FC2ブログ

一ヶ月にかかる手巻きタバコ代−2014年4月【コストパフォーマンス】

 さて、月末になったので2014年4月にかかったタバコ代を紹介します。

【シャグ】

-----
合計:1,880円



【巻紙】

-----
合計:988円


【フィルター】

-----
合計:1,278円


【紙巻きタバコ(JT製品)】

-----
合計:650円


【その他】

  • ヒュミディパック(保湿剤)×1=180円
-----
合計:180円


★★総計:4,976円★★


 

 今までは、比較対象としてJT製品を吸っていた頃の出費を“1箱410円×日数”としていましたが、この4月より値上げしたので今月から“430円×日数” “445円×日数”と仮定して計算します。

【※2014.05.30追記】一般的な紙巻きタバコの価格である430円と460円の平均額で計算した方が現実的であろうという判断です。


 そして、4月は30日あるのでJT製品を吸っていた場合の一ヶ月のタバコ代を「430円×30箱=12,900円」「445円×30箱=13,350円」とすると、今月は7,924円 8,374円浮いたことになります。これを430円 445円で割ると、約18箱分約19箱分です。

 金額だけを見ると値上げした割に出費はかなり抑えられていますが、先月に買いだめしたシャグも消費したのでその分が相殺されているだけです。現に、先月と今月の出費の平均は8,456円なのでさほど抑えられたわけではありません。

 また、私は10種類近くの巻紙をいつも併用しているのですが、今月は初めて試した巻紙もいくつか買ったことに加えてメインの多くが同じ時期になくなってしまったので、いつもより多めに買うこととなりました。そう考えると、やりようによってはもっと節約できたかなという感じです。
 先月に買いだめしたシャグは今月で全て消費したわけではないですが、ストックはもう大して無いので来月は平均的な出費になるでしょう。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 一ヶ月の手巻きタバコ代 出費 コストパフォーマンス

スモーキング・ヘンプ・エコ 1-1/4(Smoking Hemp Paper ECO)【巻紙・ペーパーの感想】

Smoking_Hemp_Paper_ECO Smoking スモーキング・ヘンプペーパー・エコ スモーキング スローバーニング 薄紙 ペーパー 巻紙 RYO 手巻きタバコ
スモーキング・ヘンプペーパー・エコ 1-1/4
サイズ:長さ78mm × 幅44mm
定 価:120円 / 50枚(※店によってプラス消費税)
単 価:約2.4円
原産国:スペイン
燃 焼:スローバーニング



【商品について】
 巻紙の定番ブランドであるスモーキング(Smoking)より、100%ヘンプ素材のペーパーです。
 スモーキング製のヘンプペーパーはこの商品以外でも→スモーキング・No.8 ヘンプピュアヘンプ等がありますが、この商品に関しては情報が少なく、どこのサイトを見ても素材くらいしか明記していないのですが、どうやら他のヘンプペーパーよりも紙厚が薄いことが特徴のようです。
 また、商品名に「ECO」と称しているので、そのまま捨てても土に還るといった環境にやさしい特徴もあるのでしょう。 

Smoking_Hemp_Paper_ECO Smoking スモーキング・ヘンプペーパー・エコ スモーキング スローバーニング 薄紙 ペーパー 巻紙 RYO 手巻きタバコ
  

 確かに向こう側が透けて見えるほど薄いですが、見た感じでは同じスモーキングのNO.8・マスターと同じくらいのように思います。

 そして、巻いた画像がこれです。

Smoking_Hemp_Paper_ECO Smoking スモーキング・ヘンプペーパー・エコ スモーキング スローバーニング 薄紙 ペーパー 巻紙 RYO 手巻きタバコ  
  

 画像の光の加減もあるのでわかりづらいかもしれませんが、透かしの模様もあってか薄紙の割にはシャグが丸見えというわけでは無いようです。


【喫味】
 他の薄紙同様、紙の味は特に気にならずシャグの風味がダイレクトに口や鼻を通り、香ばしさや甘さを引き出してくれますが、少なくともこの点は他と大差はありません。

 また、他のヘンプペーパー同様シャグの風味を維持しつつ、別の種類のペーパーで巻いたものより喫味はマイルドに感じるのですが、この商品は他よりもマイルドさが増したように感じました。決して薄味になるというのではなく、カフェオレにミルクを更に足したようなマイルドさです。
 自分にとっては強めだというシャグを巻けば吸いやすくなると思いますが、元々が軽めのシャグだとタール・ニコチン的な吸いごたえが物足りなくなってしまうかもしれません。


【最後に…】
 個人的には悪くないペーパーなのでまた買ってもいいと思っていますが、吸いごたえ以外の点では競合品と大きな差は無いので、これでなくてはならないという決め手に欠けているように思います。
 また、私が知る限りではこれを置いている小売店はそう多くないので、手に入りづらいという点がネックです。
 とはいえ通販では取り扱っているところはそこそこあるようなので、ネットショップを恒常的に利用している人は買い物のついでで買ってもいいのではないでしょうか。


▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png










関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー スモーキング・ヘンプ・エコ Smoking_Hemp_Paper_ECO Smoking スモーキング ヘンプペーパー 薄紙 エコ

マスコット・ピュアオーガニック・ヘンプペーパー(MASCOTTE ORAGNIC EXTRA THIN)【巻紙・ペーパーの感想】


MASCOTTE_PURE_ORGANIC_HEMP マスコット・ピュアオーガニック・ヘンプペーパー 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー 無漂白 無農薬 RYO
マスコット・ピュアオーガニック・ヘンプペーパー
サイズ:長さ68mm × 幅36mm
価 格:100円 / 50枚(※店によってプラス消費税)
単 価:約2.0円〜
原産国:オランダ
燃 焼:スローバーニング




【商品について】
 巻紙以外にもフィルター、巻き器、さや紙、チュービングマシーン、ハイドロストーン等、手巻きタバコの周辺アイテム全般を取り扱ってるマスコット(MASOTTE)より、無漂白・無農薬の薄紙ヘンプペーパーです。

MASCOTTE_PURE_ORGANIC_HEMP マスコット・ピュアオーガニック・ヘンプペーパー 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー 無漂白 無農薬 RYO
  

 触った感じではコシも柔らかめで、スモーキング・ブルー No.8(Smoking Blue No.8 100% Tree Free)に近いものを感じました。
 また、画像では分かりづらいですが、ペーパーの全面にマスコットのロゴが透かしで入っています。
 

 そして、巻いた画像がこれです。

MASCOTTE_PURE_ORGANIC_HEMP マスコット・ピュアオーガニック・ヘンプペーパー 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー 無漂白 無農薬 RYO

 上が今回のペーパーで、下は比較対象として無漂白の薄紙で巻いたものです。
 私がこれまでに見たことのある無漂白のペーパーの色はどれもブラウンでしたが、このペーパーはどちらかというとグレーに寄っているような色合いです。


【喫味】
 少しばかりプラシーボ的な要素があるかもしれませんが、紙の味は殆ど気にならずシャグ本来の風味や香ばしさがダイレクトに口の中へ入ってきます。
 また、他のヘンプペーパー同様シャグの濃厚さを維持しながらも喫味は他の種類のペーパーで巻いたものよりまろやかなります。
 そして、あくまで私の味覚では競合品よりも少しばかり甘さが引き立つように思います。
 また、燃焼速度はスローバーニングですが体感的にはスモーキング・ No.8マスター(Smoking  No.8 MASTER)と同じくらいと思われます。
 

【最後に…】
 私の場合は何種類かお気に入りのペーパーがあるのですが、このペーパーは巻紙としては良質で値段も一般的なので、そのラインナップに追加しても良いと思うほど気に入りました。
 マスコットのペーパーを試したのはこのペーパー以外では今のところマスコット・ゴム・エクストラスリム(MASCOTTE GOMME Extra Slim)だけですが、あれもあれでお気に入りのペーパーの一つなので、スモーキングやロウ(RAW)ほど流通量が多くない割には侮れないブランドだと改めて感じました。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー マスコット・ピュアオーガニック MASCOTTE_ORAGNIC_EXTRA_THIN MASCOTTE マスコット スローバーニング ヘンプペーパー 無漂白

ラスタ・オリジナル(RASTA ORIGINAL)【シャグの感想】


RASTA_ORIGINAL, RASTA, RYO, HANDROLL_TOBACCO, ラスタ シャグ 手巻きタバコ
ラスタ・オリジナル
原産国:ベルギー
内容量:25g
価 格:580円(※2014年4月〜)
グラム単価:約23.2円
【巻紙付】


【商品について】
 ラスタ(RASTA)シリーズは大抵の小売店で扱っている定番シャグの一つで、2014年4月現在のラインナップは、オリジナル、メンソール、ナチュラル(無添加)、ブラック(黒タバコ)、シルバー(ライトバージョン)の5種類です。消費税率引き上げを機に価格が20円上がりました。

 商品名といいパウチの配色といい一見ジャマイカ産のシャグに思えますが、原産国はベルギーです。チェ・シリーズがキューバ産ではなくルクセンブルク産であることと同じでしょう。
 商品説明によると、今回のオリジナルはバージニアブレンドでマイルドな喫味が売りのようです。


【シャグについて】
 色は暗めのブラウンで、刻み幅は細かいですが粗めに刻まれた葉脈もしくは茎のようなものも適度に入っています。
 開封段階では一定の湿度は保っているので、感触はフワフワしています。

RASTA_ORIGINAL, RASTA, RYO, HANDROLL_TOBACCO, ラスタ シャグ 手巻きタバコ


【喫味】
 商品説明どおり吸いごたえは軽めですが、その割にはややシャープな濃いめの香ばしさが口に入って来ます。私が試したことのあるシャグでは、ドミンゴ・ホワイト(DOMINGO WHITE)の喫味に近いかなという印象です。
 しかしながら、そういうブレンドかもしれませんがそのままの状態だと若干の苦みや辛みが舌に残ったので、気になる場合は加湿した方が良いかもしれません。

 また、その時の体調や気分によるの部分もあるかもしれませんが、なせかハーフスワレ系の喫味に近いと感じる時もありました。
 マックバレン・ハーフスワレ(MAC BEREN HALFZWARE)をかなり軽くしたというか、ドラム・メンソール(DRUM MENTHOL)からメンソールを抜いて更に軽くしたような喫味です。
 要するにドラム・ブライトブルーのことですが、個人的にはまだ試していないので敢えてこのような書き方とします。
 そういう意味ではなかなか不思議な喫味のシャグとも言えます。


【巻紙】
 オマケの巻紙は「ORLANDO」という、ごく普通の燃焼剤入りの漂白ペーパーです。

RASTA_ORIGINAL, RASTA, RYO, HANDROLL_TOBACCO, ラスタ シャグ 手巻きタバコ


【最後に…】
 個人的には少々物足りないですが、軽めのタバコを好む人に向いているかもしれません。
 また、全体的に控えめなシャグなので、風味や喫味が濃い(強い)シャグを調整するためのブレンド用としても使えそうです。
 しかも内容量が25gと少なめなので、風味が落ちる前に消費できるという点はアリだと思います。













関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 RASTA_ORIGINAL RASTA ラスタ・オリジナル ラスタ バージニアブレンド 値上げシャグ

スモーキング・レギュラークラシックフィルター・ロング(Smoking FILTER CLASSIC Long)【フィルターの感想】

Smoking_FILTER_CLASSIC_Long, Smoking, スモーキング・フィルター・クラシック・ロング スモーキング 手巻きタバコ フィルター RYO
スモーキング・レギュラークラシックフィルター・ロング
サイズ:長さ20mm × 直径8mm
個 数:100個
価 格:300円
単 価:3.0円
原産国:スペイン(インドネシア?)




【商品について】
 巻紙やフィルター、巻き器など、手巻きタバコ周辺アイテムの定番ブランドであるスモーキング(Smoking)より、レギュラーサイズのロングフィルターです。
 スモーキングからは何種類かフィルターが出ていますが、その中でも最もスタンダードな商品と思われます。


Smoking_FILTER_CLASSIC_Long, Smoking, スモーキング・フィルター・クラシック・ロング スモーキング 手巻きタバコ フィルター RYO


 これが、長さ78mm(1-1/4サイズ)の巻紙で巻いてみた画像です。
 フィルターの長さは名前のとおり一般的なものより5mm長いため、わずかですがその分シャグの節約にもなります。


【喫味】
 手巻きタバコ用のプレーンフィルター全般に言えることですが、特にシャグの味を損なうことは無く本来の風味が口に入ってきます。
 また、巻紙の種類にもよるので一概には言えないのですが、長いだけあって火種が近づいても熱くて持っていられなくなるということも無いので、根元まで楽しめます。
 因みに、フィルターによっては吸うと口の中がパサパサしてしまうものもあるのですが、この商品は特にそのような感覚にはなりませんでした。質自体はごく一般的なものだと思います。 

 しかしながら耐久性にやや難があるようで、このページで紹介しているスモーキング・レギュラー・イージーフィルター(Smoking REGULAR EASY FILTER)ほどではないものの、強い力で吸い込んでしまうと直径がしぼんでしまうことがありました。
 だからといってシャグ周りの直径が変わるわけではないので、しぼんでしまうとフィルター周りと巻紙に隙間ができてしまい、空気が漏れてしまいます。そうなるとかなり吸いづらくなってしまうので、注意が必要かもしれません。


【余談】
 Smokingはスペインのブランドですが、このページ上部の「原産国」のところで(インドネシア?)と書いたのは、パッケージ裏に「MADE IN ID.」と書いてあるからです。イージーフィルターには「MADE IN LBN(レバノン)と記載されていますが、フィルターの種類よって生産場所を変えているのしょうか。


【最後に…】
 機能的な面はともかくとして、フィルターの質自体はいたって無難と言えるでしょう。
また、容量も100個と少なめなので、入手しても大きなハズレということは無いと思います。
 単価で考えるとピュア(PURE)シリーズZENシリーズより1円ほど高いですが、特にコストを気にしないというのであればメインで使っても良いかもしれません。





関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : フィルターの感想 Smoking_FILTER_CLASSIC_Long Smoking スモーキング・レギュラークラシックロングフィルター スモーキング プレーンフィルター

ケント・アイブースト5 100's(KENT iBOOST 5 100's)【紙巻きタバコのカスタマイズ】

KENT_iBOOST_5_100's KENT ケント・アイブースト5・100's ケント ブリティッシュアメリカンタバコ メンソール ブースト
ケント・アイブースト5 100's
タール:5mg
ニコチン:0.5mg
価格:420円 / 20本



【商品について】
 紙巻きタバコでは超定番とも言えるケント(KENT)より、2013年の3月頃に登場したアイブースト(iBOOST)シリーズのタバコです。
 これはフィルターの中にメンソールカプセルが入っていて、つぶすと更なるメンソール感を楽しめるという代物です。マルボロ(Marlboro)のアイスブラストやクール(KOOL)のブーストシリーズ、ピアニッシモ・ヴィヴメンソールあたりが特に有名ではないでしょうか。
 自分の好みやその時の気分でメンソールの強さを調節できるという仕組みが受けたのか、今や多くの銘柄でも採用しているスタイルのタバコです。
 余談ですが、手巻きタバコのフィルターでもピュアシリーズよりメンソールカプセル入りのものが出ています。

KENT_iBOOST_5_100's KENT ケント・アイブースト5・100's ケント ブリティッシュアメリカンタバコ メンソール ブースト


 これがバラした画像です。
 葉の量は12本分ですが、100'sなのでキングサイズよりは若干多いはずです。


【加湿前の喫味】 
 私が思うブースト系のメンソールはとにかく強烈という印象だったのですが、これに関してはそれほど強烈というわけではなく、それなりに強いながらも口当たりは思ったよりまろやかでした。とはいえあくまでも“ブースト系メンソールタバコの割には”という話なので、メンソール自体は単純に強いと思います。
 また、あくまで個人的な見解ですが“これといったクセや大きな特徴がない無難なタバコ”というのがある意味ケントの特徴はとも言えるので、単純に吸いやすいです。


【加湿後の喫味】
 手巻きである以上、一本あたりの葉の量はどうしても既製品より少なくなってしまうことも影響していますが、加湿したことで甘さが幾分引き立ち、さっぱりしたコクも加わった印象です。
 最初の1本目はノーマルのフィルターを使ってみたのですが、葉に添加されているメンソールの強さはチェ・メンソール(Che Menthol)より少し強めくらいに思いました。私にとっては、これくらいでも物足りなさを感じることはありませんでした。

 2本目は手巻きタバコ用ではなくそのままケントのブーストフィルターを使ってみましたが、結論から言えばカプセルを潰さなくてもメンソールの強さはそのままの状態で吸うよりも強烈に入ってきます。
 というのも、手巻きタバコの構造は紙巻きタバコのような“両切りタバコにフィルターをくっつける”のではなく1枚の紙で葉とフィルターを巻くので、フィルターの空気穴はふさがってしまいます。そのため、フィルターに添加されているメンソールは外に逃げることなく、ダイレクトに口へ入っていくからだと思います。
 当然ながらカプセルを潰せば更にメンソールは強くなりますが、ここまでくると“メンソールの味しかしないタバコ”ではなく“メンソールそのものを吸っている”という感覚にすら襲われました。
 より強いメンソール感を求める人にとってはアリかもしれませんが、葉の味を楽しみたい場合はノーマルフィルターでじゅうぶんだと思います。

 因みにいくつかの巻紙で試してみたところ、私の好みでは漂白してある薄紙のライスペーパーかヘンプペーパーがベストでした。


【最後に…】
 今回のカスタマイズも、ある意味遊びというか気まぐれの一環ではあるものの持て余すことなく最後まで消費するために試してみたのですが、この商品に関して言えば多少はよくなったものの格段に美味くなったわけではなく、元々クセが無い喫味故にそのままの状態でも違和感なく吸えるので、巻き直そうがそのまま吸おうが大きく変わらなかったということに気づきました。
 とはいえ一連の行為自体は悪くない暇つぶしであることと、加湿して巻き直すということに満足することが気持ちの問題で美味しくなったような気がしてしまうので、今後も試してみようと思います。


▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png










関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 紙巻きタバコのカスタマイズ ケント・アイブースト KENT_IBOOST

グロッギー・キューバリブレ(GROGGY CUBA LIBRE)【シャグの感想】


GROGGY_Cuba_Libre, GROGGY, グロッギー・キューバリブレ グロッギー キューバリブレ ラムコーク 手巻きタバコ RYO
グロッギー・キューバリブレ
原産国:アメリカ
内容量:25g
価 格:640円
グラム単価:約25.6円
【巻紙付】


【商品について】
 カクテルフレーバーのシャグシリーズであるグロッギー(GROGGY)より、キューバリブレ(ラムコーク)フレーバーのシャグです。
 キューバリブレのシャグはこの商品以外に、サーフサイド(Surfside)という別のカクテルフレーバーシリーズからも出ているので、競合ということになります。


【シャグについて】
 グロッギーシリーズはパウチそのものを袋で密閉しているのですが、袋を開けた瞬間に強めの甘い香りを感じます。
 私の嗅覚では、この段階では単純にコーラの香りに感じました。種類としては、コーラ味のキャンディに近いです。
 いかにも人工的ですが、個人的には嫌いではない香りです。


GROGGY_Cuba_Libre, GROGGY, グロッギー・キューバリブレ グロッギー キューバリブレ ラムコーク 手巻きタバコ RYO


 色はやや暗めのブラウンで、刻み幅は繊細ながらも気持ち粗めに感じます。
 触った感じではやや乾燥しているように思えましたが、一定の湿度は保たれているのでそのままでも楽しめます。加湿はお好みで。


【喫味】
 シャグの香りはコーラに寄っていますが、私の味覚では、フレーバーはラム酒に寄っていると感じました。
 フレーバーの強さはほんのり程度で、上品なラムの香りが口に広がりなかなか心地良いです。全体的にあっさりしているので、シャグそのものの香ばしさも同時に楽しめます。
 なお、商品説明では「ほのかな甘さの中に強さを感じる」とありますが、タール・ニコチン的な意味での吸いごたえはむしろ軽いので非常に吸いやすいです。立て続けに吸ってもすぐに飽きてしまうということは無いでしょう。


【巻紙】
 オマケのペーパーはストレートラム同様、「TWISTER」というごく普通の燃焼剤入り漂白ペーパーです。


Grrogy グロッギー TWISTER ツイスター 巻紙 ペーパー 手巻きタバコ シャグ RYO


【最後に…】
 個人的にはなかなか気に入りました。
 普段は強い銘柄を嗜んでいる人には物足りないかもしれませんが、たまの箸休めでも使えるシャグではないか思います。
 グラム単価は高めですがグロッギーシリーズはその分質が高く、内容量も少なめなので質が落ちる前に消費できるのも魅力の一つだと思います。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png






関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 GROGGY_CUBA_LIBRE GROGGY グロッギー・キューバリブレ グロッギー フレーバーシャグ カクテルフレーバー キューバリブレ ラムコーク

ブルーベリー・スカンク(Blueberry Skunk) 1-1/4【巻紙・ペーパーの感想】


Skunk_Blue_berry Skunk スカンク・ブルーベリー スカンク 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー ブルーベリーフレーバー ヘンプ HEMP RYO
スカンク・ブルーベリー 1-1/4
サイズ:長さ78mm × 幅45mm
価 格:200円〜 / 32枚(※税抜。販売店によって変動有り)
単 価:6.25円〜
原産国:スペイン
燃 焼:スローバーニング


【商品について】
 スカンク(Skunk)はフレーバーペーパーのブランドで、名前のとおりスカンクのマスコットキャラクターをパッケージにあしらっています。
 私が知る限りでは、ラインナップは今回のブルーベリー、ストロベリー、メンソール、ノンフレーバーの4種類です。
 この商品は全てヘンプペーパーで、商品説明によると紙厚は極薄のスローバーニングです。

 Skunk_Blue_berry Skunk スカンク・ブルーベリー スカンク 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー ブルーベリーフレーバー ヘンプ HEMP RYO


 鼻を近づけると、ガムに使われる香料と同じ種類のブルーベリー臭をほのかに感じます。
 このページで紹介している別のフレーバーペーパー・マントラはペーパーにフレーバーのイラスト(アイコン)がプリントされていますが、この商品は完全に無地です。
 また、画像では分かりづらいですが、このページで紹介しているRAWのペーパー同様格子状の透かしが入っています。

Skunk_Blue_berry Skunk スカンク・ブルーベリー スカンク 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー ブルーベリーフレーバー ヘンプ HEMP RYO

 これが巻いた画像です。極薄だけあってシャグが丸見えです。
 因みにノリにもブルーベリー味が添加されています。


【喫味】
 フレーバー自体はかなり控えめで、辛うじて分かる程度です。唇にも残るので舐めてもほのかに感じますが、少なくともマントラほど強くはありません。
 しかも素材が薄紙のヘンプなので、シャグ本来の風味を生かしつつ双方の味を同時に楽しめるといったところでしょう。
 過剰に強すぎてどのシャグを巻いても同じ味しかしないよりは良いことですが、あまりに薄いとフレーバーペーパーを買った意味が無くなってしまうので、個人的にはもう少し強くても良いのではないかと思いました。


【最後に…】
 特殊な商品ということもあって単価はかなり高めですが、フレーバーはともかくとしてもペーパー自体は優秀なので、通常のヘンプペーパーとしてもじゅうぶんに使えます。
 メインにはしづらい商品ですが、たまの気分転換やちょっとした遊びの一環として、一度は試してみても悪くないと思います。







関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー Skunk_Blueberry Skunk スカンク・ブルーベリー スカンク フレーバーペーパー ヘンプペーパー ブルーベリーフレーバー

ピュア スリムフィルター200(PURE SLIMS 200)【フィルターの感想】

PURE_SLIMS_200 PURE ピュア・スリムフィルター200 ピュア スリムサイズフィルター
ピュア・スリムフィルター6mm
サイズ:長さ18mm × 直径6mm
個 数:200個
価 格:378円〜
単 価:1.89円〜
原産国:韓国


【商品について】
 フィルターの中では経済的な価格でおなじみのピュア(PURE)シリーズより、スリムサイズのプレーンフィルターです。
 私が知る限りではスリムサイズのフィルターの長さは15mmのものが多いですが、この商品はやや長い18mmです。

PURE_SLIMS_200 PURE ピュア・スリムフィルター200 ピュア スリムサイズフィルター


 手元にコルツ(COLTS)のフィルターがあったので並べて撮影してみました。上がコルツで、下が今回の商品です。
 コルツは15mmなので、当然ながらピュアの方が3mm長いです。

 そして、各々を巻いてみた画像がこれです。

PURE_SLIMS_200 PURE ピュア・スリムフィルター200 ピュア スリムサイズフィルター



 個人的にはスリムフィルターは上の長さに慣れているせいもあり、見た目も長く感じます。
 また、それなりの強度もあるので触った感じはなかなか丈夫です。

 

【喫味】
 シャグ本来の喫味や香ばしさ、甘さといった味はダイレクトに入ってくるので、風味を損なうということはありません。
 因みに試してみたシャグはコルツ・クリアメンソールでしたが、メンソールの清涼感も同様に本来の濃度で入ってきます。
 また、他よりは長い分多少は喫味も軽くなるかと思いましたが、気持ちの問題やその時の体調等もあるとはいえ、シャグの風味を維持しつつ若干まろやかになったというか吸いやすくなった気がします。自分にとって少し強めというシャグを楽しむ時にも重宝するかもしれません。


【最後に…】
 これまで試したことのある他のフィルターと比較しても遜色ないので、単純に良質だと思います。
 単価もかなり安い方なので、個人的にはリピートしても良いかなと思いました。



関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : フィルターの感想 PURE_SLIMS_200 PURE ピュア・スリムフィルター200 スリムサイズフィルター ピュア プレーンフィルター

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR