FC2ブログ

一ヶ月にかかる手巻きタバコ代−2014年11月【コストパフォーマンス】

 さて、月末になったので2014年11月にかかったタバコ代を紹介します。


【シャグ】

-----
合計:3,010円

【巻紙】

-----
合計:968円



【フィルター】

-----
合計:820円


【紙巻きタバコ(JT製品)】

-----
合計:1,800円


★★総計:6,598円★★



 11月は30日あるので、紙巻きタバコを吸っていた場合の一ヶ月のタバコ代を「445円×30箱=13,350円」とすると、今月は6,752円浮いたことになります。これを445円で割ると、約15箱分です(※紙巻きタバコ代に関してはこちらをご参照ください)

 今月はけっこう安く抑えられましたが、先月分のストックがそれなりにあったことと、アルゼンチンのシャグ・RICHMONDは土産として頂き、というのが大きく、タバコ自体の消費量は普段とさほど変わっていません。
 ちなみに、このページで紹介している巻紙・ブラウンシュガー・コニャック&ハニー(BROWN SUGAR COGNAC & HONEY)は別のシャグを購入した際に店主の好意で景品として頂きました。



 仮にこれを1,000円くらいとすると今月の出費は7,700円強になるので、やや抑えられたといったところです。
 しかしながら、私ごとですが今月は自分で巻くのが億劫になるほど仕事に追われたことで紙巻きタバコを4箱買ってしまったので、面倒臭がらなければもっと安く抑えられたかもしれません。

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png

 








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 一ヶ月の手巻きタバコ代 出費 コストパフォーマンス

ブルブランド・リコリス(BULL BRAND LIQUORICE)【巻紙・ペーパーの感想】

BULL-BRAND_LIQUORICE BULL-BRAND_LIQUORICE ブルブランド・リコリス ブルブランド 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー RYO
ブルブランド・リコリス
サイズ:長さ68mm × 幅36mm(※)
購入価格:150円 / 50枚(税込)
単価:3.0円
燃焼:フリーバーニング
原産国:イギリス
※公式サイトは表記していなかったので自分で測った数値です。



【商品について】
 この商品は、たまたま立ち寄った専門店で見かけて初めて存在を知りました。
 物珍しさで購入してみましたが日本ではまださほど流通していないようで、実際に「ブルブランド リコリスペーパー」とカナ表記で検索しても当該商品の情報は出てきませんし、手巻きタバコ関連のグッズのネットショップでも取り扱っているところも見つかりませんでした。

 そこでアルファベット表記で検索したところ、検索結果のトップに公式サイトが上がったことと入力時に予測ワードで関連商品が出てきたので、現地では有名なのかもしれません。

[公式サイト】
http://www.bullbrand.co.uk/index.php



 国別コードトップレベルドメインはイギリス(.uk)ですが、説明文をGoogleで翻訳したところ定番ブランドの一つであるギゼ(GIZEH)が絡んでいるようです。
 因みに他のラインナップは、ミディアムウェイトの「Red Paper」、同じくミディアムでカットコーナー仕様(ローラー対応)の「Green Paper」、薄紙の「Blue Paper」で、それもスタンダードなもののようです。

 巻紙以外では、フィルター、ローラー、ローリングボックス、さや紙、チュービングマシーン、ジッポライターのフリント(火打ち石)、使い捨てのヤニ取りパイプ等もありました。

 購入したお店の店主によると、フレーバーはスモーキング(Smoking Liquorice)より強めでジグザグ(ZIG-ZAG Liquorice)より弱いとのことでした。
 尤も、私の味覚ではスモーキングとジグザグではかなり差があると思っているので、要はジグザグより控えめということでしょう。


BULL-BRAND_LIQUORICE BULL-BRAND_LIQUORICE ブルブランド・リコリス ブルブランド 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー RYO


 これが巻いた画像です。
 触った感じでは、紙の厚さはジグザグやスモーキングよりやや薄めに思います。


【喫味】
 上述の店主のとおりジグザグより気持ち控えめという程度といったところで、フレーバーの質も悪くありません。
 といっても結局はほんのり程度なので、シャグの風味によってはリコリスが消えるかもしれません。巻くのであればアメリカンブレンド系のシャグが妥当かと思います。
 また、全般的にリコリスペーパーとはそういうものかもしれませんが、これも折り紙を燃やしたかのような強い紙臭さを感じます。
 因みに、糊にもフレーバーが添加されていますが、リコリス特有の甘塩っぱさではなく仄かに塩っぱいだけでした。


【最後に…】
 上述のとおり、ジグザグでは濃すぎるけどスモーキングでは物足りないという人には良いかと思います。
 しかしながら、紹介しておいて言うのもはばかられますが現時点はさほど出回っていないので入手は難しいであろうということと、一枚あたりの単価が他より若干高い分、それに見合った質かとなると判断しづらい部分もあります。
 とはいえ、公式サイトによるとこの商品は新発売のようなので、時期が経過すれば取扱うところは増えるかもしれません。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png









関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー ブルブランド・リコリス ブルブランド BULL_BRAND_LIQUORICE BULL_BRAND スモーキング リコリス フリーバーニング GIZEH

チョイス・ダブルチェリー(CHOICE DOUBLE CHERRY)【シャグの感想】

CHOICE_DOUBLE_CHERRY チョイス・ダブルチェリー CHOICE チョイス フレーバーシャグ チェリーフレーバー 手巻きタバコ RYO MAC_BAREN
チョイス・ダブルチェリー
原 産 国:デンマーク
内 容 量:30g
価   格:710円
グラム単価:約23.67円
【巻紙付】



【商品について】
 2014年の11月、フレーバーシャグでおなじみのチョイス(CHOICE)シリーズより、更にフレーバーが追加されました。
 内訳はダブルチェリー(DOUBLE CHERRY)、ダブルアップル(DOUBLE APPLE)、マルーラ(MARULA、南アフリカ原産のフルーツ)、カフェ(CAFE)の4種類で、これで日本で入手できるチョイスは13種類になりました。
 因みにカフェに関しては、日本未発売ながらも既存のチョイス(上記以外の各フレーバー)のパウチ裏に掲載されているので、新発売というよりは“このタイミングで日本でも販売されるようになった”ということでしょう。
 しかし残りの3つは既存のパウチ裏には掲載されていないので、現地でも新発売と思われます。因みにダブルチェリーを画像検索したところ、ポーランドのタバコ販売サイトにしかヒットしませんでした(※2014年11月20日時点)

 余談ですが、ダブルではない方のCHOICE CHERRYもパウチ裏に掲載されていたので、いずれ日本でも手に入るようになったら、或いはいつかドイツ近辺を旅行することがあればぜひとも手に入れたいと思っていたのですが、まさか本家を差し置いてダブルチェリーとやらが先に日本で発売されるとは思いもよらなかったので、今回購入してみました。


【シャグの香りについて】
 香りの質は、海外のソフトドリンクやキャンディーに使用されそうな人工的で毒々しさは無く、チェリーを使用した洋菓子のような美味しそうな香りです。フルーツそのもののような瑞々しさとは趣は異なりますが、目隠しで嗅いだら本当に食べられるのではないかと思いかねません。


【シャグについて】
 他のチョイスと同様、刻み幅は繊細で粗めに刻まれた葉も適度に入っています。
 開封時点しっかり保湿されているので、すぐの加湿は必要無いでしょう。


CHOICE_DOUBLE_CHERRY チョイス・ダブルチェリー CHOICE チョイス フレーバーシャグ チェリーフレーバー 手巻きタバコ RYO MAC_BAREN


【喫味】
 上質でほんのりとした甘酸っぱいフレーバーが口や鼻を通るので、吸っていている間は実に心地よいです。
 私の味覚では、やはりフルーツとしてのチェリーというよりはチェリーベースの加工品を思わせます。たとえるならば、「チェリーパイ味」とか「チェリーソース味」とかの方がしっくりきそうです。
 因みに、チェリーフレーバーのシャグは他にハーベスト(HARVEST)ドミンゴ(DOMINGO)からも出ていますが、強いて書くなら私の味覚ではハーベストに近いという印象です。
 また、他のチョイスシリーズ同様吸いごたえは軽く、雑味も無いので非常に吸いやすいですが、やはり強めの銘柄を愛用している人には物足りないと思います。

 そのままでも十分楽しめますが、他のシャグとのブレンドにも使えるでしょう。
 試しにアメリカンブレンド系のシャグに少量混ぜてみましたが、従来のシャグの風味に仄かなフレーバーが自然に加わるので悪くありません。
 また、元々チェリーは汎用性が高いので別のフレーバーシャグと混ぜても面白いかもしれません。
 理屈で言えば、世間に出回っているチェリー味のお菓子やドリンクとの相性は良いはずなので、チョコレートバニラ各種フルーツチョイスやコルツ(COLTS)のティーフレーバーキューバリブレ(ラムコーク)やキール・ロワイヤル等のカクテル系シャグあたりであれば、好みはあれど致命的に外れるということは無いでしょう。


【巻紙】
 他のチョイスシリーズ同様マックバレン(MAC BAREN)のペーパーですが、今までのものとパッケージデザインが違います。
 マックバレンシリーズはパウチのデザインがいつの間にか変わったので、それに合わせてのリニューアルでしょう。
 中身は普通の燃焼剤入り漂白ペーパーです。



手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー CHOICE チョイス MAC_BAREN マックバレン RYO
今回のパッケージ
MAC_BAREN マックバレン チョイス CHOICE 手巻きタバコ 巻紙 ぺーパー
今までのパッケージ


【他のオマケ】
 初回ロットだけのようですが、私が購入した専門店ではヒュミディパック(Humidipak-使い捨ての保湿剤)が同梱されていました。
 常に湿度70%を維持してくれる代物で、私も時々使います。寿命は3週間くらいですが、買えば180円くらいするのでありがたいオマケです。


【最後に…】
 元々チェリーフレーバー自体が好きということもありますが、これもこれでけっこう気に入りました。改めて書くことではありませんが、やはりチョイスシリーズは質が高いです。
 今回は主に単体で愉しむつもりですが、次回以降は単体で愉しみつつブレンド用としても使おうと思っています。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 CHOICE_DOUBLE_CHERRY チョイス・ダブルチェリー CHOICE チョイス フレーバーシャグ チェリーフレーバー

バイオリン(Violin)【シャグの感想】

Violin バイオリン シャグ インドネシア 手巻きタバコ RYO
バイオリン
原産国:インドネシア
内容量:40g
価 格:950円
グラム単価:23.75円
巻紙付



【商品について】
 バイオリン(Violin)は少し前に日本で発売されていたらしいのですが、直後に欠品してしまったようでしばらく市場に出回らない状態が続いていました。
 しかし最近になって供給が安定したようで、今ではネットショップでも小売店でも取扱うところが増えました。そのため、実質新発売のシャグと言って良いでしょう。

 余談ですが、インドネシアのタバコというとステレオタイプな発想ではありますがクローブ(丁子)入りのクレテックタバコを反射的にイメージしてしまいます。
 紙巻きタバコではジャルム(DIARUM)やガラム(GARAM)あたりが有名で、「タールの数値がやたら高い」「火を付けるとバチバチと音がする」「口当たりは甘くて喫味が辛い」「煙の香りが独特」といったところが特徴の、とにかく好き嫌いがはっきり分かれる代物です。
 シャグでもDJ MIXとガンドゥン(GUNDUM)シリーズがインドネシア製で、まだ試したことはありませんが大まかに言えばその系統と聞いたことがあります。

 しかし、今回のバイオリンはクレテックタバコではないとのことです。
 販売会社の説明によると、葉はバリ島の隣にあるロンボク島で収穫されるモスリンを使用したバージニアシェイドグロウンで、ブレンドの内訳はFCロンボク90%、DFCロンボク10%だそうです。

【※タバコ葉の詳細はこちらをクリックしてください】


 この商品は香りにこだわりがあるようで、袋の開けた時に広がる芳醇な香りと作りたての新鮮なアロマに自信がある模様です。
 また、ブレンド用としても勧めており、いつも愛煙しているシャグに30~40%ブレンドすることで芳醇な香りを加え、さらにおいしく仕上げられるとのことです。


【パウチについて】
 まず、パウチが紙製というところが特徴的です。
 商品説明によると、一般的なパウチでよく使われている開閉式の袋をあえて使用せず、新鮮なタバコ葉の味わい保つために内張がアルミホイル構造の袋を使用しています。
 完全密封でありながら開けやすくする切れ目のようなものも無く、パウチ自体が丈夫なので不便ですがハサミ等で切らないと開けることができません。



Violin バイオリン シャグ インドネシア 手巻きタバコ RYO
パウチ内側はこうなっています。


【シャグについて】
 刻み幅はやや粗めで色は若干暗めのブラウン。粗めに刻まれた葉も少量入っています。
 開封時点ではそれなりに湿気はあるので、一度そのままの状態で試してからでも加湿は遅くないでしょう。


Violin バイオリン シャグ インドネシア 手巻きタバコ RYO



 なお、シャグの香りはかなり強めで独特です。
 他のサイトやブログを見るとブランデーやラムの成分も混ざっているといった感想がありましたが、私の嗅覚では味噌のにおいにしか思えませんでした。
 決して寝室には充満してほしくない種類のにおいなので、好みが分かれそうです。

 本来ならば密閉性の高い容器やジップロックに移し替えたいところですが、上述のようにパウチは内側のアルミ加工によって香りをとじこめる構造なので、香りを大事にするのであればパウチに入れた状態で別の容器に入れた方が良いでしょう。


【喫味】
 シャグの香りとは打って変わって、フルーティで素朴な甘さと上品な酸味も含まれた喫味です。当然ながら、味噌の風味は全くありません。
 また、少しプラシーボ効果もあると思いますが、確かにブランデーのような澄んだ風味も感じますが、口に残る後味は独特なので好みは分かれると思います。

 なお、購入したお店の店主曰くシャグをギチギチに詰めると旨さが増すと言うので試してみたのですが、口当たりは吸いやすいもののずっしりとした満足感が緩やかに体の中に伝わったので、空きっ腹の状態で吸うとニコチン酔いしそうです。

 私にとっては少し強めなので加湿してみたところ、吸いごたえも含めて全体的な風味が良い意味でまろやかになりました。このあたりは好みの問題でしょう。


【巻紙】
 マスコット・スペシャル(MASCOTTE SPECIAL)が同梱されています。普通の燃焼剤入の漂白ペーパーですが、一般的なものよりも薄めです。
 これは単体でも販売していますが、私が検索した限りではシングルではなくダブル(100枚入り)しか見つかりませんでした。


MASCOTTE_SPECIAL MSCOTTE マスコット・スペシャル マスコット 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー バイオリン Violin RYO


【最後に…】
 とにかく不思議な風味のシャグです。
 個人的には、クレテックタバコよりは敷居が低いと思いますが少なくとも万人受けするような風味ではないので、手巻きタバコのファーストチョイスとしてはお勧めしません。
 グラム単価も決して安い方ではないので、複数のシャグを試してからの方がフラットに楽しめるでしょう。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png






関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 Violin バイオリン

ブラウンシュガー・コニャック&ハニー(BROWN SUGAR COGNAC & HONEY) 1-1/4【巻紙・ペーパーの感想】


BROWN_SUGAR_COGNAC_and_HONEY, BROWN_SUGAR ブラウンシュガー・コニャック&ハニー ブラウンシュガー 手巻きタバコ 巻紙 フレーバーペーパー RYO
ブラウンシュガー・コニャック&ハニー 1-1/4
サイズ:長さ75mm × 幅45mm
価格:280円〜 / 20枚(販売店によって変動有り)
単価:約14.0円〜(価格によって変動有り)
原産国:アメリカ(?)
燃焼速度:フリーバーニング(?)


【商品について】
 ブラウンシュガー(BROWN SUGAR)はフレーバーシリーズの巻紙で、現在のラインナップはチョコレートミント、チェリーボンボン、ピーチ、ストロベリー、アイランドブレンド※ココナッツらしいです、コニャック&ハニーの6種類です。

 パッケージには「TOBACCO WRAPPER」とあるのですが、ラッパーとはシガーを巻き上げる1番外側のタバコ葉のことらしいです。
 葉巻に関しての知識はあまり無いのでこのような書き方にしますが、この商品がタバコ葉でできているのか、ただ似せているだけなのかはわかりません。
 したがって、厳密に言えばタバコ用の巻紙ではないかもしれませんが、手巻きタバコ用の巻紙として取扱っているショップはあるので私も存在だけは以前から知っていました。

 そのためか、こと手巻きタバコ用品としてはこのシリーズは決してメジャーではありません。
 手巻きタバコをメインで扱っているネットショップでも取扱っているところはそれほど多くなく、小売店でもよほど手巻きタバコに力を入れているところでない限り、置いているところは少ないでしょう。
 私もこれまで画像でしか見たことが無かったのですが、今回は初めて立ち寄った専門店で初めて現物を見たので入手しました。しかも、お酒のフレーバーの巻紙はそう多くないので本当に興味本位です。

 商品説明によると、無害な物質に分解できるスペシャルな厚めのブラウンペーパーで“トリプルディップ・フレーバーシステム”によりペーパーに香りを浸透させているので、ストロングな香りを楽しめるとのことです。
 正直なところ、トリプルディップ・フレーバーシステムと言われてもニュアンスでしか理解できないのですが、一風変わった商品であることは間違いないでしょう。


 BROWN_SUGAR_COGNAC_and_HONEY, BROWN_SUGAR ブラウンシュガー・コニャック&ハニー ブラウンシュガー 手巻きタバコ 巻紙 フレーバーペーパー RYO


 これが商品画像ですが、説明通りかなり厚くパッと見ではタバコ用の巻紙には見えません。
 鼻を近づけると、澄んだ感じの甘い香りをほんのり感じます。もしかしたらコニャックの香りかもしれませんが、私の嗅覚でははちみつのような香りに思いました。
 糊にもほんのりとしたフレーバーが添加されていますが、私の味覚ではやや甘じょっぱいと認識しました。


BROWN_SUGAR_COGNAC_and_HONEY, BROWN_SUGAR ブラウンシュガー・コニャック&ハニー ブラウンシュガー 手巻きタバコ 巻紙 フレーバーペーパー RYO


 これが巻いた画像です。


【喫味】
 商品説明では「ストロングな香り」とありますが、私の味覚では唇まわりがかろうじて甘く感じるという程度で、シャグとフレーバーが混ざるわけではないという印象です。
 そもそもこのフレーバー自体がある意味抽象的で、はちみつはともかくとして誰しもがコニャックの味を解っているわけではないと思われるので、私の場合は「コニャック&ハニーだな」と実感することはできませんでした。

 しかしながら、やはり紙そのものの味が強いです。
 もしかしたらシガーベースのシャグとの相性は良いかもしれませんが、個人的にはさほど不快ではなかったものの、シャグによっては喫味が紙に負けてしまうでしょう。

 ネットで調べた限りでは燃焼速度の記載は見つからなかったのですが、体感的にはフリーバーニングと同じくらいです。


【最後に…】
 様々な面で特殊な巻紙ということもあってか、1枚あたりの単価が約14円というのはかなり高めです。フレーバーの好みはさておいて、さほどコストを重要視しないという人でも頻繁には使用しづらいでしょう。
 尤も、この手のものにコストパフォーマンスを求めるべきでは無いのですが、本当にお遊びやシャレの一環で買うには良いかもしれません。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png




関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー BROWN_SUGAR ブラウンシュガー BROWN_SUGAR_COGNAC-HONEY ブラウンシュガー・コニャックハニー フレーバーペーパー

ジグザグ・ブルー・シングル(ZIG-ZAG・Blue)【巻紙・ペーパーの感想】


ZIG-ZAG-BLUE ジグザグ・ブルー ZIG_ZAG ジグザグ 手巻きタバコ 巻紙 ヘンプペーパー RYO
ジグザグ・ブルー・シングル
サイズ:長さ69mm × 幅35mm
素 材:ヘンプ、亜麻
価 格:100円+税 / 50枚
単 価:2.0円
燃 焼:スローバーニング
原産国:フランス



【商品について】
 手巻きタバコアクセサリーの定番かつ老舗ブランドであるジグザグ(ZIG-ZAG)より、スローバーニングの薄紙です。
 商品説明によると原料にヘンプと亜麻を使用しており、ジグザグでも定番とされている商品です。


ZIG-ZAG-BLUE ジグザグ・ブルー ZIG_ZAG ジグザグ 手巻きタバコ 巻紙 ヘンプペーパー RYO


 向こう側が少し透ける程度の薄さで、わかりづらいかもしれませんがジグザグのロゴが透かしで入っています。

 そして、巻いた状態がこれです。

ZIG-ZAG-BLUE ジグザグ・ブルー ZIG_ZAG ジグザグ 手巻きタバコ 巻紙 ヘンプペーパー RYO

 これまた画像だとわかりづらいかもしれませんが、丸見えとまではいかないまでも薄っすらとシャグが透けて見えます。


【喫味】
 なかなか質の良い巻紙だと思います。
 紙の味は感じないのでシャグ本来の風味を楽しめるばかりか、心なしか他の巻紙よりもシャグの甘さや香ばしさが際立った感じがしました。
 また私は、ヘンプペーパーで巻いたタバコは吸いごたえ若干がまろやかになるものが多いと勝手に思っているのですが、この商品も他と同様良い意味で吸いやすくなりました。
 しかしながら、この巻紙に限らず多くのヘンプペーパーに言えることなのですが、フレーバーシャグとはあまり相性は良くないと思います。シャグの風味を引き立てる分、フレーバーの香りは抑えめになる印象を持ちました。
 尤も、今のところはこのページで紹介しているスタンレー・ラズベリー(STANLEY Raspberry)でしか試していないのでフレーバーの種類や質にもよるかもしれませんが、香りを優先するのであれば別の巻紙で巻く方がベターなような気がします。


【最後に…】
 私の場合、ジグザグの巻紙はクラシックオレンジくらいしか定期的に買わないのですが、この巻紙はなかなか気に入りました。
 小売店でもネットショップでも取り扱っているところは少なくないので、いずれリピートしたいと思った商品でした。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png









関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー ZIG-ZAG ジグザグ ZIG-ZAG_Blue ジグザグ・ブルー 薄紙 スローバーニング 柘製作所 ヘンプペーパー

【日本未発売・アルゼンチンのシャグ】Richmond【シャグの感想】

Richmond アルゼンチンのシャグ RYO 手巻きタバコ
Richmond
原産国:イギリス(恐らく)
入手場所:アルゼンチン
内容量:50g
商品価格:不明
【巻紙無し】



【商品について】
 このページでは、日本では売っていないウルグアイ産のシャグを紹介しましたが、今回は件の知人からアルゼンチンのシャグを送ってもらいました。
 そのため読む側からすれば無益かもしれませんが、諸外国の嗜好やタバコ事情の紹介ということで目を通していただければ幸いです。

 事前にメールで商品画像を送ってもらっていたのですが、ネットで調べてみると驚くほど情報がありませんでした。
 とりあえずイギリス産で同じ名前の紙巻タバコがあることは知ったのですが、ヨーロッパ圏内で全く同じものを売っている様子はありませんでした。

 そこで画像検索をしてみたところ類似する画像は数個しか上がっておらず、どれをクリックしても行き着いた先は同じECサイトらしきページといった感じで、どの商品ページにも商品説明の類が一切ありません。
 しかもそのサイトの国別コードトップレベルドメインはアルゼンチン(.ar)ではなくお隣のチリ(.cl)なので、謎は深まるばかりです。
 更に調べると、正にこれのFacebookのコミュニティページに行き着いたのですがろくに更新してないので、やはり詳細は不明でした。 
 こうなってくると、知人はどこから購入したのか、アルゼンチンではメジャーなシャグなのか、そもそもアルゼンチン産なのか、それ以前にちゃんとしたシャグタバコなのかも怪しくなってきましたが、先日遂に現物が届きました。

 パウチには販売元のURLが記載されていたのでアクセスしてみたところ、やはりアルゼンチンに本拠地を置くタバコ会社から出ている商品でした。
 といっても公式サイトですら詳細情報は無く、取扱銘柄の一覧に商品名と価格と容量しか記載されてませんが、ちゃんとしたシャグタバコであることはしっかり判明しました。


【メーカーについて】
 「Nobleza Piccardo」というアルゼンチンのタバコ製造販売企業で、サイトを見た限りではイギリス最大手のタバコ会社であるブリティッシュ・アメリカンタバコ(BRITISH AMERICAN TOBACCO)社と密接な関係があるようです。傘下なのか業務提携しているだけなのかはわかりませんが、ラッキーストライク(LUCKY STRIKE)やキャメル(CAMEL)、ポール・モール(PALL MALL)といった有名どころの販売を取り扱っているようです。

【※2014.11.26追記】
「Nobleza Piccardo」は、ブリティッシュ・アメリカンタバコ社と密接な関係があるというよりはブリティッシュ・アメリカンタバコ社が買収したアルゼンチンのタバコ会社のようです。
 ブリティッシュ・アメリカンタバコ社の企業ロゴを知らなかったので、両社のロゴが同じものであることに気が付きませんでした。因みに「Nobleza Piccardo」をGoogleで翻訳すると「ブリティッシュ・アメリカンタバコ」と出ます。


【パウチについて ①】


Richmond アルゼンチンのシャグ RYO 手巻きタバコ


 これはパウチを広げた画像です(※クリックすれば多少は拡大します)
 パッケージデザインは普通に見えるものの、やはりアルゼンチンもウルグアイ同様タバコの規制は厳しいようです。
 喫煙による健康被害をイメージさせる写真こそありませんが、警告文の類がかなり直接的というか皮肉っぽいように思いました。

 例えば、商品ロゴの下に「EL CIGARRILLO MATA A UNO DE CADA DOS FUMADORES」という文章があるのですが、簡易翻訳サイトで翻訳したところ、「タバコは、2人のうちの1人の喫煙者を殺す」と出ました。厳密には微妙に異なるかもしれませんが、言わんとしていることはさして間違いは無いと思われます。

 更に、中央あたりの「Q.E.P.D」とある箇所は、お墓のイラストです。
 「Que En Paz Descanse」というスペイン語の文章の頭文字なのですが、意味は英語の「R.I.P (Rest In Peace)と同じで「安らかに眠れ」という意味です。要するに、 “喫煙による健康被害で死んだ喫煙者のお墓” を表しているということでしょう。
 因みに、中央から下の位置にも大きく「FUMAR CAUSA MUERTE O ENFERMEDAD GRAVE(喫煙は、死か重病を引き起こす)」とありますが、これまでのものに比べれば可愛く思えます。


【パウチについて ②】
 個人的なことですが、現在いくつかのシャグを同時に嗜んでいるのでこれをいつ開けようかと思っていたものの、結果的には入手した日に開けることとなりました。
 というのもこのシャグは完全密封されておらず、ベロの折り返しに小さな粘着テープが申し訳程度に貼ってあるだけという状態でした。
 しかもテープは一度剥がしたら再び貼れない仕様になっていたので、実質手にした時点で既に開いていたも同然ということになります。
 これがアルゼンチンでは一般的かどうかはわかりませんが、これもまた異国ならではといったところでしょうか。


【シャグについて】


Richmond アルゼンチンのシャグ RYO 手巻きタバコ


 パウチには「Corte Fino」、つまりファインカットとあるので刻み幅は繊細かと思いましたがかなり粗めです。また、初めから多少は保湿されていました。


【喫味】
 日本で売っていない以上は詳細を説明しても証明のしようがないので最低限に留めますが、喫味はかなりあっさりしており、コクや甘さも控えめではあるものの、少しばかり薬品臭さが口に残りました。
 良くも悪くもありきたりな喫味でしたが、このページで紹介している紙巻きタバコのブライト 6・メンソール(BRIGHT 6 MENTHOL)、もしくはポールモール・メンソールライト(PALL MALL MENTHOL LIGHT)をバラして加湿した状態の喫味に近かったです。ということは、アメリカンブレンドのシャグと思われます。
 もちろんこのシャグはメンソールではありませんが、後味は特にそう感じました。
 しかしながら、上述のとおりパッケージングのことや、実際のところ件の知人が入手してから私の手元に届くまで2ヶ月以上は経過しているので、鮮度が変わっているかもしれないのが惜しいところです。


【余談】
 上述のチリのECサイトでの販売価格は、5,000ペソとありました。十中八九チリ・ペソだと思いますが、日本円に換算すると約970円のようで(※2014年11月6日現在)、グラム単価が約19円というのは非常に安いです。


【最後に…】
 ウルグアイのシャグの方は、良い意味で日本で売っているものには無い独特な風味がありましたが、今回もシャグにはこれといって特筆すべき点はありませんでした。
 正直なところ50gを持て余すことなく消費できるか些か不安ではありますが、やはり日本で売っていないシャグを手にする機会はめったに無いので大事に愉しみたいと思います。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png






関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 Richmond アルゼンチンのシャグ 日本未発売

スタンレー・ラズベリー(STANLEY Raspberry)【シャグの感想】


STANLEY_Raspberry STANLEY STANLEY スタンレー・ラズベリー スタンレー  フレーバーシャグ ラズベリーフレーバー シャグ 手巻きタバコ Rolling_Tobacco
スタンレー・ラズベリー
原産国:ベルギー
内容量:30g
価格:690円
グラム単価:23.0円
【巻紙付】


【商品について】
 2014年の10月に発売したスタンレー(STANLEY)シリーズより、ラズベリーフレーバーのシャグです。
 かつてドミンゴ(DOMINGO)シリーズの一つにラズベリーはありましたが、最近廃盤になったので現時点では唯一のフレーバーです。
 個人的なことですが、ドミンゴの方は試す前に廃盤になってしまったので発売から気になっていたシャグでした。


【シャグについて】


STANLEY_Raspberry STANLEY STANLEY スタンレー・ラズベリー スタンレー  フレーバーシャグ ラズベリーフレーバー シャグ 手巻きタバコ Rolling_Tobacco


 シャグの色はやや暗めで刻み幅は細かく、粗めに刻まれた葉脈や茎のようなものも適度に入っています。
 また、開封しなくともパウチに鼻を近づけると強めの甘い香りを感じますが甘ったるいということはなく、上品な甘酸っぱい香りです。
 しかしながら、パウチに入った状態だとその辺に置いておくだけでも少なからず漂うので、他のシャグや巻紙等といっしょくたに置いておくとそれらへ香りがうつりかねません。ジップロックやキャニスター等の容器に移し替えた方が良いでしょう。

 シャグの香りは当然ラズベリーですが、このページで紹介しているカシス(STANLEY Cassis)同様、私の嗅覚ではチョコの成分も感じました。さながらラズベリーチョコレートといった趣です。芳香剤のようなケミカル臭や安っぽさは無いので、本当に上品で美味しそうな香りです。

 なお、開封段階でけっこうしっとりしているのですぐに加湿する必要は無いでしょう。


【喫味】
 上質でやさしく、心地よいラズベリーの甘酸っぱい香りが口や鼻を通ります。甘ったるくもなければ物足りなさを感じるほど薄いわけでもなく、私の好みではちょうどいいフレーバーなのですぐに飽きてしまうということは無いでしょう。因みに、喫味にチョコレートの風味は感じませんでした。
 また、タール・ニコチン的な吸いごたえは他のフレーバーシャグ同様軽めなので、香りも相まって非常に吸いやすいです。良い意味で立て続けに手を伸ばしたくなるシャグです。

 私の場合はそのままでもじゅうぶん楽しめましたが、他のシャグとのブレンドとしても使えそうです。ラズベリーは汎用性が高いので、ノンフレーバーのシャグだけでなく他のフレーバーシャグとブレンドしても面白そうです。
 あくまで理屈上ですが、チョコレートバニラのシャグと混ぜれば洋菓子風、カシスチェリーと合わせればミックスベリー、チョイス・アイスティー(CHOICE ICE TEA)と合わせればラズベリーティーになるので、試してみるのも面白そうです。


【巻紙】
 カシス同様、既成品のスモーキング・ホワイト(Smoking WHITE)が同梱されています。
 オマケの巻紙の多くは50枚入りですが、これは60枚入りなので紙にこだわらないという人には少しお得です。


GROGGY グロッギー Smoking_WHITE スモーキング・ホワイト スモーキング 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー RYO


【最後に…】
 やはり、スタンレーシリーズは上質なフレーバーシャグです。個人的にはかなり気に入りました。
 また、グラム単価もそれなりに手頃なのでフレーバーシャグの入り口に選んでも良いと思います。
 今回は単体メインで愉しむつもりですが、次回は上述のようにブレンドメインで愉しもうかと考えています。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png












関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 STANLEY_RASPBERRY STANLEY スタンレー・ラズベリー スタンレー フレーバーシャグ ラズベリーフレーバー

ストロベリー・スカンク(Strawberry Skunk) 1-1/4【巻紙・ペーパーの感想】


strawberry_skunk, skunk ストロベリー・スカンク スカンク 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー 極薄 フレーバー RYO
ストロベリー ・スカンク 1-1/4
サイズ:長さ78mm × 幅45mm
購入価格:270円 / 32枚(販売店によって変動有り)
単  価:約8.44円(価格によって変動有り)
原  産  国:スペイン
燃焼速度:スローバーニング


【商品について】
 フレーバー系巻紙ブランドのスカンク(Skunk)より、ストロベリー味の巻紙です。
 名前のとおりスカンクがマスコットキャラクターで、私が知る限りでのラインナップは今回のストロベリー、ブルーベリー、メンソール、ノンフレーバー(ヘンプ)の4種類です。因みに、このページではブルーベリーを紹介しています
 この商品は全てヘンプペーパーで、商品説明によると紙厚は極薄のスローバーニングです。


 strawberry_skunk, skunk ストロベリー・スカンク スカンク 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー 極薄 フレーバー RYO


 これはパッケージを広げた状態ですが、巻紙が露出している部分のストロベリーのイラストがが見えるほど薄いです。 
 また、鼻を近づけるとイチゴジャムのような甘い香りがします。


strawberry_skunk, skunk ストロベリー・スカンク スカンク 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー 極薄 フレーバー RYO

 これが巻いた画像です。極薄だけあってシャグが丸見えです。
 因みに糊にもうっすらとストロベリー味が添加されています。


【喫味】
 ペーパーの香り自体は強めですがブルーベリー同様フレーバー自体はかなり控えめで、意識すれば何となくストロベリーの爽やかな酸味が認識できる程度です。
 また、薄紙ということもあってシャグの風味が巻紙に影響されるようなことは無いので双方が両立している印象を持ちましたが、フレーバーペーパーである以上はもう少し強くても良いかなと個人的には思いました。
 また、唇にも残るので舐めるとほのかに感じますが、これも控えめです。


【最後に…】
 フレーバーの良し悪しはともかくとしてもペーパーそのものは上質なので、通常のヘンプペーパーとしてもじゅうぶんに使えます。
 相対的に1枚あたりの単価はかなり高いのでコストを気にするのであればメインとしては使いづらいですが、たまの気分転換や変化球的な感覚で試してみても悪くないと思います。







関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー Skunk_Strawberry Skunk スカンク・ストロベリー スローバーニング スカンク フレーバーペーパー ヘンプペーパー ストロベリーフレーバー

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR