FC2ブログ

一ヶ月にかかる手巻きタバコ代−2013年9月【コストパフォーマンス】

さて、手巻きタバコにかかった2013年9月分の費用です。


【シャグ代】-----
合計:5,550円

【巻紙代】
-----
合計:462円

【フィルター代】
-----
合計:1,300円

【その他】
  • 精製水×1=108円
-----
合計:108円

総計:7,420円


 9月は30日あるので、JT製品を吸っていた時の一ヶ月のタバコ代は最低でも「410円×30箱=12,300円」です。したがって、4,880円以上浮いたことになります。この金額をタバコ一箱の金額で割ると、約12箱分です。
 
 恐らく今月は手巻きタバコを始めて以来、最も出費が多かった月かもしれません。
 2013年7月はポーチを買ったため9,000円近くかかりましたが、基本的にシャグ・巻紙・フィルターだけでこれだけかかったのは初めてです。

 要因としては、ブログを始めるにあたって今まで試したことのないシャグや巻紙を意識的に買ったことや、普段行かないところで見つけた専門店でPUREのフィルターが380円で売っていたので、ストックはありながらも買ってしまったことでしょう。
 尤も、私が知る限りだと380円で売っているところの方が多いのですが、よく利用している近所の専門店はなぜか420円なので、つい手を伸ばしてしまいました。

 因みに精製水は、主にハイドロストーンでシャグを加湿するために使うのですが、外出の際は前夜に巻き溜めをするので、その時は巻紙の糊の部分を濡らすためにも使っています。
 とはいえ、別に潔癖症というわけではないので家で吸う時は普通に唾液で濡らしますが、どうしてもローラーに唾液がついてしまうので何となく衛生的にもよろしくないことと、巻き溜め分は人にあげることがたまにあるため、自分の唾液がついたタバコでは申し訳ない気がするからです。

 まあ、ローラーに関してはこまめに洗えばいいだけのことですし、必ずしもあげた人が全員手巻きタバコの作り方を知っているとは限らないので黙っていればいいだけの話ですが、気休めのようなものです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 一ヶ月の手巻きタバコ代 出費 コストパフォーマンス

チョイス・アイスティー(CHOICE ICE TEA)【シャグの感想】

手巻きタバコ シャグ choice_icetea チョイス チョイス・アイスティー MAC_BAREN マックバレン
チョイス・アイスティー
原産国:デンマーク
内容量:30g
価 格:690円710円(14年4月〜)
グラム単価:23.0円約23.67円
巻紙付



【商品について】
 このページで紹介したオリジナル・チョイスの姉妹品で、アイスティーフレーバーのシャグです。
 フレーバー系ではバニラやフルーツあたりの選択肢は多いですが、アイスティーを謳っているシャグはこれだけです。


【シャグについて】
 オリジナル同様、開封前の時点でパッケージを鼻に近づければほんのりと甘いにおいがします。
 そして開けた瞬間にも甘い紅茶の香りが漂いますが、オリジナルほど強くはありません。いかにも紅茶の香料という感じではあるのですが、とても上品な香りです。
 

手巻きタバコ シャグ choice_icetea チョイス チョイス・アイスティー MAC_BAREN マックバレン


 まずは湿気ですが、オリジナルほどではないものの開封段階からしっとりしています。
 このあたりは購入したお店の陳列の仕方とか、出荷と購入のタイミングもあるのかもしれませんが、チョイスシリーズはどれもしっかり加湿を保っています。当面は加湿する必要ないでしょう。

 そして刻み幅もオリジナルと同様かなり繊細で、糸のような細さのシャグに粗めの葉脈や茎らしきものが適度に混ざっています。
 ローラーでも巻きやすいですが、湿気と刻み幅もあいまってけっこうダマになりやすい気がするので、しっかりほぐしてから気持ちふんわり巻く感覚で詰め込むとちょうど良いかと思います。


【喫味】
 これまたオリジナルと同じ言い回しになってしまいますが、シャグそのものはかなり柔らかく、甘い口触りです。少なくともほんの数本で飽きが来るということはないと思います。
 個人的には悪くないのですが、やはり強めのシャグを愛飲している方は少々物足りないかもしれません。

 そして肝心のフレーバーは、ほんのりとした紅茶風味が口の中に広がります。
 といっても、あくまでも“フレーバー系シャグの中では”という意味なので相対的には薄味ではないかもしれませんが、少なくとも甘ったるさを感じることはありません。

 また、紅茶といっても茶葉のような香りではなく、紅茶味を謳っているお菓子に使われるフレーバーに近いです。
 人工的といえば人工的ですが、わざとらしさはありません。

 それと、商品名が「アイスティー」なのでメンソールのような清涼感もあるのかと思いましたが、ノーマルのフィルターで吸った限りでは「アイス」に通ずるフレーバーはさほど感じなかったので、余計なお世話ながら「イングリッシュティー」とか「ブラックティー」という商品名でも良いのではないかと思いました。
 
 因みに当然と言えば当然ですが、メンソールフィルターで吸ったらかなり「アイスティー」っぽくなりました。
 単純にメンソールフィルターとの相性はかなり良いと思います。


【煙の香り】
 やはり甘い香りの煙が漂いますが、フレーバー系にしてはかなり弱い方だと思います。

 
【巻紙】
 オリジナル同様、いたって普通の漂白&燃焼剤入りのペーパーです。恐らくチョイスシリーズは全て共通です。


【最後に…】
 やはりほんのり薄めのフレーバーの方が、飽きが来ない分最後まで美味しく吸えるのがありがたいです。
 また、喫味が軽めというのも気に入ったポイントの一つです。
 個人的にはかなり気に入っているシャグなので、いずれリピートすると思います。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!






関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 CHOICE CHOICE_ICE_TEA チョイス・アイスティー チョイス フレーバーシャグ アイスティー 値上げシャグ

ワンバック・スリム(1 Back Slim)【巻紙・ペーパーの感想】


1BACK_SLIM, 1バックスリム 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー セルロース 透明 スローバーニング
ワンバック・スリム
サイズ:長さ75mm × 幅40mm
素 材:天然セルロース

価 格:200〜210円 / 50枚(※店によって変動あり)
単 価:4.0〜4.2円
燃 焼:スローバーニング
原産国:ブラジル



【商品について】
 原料は天然セルロース、色は透明という変わり種の巻紙です。
 「Slim」とありますが、別にスリムサイズのフィルターでしか巻けないというわけではなく、レギュラーサイズのフィルターでも巻けます。

 パッケージの左端やデザインのカラーリングを見てのとおり、原産はブラジルのようです。
 
1BACK_SLIM, 1バックスリム 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー セルロース 透明 スローバーニング
 

 巻“紙”といういうよりも、「巻きフィルム」とか「巻きオブラート」といったところでしょうか。
 また、紙ではないのでいわゆる他の巻紙と比べると固く、強度も高いです。 


 そして巻いた状態がこれです。

1BACK_SLIM, 1バックスリム 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー セルロース 透明 スローバーニング


 透明なのでシャグが丸見えです。見た目としては非常に怪しいです。
 火をつけると、燃えていくシャグの様子をはっきりと観察できるのが面白いです。
 セルロースなので火をつけると“燃える”のではなく“溶ける”ため、その分灰が少ないのも特徴の一つです。


 また、口にくわえた時の感触は独特です。
 試したことはありませんが、スマートフォンの保護フィルムをくわえている感覚になります。

 因みにノリはついていませんが、ほんの少しでも水分をつければぴったりくっつきます。
 しかしながら少しの湿気でもペーパー同士がくっついてしまうので、取り出す際は注意が必要です。


【喫味】
 個人的にはけっこう気に入っています。
 余計な雑味を感じることなく、シャグの味だけがダイレクトに入って来ます。
 また、他のスローバーニング系ペーパーよりも燃焼速度が遅い気がします。


【余談】
 ブラジル製だからと書いてしまうと失礼かもしれませんが、パッケージの質はあまりよくありません。
 フタ側に2つの突起があり、それを角の穴に入れることでフタが閉まる構造なのですが、粗悪なボール紙でできているせいか突起がすぐにつぶれてしまい、閉まらなくなってしまいます。
 

【最後に…】

 巻紙としては決して悪くはないのですが、金額としては単純に高いのがネックです。1枚あたり4円というのは、かなり高額の部類に入ります。

 同じセルロース製のペーパーなら、競合の「トリップ(Trip)」シリーズの方が断然優れています。トリップは50枚で120円(単価2.4円)という標準的な価格ですし、ワンバック・スリムよりも質が良いです。
 元々はトリップの代用として買ってみたのですが、全てにおいてトリップの方が勝っていると感じました。

 因みに、ワンバック・スリムに限ったことではないですがセルロース製のペーパーは決してスタンダードではないためか、ネット通販は別として専門店でも店頭販売しているお店は少ないと思います。

 高いですが、見つけたら一度くらい試しで買ってみるのも悪くないと思います。


ワンバックスリム 1 1/4ペーパー 【喫煙具・手巻きたばこ用品】
ワンバックスリム 1 1/4ペーパー
【喫煙具・手巻きたばこ用品】
関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー 1_Back_Slim ワンバック・スリム セルロース スローバーニング Trip トリップ

アパッチ・メンソール(APACHE MENTHOL)【シャグの感想】


アパッチ・メンソール APACHE_Menthol 手巻きタバコ シャグ アパッチ
アパッチ・メンソール
原産国:オランダ
内容量:25g
価格:560円
グラム単価:22.4円
巻紙付



【商品について】
 アパッチ(APACHE)は2013年の8月あたりに登場した新商品で、他には「オリジナル」「シルバー」「ナチュラル」があります。
 で、このメンソールは上記の「オリジナル」にメンソールを添加したものらしいです。


【シャグについて】
 開封時点では湿気は殆ど無く、カラカラです。

アパッチ・メンソール APACHE_Menthol 手巻きタバコ シャグ アパッチ


 刻み幅はかなり粗いです。ゴールデン・バージニアやチョイスに慣れていると、特に粗く感じます。
 とはいえ、ローリングに影響することはないです。


【喫味】
 元々「オリジナル」がアメリカンブレンドということもあってか、かなり軽くて吸いやすいです。
 ただ、吸い込んだ後に雑味というか軽い苦みが口の中に残るのが惜しいです。

 そして肝心のメンソールはほんのり乗っかっている程度で、決して強いわけではありません。
 だいぶ前にラスタ・メンソールを吸ったことがあるのですが、それに近いです。
 少なくともコルツ・クリアメンソールやチェ・メンソールレベルを期待すると、肩すかしを食らいます。
 そもそも、コルツやチェのメンソールがシャグの中では異例とも言えるほど強いらしいので、アパッチのメンソール具合はシャグにおける平均的な強さということなのでしょう。 


【巻紙】
 アパッチについている巻紙は、いたって普通の漂白&燃焼剤入りのペーパーです。


【余談】
 他銘柄と比べて、パウチの強度が弱いように思います。
 念のため、シャグはジップロックやタッパーといった容器に移し替えた方がベターかと思います。


【最後に…】
 私の場合は上述のコルツやチェに慣れてしまったので物足りないのですが、強いメンソールを求めていないのであれば選択肢としてはアリかと思います。
 しかしながら、元のシャグが「オリジナル」ということであれば、最初から「オリジナル」を買ってその時の気分でメンソールフィルターを付ける方が良いような気がします。







関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 メンソールシャグ アパッチ アパッチ・メンソール APACHE_MENTHOL APACHE アメリカンブレンド

ピュア レギュラーメンソールフィルター(PURE REGULAR MENTHOL FILTER)【フィルターの感想】

手巻きタバコ シャグ フィルター PURE ピュア メンソール Mentor
ピュア レギュラーメンソールフィルター
サイズ:長さ18mm ×直径8mm
個 数:200個
価 格:380〜420円(※店によって変動あり)
単 価:1.9〜2.1円



【商品について】
 「ピュア(PURE)」シリーズは割とメジャーなフィルターで、専門店であれば置いてあるところは多いです。
 バリエーションも豊富で、他にはプレーン、スリムサイズ、メンソールカプセル入り等があります。

 今回紹介するのは直径8mmのメンソールフィルターで、いわゆるレギュラーサイズです。
 一般的に手巻きタバコのフィルターの長さは15mmらしいのですが、これはやや長い18mmです。
 
 そして断面というか、横から見るとこんな感じです。

手巻きタバコ シャグ フィルター PURE ピュア メンソール Mentor

 かなりわかりづらくて恐縮ですが、中心にメンソール香料がコーティングされています。

 そして巻いた状態がこれです。

手巻きタバコ シャグ フィルター PURE ピュア メンソール Mentor


 この香料はある意味メンソールフィルターの印でもあるので、他のフィルターと併用しても一目瞭然なのがありがたいです。


【喫味】
 メンソールはかなり強いです。恐らく、メンソールを謳っているフィルターではトップクラスだと思います。
 しかし、フィルターそのものは決して粗悪品ではないシャグの味もじゅうぶん入って来るのですが、シャグや好みによってはシャグの味よりもメンソールが勝ってしまうかもしれません。
 特にメンソール系のシャグと併用すると、人によってはむせてしまうほど強くなります。
 実際に、メンソール系シャグの中では最強といわれるコルツ・クリアメンソール(COLTS CLEAR MENTHOL)と併用したことがありますが、ダブルで来るのでさらに強くなります。
 既製品の強烈メンソール系が好きな方には重宝するかもしれませんが、“ほんのり”を求めるのであれば別のフィルターがベターかもしれません。


【最後に…】
 これは、フィルターの中でも安い方に入ります。
 それでいて上述のとおり粗悪品というわけではないので、質を考えればコストパフォーマンスは良いと思うのですが、やはりメンソールが強いだけに好みは分かれるかもしれません。
 しかし、フィルターは短期間で劣化するものでもないので、逆に言えば「試しに買ってはみたものの、自分の好みではなかったシャグ」を消費するためのごまかし用として使えなくもないと思います。



関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : フィルターの感想 メンソールフィルター PURE_REGULAR_MENTHOL PURE ピュア・レギュラーメンソール

一ヶ月にかかる手巻きタバコ代−2013年8月【コストパフォーマンス】

さて、このページでは2013年8月にかかったタバコ代を書いてみます。


【シャグ代】-----
合計:5,090円


【巻紙代】
-----
合計:770円



【フィルター代】
-----
合計:960円



【紙巻きタバコ(JT製品)】
  • ホープ・メンソール(HOPE MENTHOL)×1=220円
-----
合計:220円



総計:7,040円


 8月は31日あるので、JT製品を吸っていた時の一ヶ月のタバコ代は最低でも「410円×31箱=12,710円」です。したがって、5,670円以上浮いたことになります。この金額をタバコ一箱の金額で割ると、約14箱分です。
 
 まだ3ヶ月分しか出費を記録していませんが、今後も記録しておけば何らかの傾向が見えるような気がするので、今月末には9月分も書いてみたいと思います。



関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 一ヶ月の手巻きタバコ代 出費 コストパフォーマンス

スモーキング・メイズ(Smoking Maiz)【巻紙・ペーパーの感想】


Smoking_Maiz, スモーキング・メイズ 手巻きタバコ 巻紙 コーンペーパー スローバーニング とうもろこし
スモーキング・メイズ
サイズ:長さ78mm × 幅45mm
素 材:コーンペーパー

価 格:120円 / 49枚
単 価:2.45円
燃 焼:スローバーニング
原産国:スペイン



【商品について】
 巻紙やローラー等でおなじみの「スモーキング」から出ているペーパーなのですが、いろいろな面で変わり種です。

 まず、コーンペーパーと名乗っている巻紙はこれ1つだけで、競合商品がないということ。
 そして、とうもろこしだけあってカラーがクリーム色ということ。
 更に、通常の巻紙は長さに対して平行に折り目が入っていますが、これは幅が他より長いこともあってか、縦に折り目が入っているので正方形の状態でパッケージされています。


 余談ですが、なぜかこのペーパーは50枚ではなく49枚入りです。ちょっとした遊び心なのでしょうか。

Smoking_Maiz, スモーキング・メイズ 手巻きタバコ 巻紙 コーンペーパー スローバーニング とうもろこし
 


 そして巻いた状態がこれです。

Smoking_Maiz, スモーキング・メイズ 手巻きタバコ 巻紙 コーンペーパー スローバーニング とうもろこし


 「スローバーニング」を謳っていますが、厚さは既製品と同じだと思います。


【喫味】
 単純に巻紙としては悪くないです。
 また、いかにもコーンという味は感じませんが、他のペーパーにはない独特な香りをほんのり感じました。
 このあたりは好みかもしれませんが、個人的には悪くない香りです。
 
 また、幅が他のペーパーよりも長いのでレギュラーサイズのフィルターで巻くのが適していると思います。


【余談】
 単純に不器用だからといってしまえばそれまでですが、折り目が縦に入っているのでペーパーをローラーに差し込む際、密着する辺が緩やかな「へ」の字になっているので、すんなりと隙間に入ってくれないことがけっこうあります。ハンドロールであれば問題ないと思いますが、ローラーで素早く巻くには少々慣れが必要かもしれません。


【最後に…】

 いわゆるスタンダードなタイプではないためか、私が探した中ではこれを店頭で販売している専門店は今のところ1軒だけです。
 ネットショップでは扱っているお店はそれなりにあるようですが、ある意味レアアイテムではあるので見つけたら1度くらいは買ってみてもいいかもしれません。




テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー Smoking スモーキング Smoking_Maiz スモーキング・メイズ コーンペーパー スローバーニング

スモーキング・No.8 マスター(Smoking No.8 Master)【巻紙・ペーパーの感想】


Smoking_No.8_Master, スモーキング・No.8マスター・シングル 手巻きタバコ 巻紙 極薄 スローバーニング ライスペーパー
スモーキング・No.8 マスター
サイズ:長さ70mm × 幅37mm
素 材:ライスペーパー

価 格:100〜105円 / 60枚(※店によって変動あり)
単 価:1.67円
燃 焼:スローバーニング
原産国:スペイン



【商品について】
 このページで紹介した「スモーキング・No.8ブラウン」の漂白バージョンで、同様に薄紙のライスペーパーです。
 当然ながら燃焼剤も入っていないスローバーニングなので、1本で長時間楽しめます。

Smoking_No.8_Master, スモーキング・No.8マスター・シングル 手巻きタバコ 巻紙 極薄 スローバーニング ライスペーパー

 よく見ると、ストライプの模様とSmokingのロゴが刻まれています。
 質感と触り心地は、古い書籍や豪華本の表紙などに巻かれているパラフィン紙をさらに薄くした感じです。
 


 そして巻いた状態がこれです。

Smoking_No.8_Master, スモーキング・No.8マスター・シングル 手巻きタバコ 巻紙 極薄 スローバーニング ライスペーパー


 「超極薄」を謳っているだけあって、ご覧のとおりシャグが見えるほど薄いです。


【喫味】
 個人的には、ブラウンよりもこれで巻いたタバコの方が美味く感じます。
 もちろんブラウンでもじゅうぶん美味いのですが、これは漂白しているということもあってか、無漂白ペーパー独特(?)の弱い酸味をまったく感じないので、その分好みです。
 しかも、漂白したといっても既製品のような薬品臭さは一切感じないので、本当にシャグの味を堪能できる優秀な巻紙です。
 

【余談】
 これも他のSmokingシリーズ同様60枚で100円なので、他ブランドのペーパーよりお得です。
 しかも、それでいて質が劣っているわけではないので、大変重宝しています。


【最後に…】

 今回紹介したのはレギュラーサイズですが、これも長さ79mmのロングサイズ(1 1/4)と、110mmのキングサイズも売っています。
 前者50枚で120円、後者は33枚で200円なので単価は上がってしまいますが、1本でより長く楽しみたい人にはお薦めです。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png






関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー スモーキング Smoking Smoking_No.8_Master スモーキング・No.8マスター スローバーニング ライスペーパー 薄紙

スモーキング No.8 ブラウン(Smoking No.8 Brown)【巻紙・ペーパーの感想】


スモーキング No.8ブラウン Smoking_No.8_Brown 手巻きタバコ 巻紙 スローバーニング 薄紙 スローバーニング 極薄 ライスペーパー 無漂白 アンブリーチ
スモーキング No.8 ブラウン
サイズ:長さ70mm × 幅37mm
素 材:無漂白ライスペーパー

価 格:100〜105円 / 60枚(※店によって変動あり)
単 価:1.67円
燃 焼:スローバーニング
原産国:スペイン



【商品について】
 「スモーキング(Smoking)」は主に手巻きタバコ用の巻紙を扱っているブランドで、、他にはローラーやフィルターも売っています。
 
 「Smoking No.8 Brown」の素材はライスペーパーで、漂白していないアンブリーチペーパーです。商品名のとおり茶色いのはそのためです。
 したがって、かなり微々たることかもしれませんがブリーチペーパーよりは体にやさしいということになると思います。


スモーキング No.8ブラウン Smoking_No.8_Brown 手巻きタバコ 巻紙 スローバーニング 薄紙 スローバーニング 極薄 ライスペーパー 無漂白 アンブリーチ

 また、燃焼剤も入っていないスローバーニングなので、1本で長時間楽しめるのが特長です。


 そして巻いた状態がこれです。

スモーキング No.8ブラウン Smoking_No.8_Brown 手巻きタバコ 巻紙 スローバーニング 薄紙 スローバーニング 極薄 ライスペーパー 無漂白 アンブリーチ


 写真だとよくわかりませんが、薄いのでシャグが透けて見えます。


【喫味】
 これで巻くと、タバコが格段に美味くなります。
 一般的な巻紙は燃焼剤や漂白剤といった薬品類が入っているのでその臭いも口に入ってくるのですが、これはタバコの味がダイレクトに入って来るので個人的には大変気に入っています。初めて吸った時は、あまりの美味さに驚いたものでした。
 私の場合は、本当に惰性で吸う時は普通のブリーチペーパーも使うのですが、これで巻いたものは本当に格別なので、食後とかその日の仕事終わりといった、大事な時に吸うようにしています。
 しかしながら、強いて欠点を挙げるとすれば若干酸味を感じることでしょうか。無漂白だからというのもあるかもしれません。個人的にはさほど気になりませんが、人によっては好みが分かれるところかもしれません。


【余談】
 この手のペーパーの価格は50枚入りで100円若しくはそれ以上というものが多いのですが、Smokingシリーズは60枚で100円なので、他よりもお得です。
 しかも、それでいて質が劣っているわけではないので、大変重宝しています。


【最後に…】

 今回紹介したのはレギュラーサイズですが、長さ79mmのロングサイズ(1 1/4)と110mmのキングサイズも売っています。
 前者50枚で120円、後者は33枚で200円なので単価は上がってしまいますが、1本でより長く楽しみたい人にはお薦めです。

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png




関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 薄紙 Smoking_No.8_Brown Smoking スモーキング 巻紙 無漂白 アンブリーチ ライスペーパー スローバーニング

オリジナル・チョイス(ORIGINAL CHOICE)【シャグの感想】


手巻きタバコ シャグ CHOICE_Original チョイス・オリジナル MAC_BAREN マックバレン チョコレート フレーバー 着香
オリジナル・チョイス
原産国:デンマーク
内容量:30g
価 格:690円710円(2014年4月〜)
グラム単価:23.0円 → 約23.67円
巻紙付



【商品について】
 チョイスは、パイプでもシャグでも安定した人気を誇るマックバレン(MAC BAREN)から出ているシリーズで、フレーバー系(着香系)に特化しています。今回のオリジナルは、ラム&チョコレートフレーバーです。

 基本的にフレーバー系のシャグはどれも煙の香りが強く、それこそ公共の場で吸うのは憚れるほど周囲に甘ったるい煙が蔓延するので控えていたのですが、前々から少なからず興味はあることと、手巻きタバコを始める前は定期的に「アークロイヤル・スイート」(チョコフレーバーでおなじみの輸入タバコ)を買っていたので、試してみることにしました。

 因みに実を言うと、本当はこれではなく最近出た「ダークチョコレート」を買うつもりでした。
 しかし、店員さん曰くダークチョコレートの煙の香りはかなり強いとのことだったので、比較的香りの弱いらしいオリジナルに急遽変えました。


【シャグについて】
 開封前の時点でパッケージを鼻に近づければほんのりと甘いにおいがするのですが、開けた瞬間に強めの甘い香りが漂います。しかも輸入ガムやキャンディのような人工的な臭いではなく、もしかしたら食べられるのではないかと思いかねないくらい美味しそうな香りです。
 そして、ラム酒の香りはチョコレートの匂いほどではないですが、ほんのり香ります。

手巻きタバコ シャグ CHOICE_Original チョイス・オリジナル MAC_BAREN マックバレン チョコレート フレーバー 着香

 まずは湿気ですが、開封段階からかなりしっとりしています。当面は加湿する必要ないでしょう。
 刻み幅はかなり繊細で、その中に粗めの葉脈や茎らしきものが適度に混ざっています。何でも、そうすることで喫味をマイルドにするそうです。
 この湿度と適度に混ざっている粗めの葉という組み合わせは、マックバレンシリーズの特長とも言えるでしょう。


【喫味】
 シャグそのものはかなり柔らかく、ほのかに甘くて吸いやすいです。
 個人的には悪くない強さですが、強めのシャグを愛飲している方には物足りないかもしれません。

 そして肝心のフレーバーですが、ちょうどいい具合の上品なチョコレート風味が口や鼻を通ります。チョコレートというよりは、ビターテイストのココアという印象です。
 何をしてちょうどいいのかとなると表現が難しいところですが、すぐに飽きが来るほど甘ったるいわけでもなく、言われなければ気づかないというほど物足りないわけでもありません。それでいてしっかりとシャグの風味も両立しているといったところです。何だか、本当にココアパウダーをふりかけたシャグを吸っているような気になります。

 因みにメンソールフィルターでも吸ってみたのですが、チョコミントのような喫味になるので個人的にはけっこう気に入りました。



【煙の香り】
 家で吸っている時は特に香りが残ったという印象はなかったのですが、職場の喫煙所で吸ったらたまたま居合わせた人から指摘されました。
 それほど強いわけではなかったようですが、それなりに甘い香りの煙が漂うようです。

 その場では割と好評だったので場合によっては許容されるかもしれませんが、やはり甘い香りということを考えると、例えば焼肉屋とかお好み焼き屋あたりで吸うのは控えた方が良いと思います。
 私の場合は、当面は家用に留めようかと思います。


【巻紙】
 チョイスについている巻紙は、いたって普通の漂白&燃焼剤入りのペーパーです。


【余談】
 パウチの内側には、日本では売っていないものも含めてチョイスシリーズ全てのフレーバーのパッケージがプリントされています。トータルで14種類というのは、他の着香系シリーズと比べても相当多いです。

手巻きタバコ シャグ CHOICE_Original チョイス・オリジナル MAC_BAREN マックバレン チョコレート フレーバー 着香


 クリックすると多少は大きくなるのですが、けっこう前から日本でも出回っていた他のフレーバーは、「ローズ」「アップル」「バニラ」「アイスティー」「クールミント」でした。
 しかし最近になってラインナップが増え、前述の「ダークチョコレート」「グレープ」「アロマティック」が追加されました。これでまだ日本で売っていないフレーバーは、「EXOTIC」「PASSION」「CHERRY」「PANDAN」「CAFE」ということになります。
 個人的には「PASSION」「CHERRY」が気になるのですが、味の想像がつかない分「EXOTIC」「PANDAN」もかなり気になります。これらもいずれ日本でも買えるようになるのでしょうか。


【最後に…】
 まだフレーバー系のシャグにはあまり手を出していないので自分なりの参考資料が乏しいのですが、個人的にはけっこう気に入りました。
 とはいえすぐにリピートするかどうかはわかりませんが、ある意味当たり外れの振り幅が少ない無難なフレーバーなので、フレーバー系を初めて試す入口としては悪くないと思います。


▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png





関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 フレーバーシャグ CHOICE チョイス CHOICE_ORIGINAL チョイス・オリジナル ラム チョコレートフレーバー 値上げシャグ

一ヶ月にかかる手巻きタバコ代−2013年7月【コストパフォーマンス】

 さて、このページでは2013年6月にかかったタバコ代を書きましたが、このページでは7月にかかったタバコ代を書いてみます。


【シャグ代】-----
合計:4,300円



【巻紙代】
-----
合計:555円



【フィルター代】
-----
合計:760円



【紙巻きタバコ(JT製品)】
  • セブンスター・アラスカ(SEVEN STARS ALASKA)×1=440円
  • マルボロ・メンソールライト(Marlbolo Menthol light)×1=440円
-----
合計:880円



【その他】-----
合計:2,500円

総計:8,995円


 7月は31日あるので、JT製品を吸っていた時の一ヶ月のタバコ代は最低でも「410円×31箱=12,710円」です。したがって、3,715円以上浮いたことになります。この金額をタバコ一箱の金額で割ると、約9箱分です。

 この月は、シャグ専用ポーチを買ったので9,000円近くかかってしまいました。
 それまでシャグを持ち歩く習慣はなかったのですが、突発的な用事がいくつかあった結果手持ちのタバコが尽きたためにJTタバコを2回買うことになったので、これを機に質が良いものを買いました。
 とはいえ毎日持ち歩いているわけではなく、事前に夜の予定がわかっている時だけ持ち歩き、出先で巻いたりもします。



関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 一ヶ月の手巻きタバコ代 出費 コストパフォーマンス

コルツ・クリアメンソール(COLTS CLEAR MENTHOL)【シャグの感想】


コルツ colts 
コルツ・クリアメンソール
原産国:デンマーク
内容量:40g
価格:850円880円(2014年4月〜)
グラム単価:21.25円 
22.0円
巻紙付


【商品について】

 コルツ(COLTS)はシャグの中でも人気の高いブランドの一つで、手巻きタバコを扱う店だったら大抵置いてあります。クリアメンソールの他には、ナチュラル・グリーンティー・バニラ・スムーステイストがあります。
 因みに、同ブランドのスリムフィルターもあります。

 個人的な話ですが、手巻きタバコを始めるにあたって初めて購入したシャグがこれです。
 元々メンソールの強いJT製品を常用していたので店員さんに相談したところ、これがメンソールシャグの中で最も強いというので買ってみたのですが、これがなかなか口にあったので、それ以来メインのシャグとして重宝しています。
 言わば、手巻きタバコを始めるきっかけとなったシャグです。
 


【シャグについて】

 中を開けるとこんな感じです。開けると強烈なメンソールの匂いが鼻を刺激します。

コルツ・メンソール colts_menthol コルツ シャグ 手巻きタバコ 手巻き煙草 


 開封時点でそれなりに湿気があるので、開けてすぐに保湿する必要はないと思います。ただ、感覚的に乾燥は早い気がするので、数日経ったら加湿してもいいかもしれません。
 また、刻み幅はかなり細かいので、ローラーでも巻きやすいです。

 しかしながら唯一欠点を挙げるとすれば、シャグが粉状になる比率が高いということでしょうか。
 これに限らずどのシャグも残りわずかともなれば多かれ少なかれ粉状のシャグが残るのですが、これの場合は残り2割くらいがそれこそインスタントコーヒーの粉のようになってしまう気がします。
 そこまで細かいと、巻く時も指先やローラーにけっこうな量の粉シャグがまとわりついてしまうので正直うっとうしいです。
 また、この状態で巻く時にはタバコの先端のシャグを多めに取り除いて、キャンディの包み紙のように縛っておかないと大量の粉シャグがケースの中にボロボロとこぼれてしまうので、注意が必要かもしれません。


【喫味】
 シャグの中で最も強いといわれているだけあって、メンソールの刺激はかなり強いです。JT製品の強いメンソール系のタバコを愛飲している人でも物足りなさを感じることはないと思います。
 しかも、ただ強いだけでなくシャグの風味や香りを引き立てつつ上品で濃厚な清涼感が、口内だけでなく内臓(食道?)にかけて染み渡ります。吸ってみないとわからない部分はありますが、JT製品とは明らかに種類の違う清涼感です。


【巻紙】
 オマケの巻紙はオリジナルブランドですが、いたって普通の漂白済み&燃焼剤入りのペーパーです。
 別売りでも50枚80円で売っています。


【最後に…】
 個人的に思うコルツ製品の長所は、シャグ自体が自分好みというのもありますが、コストパフォーマンスがかなり良いところです。グラム単価で21.25円というのは、シャグの中でもかなり安い方に入ります。
 私自身がこれをきっかけに手巻きタバコを始めたからというのもありますが、いつか始めてみようと思っている人でメンソール派だったら、喫味やコストパフォーマンスを考えても申し分ない銘柄でしょう。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png





▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!






関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 COLTS_CLEAR_MENTHOL コルツ・クリアメンソール COLTS コルツ メンソールシャグ 値上げシャグ

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR