FC2ブログ

一ヶ月にかかる手巻きタバコ代−2014年8月【コストパフォーマンス】

 さて、月末になったので2014年8月にかかったタバコ代を紹介します。 


【シャグ】

-----
合計:3,350円


【巻紙】

-----
合計:571円


【フィルター】

-----
合計:1,480円


【紙巻きタバコ(JT製品)】

-----
合計:1,930円



【その他】

-----
合計:700円


★★総計:8,031円★★



 8月は31日あるので、紙巻きタバコを吸っていた場合の一ヶ月のタバコ代を「445円×31箱=13,795円」とすると、今月は5,764円浮いたことになります。これを445円で割ると、約13箱分です(※紙巻きタバコ代に関してはこちらをご参照ください)

 今月は少し多くかかってしまいました。
 フィルターを多めに買ったことや、またしても出先で紙巻きタバコを多く買ってしまったこともありますが、それ以上に消費量が普段より多い月でした。
 購入したシャグの容量と紙巻きタバコ(※1本あたりの葉の量を1gとして換算)を合計すると、先月(2014年7月)は215gに対して今月は280g分のタバコを買ったことになります。
 尤もショートピースはまだ残っていますが、それでも270g以上消費している計算です。

 因みに、レギュラーサイズの直径でタバコを作る場合、多少の誤差はあるものの1本あたりの一般的な葉の量はだいたい0.6gらしいのですが、それを1日あたりで換算すると約15本消費していることになります。
 しかし私の場合は、レギュラーサイズも作りますがスリムサイズで作る方が圧倒的に多いため、計算上は1日あたり20本は消費していたのでしょう。
 主観ですがいくら手巻きは紙巻きより安上がりで美味いとはいえ、これからは一本一本を大事にすべく喫煙ペースを考えながら楽しもうと思った次第です。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 一ヶ月の手巻きタバコ代 出費 コストパフォーマンス

スモーキング・スリム・ブラウンフィルター(Smoking SLIM BROWN FILTER)【フィルターの感想】

Smoking_filter_slim_brown Smoking スモーキング・スリムフィルター・ブラウン スモーキング フィルター 無添加 無漂白 RYO
スモーキング・スリム・ブラウンフィルター
サイズ:長さ15mm × 直径6mm
個 数:120個
価 格:300円(※取扱店によってはプラス税)
単 価:2.5円
原産国:スペイン




【商品について】
 巻紙やフィルター、巻き器など、手巻きタバコ周辺アイテムの定番ブランドであるスモーキング(Smoking)より、スリムサイズの無添加・無漂白フィルターです。シャグや巻紙では無添加・無漂白のものは多数出回っていますが、私が知る限りでは他に無いフィルターでしょう。

 パッケージの裏には英語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語で商品説明が書かれています。
 Google翻訳にかけてみたところ、相変わらず文章として成立しない訳文が表示されました、おおまかには「塩素フリー」「環境に配慮している」「捨てても土に帰る」というようなことが書かれています。

 そもそもフィルターの選択肢はプレーンかメンソールで、あとは長さや直径の違いくらいしかありません。無添加・無漂白がシャグの風味にどのような影響が出るのか未知数です。


Smoking_filter_slim_brown Smoking スモーキング・スリムフィルター・ブラウン スモーキング フィルター 無添加 無漂白 RYO


 

 これがフィルターの拡大画像です。こうして見ると、コルクのようにも見えます。
 また、ブラウンと言っても色は薄めです。


Smoking_filter_slim_brown Smoking スモーキング・スリムフィルター・ブラウン スモーキング フィルター 無添加 無漂白 RYO


 

 そしてこれが巻いてみた画像です。


【喫味】
 普通のフィルターよりもシャグの味や吸いごたえが濃く、シャグによっては本来の辛みや酸味が強めに感じました。
 吸っている内に気づいたのですが、要するにフィルター無しの状態、つまり両切りかフィルターチップを使用した時の喫味にかなり近いです。
 といってもやはりフィルターなので、フィルターを使わないものより入ってくる煙は柔らかいですが、それでもフィルター無しの状態にかなり寄っているという印象です。考え方によっては、より機能性の高いフィルターチップというとも言えるでしょう。
 軽めのシャグであれば更に濃い味を楽しめると思いますが、元々が強めだったりスパイシーなシャグだと注意が必要かもしれません。


【最後に…】
 シャグ本来の風味をより満喫したいという人には向いていると思いますが、どちらかというと両切り派、若しくはフィルターチップ派向けのフィルターだと思います。
 とはいえ、両切りやフィルターチップに興味がある人が、前段階としてこれを試すというのも悪くは無いでしょう。
 私の場合は、フレーバーシャグをより濃く楽しみたいと思った時に重宝しそうです。








関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : フィルターの感想 Smoking_SLIM_BROWNFILTER Smoking スモーキング・ブラウンフィルター スモーキング 無添加 無漂白 スリムサイズ

OCB エクスパートブルー(OCB X-PERT BLUE)【巻紙・ペーパーの感想】


OCB_X-PERT_BLUE OCB_エクスパートブルー OCB オーシービー スローバーニング 薄紙 極薄 柘製作所 RYO
OCB エクスパートブルー
サイズ:長さ69mm × 幅36mm
価格:100円+税 / 50枚
単価:約2.0円
原産国:フランス
燃焼:スローバーニング




【商品について】
 巻紙、フィルター、ローリングマシーン(巻き器)等、喫煙具全般を取り扱っているOCBより、スローバーニングの巻紙です。
 画像だとくすんでよくわからないかもしれませんが、ロゴ部分はエンボス加工が施されており、カラーは光沢のあるシルバーです。
 
 商品説明では「典型的なスローバーニングペーパー。味を損ねないとても薄い巻紙」とあります。解釈次第では身も蓋もない説明に思えますが、余計な細工をしない王道のペーパーということでしょう。


OCB_X-PERT_BLUE OCB_エクスパートブルー OCB オーシービー スローバーニング 薄紙 極薄 柘製作所 RYO   


 

「極薄」と表記しても問題無いほどに薄いです。パッケージカラー然り厚さ然り、スモーキング・No.8 ブルー(Smoking No.8 Blue 100% Tree Free)を意識しているのでしょうか。
 因みに、画像だとわかりませんが全面にOCBのロゴやアイコンが透かしとして入っています。

 そして、巻いた画像がこれです。

OCB_X-PERT_BLUE OCB_エクスパートブルー OCB オーシービー スローバーニング 薄紙 極薄 柘製作所 RYO


 

少しコントラストが弱いのでわかりづらいかもしれませんが、かなり薄い紙だけあってシャグが透けて見えます。


【喫味】
 この手の商品の感想はどれも同じようになってしまうのですが、商品説明どおり典型的なスローバーニングの薄紙で、シャグそのものの味がダイレクトに入ってきます。しかしながら、心なしか他のペーパーより喫味や吸いごたえが若干濃いようにも思います。

 また、個人的に良いと思った点は、これくらいの薄紙だと吸っている内にヤニが指に付着することがあるのですが、このペーパーではそれが殆どありません。指の汚れが気になる人には良いと思います。


【最後に…】
 身も蓋もない言い方をしてしまえば,単純に良質な巻紙だと思うものの決定的な個性は無いところや、OCBのペーパーはどこのお店でも扱っているわけでは無いのでどこででも買えるわけでは無いところが惜しいですが、この質で価格が100円というのはなかなかのコストパフォーマンスだと思います。
 とはいえ、スモーキングの方は60枚入りなので最安値というわけではないですが、個人的には定期的に買っても良いかなと思いました。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー OCB_X-PERT_BLUE OCB_エクスパートブルー OCB オーシービー スローバーニング 薄紙 極薄 柘製作所

【日本未発売・ウルグアイのシャグ】3 Indios【シャグの感想】

3_Indios シャグ ウルグアイ Tabacos_del_Sur RYO Tabaco_de_Liar
3 Indios
原産国:ウルグアイ
内容量:45g
商品価格:不明
【巻紙無し】



【商品について】
 今回紹介する「3 Indios(トレス・インディオス)」は南米・ウルグアイのシャグで、日本では売っていません。
 そのため読む側からすれば無益かもしれませんが、諸外国の嗜好やタバコ事情の紹介ということで目を通していただければ幸いです。

 そもそもは、とある知人がウルグアイに滞在しているので現地のシャグを送ってもらったことがきっかけです。私が知る限りで日本で手に入るウルグアイのタバコといえばアークロイヤル(ARK ROYAL)ブライト(BRIGHT)ですが、ウルグアイのタバコは質が良いと思っているのでシャグも質が高いだろうと思い購入を依頼したところ、探してくれたということです。
 何でも、「小さな会社の製品だけど質は高いらしい」ということでこれを選んだようです。ウルグアイではスタンダードなものかはわかりませんが、タバコ屋の主人が薦めたみたいなので本格嗜好のスモーカー向けかもしれません。
 因みに商品名を検索してもこれといった情報があまり出なかったので、恐らく販売エリアはそれほど広くないと思われます。


【メーカーについて】
 メーカーである「TOBACOS DEL SUR」社のサイトをGoogle翻訳にかけたところ、シャグがメインというわけではなくむしろ葉巻(シガー)やパイプに力を入れているようです。
 シャグに関しては、「100%ナチュラル」「なめらかな味わい」「軽い」「洗練された圧縮葉巻を繊細にカット」といった文言があります。機械翻訳なのでどこまで正確かはわかりませんが、要約すれば「上質な葉巻を丁寧にカットした自然派シャグ」ということでしょうか。
 ともあれ会社自体はかなり老舗のようなので、葉巻やパイプ愛好家の間では有名なブランドかもしれません。


【パッケージについて 1】
 ウルグアイはタバコの規制が厳しいようで、このシャグに限らず「喫煙による健康被害」を連想させるイメージ画像をパッケージに大きく載せています。余談ですが、東南アジアのタバコもかなり露骨です。
 その画像も多種多様で銘柄によって異なるのですが、このシャグに掲載されている画像は少しショッキングに思えたので一部モザイクをかけています。このページに掲載されている画像と同じなので、興味がある人はクリックしてみてください(※決して気持ちの良いものではないので、自己責任でお願いします)

 ヨーロッパのタバコにもパッケージに大きく「SMOKING KILLS」といった直接的な警告文が大きく書かれていたりしますが、それでも面積はパッケージの1/3程度なので、それに比べればかなり徹底しています。 
 パウチに大きく書かれている「FUMAR CAUSA INFARTOS CEREBRALES」はスペイン語で、直訳すると「喫煙は脳梗塞の原因となります」という意味です。
 また、下の「www.puedodejar.com」とは、どうやらウルグアイの保健省(日本で言う厚生労働省)が立ち上げたサイトのようで、全てはわかりませんがタバコの害や禁煙の啓蒙が目的のようです。サイト名を直訳すれば「やめられるドットコム」といったところでしょうか。

 パッケージのほぼ全面にわたって健康被害に関する警告で占められるとパッケージデザインもへったくれも無いですが逆にここまでするということは、政府の方針であるということと同時に、仮に喫煙で健康を損なっても訴訟はさせないというタバコ会社の意思表示も含まれているのではないかと勝手に勘繰ってしまいます。


【パッケージについて 2】
 そしてパウチ自体の説明ですが、内容量が45gと多めの割には体積はかなり小さいです。恐らく、200mlくらいの紙パック飲料より少しコンパクトです。
 私がこれまでに買ったことのあるシャグは、例外なくどれも洋封筒のように幅の広い部分が開封口になっていますが、これは上部の狭い部分が開く構造になっています。形状然り構造然り、緑茶の葉や水出し麦茶のパックに近いです。シャグの保存に重きを置くと理にかなっている気がしますが、開封口が狭い分シャグの出し入れが少し面倒です。


3_Indios シャグ ウルグアイ Tabacos_del_Sur RYO Tabaco_de_Liar


 ともあれ、こういった違いも興味深いです。


【シャグについて】
 100%ナチュラルということもあってか、シャグの香りは実に素朴でいかにも“タバコ”といった自然な香りでした。
 また、開封時点では乾燥しているので手にするとボロボロとこぼれ落ちます。
 色は明るめのブラウンで、刻み幅はこのページで紹介しているエクセレント(EXCELLENT)シリーズより少し細かいといったところでしょうか。


【喫味】
 日本で売っていない以上は詳細を説明しても証明のしようがないので最低限に留めますが、商品説明どおり非常に軽くて吸いやすく、それでいて甘さや香ばしさは濃い目でしたが、加湿しても酸味と辛さは若干残ったのでそういうフレーバーのシャグだと思います。
 少なくとも私の好みでは,大ヒットとまではいかないまでも最後まで持て余すことなく楽しめそうなので、仮に日本で販売することになったとしたらそこそこ受けるのではないかと思いました。


【オマケ】
 巻紙はついていませんが、代わりに小さなマッチ箱が同梱されていました。



3_Indios シャグ ウルグアイ Tabacos_del_Sur RYO Tabaco_de_Liar



 

箱だけなのでマッチ自体はお好みで入れるということだと思いますが、ウルグアイではライターよりもマッチが主流なのか、あるいはこのシャグはライターよりマッチでの点火を薦めているということでしょうか。


【余談】
 今回はその知人から直接受け取ったのではなく現地から国際便で送ってもらったのですが、タバコということもあってしっかり通関料と関税がかかりました。
 今回の依頼はお土産の一つということになったのでシャグ代は0円ですが、合計で700円かかったので出費としては普通のシャグを買ったも同然という結果になりました。


【最後に…】
 個人的な話ですが、現在の私は全くと言っていいほど海外とは縁のない生活を送っているので、日本で売っていないシャグを手に入れる機会は滅多に無いため、ちょっとした海外旅行気分で楽しもうかと思っています。
 また、ウルグアイはともかくとしてもいずれ海外旅行をすることがあったら、通常の観光に加えて現地のタバコ屋をまわって日本で売っていないシャグを試すこともイベントの一つとして加えたくなった次第です。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png




関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 3_Indios ウルグアイのシャグ 日本未発売 無添加シャグ Tobacos_del_Sur

ピアニッシモ・アイシーン・スパイク(PIANISSIMO ICENE SPIKE) 【紙巻きタバコのカスタマイズ】

ピアニッシモ_アイシーン_スパイク ピアニッシモ PIANISSIMO_ICENE_SPIKE PIANISSIMO
ピアニッシモ・アイシーン・スパイク
タール:6mg / ニコチン:0.4mg
価格:450円 / 20本



【商品について】
 アイシーン・スパイクはピアニッシモ(PIANISSIMO)ファミリーの一つで、2014年1月に発売された紙巻きタバコです。
 今回スパイクを購入した理由は特に無く、家で巻いた手巻きタバコを忘れて外出してしまったのでコンビニに行ったところ、たまたま目に入ったので買ってみただけです。

 JTのプレスリリースによると「混じり気のないストレートなメンソールの味わいと、強烈な冷涼感」「クセが少なく、氷のようにヒンヤリとした刺激的なメンソール」とのことで、強いメンソールを特に強調しています。 
 何でも、販売終了予定になったピアニッシモ・ヴィヴ・メンソール(PIANISSIMO VIV MENTHOL)の後継銘柄らしいのですが、ヴィヴの大きな特徴だったフルーツ系のフレーバーカプセルはありません。

 因みにピアニッシモは、若い女性をターゲットにしているブランドということもあってスリムサイズのものが多いのも特徴ですが、スパイクはレギュラーサイズです。


【加湿前の喫味】
 まず、メンソールの刺激はかなり強く、昨今の紙巻きのメンソールタバコでもトップクラスだと思います。リリースのとおり刺激的なタバコでしょう。
 しかしその反面、タバコの味が殆しません。メンソールが強すぎるということもあるかもしれませんが、リリースどおりクセが少ないとはいえ、葉の味そのものがかなり薄味に思います。
 尤もこの手のタバコは味を求めるものでは無いのかもしれませんが、ここまでメンソールだけが強調されると強めのメンソール仕様の電子タバコでも良いのではと思ってしまいました。
 
 因みにD-spec(ディースペック)仕様ということは買ってから知ったのですが、D-spec特有の紙臭さも感じました。


【加湿後の喫味】


ピアニッシモ_アイシーン_スパイク ピアニッシモ PIANISSIMO_ICENE_SPIKE PIANISSIMO


 これがバラした画像です。

 まずは加湿せずに巻き直してみたのですが、葉に添加されているメンソールも強めなので、ノーマルのフィルターでもメンソールは十分に楽しめます。
 とりあえず薄紙で巻いたのですが、他の紙巻きタバコ同様香ばしさは上がったものの薬品臭さがやや強まった印象です。
 また、手巻きタバコは構造上一枚の紙で葉とフィルターを巻くので、空気や煙があまり外に逃げない分だけ濃い味になった気はしますが、それでも気持ち程度です。


【加湿前の喫味】
 加湿してみたところ、甘さとコクが際立ちました。
 同時に薬品臭さも緩和されたので成功といえば成功でしたが、元々のポテンシャルがそう高いとも思えないので、「バラす」→「ジップロックに移し替える」→「しばらく加湿する」→「巻き直す」という一連の手間の元が取れるほど美味くなったとなると、難しいところです。好みの問題もありますが、私の場合は“多少はタバコの味を堪能できたかも”という感想です。


【最後に…】
 タバコ自体は本当にクセが無く吸いごたえも軽いので、強めのメンソールを重視するのであればアリかもしれません。
 また450円という価格は、10円とはいえマールボロやセブンスターより安いので、メンソール派であれば普段吸っている銘柄が手に入らなかった時の代用には良いかもしれません。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png









関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 紙巻きタバコのカスタマイズ ピアニッシモ・アイシーン ピアニッシモ アイシーン PIANISSIMO_ICENE_SPIKE PIANISSIMO ICENE D-spec

ドラム・オリジナル(DRUM ORIGINAL)【シャグの感想】

DRUM_ORIGINAL DRUM SHAG ドラム・オリジナル ドラム 手巻きタバコ シャグ RYO ROLLING_TABACO
ドラム・オリジナル
原 産 国:オランダ
内 容 量:50g
価   格:1,140円(2014年4月〜)
グラム単価:22.8円
【巻紙付き】



【商品について】
 今さらこの場での説明は不要かもしれませんが、青いパウチのドラム・オリジナル(DRUM ORIGINAL)は王道中の王道で、世界で最も親しまれているとされているシャグです。
 タバコを扱っているコンビニや町のタバコ屋でセブンスターやマルボロを置いていないところはまず存在しないように、手巻きタバコを扱っているお店でドラムを置いていないところは皆無というほど流通しています。

 このブログでは2014年8月13日時点で42種類のシャグを紹介しましたが、43パウチ目にして初めて購入しました。
 他の手巻きタバコ関連のブログを見ると、定番だけあって多くの管理人は立ち上げて早い段階にこれを紹介しているので、私の場合は遅すぎかもしれません。

 今まで買わなかった理由を挙げてみると、

  • 吸いごたえが強そう
  • クセが強そう
  • 内容量が多く、価格もそれなり(※グラム単価は別として)
  • 故に持て余すことになったらもったいない
  • 他に試したいシャグが多かった
  • 既にお気に入りのシャグがいくつかある


 といったところですが、まがりなりにも40種類以上試した今だったらフラットに嗜むことができるだろうと思ったことと、ちょうど強めのシャグを吸いたくなったので購入しました。


【シャグについて】
 開封前でもパウチに鼻を近づけると、いわゆる“かつお節臭”を感じます。当然ながら、開けると更に強い香りが広がります。
 こうして実物をきちんと嗅ぐ前までは、てっきりかつおだしを使った料理に近いにおいなのかと思っていたのですが、日本人だったら確実にかつお節そのものが頭に浮かぶにおいです。
 しかも、開封したままにしておくとすぐ近くにいれば確実に感じるので相当強いです。それこそフレーバーシャグでおなじのチョイス(CHOICE)シリーズ並みですが、決して甘い香りでも良い香りでも無いので密閉性の高い容器に移し替えた方が良いでしょう。
 刻み幅は細かく、粗く刻まれた葉脈や茎のようなものもチラホラ入っています。 
 色は暗めのブラウンで若干赤みがかってるようにも見えます。
 開封時点でそれなりに保湿されているので、加湿はお好みで。


DRUM_ORIGINAL DRUM SHAG ドラム・オリジナル ドラム 手巻きタバコ シャグ RYO ROLLING_TABACO


【喫味】
 喫味はシャープで後味もスッキリしていながら程々にコクもあって吸いやすいです。
 しかしながら、※もしかしたら舌焼けかもしれませんがフィルターによっては若干の辛みを感じました。やはり、このページで紹介しているマックバレン・ハーフスワレ(MACBAREN HALFZWARE)と同じ系統の味ですが、それよりも若干個性の強いシャグに思いました。
 また、吸ってる間はそれほど強いとは感じませんでしたが、吸い終わって少し経ってからずっしりとした余韻がじわじわと来ました。体調の悪い時や極端にお腹が空いている時は避けた方が良いかもしれません。


【煙の香り】
 シャグのにおいが独特なだけあってやはり残り香も独特で、何やら燻製に近いにおいが漂います。
 これもこれでいかにもタバコっぽいにおいではありますが、好みは分かれそうです。


【巻紙】
 燃焼剤入りの漂白ペーパーですが、巻紙ではおなじみのブランド、リズラ(RIZLA)のオレンジが同梱されています。


RIZLA_ORANGE RIZLA リズラ・オレンジ リズラ DRUM ドラム 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー


 余談ですが、裏には手書きのイラストと何やらオランダ語の文章が書かれています。


RIZLA_ORANGE RIZLA リズラ・オレンジ リズラ DRUM ドラム 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー
※画像をクリックすると拡大します。

 

 文章をおこすと、こんな感じです。

 WIE HEERFT'R TOEN IK NAAR DE WC WAS AAN DAT BLAUWE KNOPJE GEZETEN?
 HET ORANJE GEVOEL VAN RIZLA?


 試しにGoogleで翻訳してみたところ、

 私はその青いボタンで座っていたときは誰?トイレに行く
 RIZLAのオレンジ色の感じ?

 と翻訳されました。
 日本語訳が文章として成立していないので、何が言いたいのかはよくわかりません。


【最後に…】
 世界で最も人気があるとされているシャグだけあって単純に良質だと思いましたが、オリジナルに関してはあくまで自分の好みではありませんでした。ゴールデン・バージニア(GV)のように多少単価が高くなっても25g程度の少量のパウチがあればまたいずれ買ってもいいかなとは思いましたが、わたしの場合は50gだと持て余しそうな気がしているので、普通に吸いつつも他のシャグとブレンドして楽しもうと思います。

 あくまで主観ですが、本格的で上質なタバコを第一に求める人であれば最初にこれを選ぶのはアリだと思います。
 しかし、どちらかというと味よりはタバコ代を安く抑えるために手巻きタバコを試してみたいという人は、他のシャグをいくつか試してみてから購入した方が良いように思いました。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 DRUM_ORIGINAL DRUM ドラム・オリジナル ドラム RIZLA リズラ 値上げシャグ ハーフスワレ

ベーシック・ライトメンソール KSボックス(BASIC LIGHTS MENTHOL) 【紙巻きタバコのカスタマイズ】

BASIC_LIGHTS_MENTHOL BASIC ベーシック・ライトメンソール ベーシック 格安タバコ
ベーシック・ライトメンソール
タール:5mg / ニコチン:0.4mg
価格:410円 / 20本
原産国:ドイツ



【商品について】
 ベーシック(BASIC)はドイツの紙巻きタバコで、日本ではフィリップモリス社(Philip Morris)から発売されているそうです。このページで紹介しているブライト(BRIGHT)同様低価格タバコの一つで、410円という価格は魅力的です。
 ラインナップは今回のライトメンソールの他、マイルド(タール8mg、ニコチン0.7mg)、ワン100ボックス(100sの1mg)だそうです。


【加湿前の喫味】 
 これといったクセも無く、それでいて葉の甘さもほのかに堪能できるタバコです。
 メンソールは昨今の強烈メンソール系と比べれば弱めですが、それでも弱すぎない程度なので葉の味と程良いメンソールがうまい具合に両立しているタバコだと思います。紙巻きタバコだけを吸っていた時も時々買っていたのですが、この質で410円は安いでしょう。


【加湿後の喫味】

BASIC_LIGHTS_MENTHOL BASIC ベーシック・ライトメンソール ベーシック 格安タバコ


 これがバラした画像です。何となくですが、これまでバラしたことのあるタバコの中ではややしっとりしていました。
 
 フィルターだけでなく葉にもメンソールは添加されているので、ノーマルフィルターでもメンソールは堪能できます。
 また、手巻きタバコは構造上一枚の紙で葉とフィルターを巻くので、空気が外に逃げない分だけ濃い味になった気はしますが、それでも気持ち程度です。
 しかしながら、加湿したことでこのページで紹介しているポールモール(PALL MALL)ほど香ばしさや甘さが大きく際だつということは無く、むしろ薬品臭さが強調された感じでした。
 また、加湿の度合いにもよりますが過度にしてしまうと悪い意味で薄味になったので、あくまで私の味覚ではその分飽きが早いという結果になりました。


【最後に…】
 個人的な好みでは、ベーシックはわざわざバラして加湿しなくてもそのまま吸った方が楽しめました。
 仮にバラして加湿する場合は、単純に節約として一本でも多くのタバコを一箱で作るためとして割り切った方が良いような気がします。


▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png










関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 紙巻きタバコのカスタマイズ ベーシック・ライトメンソール ベーシック BASIC_LIGHTS_MENTHOL BASIC 低価格タバコ

マントラ・チェリー(mantra cherry)【巻紙・ペーパーの感想】


巻紙 ペーパー mantra_cherry mantra マントラ・チェリー マントラ Smoking フレーバーペーパー スローバーニング 手巻きタバコ RYO
マントラ・チェリー
サイズ:長さ78mm × 幅44mm
価 格:250円 / 50枚
単 価:5円〜
原産国:スペイン
燃 焼:スローバーニング


【商品について】
 フレーバーペーパーブランドで有名なマントラ(mantra)より、チェリーフレーバーの巻紙です。
 このページではワイルドファイヤー・チェリージュビリー(WILD FIRE Cherries Jubilee)を紹介していますが、味の違いが楽しみです。


【商品の特徴】
 他のマントラシリーズ同様、フレーバー系ということもあってか袋詰めになっています。
 それでも鼻を近づけると仄かに甘いにおいが漂います。香りの種類はいかにも外国産のチェリーを思わせます。
 もちろん、パッケージに直接鼻をつけてみると開封前より強めの香りを感じます。
 因みにペーパーの色は真っ白ではなく、白に近いチェリー色です。

 そして同じく他のフレーバーペーパー同様、全体に当該フレーバーのイラストがプリントされています。


巻紙 ペーパー mantra_cherry mantra マントラ・チェリー マントラ Smoking フレーバーペーパー スローバーニング 手巻きタバコ RYO


 

というわけで、早速巻いてみました。


巻紙 ペーパー mantra_cherry mantra マントラ・チェリー マントラ Smoking フレーバーペーパー スローバーニング 手巻きタバコ RYO


 

こうして実際に巻いてみると、かなり可愛らしいです。もしかしたら女性に見せたら面白がってくれるかもしれませんが、公共の場では良くも悪くも注目されそうです。

 また、フレーバーペーパーだけあって糊にもチェリー味が添加されています。
 なお、ペーパー自体はスローバーニングのようですが、それほど薄くありません。見た感じでは、このページで紹介しているジグザグ・クラシックオレンジと同じくらいです。


【喫味】
 フレーバーペーパーだけあって、口にくわえるだけでもチェリー味を楽しめます。唇を舐めるとほのかな甘さを感じます。
 
 そして喫味ですが、ほんのりチェリーを感じる程度でフレーバーそのものも毒々しくないです。ほんのりなので、シャグの味より勝ってしまうということはありません。
 しかしながら濃いめのシャグや強いフレーバーのシャグを巻くと逆にシャグが勝ってしまい、チェリーを感じなくなってしまうかもしれません。アメリカンブレンドあたりの比較的クセの無いあっさり系のシャグの方がフレーバーを楽しめそうかなと思いました。
 また、チェリーは汎用性が高いフレーバーなので、メンソール、チョコ、バニラ、ベリー系フレーバーのシャグと相性が良さそうです。


【最後に…】
 このペーパーに限らずフレーバーペーパー全般に言えることですが、さすがにメインで使おうとは思わないもののたまの気分転換で使うには悪くないと思いました。

 しかしながら枚数が多く、フレーバーペーパーなので単価は決して安くないところがデメリットですが、チェリー味の飲み物や輸入菓子が好きな人であれば気に入ると思います。


  

↓  宜しければクリックをお願いします。↓
br_c_1470_2.gifblogmura-logo_180.png






関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー mantra_cherry mantra マントラ・チェリー マントラ Smoking フレーバーペーパー スローバーニング チェリーフレーバー

チョイス・アロマティック(CHOICE AROMATIC)【シャグの感想】

CHOICE_AROMATIC チョイス・アロマティック CHOICE チョイス フレーバーシャグ 手巻きタバコ RYO シャグ MACBAREN
チョイス・アロマティック
原 産 国:デンマーク
内 容 量:30g
価   格:710円
グラム単価:約23.67円
【巻紙付】



【商品について】
 フレーバーのバリエーションが豊富で人気の高いチョイス(CHOICE)シリーズより、唯一抽象的な名称のフレーバーシャグです。
 だいぶ前に試供品をもらったことがあるのですが、その袋には「フレッシュフルーツの爽やかな香り立ち」と書いてありました。特定のフルーツを再現しているわけでは無いようですが、「アロマティック」と書かれてしまうとイメージ的に気持ちがリラックスしそうなシャグです。


【シャグの香りについて】
 開封前でもパウチに鼻をつけると甘い香りをほのかに感じますが、少なくともこのページで紹介しているグレープ(CHOICE GRAPE)ほど強くはありません。とはいえ、それでも近くに居るとすぐわかる程度の強さはあります。
 私の嗅覚では香りの系統はピーチで、やさしい瑞々しい香りです。特定のフルーツを指しているわけではないようですが、パウチの色からすると黄桃にも思えます。
 個人的には好きな香りですが芳香剤にも思えたので、どう感じるかで好みは分かれそうです。


【シャグについて】
 他のチョイスシリーズ同様、開封段階で既にしっとりしています。よほど時間が経って乾かない限りは加湿しなくても大丈夫でしょう。
 刻み幅も他と同様かなり繊細で、粗めの葉脈や茎らしきものが適度に混ざっています。
 湿度と相まって手触りもふわふわしてるので巻きやすいですが、幅がかなり繊細でしっかり保湿してある分丹念にほぐさないとダマになりやすくドロー(吸い込み)に影響しかねません。


CHOICE_AROMATIC チョイス・アロマティック CHOICE チョイス フレーバーシャグ 手巻きタバコ RYO シャグ MACBAREN


【喫味】
 グレープやオリジナル(ORIGINAL CHOICE)よりは控えめに感じましたが、シャグの香りどおりやさしいピーチの香りが口や鼻を通ります。ピーチ味のお菓子やソフトドリンク、カクテル等が好きな人には合うと思います。甘さもほんのり程度なので数本で飽きてしまうということは無いでしょう。
 そして、これに合いそうな飲み物はやはりコーヒーより紅茶でしょう。私の味覚では、どことなく市販のピーチティーに近い香りに思えました。むしろ男性より女性に受けるフレーバーだと思います。

 また、他のチョイスシリーズ同様吸いごたえは軽いです。
 雑味も無いので非常に吸いやすいですが、やはり強めの銘柄を愛用している人には物足りないと思います。


【巻紙】
 他のチョイスシリーズ同様オリジナルブランドマックバレン(MAC BAREN)の巻紙が入っています。ですが、いたって普通の燃焼剤入り漂白ペーパーです。


MAC_BAREN マックバレン チョイス CHOICE 手巻きタバコ 巻紙 ぺーパー


【最後に…】
 フレーバーもちょうどいい具合でほんのりしていて喫味も軽いので、ついつい立て続けに手を伸ばしたくなるシャグでした。
 コンスタントに購入するかはともかくとしても、たまの変化球や気分転換の時にまたお世話になると思います。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!






関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 CHOICE_AROMATIC チョイス・アロマティック CHOICE チョイス フレーバーシャグ ピーチフレーバー 値上げシャグ

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR