FC2ブログ

レッドブル・ブラックカラント(RED BULL BLACK CURRANT)【シャグの感想】


レッドブル・ブラックカラント RED_BULL_BLACK_CURRANT レッドブル RED_BULL フレーバーシャグ カシス RYO 手巻きタバコ
レッドブル・ブラックカラント
原産国:ドイツ
内容量:40g
価 格:900円
グラム単価:22.5円
【巻紙付】


【商品について】
 2016年の2月頃に、レッドブルよりブラックカラント(RED BULL BLACK CURRANT)が登場しました。レッドブルシリーズでは唯一のフレーバー系シャグです。
 ブラックカラントはカシスのことで、英名がブラックカラント、仏名がカシスというというそうです。因みに和名ではクロスグリというそうです。

 競合のシャグは、スタンレー・カシス(STANLERY Cassis)エクセレント・キールロワイヤル(EXCELLENT Kir Royal)あたりでしょうか。

 商品説明によると、ルームノート(※喫煙をしている空間の香り)もつづく甘い香りが漂い好印象とのことです。


【シャグについて】
 色は暗めで刻み幅は細いです。触ってみたところ、多少は加湿されているようなので開封直後でも楽しめるでしょう。

 香りはかなり控えめで、注意深く嗅げば添加されていることがわかる程度です。
 ほんのり程度の甘酸っぱい香りで、私の嗅覚ではプルーンにも似ていると思いました。ともあれ、上述のスタンレーとエクセレントは強めの香りだったと記憶していたので、予想外でした。


レッドブル・ブラックカラント RED_BULL_BLACK_CURRANT レッドブル RED_BULL フレーバーシャグ カシス RYO 手巻きタバコ

【喫味】
 香りの強さどおりといったところで、フレーバーシャグの中ではかなり控えめな方です。

 これまた意識して吸わないとわからないかもしれませんが、それでもフレーバーは上質です。
 隠し味程度ながらも上品で瑞々しいカシスの甘酸っぱさと、タバコ自体の喫味とのバランスが絶妙なので数本で飽きるということはないでしょう。
 また、他のフレーバーシャグ同様吸いごたえは軽めなので非常に吸いやすいので良い意味で立て続けに手を出したくなる代物です。

 ただ、個人的には好きな香りですが、決して本物のカシスを再現しているわけではないので人によっては芳香剤のようなケミカルさを感じるかもしれません。尤も、フルーツとしてのカシスは食したことはありませんが。 
 

【巻紙】
 他のレッドブル同様、オリジナルの巻紙が入っていました。一般的な、フリーバーニングの漂白ペーパーです。


RED_BULL_BLOND, RED_BULL, レッドブル・ブロンド レッドブル 手巻きタバコ RYO バージニア


【最後に…】
 上述のとおり、フレーバーはかなり弱いのでフレーバーシャグとしては物足りないかもしれませんが、フレーバー自体の質は高く、くどくない分すぐに飽きるということはないでしょう。
 個人的にはなかなか気に入ったので、いずれリピートするかもしれません。


 

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 レッドブル・ブラックカラント RED_BULL_BLACK_CURRANT レッドブル RED_BULL フレーバーシャグ カシスフレーバー

スタンレー・カシス(STANLEY Cassis)【シャグの感想】


STANLEY_Cassis STANLEY STANLEY スタンレー・カシス スタンレー  フレーバーシャグ カシスフレーバー シャグ 手巻きタバコ RYO
スタンレー・カシス
原産国:ベルギー
内容量:30g
価格:690円
グラム単価:23.0円
【巻紙付】


【商品について】
 スタンレー(STANLEY)シリーズは、2014年の10月に登場した新商品です。
 ネットで画像検索をしたところ、恐らく現地ではノンブレーバーのシャグもリリースしているようですが日本ではフレーバー系のみの販売となっています。チョイス(CHOICE)エクセレント(EXCELLENT)ハーベスト(HARVEST)との競合ということでしょう。
 現時点でのラインナップは、チョコレート、バニラ、コーヒー、カシス、ラズベリーの5つで、今回は物珍しさもあってカシスを購入しました。
 私が知る限り、商品名にカシスフレーバーを謳っているシャグはこれだけですが、強いて類似品を挙げるとすればエクセレントのキール・ロワイヤル(Kir Royal)でしょうか。
 商品説明によると、「キールなどのカクテルでもおなじみ。コクのある爽やかなベリー系の香り。きめ細かい刻みが特徴」とのことです。


【シャグについて】


STANLEY_Cassis STANLEY STANLEY スタンレー・カシス スタンレー  フレーバーシャグ カシスフレーバー シャグ 手巻きタバコ RYO


シャグの香りはカシスというより、私の嗅覚ではベリー系のフルーツや香料が入ったチョコレートを思わました。芳香剤のような不自然さや安っぽさは無く、本当に食べられそうな良い香りです。
 色はやや暗めで刻み幅は細かく、粗めに刻まれた葉脈や茎のようなものも適度に入っています。
 開封段階でけっこうしっとりしているので、すぐに加湿する必要は無いでしょう。


【喫味】
 上質でやさしく、心地いいカシスの甘酸っぱい香りが口や鼻を通ります。因みに、フレーバーにはチョコレートの要素はありません。
 風味の質は、私の味覚ではキールロワイヤルとは別物と認識しています。どちらかと言うと、このページで紹介しているキャプテンアーク・ワインベリー(CAPTAIN ARK WINEBERRY)に似ているかなと思いました。
 フレーバー自体はわかりやすいですが毒々しいわけではないので、すぐに飽きてしまうことは無いでしょう。
 また、タール・ニコチン的な吸いごたえは他のフレーバーシャグ同様軽めなので、香りも相まって非常に吸いやすいです。

 私の場合はそのままでもじゅうぶん楽しめましたが、他のシャグとのブレンドとしても使えそうです。あるいは、フレーバーとの相性が良さそうなラム酒等で香りづけをしたらより楽しめるかもしれません。


【巻紙】
 既成品のスモーキング・ホワイト(Smoking WHITE)が同梱されています。
 そういえば、このページで紹介しているグロッギー・ブルーダイキリ(GROGGY BLUE DAIQUIRI)にも付いていました。質はごく普通の燃焼剤入り漂白ペーパーで、紙厚も厚めです。
 オマケの巻紙の多くは50枚入りですが、これは60枚入りなので紙にこだわらないという人には少しお得です。


GROGGY グロッギー Smoking_WHITE スモーキング・ホワイト スモーキング 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー RYO


【最後に…】
 個人的にカシスはけっこう気に入りました。すぐにリピートするかはともかくとしても、適度なペースで楽しみたいシャグです。

 また、スタンレーシリーズは期待できそうです。
 フレーバーも含めてシャグの質が高いということもさることながら、グラム単価もそれなりに手頃なので、他のフレーバーもなるだけ近いうちに試してみたくなっています。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png












テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 STANLEY_Cassis STANLEY スタンレー・カシス スタンレー フレーバーシャグ カシスフレーバー

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR