが、今回はその中からバージニア(VIRGINIA)購入しました。
 商品説明によると、「世界各地の一級品のバージニア葉をブレンドして創った、まさにバージニア100%の味わい」だそうです。
 競合となるのは、定番シャグのゴールデン・バージニア(GOLDEN VIRGINIA、以下GV)マックバレン・バージニアブレンド(MAC BAREN VIEGINIA BLEND)でしょう。


【シャグについて】


STANLEY_VIRGINIA STANLEY スタンレー・バージニア スタンレー バージニアブレンド 手巻きタバコ RYO


 他のスタンレー同様、シャグはしっかり保湿してあります。
 刻み幅はかなり細いので、ハンドロールでもローラでも巻きやすいでしょう。

 また、他のバージニアブレンドのシャグ同様酸っぱい香りもしますが、他とは一線を画す独特な香りです。私の嗅覚では、ソース味のスナック菓子を連想しました。
GVほど強くはないですが、巻いたタバコに鼻を近づければはっきりとわかる程度の強さはあります。


【喫味】
 タバコの甘さ、バージニアブレンド特有の酸味、コク等は、しっかりありながらも上品です。
 そのため後味もすっきりしていて吸いごたえも軽めく、辛さや雑味も無いのでとても吸いやすいです。
 紙巻きタバコで言えば、いわゆるバージニアブレンド系タバコのライト版若しくはスーパーライト版といったところで、私の感覚ではマックバレンよりも軽いと感じました。

 また、巻紙やフィルターの直径で喫味がけっこう変わる印象があります。
 尤も、このシャグに限らず紙の種類やフィルターのサイズで味が変わることは多かれ少なかれあるのですが、これに関しては割りと顕著のように思います。
 個人的には、太巻き(レギュラーサイズのフィルター)プラス薄紙のライスペーパーで、長さは標準(70mm以下のもの)という組み合わせが最も相性が良かったです。


【巻紙】
 他のスタンレーシリーズ同様、既成品のスモーキング・ホワイト(Smoking WHITE)が同梱されています。
 オマケの巻紙の多くは50枚入りですが、これは60枚入りなので紙にこだわらないという人には少しお得です。


GROGGY グロッギー Smoking_WHITE スモーキング・ホワイト スモーキング 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー RYO


【最後に…】
 やはりスタンレーは安定して質の良いシャグです。
 全体的には控えめな喫味のシャグなので、それこそGVを常喫している人には物足りないかもしれませんが、私の場合は軽めの方が好みなので、喫味然り吸いごたえ然りちょうどいいシャグでした。
 また、微々たる差ですがマックバレンよりもグラム単価が安いので、ある程度コスト重視の人やバージニアブレンドのシャグをまだ試したことのない人にも向いていると思います。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 STANLEY_Lemon STANLEY スタンレー・レモン スタンレー レモンフレーバー

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR