FC2ブログ

ボディショット・サングリア(BODYSHOT SANGRIA)【シガリロの感想】

リトルシガー シガリロ ボディショット・サングリア BODYSHOT_SANGRIA ボディショット BODYSHOT 葉巻 サングリアフレーバー
ボディショット・サングリア
原産国:アメリカ
内容量:20本
価格:390円



【商品について】
 主に洋酒のフレーバーを揃えたアメリカ産シガリロのボディショット(BODYSHOT)シリーズより、今回はサングリア(BODYSHOT SANGRIA)を購入しました。過去にモヒート(BODYSHOT MOJITO)エナジードリンク(BODYSHOT ENERGY DRINK)ウィスキー(BODYSHOT WHISKEY)を紹介したので、これで4つめです。
 因みにサングリアとはス、主にスペインやポルトガルで親しまれているワインベースのカクテル(若しくはフレーバードワイン)で、ワインにフルーツや甘味料、風味付けにブランデーやシナモンを加えて一晩寝かすことで完成します。
 一般的には赤ワインベースのものが定番のようですが、白ワインベースのもの(サングリア・ブランカ)も人気だとか。
 ボディショットの方は、パッケージカラーからして明らかに赤ワインの方をイメージしたものでしょう。


 そのせいか、シガリロに鼻を近づけるとかなり甘い香りを感じます。私のストロベリー味のガムを思わせる香りですが、私自身あまりサングリアを嗜んだことがないので、本物に近いのかどうかはわかりません。


【喫味】
 他のフレーバーではフィルターにも甘味料が添加されていましたが、これに関しては口にくわえても甘さは感じなかったので特に添加はされていないのでしょう。
 しかし、火を点けない状態で吸ってみるとやはりストロベリー系の香料を感じますが、甘さを感じるということはありませんでした。

 そして実際に吸ってみましたが、確かにストロベリー系の香りを感じるものの、それほど強いわけではありません。ほんのり感じる程度でした。
 しかしながら、シガリロ独特の苦味や香りとこのサングリアが合っているかというと別の話のような気がします。私の好みでは、それほど相性の良いとは思いませんでした。
 とはいえ、私の場合は決して美食家というわけではないので大きな拒否反応を示すということはありませんでしたが、香りもあいまってかなり好みが分かれそうな印象です。

 また、ボディショットシリーズ若しくは比較的安値のフレーバー系シガリロ全般に言えることですが、短期間でフレーバーが飛んでしまうので一度開封したら早めに消費した方が良いでしょう。


【最後に…】
 ネットで調べてみるとこのボディショット自体がかなり賛否両論ある商品のようですが、今回のサングリアに関しては、あくまで私の好みではそれほどしっくり来るものではありませんでした。
 しかしながら、サングリアに限らずボディショットシリーズは値段も普通の紙巻きタバコより安く、だからといって質が大きく劣っている思わないので(※他の本格的なシガリロを殆ど試したことが無いということもあるのですが)、気軽に買いやすいところが長所だと思います。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!






スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : リトルシガー シガリロ ボディショット・サングリア BODYSHOT_SANGRIA ボディショット BODYSHOT 葉巻 サングリアフレーバー

ハーベスト・スーパースリム・チェリー(HARVEST SUPERSLIM SWEERT CHERRY)【シガリロの感想】

リトルシガー シガリロ ハーベスト・スーパースリム・チェリー ハーベストHARVEST_SUPERSLIM SWEERT_CHERRY HARVEST チェリーフレーバー
ハーベスト・スーパースリム・チェリー
原産国:ドイツ
内容量:20本
価格:350円



【商品について】
 ハーベスト(HARVEST)のシャグはフレーバー系で人気の銘柄ですが、2015年の12月にハーベスト名義のシガリロが登場しました。内訳はオリジナル(ORIGINAL)、スイートバニラ(SWEET VANILLA)、スイートチェリーの3種類です。価格も20本で350円と、かなり格安です。
 定規で測ってみたところシガリロ全体の長さは約110mmで、そのうち葉が詰まっている部分は約65mm、フィルターは長めの35mmでした。直径も5mmと名前のとおりスーパースリムサイズなので、1本あたりの葉の量は少なめです。それが価格に反映されているのかもしれません。

 余談ですが、フィルターの色がゴールドなのでちょっと豪華に見えます。


【喫味】
  フレーバー系のタバコでは当該フレーバーの甘味料がフィルターに軽く添加されていることもありますが、これに関してはとにかく甘いです。人によっては甘ったるいと感じるかもしれないので、これだけで好みが分かれるかもしれません。

 フィルター同様フレーバーもかなり濃く、強めの甘い香りの煙がたちどころに漂いますが、私の好みではフレーバー自体は悪くなく、   。チェリーフレーバーが好きな人はそれなりに楽しめると思います。しかしながら、ある程度フレーバーが優っている部分はあるものの、若干の辛みというか雑味を感じたので、もしかしたらシガリロを恒常的に嗜んでいる人からすればそれほど質が良いとは感じないかも。

 また、フィルターが長いことと空気穴がしっかり開いていることもあって、吸いごたえはかなり軽めです。自然に肺喫煙もできるでしょう。

 最後に、やはり葉の量がそれほど多くないことにふまえて燃焼速度がけっこう速いので、あっという間に吸い終わってしまいます。吸い込む力にもよりますが、吸い方次第では30秒程度で火種が根元まで到達してしまいます。


【最後に…】
 個人的にはタバコとして考えると全般的に物足りないですが、かといって値段相応の質というわけではなく、コストパフォーマンスはそれほど悪くないと思います。
 とはいえ、たまの変化球で購入するには良いと思いました。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : リトルシガー シガリロ ハーベスト・スーパースリム・チェリー ハーベストHARVEST_SUPERSLIM SWEERT_CHERRY HARVEST チェリーフレーバー

ボディショット・モヒート(BODYSHOT MOJITO)【シガリロの感想】

BODYSHOT_MOJITO BODYSHOT ボディショット・モヒート ボディショット シガリロ モヒート MOJITO
ボディショット・モヒート
原産国:アメリカ
内容量:20本
価格:390円



【商品について】
 主に洋酒のフレーバーを揃えたアメリカ産シガリロのボディショット(BODYSHOT)シリーズより、今回はモヒート(BODYSHOT MOJITO)を購入しました。過去にエナジードリンク(BODYSHOT ENERGY DRINK)ウィスキー(BODYSHOT WHISKEY)を紹介したので、これで3つめです。
 因みにモヒートとはキューバの発祥のラム酒ベースカクテルで、一般的な材料はミントの葉、ライム(若しくはレモン)、砂糖、ソーダ水です。かの作家・アーネスト・ヘミングウェイ(Ernest Miller Hemingway)が愛飲したことでも知られていて、この数年で日本でもかなり定着しています。

 モヒート味のタバコと言えば紙巻きタバコのボヘームシガー・モヒート(BOHEM CIGAR mojito)なので、厳密に言えば異なるかもしれませんが競合ということになるかもしれません。


 シガリロに鼻を近づけると香りはミントが強く、私の嗅覚ではミントキャンディーとほぼ同じにおいと感じました。別の紙巻きタバコで言えば、かつてのラーク・メンソールシリーズ(現ラーク・クールミントシリーズ)を思い出しました。


【喫味】
 フィルターにも甘味料が添加されていて、シガリロ独特の苦味と共にミントとライムの香りが前面に出ています。私の感覚ではミントが勝っている印象でした。
 単にミントの香りだけでなくスーッとしたミントの清涼感がそこそこ強めに添加されているのは、シガリロとしては珍しいかもしれません。
 しかし、フレーバーの質自体は個人的に嫌いではないもののラム酒の要素がかなり弱いので、私の味覚ではライムミント味でした。

 また、喫味も軽いのですんなり肺喫煙を楽しめました。


【最後に…】
 モヒートフレーバーを銘打っているタバコとして考えると、少し物足りなさが残りましたが、フレーバーそのものはなかなか気に入りました。ともあれ、フレーバー的には冬より夏の方がより楽しめそうな気がします。

 また、上述のとおりこのボディショットシリーズは値段も普通の紙巻きタバコより安く、だからといって質が悪いとも思わないので(※他のシガリロを殆ど試したことが無いということもあるのですが)、気軽に買いやすい上に今のところ大きく外していないという点でも残りのフレーバーも楽しみたいと思いました。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!






テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : リトルシガー シガリロ ボディショット・モヒート BODYSHOT_MOJITO ボディショット BODYSHOT 葉巻 モヒートフレーバー

ボディショット・ウィスキー(BODYSHOT WHISKEY)【シガリロの感想】

BODYSHOT WHISKEY BODYSHOT ボディショット・ウィスキー ボディショット シガリロ 葉巻
ボディショット・ウィスキー
原産国:アメリカ
内容量:20本
価格:390円



【商品について】
 このページでは、フレーバー系のシガリロのボディショット・エナジードリンク(BODYSHOT ENERGY DRINK)を紹介しましたが、なかなか気に入ったので今回はウィスキーフレーバーを購入してみました。

 厳密に言えばシガリロと葉巻は異なるかもしれませんが、葉巻と相性が良いとされているお酒の一つがウィスキーで、手巻きタバコでもウィスキーで加湿や香り付けする人も多いです。したがって、理に適ったフレーバーと言えるでしょう。

 因みに他の内訳は上記2つの他、サングリア(SANGRIA)、モヒート(MOJITO)、ラム&コーラ(RUM & COLA)の計5種類で、主に洋酒に特化したラインナップです。


 まず、シガリロの香りはウィスキーそのもので、かなり強めです。別のもので例えようとしてもウィスキーボンボンが頭に浮かんだので、どう転んでもウィスキーです。


【喫味】
 あまりシガリロに慣れてないのでどこまで具体的に書けるかはわかりませんが、これもなかなか良い感じです。
 口に入る香りは嗅覚どおりのウィスキーで、ストレートもしくはロック程度の濃度を思わせます。吸い続けるといずれ酔うのではないかと錯覚しそうなほどでした。
 同時に、シガリロを嗜みながら飲むウィスキーはこんな感じなのかなと思わせます。

 また、シガリロなので腔喫煙をするとシガリロ独特の苦味というかざらついた風味も強く、吸いごたえもタバコとして考えると強めですが、さほど違和感なく楽しめます。


【最後に…】
 フレーバーが少し強すぎる感じがしましたが、これも個人的にはなかなかの当たりでした。
 少なくとも、ウィスキーと葉巻類が好きな人ならすんなり入れるかもしれません。

 また、上述のとおりこのシリーズはどれもフレーバーが興味深く、値段も普通の紙巻きタバコより安いので、どこかの専門店で見つけたらまた試してみようと思いました。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : リトルシガー シガリロ ボディショット・ウィスキー BODYSHOT_WHISKEY ボディショット BODYSHOT 葉巻 ウィスキーフレーバー

ボディショット・エナジードリンク(BODYSHOT ENERGY DRINK)【シガリロの感想】

リトルシガー シガリロ ボディショット・エナジードリンク BODYSHOT_ENERGY_DRINK ボディショット BODYSHOT cigarrillo
ボディショット・エナジードリンク
原産国:アメリカ
内容量:20本
価格:390円



【商品について】
 シガリロ(リトルシガー)の感想はこのページで紹介しているポンポンオペラ・チェリー(POM POM OPERAS LITTLE CIGARS CHERRY)以来ですが、今回は新発売のボディショットです。
 フレーバー系のシガリロで、内訳はエナジードリンク(ENERGY DRINK)、サングリア(SANGRIA)、モヒート(MOJITO)、ラム&コーラ(RUM & COLA)、ウィスキー(WHISKEY)の5種類で、主に洋酒に特化したラインナップです。

 元々私はシガリロを買う習慣は無いのですが、今回購入してみたのは価格が紙巻きタバコよりも安い390円であるということと、何よりもエナジードリンク(栄養ドリンク)のフレーバーというのは他のシガリロはもとよりどの種類のタバコでも無いであろうという物珍しさです。
 アメリカ産なので、エナジードリンクといってもレッドブル(RED BULL)やモンスター・エナジー(MONSTER ENERGY)あたりをイメージしたものと思われます。


 まず、シガリロに鼻を近づけると強めの甘酸っぱい香りを感じます。
 けっこう人工的でわかりやすい香りなので、どちらかというとドリンクの香りというよりは北米産の毒々しいガムやキャンディあたりを思わせる香りです。

 そして口に咥えると、唇にも甘いフレーバーが残ります。


【喫味】
 あまりシガリロに慣れてないのでどこまで具体的に書けるかはわからりませんが、なかなか良い感じです。香りほど煙のフレーバーは強くなく、仄かに甘い香りが入ってきます。
 口腔喫煙だとシガリロ独特の苦味というかざらついた風味の方が若干勝った印象ですが、

 また、口の中には多少のいがらっぽさというかのどごしは残りますが煙が柔らかいので肺喫煙でもそれほど違和感なく愉しめました。


【最後に…】
 久々のシガリロでしたが、私の場合はなかなか良い買い物でした。エナジードリンク味という物珍しさだけで購入してみましたが、普通のシガリロとしてもじゅうぶん愉しめると思います。
 とはいえ、まだシガリロを愉しむ習慣は無いのですが、価格も含めて単純に紙巻きタバコの代用品として活用できそうです。

 また、上述のとおりボディショットシリーズはどれもフレーバーが興味深いので、どこかの専門店で見かけたら別のフレーバーも試したいと思わせる銘柄でした。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : リトルシガー シガリロ ボディショット・エナジードリンク BODYSHOT_ENERGY_DRINK ボディショット BODYSHOT 葉巻 エナジードリンクフレーバー

ポンポンオペラ・リトルシガー・チェリー(POM POM OPERAS LITTLE CIGARS CHERRY)


POM_POM_OPERAS_LITTLE_SIGAR_CHERRY. ポンポンオペラ・リトルシガー・チェリー・POMPOM ポンポンオペラ, リトルシガー, シガリロ, 葉巻, チェリー
ポンポンオペラ・リトルシガー・チェリー
原産国:アメリカ
内容量:20本
価 格:500円520円(14年4月〜)


【商品について】

 ブログの趣旨とは少し異なるのですが、アメリカ製のリトルシガー(シガリロ)を見つけたので番外編として書いてみます。

 基本的に私は葉巻とは無縁の生活を送っているので今まで吸ったこともなければ買ったこともなかったのですが、たまたま立ち寄ったタバコ専門店でこれを見かけ、クラシカルなパッケージデザインといかにもアメリカ人が好みそうな鮮やかな色合いが気に入ったので、勢いで購入してしまいました。
 音楽CDで言う、“ジャケ買い”のようなものです。

 これは名前のとおりチェリーフレーバーで、タバコ感覚で吸えるリトルシガーを売りにしているようです。
 個人的な話になってしまいますが、私は海外のチェリーフレーバーのお菓子やドリンクが昔から好きだからというのも買ったきっかけの一つです。


 シガーの形状はこんな感じです。

POM_POM_OPERAS_LITTLE_SIGAR_CHERRY. ポンポンオペラ・リトルシガー・チェリー・POMPOM ポンポンオペラ, リトルシガー, シガリロ, 葉巻, チェリー


 タバコ感覚で吸えるリトルシガーというだけあってか、フィルター付きです。
 長さは、紙巻きタバコでいうロングサイズです。


【香り】
 開封前から甘酸っぱい匂いが漂っています。
 当然ながら現物の匂いはかなり強いのですが、いわゆるアメリカならではのチェリーフレーバーを感じると同時に、かき氷のイチゴシロップやガラナの匂いに近いとも感じました。
 また、フィルターに甘味料が添加されているようで、くわえただけでほのかに甘いです。


【喫味】
 シガーは肺喫煙ではなく口腔喫煙、つまり煙を吸い込まずに吹かすのが一般的ということを何となく聞いたことはあったのですが、上述のとおりタバコ感覚で吸えるリトルシガーということなので、まずは肺喫煙を試してみました。

 煙を吸い込んでみたところ、決して強くないので吸い心地は悪くはありません。
 とはいえ、やはりタバコではないのでタバコより刺々しいというかいがらっぽさが強いので、一度に多くの煙を吸うとむせてしまいます。
 また、煙を吐くと同時に胸が熱くなるような感覚がしました。これはシガー特有の現象なのでしょうか。

 そして、根本的にシガーの吸い方はわからないのですが見よう見まねで口腔喫煙も試してみました。

 煙を溜めて吐き出すと、フレーバーの香り以上にシガー特有の燻したような濃厚な香りが口に長時間残ります。
 尤も、初めてのシガーでありながら“シガー特有の”という表現はおかしいかもしれませんが、煙を吐き出した時に、以前シガーバーに行った時に他の客が吸っていた葉巻の煙の匂いを思い出したので、その時にイメージしていた風味がそのまま口に残ったといったころです。
 文章にすると実に表現が難しいのですが、恐らくシガーのそのものの喫味はごく一般的なものと思われます。
 初めての感覚ですが、個人的には悪くないと思いました。

 因みに、肺喫煙でも口腔喫煙でもほのかにフレーバーを感じましたが、シガーの喫味の方が断然強いです。
 そして、軽い苦みと辛みも残りました。

 両方の吸い方を試した結果、シガーの風味を優先するなら口腔の方がベターかと思いました。
 どのみち、吹かしても吸っても吸いごたえはありますが、シガーにしては軽い方と思われます。


【煙の香り】
 チェリーの香りもほのかに感じますが、やはりシガーの方が強い印象を持ちました。
 そして、シガーだけに煙の香りも独特です。
 しかもすぐには消えないので、吸う際は場所を選んだ方が良いかもしれません。


【最後に…】
 そもそも今までシガーに手を出さなかった理由は、“肺喫煙ではないタバコに興味が持てなかったから”というのが大きかったのですが、何となくではあるものの「シガーもシガーで悪くなさそうだ」という気にもなりました。
 シガレットスタイルながらも、シガーというものの輪郭くらいはわかった気がします。

 とはいえ、手巻きタバコよりシガーの方が敷居が高いというわけでは無いかもしれませんが、本格的にシガーに手を出すのはまだ早いと思いました。

 ともあれ、この手のものは惰性で一度に何本も吸うものでも無いでしょうから、気分転換のスイッチとして日に1〜2本程度のペースで少しずつ消費して楽しんでみようと思います。

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png









テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : リトルシガー シガリロ POM_POM_OPERAS_LITTLE_CIGARS_CHERRY ポンポンオペラ・リトルシガー・チェリー 葉巻 チェリーフレーバー

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR