FC2ブログ

一ヶ月にかかる手巻きタバコ代−2015年1月【コストパフォーマンス】

 さて、月末になったので2015年1月にかかったタバコ代を紹介します。


【シャグ】

-----
合計:4,390円


【巻紙】

-----
合計:418円


【フィルター】

-----
合計:480円


【紙巻きタバコ(JT製品)】

-----
合計:1,120円


【その他】

  • モールクリーナー×1=270円
-----
合計:270円


★★総計:6,678円★★



 1月は31日あるので、紙巻きタバコを吸っていた場合の一ヶ月のタバコ代を「445円×31箱=13,795円」とすると、今月は7,117円浮いたことになります。これを445円で割ると、約16箱分です(※紙巻きタバコ代に関してはこちらをご参照ください)

 今月はかなり抑えることが出きました。
 シャグと紙巻きタバコは先月よりも多く購入しましたが、巻紙やフィルターは先月に買いだめしたので殆ど買うことがなかったため、節約につながっということになります。
 尤も巻紙に関しては、今月購入したシャグの多くにはスローバーニングの薄紙がオマケについていたということもあります。
 別に燃焼剤入りのフリーバーニングが悪いというわけではありませんが、私の場合はスローバーニングで巻くことが多いので買いだめ分の消費量も必然的に減ったということです。


 ところでブログには書きませんでしたが、2014年の年末に登場したマールボロ・フュージョンブラストは個人的になかなかのヒットです。
 アプリコット系のフレーバーも気に入りましたが、特に10's(10本入)の方はすぐに吸いきれて価格も単純に半額の230円という手頃さが魅力的で、外出先で巻き溜めした分が無くなった時に重宝しました。
 どうやら10'sは数量限定発売らしいですが、こちらもレギュラーで販売してほしいと思っている次第です。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png

 







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 一ヶ月の手巻きタバコ代 出費 コストパフォーマンス

マントラ・グレープ(mantra grape)【巻紙・ペーパーの感想】


mantra_grape mantra マントラ・グレープ マントラ Smoking 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー RYO
マントラ・グレープ
サイズ:長さ78mm × 幅44mm
価 格:250円 / 50枚
単 価:5円〜
原産国:スペイン
燃 焼:スローバーニング


【商品について】
 フレーバーペーパーで有名なマントラ(mantra)シリーズより、グレープフレーバーの巻紙です。
 そもそもフルーツフレーバー系の巻紙自体の選択肢は少ないですが、巻紙でもシャグでもグレープ味を謳っているものはそれほどありません。
 私が知る限りで、巻紙であればマントラ同様豊富にフレーバーを揃えているジューシー・ジェイ(JUICY JAY'S)シリーズからグレープ味があるようです。
 また、グレープ味を謳っているシャグではチョイス・グレープ(CHOICE GRAPE)だけなので、物珍しさで購入してみました、


【商品の特徴】
 他のマントラシリーズ同様、フレーバー系ということもあってか袋詰めになっています。
 それでも鼻を近づけると仄かに甘いにおいが漂います。香りの種類はいかにもソフトドリンクやガム等に使われている、わかりやすいグレープです。
 当然ながら開封すればより強い香りが漂いますが、これまでに私が試したことのあるマントラのフレーバーペーパーの中では最も強く、少し遠くからでもわかるほどです。他の巻紙といっしょくたに保管すると香りが移りかねないので、注意が必要です。
 因みにペーパーの色は真っ白ではなく、若干くすんでいます。

 そして他のフレーバーペーパー同様、全体に当該フレーバーのイラストがプリントされています。


mantra_grape mantra マントラ・グレープ マントラ Smoking 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー RYO


 

というわけで、早速巻いてみました。


mantra_grape mantra マントラ・グレープ マントラ Smoking 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー RYO


 

パッケージの色ほど濃くはないですが、水彩風のグレープのイラストです。実際に巻いてみるとかなり可愛らしいので、もしかしたら女性に見せたら面白がってくれるかもしれませんが、公共の場では良くも悪くも注目されそうです。

 また、フレーバーペーパーだけあって糊にもグレープ味が添加されており、舐めるとほんのりグレープの味がします。


【喫味】
 フレーバーペーパーだけあって、当たり前ですが口にくわえるだけでもグレープ味を楽しめます。どうしても唇につくので、舐めるとほのかな甘さを感じます。
 
 そして喫味ですが、ほんのりグレープを感じる程度でシャグが負けるということはありませんが、一口にほんのりといってもマントラシリーズの中では強い方だと思います。
 また、吸っている間(紙が燃えている間)は確実にグレープの香りが嗅覚を刺激することと、指にも香りが移るのでどのシャグを巻いても何となくグレープ味のシャグを吸っている気になるでしょう。


【最後に…】
 これに限らずマントラシリーズ全般に言えることですが、枚数が多く単価も決して安くないところは正直なところデメリットでしょう。
 私の場合はさすがにメインで使おうとは思いませんが、フレーバー自体は嫌いではないのでたまの気分転換や気まぐれでシャグにひと味加えたいと思う時には重宝しそうです。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png









関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー mantra_grape mantra マントラ・グレープ マントラ Smoking フレーバーペーパー スローバーニング グレープフレーバー

チェ・ブラックメンソール(che black menthol) 【紙巻きタバコのカスタマイズ】

che_black_menthol che チェ・ブラックメンソール チェ タバコ
チェ・ブラックメンソール
タール:8mg / ニコチン:0.8mg
価格:430円 / 20本



【商品について】
 定番シャグの一つであるチェ(che)シリーズは、紙巻きタバコ版も販売しています。
 紙巻き版の方のラインナップはレッド、ブラック、ブランコ、ブラックメンソール、グリーンメンソールの計5種類なので、紙巻きの方が多いです。
 以前から紙巻きとシャグの違いが気になっていたので、今回チェ・ブラックメンソールを購入してみました。

 因みに、日本で入手できる銘柄でシャグと紙巻きの両方で出ているのは、私が知る限りで他にナチュラル・アメリカン・スピリット(NATURAL AMERICAN SPIRIT。通称「アメスピ」プエブロ(PUEBLO)です。偶然なのか、どれも無添加が売りのタバコです。

 商品説明によると、キューバ葉使用の無添加タバコに天然ミントから抽出した強メンソールとのこと。シャグの方もメンソールは強い方なので、気になるところです。


che_black_menthol che チェ・ブラックメンソール チェ タバコ


 これがバラした画像で、今回は8本だけバラしました。
 私ごとでですが半分はそのままで楽しみたいということと、現在複数のシャグを並行して吸っているため、それを満遍なく消費する都合です。


【紙巻きタバコとしての喫味】
 煙が柔らく口当たりもまろやかで雑味や刺々しさもなく、するすると入ってきます。タール・ニコチンの数値にしては吸いごたえもマイルドなので、とても吸いやすいです。
 商品説明のとおりメンソールも強めですが、ざらつきの無い丸い清涼感なので心地良いです。
 残念ながら燃焼速度が他よりも早いのが気になりますが、それ以外は良いタバコだと思います。

 あくまで私の味覚では、強いメンソールだからということもあるかもしれませんが、同じ銘柄とはいえ巻き直して加湿してもシャグとはまったくの別物に思います。
 実のところ、アメスピも紙巻きとシャグでは風味に違いはあるもののそれなりに近い喫味ですが、これに関しては紙巻き版のチェを吸っているという実感は湧きませんでした。


【加湿前の喫味】
 まずは、加湿せずにただ巻き直した状態で吸ってみました。
 巻紙の質や詰める葉の量にもよりますが、私の場合はこれでも楽しめました。
 手巻きタバコは構造上、一枚の紙で葉とフィルターを巻くので紙巻きより煙が逃げない分吸いごたえが若干強くなった気がしましたが、同時に葉の甘さや香ばしさも濃くなったと感じました。
 また、葉にしっかりメンソールが添加されているのでプレーンフィルターでも十分清涼感は楽しめます。既存のフィルターにもメンソールは添加されていますが単体だとさほど強くないので、体感的なメンソールのバランスは葉が85%でフィルターが15%といったところでしょうか。


【加湿後の喫味】
 加湿したことでコクと甘みが増し、口や鼻に入る煙もさらに柔らかくなった印象です。私の好みではこちらの方が好みです。
 といっても劇的に変わったわけではないので手間と好みの問題になりますが、そのままでも巻き直しただけでも加湿しても楽しめます。


【最後に…】
 セブンスター・メンソールのページでは、手巻きに手を出していなかったらこれをメインにしたくなるほど気に入ったと書きましたが、値段が安い分こちらの方が気に入りました。
 とはいえ、上述のとおりチェ・シャグもしくはチェ・メンソールの代用になるかは微妙なところですが、単純に美味しいタバコなので次回からはカスタマイズ抜きに楽しみたいと思いました。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png










関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 紙巻きタバコのカスタマイズ チェ・ブラックメンソール チェ Che_black_menthol Che

OCB ナチュラルバリューパック(NATURAL VALUE PACK)【フィルターの感想】

OCB_NATURAL_VALUE_PACK OCB・ナチュラルバリューパック オーシービー 無添加 無漂白 スリムサイズ 手巻きタバコ フィルター
OCB ナチュラルバリューパック
サイズ:長さ15mm × 直径6mm
個数:120個
価格:400円+税(※販売店によって変動あり)
単価:約3.33円(※巻紙代100円を引けば@2.5円)
原産国:スペイン



【商品について】
 巻紙やフィルター、巻き器など手巻きタバコ周辺アクセサリーの定番ブランドであるOCB(オーシービー)より、スリムサイズの無漂白フィルターです。
 この商品は、同じく無漂白・無農薬の極薄オーガニックヘンプペーパー(長さ69mm、50枚入り)がセットになっているのが特徴です。
 巻紙の方は100円+消費税で単体でも発売していますが、私が調べた限りではフィルターのみの販売はしていないようです。


OCB_NATURAL_VALUE_PACK OCB・ナチュラルバリューパック オーシービー 無添加 無漂白 スリムサイズ 手巻きタバコ フィルター


 早速両方を使ってみました。
 このページで紹介しているスモーキング・スリム・ブラウンフィルター(Smoking SLIM BROWN FILTER)同様、外側はコルクのようにも見えます。


【喫味】
 スモーキング方は普通のフィルターよりもシャグの味や吸いごたえが濃く、さながらフィルターチップを使用した時の喫味でしたが、これに関しては反対に吸いごたえもタバコの風味もかなりまろやかになりました。何だか、チャコールフィルター(活性炭)で吸っているような気になります。
 特にフレーバー系のシャグは、通常のフィルターよりも体感的に2〜3割ほど控えめな状態で口に入ってきます。
 その反面、シャグの酸味やスパイシーさが通常のフィルターよりも強めに入ってきました。
 当初はシャグの乾燥気味だったからかと思いましたがそういうわけでもなく、元々の喫味がまろやかなシャグでも普段より辛いと感じました。
 本来のタバコの味がを引き出しているとも解釈できますが、このあたりは好みが分かれそうです。


【巻紙について】
 このページではフィルターの感想のみを書くので詳しい感想は書きませんが、単純に良質な巻紙です。


【最後に…】
 個人的には辛さが気になりますが、吸いごたえやフレーバーが強いと思ったシャグを楽しむ時に、或いは巻紙も含めて無添加・無漂白で揃えたいという人に重宝するでしょう。
 また、質の良い薄紙付きで400円(+税)という価格は決して高くないので、コストパフォーマンスという点でも損は無いと思います。


▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png






関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : フィルターの感想 OCB_NATURAL_VALUE_PACK OCB OCB・ナチュラルバリューパック オーシービー 無添加 無漂白 スリムサイズ

キース・シャグ・ジャパンクラシック(KEITH SHAG JAPAN CLASSIC)【シャグの感想】


KEITH_SHAG_JAPAN_CLASSIC KEITH キース・シャグ・ジャパンクラシック キース リトルシガー シガリロ RYO
キース・シャグ・ジャパンクラシック
原産国:デンマーク
内容量:25g
価格:600円620円(14年4月〜)
グラム単価:約24.0円24.8円
【巻紙付】



【商品について】
 シガーフレーバーシャグのキース・シャグ(KEITH SHAG)シリーズより、今回はジャパンクラシックです。
 このページで紹介している煙管(きせる)葉の「小粋 松川刻」は、後味が高級なお香のようで個人的に気に入っているのですが、ジャパンクラシックは商品説明によると日本の伝統文化を香りで表現しているそうで、もしかしたらシャグの中では最も松川刻に風味が近いのではないかと思い購入しました。
 といっても、この商品説明は購入してから知ったのであくまでも勝手な推測です。

 余談ですが、紙巻きタバコ版(リトルシガー版?)も後発で発売しています。しかし、シャグの原産国がデンマークですが紙巻きの方はなぜかルーマニアらしいです。


【シャグの香りついて】
 確かに、日本の伝統を思わせる香りです。
 私の想像力では、観光で訪れた大きな神社やお寺が頭に浮かびました。ああいう建造物で使われるであろう檜(ヒノキ)や欅(ケヤキ)あたりの木材と線香が混ざったような、何とも厳かな感覚を思わせる香りです。
 同時に、私の嗅覚ではほのかな酸味も感じました。これまた私の想像力では、梅干し味のガムやキャンディーに使われそうな香料に似た香りです。
 ともあれ、日本で生まれ育った人であれば何かしらピンと来る香りであることには間違いありません。


【シャグついて】


KEITH_SHAG_JAPAN_CLASSIC KEITH キース・シャグ・ジャパンクラシック キース リトルシガー シガリロ RYO


 刻み幅はかなり繊細で、荒めに刻まれた茎や葉脈らしきものも適度に混ざっています。
 触ってみるとかなりフワフワしているほど加湿されています。幅然り加湿具合然り、チョイスシリーズにかなり近いです。


【喫味】
 全体的にはさっぱりしたビター系の風味で、雑味もなく吸いごたえ自体は軽めで吸いやすいです。
 そして喫味はシャグの香りどおりといったところで、正に線香を吸っているような感じです。あるいは、神社仏閣の境内で一服しているような感覚に襲われます。
 個人的には嫌いな香りでは無いですが、かなり個性的な喫味だけに好き嫌いがはっきりと分かれそうということと、ビター系なので立て続けに吸うと飽きが早くなるかもしれません。別でメインのシャグと併用して、数本おきに手をつける方が永く楽しめそうな気がしました。

 なお、取り扱っているネットショップによっては「お香(香木)の香りをココナッツでまろやかにしたようなイメージ」と紹介していますが、私の味覚ではココナッツも梅の要素も感じませんでした。


【巻紙】
 オマケの巻紙はシガーフレーバー同様、マックバレンシリーズと同じものが同梱されています。


MAC_BAREN マックバレン チョイス CHOICE 手巻きタバコ 巻紙 ぺーパー


【最後に…】
 結局のところ松川刻とは全くの別物の喫味なので代用にはなりませんが、単純に変わり種のシャグとしては面白いと思いました。
 上述のとおり人を選ぶシャグだと思いますが、お香や森林系のアロマが好きな人や、身も蓋も無い言い方ですが神社仏閣の香りや空気が好きな人は気にいるかもしれません。
 とはいえ定期的にリピートしたくなるほど気に入ったわけではありませんが、容量が25gと少量なので当面は持て余すことなく消費できそうです。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png




関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : KEITH_SHAG_JAPAN_CLASSIC KEITH キース・シャグ・ジャパンクラシック キース リトルシガー シガリロ フレーバーシャグ 値上げシャグ

マニトウ・ブルー(MANITOU BLUE)【シャグの感想】

MANITOU_BLUE MANITOU マニトウ・ブルー マニトウ 無添加シャグ バージニアブレンド RYO
マニトウ・ブルー
原産国:ドイツ
内容量:30g
価 格:800円
グラム単価:約26.7円
【巻紙付】


【商品について】
 人気がありながらもカビが頻発したことで日本ではしばらく販売を停止していたマニトウ(MANITOU)シリーズが、この度復活しました。

 ラインナップは以前と同じブルー(BLUE)、オーガニック(ORGANIC)、パウチ版と缶入りのバージニアゴールド(VIRGINIA GOLD。通称「マニ金」)、ですが、パウチのデザイン・価格・内容量が変わっています。
 価格は全て800円で、ブルーとゴールドの内容量は35gから30gに、オーガニックは30gから25gに変わりました。

 また、缶入りのマニ金もかつては100g/2,200円でしたが、今回から80g/2,100円だそうです。
 以前は缶入りの方がグラム単価が高かったのですが、@0.5円程度とはいえ今回から缶入りの方が安くなりました。
 結局のところ、同じ無添加・無農薬シャグで人気の高いナチュラルアメリカンスピリット・オーガニック(NATURAL AMERICAN SPIRIT)シリーズくらいの価格帯になってしまいました。特にオーガニックのグラム単価は25円から32円になったので、比較的手に入りやすいであろうシャグの中ではほぼ最高値です。
 質が高くて安いというところもマニトウの人気の一つだったので残念ではありますが、それでも待望の復活であることには変わらないでしょう。

 肝心の中身は水分の含有量が変わっただけらしいので基本的には以前と同じですが、やはり変更点がいくつかあるので復活というよりはリニューアルと言った方がいいかもしれません。

 そして今回のブルーは、通称で「マニ青」「マニトウ・オリジナル」とも言われています。
 かつてのパウチは「MANITOU VIRGINIA BLUE(バージニア・ブルー)」という表記でしたが、新しい方には「MANITOU BLUE」としか書いてありません。
 実のところブルーは試す前に販売終了してしまったので、今回真っ先に購入しました。


【シャグについて】


MANITOU_BLUE MANITOU マニトウ・ブルー マニトウ 無添加シャグ バージニアブレンド RYO


 色は明るめのブラウンで、刻み幅はかなり細かいです。無添加なので当たり前ですがシャグの状態は乾燥気味です。
 また、シャグのにおいは干し草もしくは畳のような素朴で安堵を思わせる香りで、いかにも上等なシャグという気にさせてくれます。


【喫味】
 他のマニトウ同様、無添加ならではの心地よい青っぽさと上品で香ばしい甘さに加え、少しスパイシーな風味も口に入っていきます。青っぽさはオーガニックより少し控えめに感じましたが、それでもトータルでは濃いめだと思います。
 そして後味は爽やかで、非常にすっきりしています。

 しかし、美味いには美味いのですが私には吸いごたえはファミリーの中で最も強いと感じました。
 加湿の具合もあるものの吸っている間はあまり感じないのですが、私の場合は吸ってからどっしりした満足感が来るので、強めのシャグに慣れている人向けのシャグかと思います。
 ともあれ、やはり質は高いシャグには変わりません。


【巻紙】
 かつてはオリジナルのヘンプペーパーが付いていたようですが、私が購入した時はどれもハーベスト(HARVEST)の漂白ペーパーでした。
 しかし今回は、「MASON's」というブランドの薄紙のヘンプペーパーがオマケです。


MANITOU マニトウ 無添加シャグ 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー ヘンプペーパー 麻紙 スローバーニング



【余談】
 今回購入したお店では、レジをすませた直後にお店の方からその場で開封してカビの有無を確かめるよう勧められました。
 もちろん、仕入れたばかりのものなので品質には問題ありませんでしたが、やはり経緯が経緯だけに販売店側も仕入れ業者も慎重になっているようでしょう。
 その場での確認は他の販売店でも行っているようで、お店によっては購入後の返品は受け付けないところもあるようです。
 当然ながら、一度開けたらなるべく短期間で消費するにこしたことはありません。


【最後に…】
 今更この場で書くことではないと思いますが、やはりマニトウはどれも質が高いです。
 何だかんだで待望の人気シャグ再登場となりましたが、再販したからといってカビの問題が完全に解決したわけではないと思われるので、特に保湿維持は気をつけた方が良いでしょう。
 私の場合は、当面はストック用ではなくすぐに消費することを前提に購入した方が良いのかなと思いました。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 MANITOU_BLUE MANITOU マニトウ・ブルー マニトウ 無添加シャグ バージニアブレンド

ゼン・スリムフィルター・メンソール(ZEN SLIM FILTER TIPS MENTHOL)【フィルターの感想】

ZEN_SLIM_FILTERTIPS_MENTHOL ZEN ゼン・スリムフィルター・メンソール ゼン メンソールフィルター
ゼン・スリムフィルター・メンソール
サイズ:長さ15mm ×直径6.5mm
個 数:200個
価 格:440円
単 価:2.2円
原産国:レバノン



【商品について】
 フィルター、巻紙、巻き器全般、さや紙等、手巻きタバコ周辺アクセサリーをリリースしているZEN(ゼン)より、スリムサイズのメンソールフィルターです。

 因みに、私がこれまでに試したことのあるスリムサイズのメンソールフィルターは、どれもメンソールが強めです。シャグとの組み合わせによっては、メンソールが勝ってしまうものもあります。
 しかし、ZENのレギュラーサイズのメンソールフィルターは控えめなので、これも同じくらいなのか気になるところです。


ZEN_SLIM_FILTERTIPS_MENTHOL ZEN ゼン・スリムフィルター・メンソール ゼン メンソールフィルター


 これは、同じZENのレギュラーサイズのフィルター(直径8mm)と比較した画像です。
 商品名に「スリム(SLIM)」とありますが、画像のとおり太さ(直径)はレギュラーサイズより少し細い程度で、言い方を変えれば「セミレギュラー」といったところでしょうか。

【喫味】
 レギュラーサイズ同様メンソールの具合は控えめで、清涼感はほんのり程度です。
 紙巻きタバコで言えば、日本国内ではなく北米あたりで流通している方のマルボロ・メンソール(Marlboro Menthol)やセーラム(SALEM)くらいでしょうか。あくまで主観の目安ですが、10段階でいえば2〜3程度でしょう。
 これくらいであれば、薄味な喫味のシャグでもメンソールが勝るということはないので、シャグの風味もしっかり堪能できます。

 なお、レギュラーサイズの方は吸う力が強いとフィルターがしぼんでしまい、後半になると吸いにくくなることがあったのですが、これに関しても吸い方次第で多少はしぼむものの、それほど気になるほどではありません。

 また、メンソールとは関係無いですが個人的にはこの太さ、つまり太すぎず細すぎずな直径が絶妙で、1本あたりのシャグの量といい口にくわえた時のフィット感が自分に合っているようです。


【最後に…】
 強烈なメンソールが好きな人には物足りない清涼感ですが、アクセント程度でいいという人であれば楽しめるフィルターだと思います。
 しかしながらスリムサイズにしては太めなので、シャグの節約に重きを置いてしまうと消費に大きな影響は出ないと思うので、
 私の場合は、清涼感の強弱に関係無くメンソールが好みであることと、単純にフィルターの太さが気に入ったので今後のメインのフィルターにしたいと思いました。







関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : フィルターの感想 ZEN_SLIM_FILTERTIPS_MENTHOL ZEN ゼン・スリムフィルター・メンソール ゼン メンソールフィルター

ドミンゴ・ナチュラル(DOMINGO NATURAL)【シャグの感想】


domingo_natural domingo ドミンゴ・ナチュラル ドミンゴ 無添加シャグ 手巻きタバコ RYO
ドミンゴ・ナチュラル
原 産 国:ベルギー
内 容 量:40g
価   格:850円
グラム単価:21.25円
【巻紙付き】


【商品について】
 グラム単価が安くラインナップが豊富なドミンゴ(DOMINGO)シリーズより、無添加のナチュラルシャグです。

 商品説明から抜粋すると、ブラジル産とバージニア・タバコのブレンドをメインに風味豊かなバーレーを追加し、さらにちょっとスパイシーなダーク・エアキュアド・タバコとスイート・オリエンタル・タバコもブレンドし、素晴らしいナチュラルの味わいを最大限に引き出したブレンドを楽しめるとのことです。

 また、パウチの裏面には以下の文章が書かれています。


「ドミンゴ・ナチュラル」は、100%タバコをブレンドした手巻きタバコです。
膨化加工を施された原料、燃焼促進剤、人工香料は一切使用していません。
いかなる保湿剤や保存料も使用していないので、「ドミンゴ・ナチュラル」の湿度は14%を超えることはありません。
一般的な手巻きタバコに比べると、若干低いレベルではありますが、あくまでも無添加にこだわった結果です。
100%ナチュラルの手巻きタバコ、「ドミンゴ・ナチュラル」をどうぞお楽しみください。



 「一般的な手巻きタバコに比べると、若干低いレベルではありますが」という文言が少し気になりますが、要約すればナチュラルにこだわった自信作ということでしょう。


【シャグについて】


domingo_natural domingo ドミンゴ・ナチュラル ドミンゴ 無添加シャグ 手巻きタバコ RYO

 無添加シャグだけあってか、開封段階では乾燥気味です。
 刻み幅は細かめで、色はやや暗めの茶色です。


【喫味】
 もしかしたら巻紙の種類によるかもしれませんが、甘さや香ばしさ等は堪能できるもののかなり控えめに感じました。
 がっつり加湿すれば甘さ等が引き出され風味も柔らかくなりましたが、劇的というほどではありません。
 むしろ全体的にはビターテイストで、商品説明どおりスパイシーな後味も感じましたが、それほど大きいものではないので全体的には無難といえば無難な喫味かもしれません。
 あくまで私の味覚ではチェ・シャグ(Che Shag)に似た系統の喫味に思いました。

 吸いごたえは、シャグの中では軽めかもしれませんが私には物足りないということは無かったので、よほど強いシャグに慣れていなければそれなりの充足感は得られるでしょう。


【巻紙】
 これまでに購入したことのある他のドミンゴに限らず、大抵のオマケは燃焼剤入りの漂白ペーパーですが、これは無添加シャグということもあってか、無農薬でアンブリーチ(無漂白)のヘンプペーパー(薄紙)が付いています。
 チェ(Che)シリーズやナチュラル・アメリカン・スピリット(NATURAL AMERICAN SPIRIT。通称アメスピ)シリーズはスローバーニングの薄紙ですが、オーガニック系のペーパーは初めてです。
 これもナチュラルへのこだわりと思われますが、かなりお得です。


ドミンゴ・ナチュラル ドミンゴ ヘンプペーパー HEMP 巻紙 手巻きタバコ RYO


【最後に…】
 葉のブレンドが異なるので当たり前といえば当たり前ですが、同じ無添加シャグでもプエブロ(PUEBLO)シリーズペペ(Pepe)シリーズのような系統ではありません。ビターで辛めのタバコが好きであれば最後まで楽しめると思います。

 ともあれ、上述のとおりグラム単価も安い上に何といっても無漂白のヘンプペーパー付きなので、コストパフォーマンスを重視するのであれば買いだと思います。





▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!






関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 DOMINGO DOMINGO_NATURAL ドミンゴ ドミンゴ・ナチュラル 無添加シャグ 値上げシャグ ヘンプペーパー

小粋 松川刻(こいき まつかわきざみ)【煙管の感想】

小粋_松川刻 小粋 キセル 煙管 Koiki_Matsukawa Kiseru Japanese_Pipe
小粋 松川刻
原産国:福島県石川郡
土壌:花岡岩土壌
内容量:10g
価格:380円
グラム単価:3.8円



【商品について】
 このページでは喫煙具としての煙管(キセル)を紹介しましたが、その時は煙管のみを購入したので今回はちゃんとした煙管の葉の感想です。

 現在国内で入手できる煙管用の葉は、唯一の国産品である定番の『小粋』、ベルギー産のアメリカンブレンド『宝船』、同じくベルギー産黒タバコの『黒船』の3種類ですが、今回は購入した店主の勧めで小粋シリーズの『松川刻』を選びました。
 福島県石川郡で収穫された松川葉(単葉)を使用したもので、小粋のブレンド葉のうちのひとつ(ブレンドのベース葉)で、生産量が非常に少ないという国産在来種です。限定品なので、よほど多くのリクエストが無い限りはそのまま販売終了という、ある意味貴重な葉です。
 喫味はおだやかで上品な香り立ちとのことなので、初心者向けかもと思い選びました。

 因みに同じシリーズで、栃木県那須郡産の銘葉「達磨葉」だけを使用した『達磨刻』と、鹿児島県産の出水葉だけを使用した『出水刻』もあります。


【葉について】
 外側のパッケージは純和風ですが中身は現代風で、葉はアルミ製の袋に密閉されています。チャックが付いているので保存も容易です。


小粋_松川刻 小粋 キセル 煙管 Koiki_Matsukawa Kiseru Japanese_Pipe


 煙管の葉なので刻み幅は髪の毛のように繊細で、触るとかなりふわふわしています。シャグでもここまで繊細なものはそうそう無いので、新鮮に感じます。


小粋_松川刻 小粋 キセル 煙管 Koiki_Matsukawa Kiseru Japanese_Pipe


【喫味】
 煙管自体が初めてなので的外れかもしれませんが、端的に言えばとても素朴な喫味です。
 シャグや紙巻きタバコには無い風味で、上等な土のような草のような、自然で芳醇な香りが口の中を通ります。
 全体的にはビターテイストに思えましたが、苦味というよりは“渋み”のような風味が口に広がります。何だか和風のお香を吸っている感じがしました。

 試しに手巻きとしても吸ってみましたが、個人的には巻きタバコに慣れていることもあってかこちらの方がより風味がわかりやすかったです。煙管の葉は巻きタバコとして吸うにはかなり強いと聞いていましたが、これに関しては軽めらしいので違和感なく楽しめました。
 心なしか、バージニア葉とは違う仄かな甘さをより感じました。
 しかし、煙管で吸っても巻きタバコとして吸っても最初の一口は強かったので、強めに吸うと咳き込みかねません。


【最後に…】
 初めての煙管でしたが、これはこれでなかなか気に入りました。
 グラム単価で考えるとかなり割高なので頻繁に買うかは悩みどころですが、元々煙管の雁首に入る葉の量は少量なので、すぐに消費してしまうことは無いでしょう。
 また、オリジナルの小粋にも俄然興味が湧いてきたので2つをブレンドしたり、既存のシャグとに隠し味として少量混ぜるのも面白そうです。

 ところで、恥ずかしながら購入してから知ったことなのですが、この商品は2012年の11月に発売されたものなので中身の葉は2年近く経過したことになります。
 しかしながら、私が試した限りでは2年経過しても葉の品質が落ちているとは思えなかったので、現在流通しているものでもじゅうぶん楽しめるでしょう。
 限定品なのでお店によっては既に欠品になっているかもしれませんが、現在でも取り扱っているところはあるので私の場合は市場から消える前に最低でも1パウチは買っておきたいと思いました。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 小粋_松川刻 小粋 キセル 煙管

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR