FC2ブログ

一ヶ月にかかる手巻きタバコ代−2014年2月【コストパフォーマンス】

 さて、月末になったので2014年2月のタバコ代を紹介します。


【シャグ代】

-----
合計:4,170円


【巻紙代】

-----
合計:1,342円


【フィルター代】

-----
合計:1,020円


【紙巻きタバコ(JT製品)】

-----
合計:850円


【その他】

  • エバーウェットヒュミディパック(保湿剤) ×1=180円
-----
合計:180円


総計:7,562円


 2月は28日あるので、JT製品を吸っていた時の一ヶ月のタバコ代は最低でも「410円×28箱=11,480円」となります。したがって、今月は3,918円以上浮いたことになります。これをタバコ一箱代で割ると、約9.5箱分です。
 かかった費用自体は平均的でしたが、今月は28日しかないことを考えると少しかさみました。
 要因としては、滅多に見かけないトリップ2をたまたまとある店で見つけたので多めに買いだめしたこと、紙巻きタバコを2箱買ったこと等が影響しているのですが、もう少し節約できたかもしれません。

 さて、4月からの消費税率引上げに伴いJT製品は軒並み10〜20円の値上げを発表しましたが、やはりシャグも同様に値上げするようです。
 あくまでネットで拾った情報なのでどこまで本当かはわかりませんが、どうやら全銘柄が一斉に値上がりするのではなく据え置きの銘柄もあるようです。
 それが正しいと仮定すれば、値上げとなる銘柄は人気の高いものが多く、据え置きとなる銘柄は中人気もしくはあまり知られていないマイナーなものが多いように思います。
 値上がり幅によっては、ある程度買いだめするものも出てくるかもしれません。


〈※追記及び訂正〉
 上の文章は訂正させていただきます。
 私がネットで見たものは「値上げを申請しないらしいシャグのリスト」だったので、記載されていなかったものは値上げが決定したと思い込んでしまったのですが、単純に取り扱っている商社からの正式なリリースが無いだけのようでした。
 したがって、現時点では値上げをするシャグがあるのかすらわからないという状況のようです。大変失礼しました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 一ヶ月の手巻きタバコ代 出費 コストパフォーマンス

トリップ2(Trip2) 1-1/4【巻紙・ペーパーの感想】


Trip2 トリップ 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー セルロース 透明 スローバーニング BIO TREE_FREE エコ RYO
トリップ2 1-1/4
サイズ:長さ77mm × 幅41mm
定 価:120円 / 50枚(※店によってはプラス消費税)
単 価:2.4円
原産国:不明(アメリカ?)
燃 焼:スローバーニング


【商品について】
 トリップ2(Trip 2)は、いわゆる紙製ではなく100%天然セルロース製という変わり種の巻紙です。
 セルロース製のペーパーはこのページで「ワンバック・スリム(1 back Slim)」を紹介していますが、その競合品ということになります。
 この商品はパッケージの端々で安全性や天然素材をアピールしているのですが、個人的に特に気になったのは「100% BIODEGRADABLE」という表記でした。
 直訳すると「生(物)分解性の」「生(物)分解可能な」という意味のようですが、要は100%天然素材だから捨てても土に還るので環境にやさしい商品ということでしょう。
 
 また、通常の巻紙は半分に折った状態で封入されていますが、この商品は材質の都合上ほんの少しの水分でもくっついてしまうので、まっさらな状態で封入されています。したがって、パッケージサイズは大きめです。

 そして、巻いた画像がこれです。

Trip2 トリップ 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー セルロース 透明 スローバーニング BIO TREE_FREE エコ RYO
  

 ワンバック・スリムでも書きましたが、巻“紙”というよりはやはり巻“フィルム”といったところでしょうか。完全に透明なのでシャグが丸見えです。
 また、セルロースなので一般的な巻紙よりも丈夫です。
 見た目はかなり異質なので、公共の場で吸うには少しばかり勇気がいるかもしれません。私は家で吸う時のみ使うことにしています。
 なお、この商品にノリはついていませんがほんの少しの水分でもぴったりくっつくので、軽く舐めるか水をつけるだけでじゅうぶんです。


【喫味】
 フィルム自体は完全に無味無臭なので、シャグの味のみがダイレクトに入ってきます。シャグによっては、他の薄紙で巻くよりも濃く入って来ます。
 また、材質的に紙より密閉性が高いためか燃焼速度は非常に遅く、他のスローバーニング系の巻紙よりも長時間楽しめます。
 更に、火を点けても燃えるのではなく溶けるので灰が少なく、煙のにおいも他の巻紙より抑えられるのも特長です。


【注意点】

  1. 密閉性が高いので、シャグの量や湿度によってはドロー(吸い込み)が大変になることもあります。特に湿気の多いシャグほど詰まりやすくなるように思うので、詰める量を気持ち少なめにした方がスムースに吸い込めるでしょう。
  2. 上述のとおり少しの水分でもペーパー同士がくっついてしまうので、特に湿気の多い時期ともなると管理にも気を遣わなければならないことも考えられます。
  3. ローラーで巻く場合ですが、透明なのでローラーに対して平行且つ奥までしっかり差し込まれているかが分かりづらいです。このあたりは煩わしいところかもしれません。

【最後に…】
 一般的な巻紙より不便なところはありますが、競合のワンバックスリムよりも単価が4割も安く、単純に手巻きタバコ用の巻紙としてもかなり良質なので個人的にはかなり気に入りました。
 しかしながら、いかんせん主流の巻紙にはなりえない変わり種ということもあってか、私の経験ではネット通販でも小売店でも取り扱っている店はそう多くないという点が残念なところです。
 こればかりは仕方のないところですが、定価は平均的なので見つけたら話のタネとしても一度は買ってみても損は無いと思います。



関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー Trip2 トリップ2 セルロース 透明 ツリーフリー スローバーニング エコ

エクセレント・キールロワイヤル(EXCELLENT Kir Royal)【シャグの感想】


EXCELLENT_Kir_Royal EXCELLENT Kir_Royal エクセレント・キールロワイヤル エクセレント キールロワイヤル 手巻きタバコ シャグ RYO HAND_ROLL_TOBACCO
エクセレント・キールロワイヤル
原産国:ドイツ
内容量:40g
価 格:1,000円
グラム単価:約25.0円
【巻紙付】


【商品について】
 エクセレント(EXCELLENT)はドイツのフレーバーシャグシリーズで、2014年2月現在のラインナップはアップル、マンゴー、レモンミント、パイナップル、スイートプラム、キールロワイヤル(カシスリキュールをシャンパン又はスパークリングワインで割ったカクテル)の計6種類です。
 因みにこのシリーズの価格は40gで950円とシャグの中でも少々高めですが、このキールロワイヤルだけ唯一のカクテルフレーバーということもあるのか、更に50円増しの1,000円です。
 フレーバーシャグはこれまでチョイスシリーズを中心に、ハーベストグロッギーコルツ・クリーンティーを試しましたが、エクセレントは初めてです。
 やはり価格が他のシャグよりやや高めであるということと、容量が多いので自分の好みに合わなかったら持て余しそうと思っていたのでこれまで手を出さなかったのですが、このキールロワイヤルは前々から気になっていたので購入してみました。
 余談ですが買ったお店の店員さん曰く、これがシリーズの中で最も売れているそうです。


【シャグについて】
 開封しなくともパウチに鼻を近づけると甘い香りが漂っています。カシスの香りとも言えればブルーベリーの香料にも思える香りです。
 パウチを開ければ更に強めの甘い香りが部屋に充満するので人によっては甘ったるいと認識するかもしれませんが、私の嗅覚では上品で瑞々しさを思わせる良い香りです。


EXCELLENT_Kir_Royal EXCELLENT Kir_Royal エクセレント・キールロワイヤル エクセレント キールロワイヤル 手巻きタバコ シャグ RYO HAND_ROLL_TOBACCO


 色はやや明るめのブラウンで刻み幅は粗め。大きめに刻まれた刺々しい葉脈や茎も適度に混ざっています。
 また、開封段階で程ほどに保湿されています。


【喫味】
 香りどおりのカシスの甘酸っぱい風味が口や鼻を通りますが、ほんのりというわけではないもののシャグの香りほどの強さではありません。
 同時に、シャグそのものの甘さもほのかに感じます。キールロワイヤルの風味とシャグの甘さが程良く混ざってくるので、かなり心地良い喫味です。
 吸いごたえは軽めで非常に吸いやすいので、少なくとも数本で飽きてしまうということは無いと思います。
 試しにメンソールフィルターでも試しましたが、やはりフルーツベースのフレーバーなのでメンソールの相性は良いです。メンソール系のシャグとブレンドしても良さそうです。


【巻紙】
 エクセレントシリーズにはオマケの巻紙がついていないという話を聞いたことがありますが、私が買ったものには付いていました。


手巻きタバコ 巻紙 ペーパー エクセレント EXCELLENT TENNESIE テネシー RYO HAND_ROLL_TOBACCO

 普通の燃焼剤入り漂白ペーパーですが、パッケージにURLが記載されていたのでアクセスしてみたところ、どうやらORIONというポーランドのタバコメーカーの製品のようです。
 Webサイトを見た限りでは巻紙だけでなく、紙巻きタバコ、シャグ、葉巻、シガリロ、嗅ぎ煙草(スナッフ)、電子タバコ、水タバコ、フィルター、さや紙、巻き器、ライター、シガレットケースまで、喫煙具のぼぼ全てを取り扱っています。
 興味がある方はこちらをクリックしてみてください(※メイン言語は当然ポーランド語ですが、リンク先は英語版です)
 別に通販をしているというわけではありませんが、ヨーロッパのタバコ事情が垣間見えるので個人的にはなかなか興味深いです。


【最後に…】
 エクセレントシリーズは初めてでしたが、評判どおりかなり上質なフレーバーシャグなので気に入りました。私の場合は最後まで楽しめそうです。
 また、他のフレーバーにも俄然興味が湧いてきたのでテンションが下がらないうちに試してみようと思います。
 とはいえ、やはり価格は他よりも高めなので私の場合はたまの贅沢品として活用するのが良いかなと思っています。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!






関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 フレーバーシャグ EXCELLENT_Kir_Royal EXCELLENT エクセレント・キールロワイヤル エクセレント カクテルフレーバー カシスフレーバー TENNESIE ORION

スモーキング・リコリス(Smoking Liquorice)【巻紙・ペーパーの感想】

Smoking_Liquorice, Smoking, Liquorice, スモーキング・リコリス スモーキング リコリス 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー RYO
スモーキング・リコリス
サイズ:長さ70mm × 幅37mm
定 価:120円 / 50枚
(※店によってはプラス消費税)
単 価:約2.4円
原産国:スペイン
燃 焼:スローバーニング(?)


【商品について】
 巻紙の定番ブランドであるスモーキング(Smoking)より、リコリスフレーバー(甘草)の巻紙です。このページでジグザグ(ZIG-ZAG)のリコリスフレーバーの巻紙を紹介しているのですが、その競合品ということになります。
 なお、当該ページでは個人的な感想としてあまり口に合わなかった旨を書きましたが、実はその後も使用しているうちに当初の感想ほど悪くはないと思えるようになりました。
 とはいえ定期的に買いたくなるほど気に入ったわけではありませんが、私の場合は特にマックバレン・ハーフスワレ(MACBAREN HARFZWARE)との組み合わせが気に入ったので、日を追うごとに消費ペースも早くなっていました。
 そのため、他のリコリスペーパーも試してみたくなったので今回はスモーキングの方を購入してみました。 


Smoking_Liquorice, Smoking, Liquorice, スモーキング・リコリス スモーキング リコリス 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー RYO
  
 ジグザグの方は黒に近い焦げ茶色ですがこちらはそれよりも若干明るめのチョコレート色で、紙の厚さはジグザグと同じです。
 因みに公式の商品紹介によると燃焼速度はスローバーニングと記載されていますが、私の感覚ではフリーバーニングに思えます。

 そして、巻いた画像がこれです。

Smoking_Liquorice, Smoking, Liquorice, スモーキング・リコリス スモーキング リコリス 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー RYO
  

 やはり、パッと見ではタバコとは思えないほどあやしい見た目です。


【喫味】
 ジグザグの方ははっきりとわかるほどリコリスの風味は強いですが、こちらはかなり控えめで辛うじてリコリスの風味を感じる程度です。ジグザグの方を先に試したので、なおさらそう感じます。
 それこそ何かに没頭しながら嗜むと、場合によっては最後まで気づかないまま吸い終わってしまいかねないほどに控えめです。
 なお、ジグザグ同様折り紙のような紙臭さは感じます。
 因みにジグザグの方は糊にもリコリスフレーバーを添加していますが、こちらは無味でした。


【最後に…】
 フレーバーを優先するなら個人的にはジグザグを勧めますが、単価はこちらの方が安いので少しでも経済的に抑えたいという場合や、アクセント程度の風味を好むのであれば選択肢に入れても良いのではないかと思います。




↓  宜しければクリックをお願いします。↓
br_c_1470_2.gifblogmura-logo_180.png






関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー スモーキング・リコリス Smoking_Liquorice Smoking スモーキング リコリス フリーバーニング

ドラム・メンソール(DRUM MENTHOL)【シャグの感想】


DRUM_MENTHOL, DRUM, ドラム・メンソール, ドラム, オランダ, シャグ RYO 手巻きタバコ
ドラム・メンソール
原 産 国:オランダ
内 容 量:50g
価   格:1,100円 → 1,140円(2014年4月〜)
グラム単価:22.0円 → 22.8円
【巻紙付き】



【商品について】
 ドラム(DRUM)といえば手巻きタバコの定番中の定番、あるいは王道とも言われており、恐らく世界で最も人気のある銘柄です。
 そのためファンも非常に多く、専門店でも扱っていないところはまず無いと言えるほど流通しているので、シャグの中でも最も手に入りやすい商品の一つです。
 ドラムシリーズは紺色のパッケージのオリジナルの他、ライト版とされるブライトブルー、メンソールの3種類が出ているのですが、今回のメンソールはそのブライトブルーにメンソールを添加したものだそうです。
 ブライトブルーの商品説明によると、「選び抜かれたバージニア葉、バーレー葉をきめ細かくブレンドしたことでマイルドさと味わいの深さを実現」とのことです。


【シャグについて】
 色は濃いめのダークブラウンで、刻み幅は長めかつ繊細。開封時点で一定の保湿はされています。
 また、パウチを開けると、このページで紹介しているマックバレン・ハーフスワレと同じ系統の独特のにおい(カツオ節臭とも言われています)が漂いますが、ハーフスワレよりも控えめです。

DRUM_MENTHOL, DRUM, ドラム・メンソール, ドラム, オランダ, シャグ RYO 手巻きタバコ




【喫味】
 オリジナルのドラムをまだ試していないのでマックバレン・ハーフスワレとの比較になってしまいますが、吸いごたえはそれほど強くなくハーフスワレ独特のビターテイストにコクが加わった感じです。非常に吸いやすく、それでいて濃厚な喫味です。不快に感じるようや雑味や辛さはまったくありません。
 また、メンソールの清涼感は弱くほんのり添加されている程度なので、メンソールは苦手という人も楽しめると思います。
 逆にコルツ・クリアメンソールチェ・メンソールくらいのメンソールが好きな人には物足りないかもしれませんが、試しにコルツ・メンソールスリムで吸っても風味に影響は無かったので、メンソールのフィルターやメンソールチップ等を使ってみてもいいでしょう。
 また、気まぐれにチョイス・バニラとブレンドしてみたのでしたが、ドラムのビターテイストとバニラ風味の相性は良かったです。


【巻紙】

 60枚入りの燃焼剤入りの漂白ペーパーですが、巻紙ではおなじみのブランド・リズラ(RIZLA)のオレンジが同梱されています。


【最後に…】
 初めてドラムシリーズを試しましたが、やはり評判どおり良質なシャグだと思いました。値段も手頃で容量も多めなので、長期間楽しめるシャグです。
 尤も、メンソールのベースであるブライトブルーとオリジナルは似て非なるものという評判も聞きますので、いずれはオリジナルも試すと思います。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png




関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 DRUM_MENTHOL DRUM ドラム・メンソール ドラム メンソールシャグ RIZLA リズラ 値上げシャグ

【巻正】マキマサ・『平』TAIRA 亜麻(MAKIMASA TAIRA)【巻紙・ペーパーの感想】


マキマサ 巻正 MAKIMASA 平 TAIRA タイラ 手巻きタバコ ペーパー 巻紙 亜麻 フラックス スローバーニング 薄紙
【巻正】マキマサ・『平』TAIRA 亜麻
サイズ:長さ70mm × 幅36mm
定 価:100円 / 60枚
(※店によってはプラス消費税)
単 価:約1.67円
原産国:日本
燃 焼:スローバーニング


【商品について】
 このページで紹介している【巻正】マキマサ・平(MAKIMASA TAIRA)のシリーズより、亜麻(フラックス)製のスローバーニングペーパーです。

マキマサ 巻正 MAKIMASA 平 TAIRA タイラ 手巻きタバコ ペーパー 巻紙 亜麻 フラックス スローバーニング 薄紙
  
 紙自体はかなり薄く、私が見たところではライバル商品であろうスモーキング・No.8マスターOCBプレミアムギゼ・エクストラスリムと殆ど変わりません。
 肌触りも良く、コシも丈夫そうです。

 そして、巻いた画像がこれです。

マキマサ 巻正 MAKIMASA 平 TAIRA タイラ 手巻きタバコ ペーパー 巻紙 亜麻 フラックス スローバーニング 薄紙  

 やはり薄紙だけあって、シャグが透けて見えるほど薄いです。


【喫味】
 マキマサの無漂白麻紙で書いたことと同じになってしまいますが、他のスローバーニング系の薄紙同様紙の味は殆ど感じず、シャグの風味がダイレクトに口や鼻へ入っていきます。
 燃焼速度もスローバーニングとしては他と大差なく、吸い方にもよりますが一本で長時間楽しめます。
 質は上述のスモーキングやギゼ等と同等の高品質な巻紙だ思いますが、こと喫味に関してはそれらと大きな違いは感じなかったので、この商品ならではという強みに欠ける気がしました。


【最後に…】
 やはり、スモーキングシリーズと同じく60枚入りで100円という価格はかなりの強みです。できるだけタバコ代を安くしたいという人にはありがたい商品でしょう。
 私の場合は“一般的なスローバーニング系の薄紙の一つ”という印象ですが、高品質であることとリーズナブルであることは間違いないので、ペースはともかくとしてリピートしても良いと思った商品です。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png


→ZIPPO・喫煙具全般の小売販売専門店マイセンでは手巻きタバコ用のグッズを多数取り揃えています。







関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー 薄紙 マキマサ_『平』TAIRA_亜麻 MAKIMASA_TAIRA MAKIMASA 巻正 亜麻 スローバーニング

チョイス・バニラ(CHOICE VANILLA)【シャグの感想】

CHOICE_VANILLA CHOICE MAC_BAREN チョイス・バニラ チョイス マックバレン フレーバーシャグ バニラ 手巻きタバコ RYO
チョイス・バニラ
原産国:デンマーク
内容量:30g
価格:690円710円(14年4月〜)
グラム単価:23.0円 → 約23.67円
【巻紙付】



【商品について】
 フレーバーのバリエーションが豊富なチョイス(CHOICE)シリーズより、バニラフレーバーのシャグです。
 バニラは定番のフレーバーだけあって手巻きタバコでも選択肢は多く、チョイスの他にコルツ(COLTS)ハーベスト(HARVEST)ドミンゴ(DOMINGO)からも出ています。
 手巻きだけでなく既製品でも、ピース、キャスター、アークロイヤルでもバニラ系の香料を添加しています。


【シャグの香りについて】
 開封前でも、パウチに鼻をつけると甘い香りをほのかに感じます。
 当然ながら開封すれば更に強めの甘い香りが漂いますが、上品なバニラの香りです。決して安っぽい香りではありません。
 また、パウチの色に引っぱられているかもしれませんが、心なしかチョコレートの香りも混ざっているように思います。
 したがって、バニラというよりはチョコバニラの香りとも言えます。


【シャグについて】
 他のチョイスシリーズ同様、開封段階で既にしっとりしています。
 刻み幅も他と同様かなり繊細で、粗めの葉脈や茎らしきものが適度に混ざっています。
 湿度と相まって手触りもふわふわしてるので巻きやすいですが、幅がかなり繊細でしっかり保湿してある分丹念にほぐさないとダマになりやすくドロー(吸い込み)に影響しかねません。

REN チョイス・バニラ チョイス マックバレン フレーバーシャグ バニラ 手巻きタバコ RYO



【喫味】
 シャグの香りはけっこう濃いですが、喫味自体はそれほどでもなく上品というかけっこうすっきりしています。少なくともショートピースほどの濃厚さというか、こってりした風味は感じませんでした。
 甘さもほんのりという具合なので、数本で飽きるということは無さそうです。

 また、他のチョイスシリーズで同様、吸いごたえ自体は軽いです。
 雑味は無いので吸いやすいですが、やはり強めの銘柄を愛用している人には物足りないと思います。


【煙の香り】
 やはり他のチョイスシリーズ同様甘い香りが漂いますが、あくまで私の嗅覚と記憶ではキャスターと同程度、もしくはそれよりもやや弱いという程度かと思います。


【巻紙】
 いたって普通の、燃焼剤入り漂白ペーパーです。


【最後に…】
 やはりチョイスシリーズはシャグ・香り共に安定して質が高いですが、個人的にはショートピースのイメージが先行していたこともあって、もう一段階濃くても良いかなとも思いました。
 
 ともあれ個人的には悪くないフレーバーだったので、他のバニラ系シャグも試してみた上でリピートしたいと思いました。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!






関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 CHOICE_VANILLA チョイス・バニラ CHOICE チョイス フレーバーシャグ バニラフレーバー 値上げシャグ

【巻正】マキマサ・『平』TAIRA 無漂白麻紙(MAKIMASA TAIRA)【巻紙・ペーパーの感想】


マキマサ 巻正 MAKIMASA 平 TAIRA 手巻きタバコ ペーパー 巻紙 ヘンプ 麻紙 無漂白 スローバーニング 薄紙 RYO
【巻正】マキマサ・『平』TAIRA 無漂白麻紙
サイズ:長さ70mm × 幅36mm
定 価:100円 / 60枚
(※店によってはプラス消費税)
単 価:約1.67円
原産国:日本
燃 焼:スローバーニング


【商品について】
 巻正(マキマサ・MAKIMASA)の製品はこのページでロングサイズのフィルターを紹介しているのですが、最近になって『平(TAIRA)』という手巻きタバコ用のペーパーが新たに発売されました。
 ラインナップは『亜麻』『麻紙(ヘンプ)』『極薄紙』『無漂白麻紙』の4種類で、どれもスローバーニングの薄紙のようです。
 今回の『無漂白麻紙』は、名前のとおりアンブリーチのヘンプペーパーです。

 この商品を調べるにあたって、マキマサは日本のブランドだということを初めて知りました。何でも、日本人の好みに特化した手巻きタバコ用喫煙具を追求するというのがメインコンセプトのようです。 
 そういう方針のためか、商品の質だけでなく商品名やパッケージデザイン等にも和を強調しています。

マキマサ 巻正 MAKIMASA 平 TAIRA 手巻きタバコ ペーパー 巻紙 ヘンプ 麻紙 無漂白 スローバーニング 薄紙
  
 紙の厚さは「極薄」と言っていいほどに薄く、向こう側がはっきり見えます。グリーンゴ(Greeingo)ロウ(RAW)と同じくらい、もしくはそれらよりも若干薄く思えました。
 肌触りも良く、コシも丈夫そうです。

 そして、巻いた画像がこれです。
マキマサ 巻正 MAKIMASA 平 TAIRA 手巻きタバコ ペーパー 巻紙 ヘンプ 麻紙 無漂白 スローバーニング 薄紙 RYO
 
 やはり薄紙だけあって、中が透けて見えるほど薄いです。


【喫味】
 ロウで書いたことと同じになってしまいますが、他の無漂白系の薄紙同様シャグの風味を最大限に引き出した上で煙が口や鼻へ入っていきます。
 また、これといって酸味も無くシャグの香ばしさや甘さも他の紙で巻いたものより気持ち濃い目に入ってくるあたりは、ロウやグリーンゴに近いかなという印象を持ちました。このあたりは他と大きな差は無いので好みの問題ですが、巻紙としては単純に高品質だと思いました。
 因みに、私が今までに使用したことのあるヘンプペーパーはどれも喫味がまろやかになる印象があるのですが、これに限っては特にまろやかになったということはありませんでした。


【最後に…】
 60枚入りで100円という値段設定はかなり嬉しいところです。ラインナップ然り単価然り、恐らくスモーキング(Smoking)シリーズを意識しているのではと勝手に推測しています。

 ともあれ、質も値段もかなり良いので私の場合は今後も定期的に買うであろうペーパーです。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png




→ZIPPO・喫煙具全般の小売販売専門店マイセンでは手巻きタバコ用のシャグを多数取り揃えています。

関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー 薄紙 マキマサ_『平』TAIRA_無漂白麻紙 MAKIMASA_TAIRA MAKIMASA 巻正 ヘンプペーパー 無漂白 スローバーニング

ゼン・レギュラーフィルター 20mm(ZEN REGULAR FILTER 20mm)【フィルターの感想】

ZEN_REGULAR_FILTER_20mm ZEN ゼン・レギュラーフィルター_20mm ゼン RYO
ゼン・レギュラーフィルター・20mm
サイズ:長さ20mm × 直径7.5mm
個 数:200個
価 格:420円(※店によって変動有り)
単 価:2.1円
原産国:レバノン



【商品について】
 フィルター、巻紙、巻き器全般、さや紙等、手巻きタバコ周辺アイテムをリリースしているZEN(ゼン)より、レギュラーサイズのプレーンフィルターです。
 一般的に、レギュラーサイズのフィルターの長さは15mm程度のものが多いようですが、今回のフィルターは20mmのものです。調べてみたところ元々は15mmだったようですが、最近になって20mmにリニューアルしたそうです。
 数値上はこのページで紹介しているピュア(PURE)巻正(マキマサ)の中間になるので、セミロングフィルターといったところでしょうか。

 とりあえず、同じゼンのメンソールフィルターと長さを比べてみました。


ZEN_REGULAR_FILTER_20mm ZEN ゼン・レギュラーフィルター_20mm ゼン RYO


 上がメンソールフィルター、下が今回の20mmフィルターです。当たり前ですが、メンソールよりも5mm程長いです。
 また、私の感覚では20mmの方が若干細い気がしたので定規で測ってみたところ、やはり0.5mmほど細いです。
 商品説明では両方とも直径は7.5mmと表記しているのですが、メンソールの方はどうも8mmのようです。


【喫味】
他のフィルター同様、特にシャグの喫味を大きく損なうこということはないので単純に良質なフィルターだと思いますが、やはり長い分シャグの喫味はマイルドになった印象です。
 今回はコルツ・クリアメンソールを試してみたのですが、微々たる差ではあるものの喫味、メンソールの具合、吸いごたえ等、他のフィルターで吸うよりも全体的に若干おとなしめになった気がします。自分にとって少し喫味が強いというシャグを吸う時に適しているかと思います。  また、フィルター自体は丈夫です。
 私の吸い方にも問題があるかもしれませんが、短いフィルターは吸っているうちに段々としぼんでいき、最終的にはスーパースリムサイズくらいまで細くなってしまうことが多々あるのですが、それなりに長いということもあってか根元近くまで吸っても直径が大きく変わるということはありませんでした。


【最後に…】
 良質でありながら、フィルターの中でも単価は安い方です。
 メインで使用するものとしてもじゅうぶん使えると思いますが、上述のとおり、わずかではあるものの長い分シャグの節約にもなるので、フィルター自体の価格も踏まえて少しでもタバコ代を抑えたいという人には最適かと思います。






ZEN フィルター 【喫煙具・手巻きたばこ用品】

ZEN フィルター 【喫煙具・手巻きたばこ用品】
関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : フィルターの感想 ZEN_REGULAR_FILTER_20mm ZEN ゼン・レギュラーフィルター_20mm ゼン プレーンフィルター

ロウ・クラシック・シングル(RAW CLASSIC SINGLE)【巻紙・ペーパーの感想】


RAW_CLASSIC RAW ロウ・クラシック・シングル ロウ 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー 無漂白 無添加 薄紙 極薄 RYO
ロウ・クラシック・シングル
サイズ:長さ70mm × 幅37mm
定 価:120円 / 50枚
(※販売価格は店によって変動あり)
単 価:約2.4円
原産国:スペイン
燃 焼:スローバーニング


【商品について】
 ロウ(RAW)は手巻きタバコ用の巻紙を中心にローラー、フィルター、その他周辺アイテムを出しているスペインのブランドです。
 特に巻紙は定番とも言えるほど人気で、取り扱っているショップも多いです。

 商品説明によると今回のクラシック(CLASSIC)は、塩素漂白剤や化学漂白剤を使用せず、自然素材にこだわった無添加です。
 素材は亜麻、麻などの植物由来の素材をブレンドしているようなので、ヘンプペーパーというわけでは無いようです。
 
RAW_CLASSIC RAW ロウ・クラシック・シングル ロウ 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー 無漂白 無添加 薄紙 極薄 RYO
  
 紙は「極薄」と表記しても問題無いほどに薄く、向こう側がはっきり見えます。このページで紹介しているグリーンゴ(Greeingo)と同じくらいでしょうか。

 また、この紙は全体に格子状の透かしが入っているのが大きな特徴です。
 この透かしによって不均一なタバコの燃焼を防ぎ、均一でスムースな燃焼を維持するとのこと。
 確かにペーパーによっては、何も考えずに火を付けると均等に燃えずにいわゆる「片燃え」になってしまうことがよくあるので、ありがたい加工と言えます。

RAW_CLASSIC RAW ロウ・クラシック・シングル ロウ 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー 無漂白 無添加 薄紙 極薄 RYO

 少し分かりづらいかもしれませんが、ペーパー全体に格子状の加工が施されています(※画像をクリックすれば拡大します)

 そして、巻いた画像がこれです。

RAW_CLASSIC RAW ロウ・クラシック・シングル ロウ 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー 無漂白 無添加 薄紙 極薄 RYO

 これまた少しわかりづらいかもしれませんが、シャグがはっきり透けて見えるほど薄いです。


【喫味】
 他の無添加系の薄紙同様、シャグの持ち味を最大限に引き出した上でダイレクトに口の中へ入っていきます。燃焼速度も遅いので、一本で長時間楽しめると思います。
 心なしか、他の巻紙で巻いたものより喫味が濃く感じられました。プラシーボ的な要素は少なからずあると思いますが、同じ無漂白の薄紙でもスモーキング(Smoking)やグリーンゴとは違う個性を持つ巻紙だと思いました。
 また、無漂白の薄紙の中には酸味を感じるものもあるのですが、これは特に感じなかったので個人的にかなり気に入りました。
 因みに肝心の燃え方も、100%の確率で均等に燃えるというわけではありませんが、体感的には他のペーパーよりも片燃えする率はかなり低いように思います。 
 

【最後に…】
 単純に良質な巻紙だと思うので、私の場合はリピートしてもいいなと思いました。
 同じサイズのスモーキングNo.8ブラウンと比べるとやや割高ですが、特にコストを気にしなければ買っても損は無いと思います。

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png




関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー RAW_CLASSIC_single RAW ロウ・クラシック・シングル ロウ スローバーニング 薄紙 アンブリーチ 無漂白

キース・シャグ・シガーフレーバー(KEITH SHAG CIGAR FLAVOR)【シャグの感想】


KEITH_SHAG_CIGAR_FLAVOR KEITH キース・シャグ・シガーフレーバー キース 手巻きタバコ シガリロ シガー RYO
キース・シャグ・シガーフレーバー
原 産 国:デンマーク(?)
内 容 量:25g
価   格:600円620円(14年4月〜)
グラム単価:約24.0円24.8円
【巻紙付】



【商品について】
 紙巻きのリトルシガー、キース(KEITH)はかなり前から日本でもおなじみですが、その手巻き用シャグが最近発売されました。
 因みにラインナップは今回のシガーフレーバー(CIGAR FLAVOR)ジャパンクラシック(JAPAN CLASSIC)エキゾチックテイスト(EXOTIC TASTE)の3種類で、ジャパンクラシックはお香のような香り、エキゾチックテイストはココナッツミルクのような香りが特徴だそうです。
 私は紙巻きを吸っていた頃もキースに手を出したことはまず無かったのですが、これを機にシャグの選択肢が広がればと思い購入してみました。


【シャグについて】
 パウチに鼻を近づけてみると、苦みを感じるであろう上品な甘い香りをほのかに感じます。何となく、ビターテイストのチョコレートのように思えました。

KEITH_SHAG_CIGAR_FLAVOR KEITH キース・シャグ・シガーフレーバー キース 手巻きタバコ シガリロ シガー RYO

 刻み幅はかなり繊細で、荒めに刻まれた茎や葉脈らしきものも適度に混ざっています。
 触ってみるとかなりフワフワしているほど加湿されています。幅然り加湿具合然り、チョイスシリーズそっくりです。

 開けてみると開封前より強い香りが漂いますが、同時に何やら発酵したような臭みに近いにおいも強く漂います。
 私の嗅覚では、常温もしくは高温下で長期間放置したバナナの皮のようなにおいに感じました。


【喫味】※私はキースもシガー系も素人であるということを念頭に置いた上で読んでいただければ幸いです。
 シャグ自体は香りどおりといったところで、上品な苦みをメインにかなり控えめな甘さの相性が良く、なかなか良い喫味です。
 そして、吸いごたえはかなり軽いので吸いやすいです。私がこれまで吸ったものと照らし合わせると、チョイス・クールミントくらい軽いです。
 また、試しに巻紙をマントラ・チョコレートでも試してみたところ、シャグビターテイストとチョコの甘さがマッチしたようでなかなか良い風味でした。もしかしたらチョコレートやコーヒー系のフレーバーシャグとブレンドすると面白いかもしれません。

 しかしながら上述の発酵臭を思わせる喫味も感じ、シャグ自体のにおいはけっこう強いのでこれを良い香りと思えるか不快と感じるかでかなり変わってくると思います。
 私は「臭い」と感じていますが、本数をこなすうちに初めて嗅いだ時ほどの不快感は薄れつつあるので、何本か立て続けに吸ってみると印象が変わるかもしれません。


【巻紙】
 オマケの巻紙はごく普通の漂白済みフリーバーニングですが、マックバレンシリーズと同じものが同梱されています。ということは、このシャグの原産はデンマークということになるのでしょうか。
 因みに紙巻きの方のキースを調べてみたら、ショップによって「インドネシア産」「オーストリア産」というように表記が統一されていないようなので、このページの上部では「デンマーク(?)」としています。

MAC_BAREN マックバレン チョイス CHOICE 手巻きタバコ 巻紙 ぺーパー


【最後に…】
 個人的には決して悪くないシャグだと思いましたが、やはりシャグの香りがかなり個性的なので好き嫌いがはっきり分かれそうなシャグだと思いました。
 少なくとも万人受けするようなものでも無いと思ったので、強めのタバコが好きな人、あるいはクセの強いタバコは苦手という人は敬遠してしまうかもしれませんが、恒常的にシガーをたしなんでいる人、もしくは紙巻きのキースが好きという人は楽しめると思います。


▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png


→ZIPPO・喫煙具全般の小売販売専門店マイセンでは手巻きタバコ用のグッズを多数取り揃えています。








関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 KEITH_SHAG_CIGAR_FLAVOR KEITH キース・シャグ・シガーフレーバー キース リトルシガー シガリロ フレーバーシャグ 値上げシャグ

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR