FC2ブログ

一ヶ月にかかる手巻きタバコ代−2015年2月【コストパフォーマンス】

 さて、月末になったので2015年2月にかかったタバコ代を紹介します。
 厳密に言えばまだ1日残っていますが、今月はもう買うことはないので前倒しで紹介します。


【シャグ】

-----
合計:3,670円

【巻紙】

  • マスコット・エクストラ 1-1/4(MASCOTTE EXTRA)×1=100円
-----
合計:100円

【フィルター】

-----
合計:884円



【紙巻きタバコ(JT製品)】

  • ボヘーム・シガー・モヒート(BOHEM CIGAR mojito)×1=420円
  • マールボロ・フュージョンブラスト・ファイブ 10's(Marlboro fusion blast 5 10's)×1=230円
  • クール・エスケープ・バリ・サンセット・5(COOL ESCAPE BALI SUNSET 5)×1=300円
  • ナチュラル・アメリカン・スピリット・ライト(NATURAL AMERICAN SPIRIT LIGHT)×1=480円
-----
合計:1,430円



★★総計:6,084円★★



 2月は28日あるので、紙巻きタバコを吸っていた場合の一ヶ月のタバコ代を「445円×28箱=12,460円」とすると、今月は6,376円浮いたことになります。これを445円で割ると、約14.3箱分の節約につながりました(※紙巻きタバコ代に関してはこちらをご参照ください)


 今月は紙巻きタバコを多く買ってしまいましたが、金額的にはかなり安く抑えることが出きました。
 何ヶ月か前から巻くタバコの半分以上はスリムサイズにしているのですが、今年に入ってからはその比率が更に増えているので、その分節約につながったのだと思います。
 また、去年の年末に買いだめした巻紙がまだ残っていることもありますが、先月に購入したシャグのオマケペーパーの使用頻度も高かったので、殆ど買うことが無かったことも影響したのでしょう。
 

 ところで今月購入した紙巻きの方のアメスピは、オマケのポーチ欲しさでした。
 たまたま立ち寄ったタバコ屋でたまたまキャンペーンをやっていたのですが、手持ちのシャグポーチにはローラーを入れられないためローラー入れに適した入れ物を探していたところだったので、渡りに船でした。
 尤も、本来はタバコ入れなのでローラーだけでは大きすぎますが、言ってみればポーチを購入したようなものです。


natural_american_spirit_pouch natural_american_spirit ナチュラルアメリカンスピリット・ポーチ ナチュラルアメリカンスピリット ポーチ
これがオマケのポーチです。タバコだけでなくライターも入れられる大きさです


▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png

 







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 一ヶ月の手巻きタバコ代 出費 コストパフォーマンス

チョイス・ローズ(CHOICE ROSE)【シャグの感想】

CHOICE_ROSE CHOICE チョイス・ローズ チョイス 手巻きタバコ フレーバーシャグ シャグ RYO
チョイス・ローズ
原産国:デンマーク
内容量:30g
価格:690円710円(2014年4月〜)
グラム単価:
23.0円
 → 23.67円
【巻紙付】



【商品について】
 フレーバーシャグでおなじみのチョイス(CHOICE)シリーズよりローズ(薔薇)フレーバのシャグで、私が知る限りでは花のフレーバーを謳っている唯一のシャグです。
 パイプ葉ではローズの花弁を入っている銘柄があるようですが、紙巻きタバコでも見かけたことはありません。
 ローズの香料は紅茶やキャンディにも使われていますが、あくまで私の味覚ではローズに限らず花全般の香料はどうにも芳香剤や消臭剤を思わせるので今まで敬遠していたのですが、ネットで調べてたところ好意的な感想が目についたのでどんなものかと思い、興味本位で購入してみました。


【シャグの香りについて】
 開封前でもパウチに鼻を近づければ上品なローズの香りを感じます。やはり香りの性質上、少なからず芳香剤の要素も感じました。
 しかし開封してシャグを直接嗅いでみると、何とも甘酸っぱい香りが漂います。さながらローズを使用したカクテルのような香りです。
 摂取するのは煙とはいえ、より飲食物に適した香りに近づいた気がしますがそれでも好き嫌いがはっきりと分かれそうな香りです。
 ともあれ、当たり前と言えば当たり前ですがいかにも女性受けしそうな香りです。


【シャグについて】
 他のチョイスと同様、刻み幅は繊細で粗めに刻まれた葉も適度に入っています。
 開封時点しっかり保湿されているので、すぐの加湿は必要無いでしょう。


CHOICE_ROSE CHOICE チョイス・ローズ チョイス 手巻きタバコ フレーバーシャグ シャグ RYO

【喫味】
 香りはローズですが、同時に瑞々しいフルーティな甘酸っぱさも感じます。これまた私の味覚では、チェリー系統のフレーバーを思わせます。何でもチェリーはバラ科の果実らしいので、近いのは当たり前かもしれません。
 あくまで“強いて比較するなら”という前提ですが、現在日本で売っているチェリーフレーバーのシャグの中ではドミンゴ・チェリー(DOMINGO CHERRY)が最も近いように思います。

 後味の一つや煙の香りは少なからずローズの要素はあるので好き嫌いがはっきり分かれそうですが、全般的には女性受けしそうな喫味でしょう。

 また、他のチョイス同様軽いので吸いやすいですが、人によっては立て続けに吸うとすぐに飽きるかもしれません。その場合は、他のシャグに少量ブレンドして隠し味に使うのも面白いかもしれません。
 試しにこのページで紹介しているルックアウト・アメリカンブレンド(LOOK OUT AMERICAN BLEND)に混ぜてみましたが、双方の喫味が上手く噛み合いました。

 また、メンソールのフィルターでも試してみましたがフルーティな酸味と清涼感の相性は良いです。


【巻紙】
 他のチョイスシリーズ同様マックバレン(MAC BAREN)のペーパーです。
 中身は普通の燃焼剤入り漂白ペーパーです。



MAC_BAREN マックバレン チョイス CHOICE 手巻きタバコ 巻紙 ぺーパー


【余談】
 他のフレーバーシャグではあまり気にならないのですが、ローラーで巻くとエプロンに香りが長時間移りました。
 その状態で別のシャグを巻くと香りが移りかねないので、気になる場合はアルコールなり重曹水等でこまめに手入れした方が良いかもしれません。


【最後に…】
 決して万人受けするフレーバーでは無いですが、良い意味で予想外の風味のシャグでした。
 私の場合はものすごく気に入ったというわけではありませんが、フレーバー自体は割りと気に入ったので持て余すことは無く最後まで楽しめると思います。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!






関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 CHOICE_ROSE チョイス・ローズ CHOICE チョイス フレーバーシャグ ローズフレーバー 値上げシャグ

ルックアウト・アメリカンブレンド(LOOK OUT AMERICAN BLEND)【シャグの感想】


lookout_americanblend lookout ルックアウト・アメリカンブレンド ルックアウト アメリカンブレンド シャグ 手巻きタバコ RYO
ルックアウト・アメリカンブレンド
原産国:オランダ
内容量:35g
価格:750円
グラム単価:約21.4円
【巻紙付き】


【商品について】
 オランダ産シャグのルックアウト(LOOK OUT)より、アメリカンブレンドのシャグです。
 2015年2月現在の他のラインナップは、無添加のナチュラル(LOOK OUT NATURAL)、ハーフスワレ系のクラシック(LOOK OUT CLASSIC)、唯一のフレーバー系であるフルーティバニラ(LOOK OUT FRUITY VANILLA)の計4種類です。

 グラム単価がかなり安いことでもおなじみですが、あくまで私が知る範囲の話では、ルックアウトシリーズは取り扱っていない小売店がざらにあるので今ひとつ知名度が低いような気がします。
 だからと言って決して評判が悪いというわけではなく、とりあえずこの2年で廃盤になったシャグはありませんし、2013年の夏頃にはフルーティバニラが増えたことを考えると地味に人気のある銘柄なのでしょう。


【シャグについて】
 ナチュラルのページでも触れていますが、パウチはPP袋に密閉されているもののパウチ自体は完全に密封されておらず、折り返しに粘着テープが貼ってあるだけです。


lookout_americanblend lookout ルックアウト・アメリカンブレンド ルックアウト アメリカンブレンド シャグ 手巻きタバコ RYO


 これがシャグの画像ですが、色はやや暗めのブラウンで刻み幅は細かく、大きめに刻まれた葉も少し入っています。
 チョイス(CHOICE)キース(KEITH)ほどではないですが最初から程々に湿っているので、加湿して時間を置かなくでもすぐに吸えるでしょう。


【喫味】
 まず、吸いごたえはけっこう軽めです。私見では、チェ・シルバー(che silver)より気持ち強いかもという程度です。
 また、甘味や香ばしさ、酸味も程々にあり、大きな雑味も無く後味がさっぱりしているのでするすると煙が入ってくる点は気に入りましたが、同じアメリカンブレンドのマックバレン(MACBAREN AMERICAN BLEND)よりは全体的に大人しめに感じました。
 しかしながら私の好みでは決して悪くはないのですが、アメリカンブレンドということを差し引いても控えめな喫味のように思いました。
 この手のシャグは吸って早々に飽きるということはありませんが、良くも悪くも無難な喫味のシャグという感じです。


【巻紙】
 ナチュラル同様ルックアウトオリジナルのペーパーですが、いたって普通の燃焼剤入り漂白ペーパーです。

apache アパッチ 巻紙 ローリングペーパー ルックアウト LOOK_OUT RYO



【最後に…】
 アメリカンブレンドと言ってしまえばそれまでですが、やはり軽いタバコや無難なタバコが好きな人や、コストを重視する人であれば買って損は無いでしょう。
 私は軽めのタバコも好きなのでこれだけでもそれなりに楽しめますが、吸いごたえが強いシャグや香りが強めのフレーバーシャグとブレンドして調節する用途としても使えると思います。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png









関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 LOOK_OUT_AMERICAN_BLEND LOOK_OUT ルックアウト・アメリカンブレンド ルックアウト アメリカンブレンド

クール・ジェイズ・メンソール(COOL JAY'S MENTHOL)【巻紙・ペーパーの感想】

巻紙 ペーパー JUICY_JAYS_MENTHOL JUICY_JAYS ジューシージェイ フレーバーペーパー COOL JAY'S MENTHOL メンソール
クール・ジェイズ・メンソール
サイズ:長さ77mm × 幅42mm
購入価格:168円
単価:5.25円〜
原産国:スペイン
燃焼:スローバーニング?


【商品について】
 今回のクール・ジェイズ・メンソール(COOL JAY'S MENTHOL)は、パッケージの折り返しの裏を見た限りではにはこのページで紹介しているジューシー・ジェイズ(JUICY JAY'S)の商品で、側面に記載されているURLへアクセスするときちんと公式サイトにつながりますが、肝心の公式サイトにはこれと同じものはありません。
 メンソールはメンソールであるのですが、明らかに別デザインで原産国も「MADE IN SPAIN」となっています。
 また、今回購入したものは完全に無地ですが、公式サイトに掲載されているものには雪の結晶のようなイラストが紙全体にプリントされています。

 したがって全く同じものかはわかりませんが、ともあれ物珍しさで購入してみました。



巻紙 ペーパー JUICY_JAYS_MENTHOL JUICY_JAYS ジューシージェイ フレーバーペーパー COOL JAY'S MENTHOL メンソール


 以前に購入したミルクチョコレートフレーバーには模様がありましたが、この巻紙は無地です。

 因みに、上述の別バージョンの方には雪の結晶のイラストが全体にプリントされています。
 また、糊の部分にもフレーバーが添加されていますが、少し甘く感じるだけで特に清涼感はありません。

 そして下は、巻いた画像です。



巻紙 ペーパー JUICY_JAYS_MENTHOL JUICY_JAYS ジューシージェイ フレーバーペーパー COOL JAY'S MENTHOL メンソール


 無地なので、見た目は普通です。


【喫味】
 フレーバーはかなり控えめで、何となく清涼感が加わったような気がするという感じです。
 一応紙全体に添加されているのでくわえると唇まわりが少し甘くなりますが、砂糖水のようなシンプルな甘さです。
 したがって、これで巻いたからといってメンソールのタバコに早変わりするというようなことは無く、本当に隠し味程度です。
 また、「燃焼速度は遅め」という表記をしているネットショップを見かけましたが、体感的にはフリーバーニングのように思います。


【最後に…】
 チョコレートやフルーツのようなわかりやすいフレーバーではなく控えめで、見た目の面でもフレーバーペーパーならではのデザインが施されているわけではないので、良く言えばシンプル、悪く言えば何とも特徴に欠ける巻紙です。
 また、コストを重視すると一枚あたり5円という単価は決して安くはないので、仮に見つけてもたまの気まぐれか物珍しさと割りきった方が良いかと思います。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png












関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー COOL_JAYS_MENTHOL JUICY_JAYS ジューシージェイ フレーバーペーパー

スタンレー・チョコレート(STANLEY Chocolate)【シャグの感想】

STANLEY_Chocolate STANLEY スタンレー・チョコレート スタンレー チョコレートフレーバー フレーバーシャグ RYO ROLLING_TOBACCO
スタンレー・チョコレート
原産国:ベルギー
内容量:30g
価格:690円
グラム単価:23.0円
【巻紙付】


【商品について】
 2014年の10月に発売したスタンレー(STANLEY)シリーズより、チョコレートフレーバーのシャグです。
 チョコフレーバーのシャグといえば、オリジナル・チョイス(ORIGINAL CHOICE)ダークチョコレート(CHOICE DARK CHOKOLATE)が人気で、更に細かく言えばクールミント(CHOICE COOL MINT)もチョコレート系ですが、スタンレーも評判が良いので購入してみました。
 商品説明によると、「本場ベルギーの芳醇でスウィートなチョコレートの香り」だそうです。


【シャグについて】


STANLEY_Chocolate STANLEY スタンレー・チョコレート スタンレー チョコレートフレーバー フレーバーシャグ RYO ROLLING_TOBACCO


 他のスタンレーシリーズ同様シャグの色はやや暗めで刻み幅は細かく、粗めに刻まれた葉脈や茎のようなものも適度に入っています。
 また、密封状態でもパウチに鼻を近づける甘い香りが漂います。本格志向且つ上品な香りで、私の嗅覚ではチョコレートよりもナッツ若しくはアーモンドの香りがかなり強いと感じました。
 しかしながら、これまた他のスタンレー同様パウチに入った状態だとその辺に置いておくだけでも少なからず漂うので、他のシャグや巻紙等といっしょくたに置いておくとそれらへ香りがうつりかねません。ジップロックやキャニスター等の容器に移し替えた方が良いでしょう。
 同時に、香りだけは本物のチョコなので、特に乳幼児が身近にいるような環境では手の届かないところへ保管するべきでしょう。

 なお、開封段階でけっこうしっとりしているのですぐに加湿する必要は無さそうです。


【喫味】
 シャグの香りどおりの、心地良いチョコレートの香りが口や鼻を通ります。
 はっきりとチョコレートだとわかるもののフレーバー自体は実に上品なので、数本で飽きることは無いでしょう。
 やはり口に残る風味は、普通のチョコレートというよりはビター系のナッツチョコレート味といったところでしょうか。
 吸いごたえも軽めなので、良い意味で立て続けに手を出したくなるシャグです。
 フレーバー系なので好みは出てくるのは仕方ないですが、大きく外れるということは無いと思います。

 なお、チョコレートフレーバーのシャグ全体に言えることですが、他のシャグとの隠し味としても使えるでしょう。
 チョコレートは汎用性が高いので、特にハーフスワレ、バニラ、フルーツ、メンソール系あたりとの相性は良いはずです。
 因みにメンソールのフィルターをかまして吸ってみましたが、さながらミントチョコといったあんばいでなかなか良い組み合わせでした。


【巻紙】
 スタンレーシリーズは全て統一されているようで、既成品のスモーキング・ホワイト(Smoking WHITE)が同梱されています。一般的な燃焼剤入りの漂白ペーパーですが、大抵の巻紙は50枚入りに対してこれは60枚入りなので紙にこだわらないという人には更にお得です。



Smoking_WHITE スモーキング・ホワイト スモーキング 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー RYO


【最後に…】
 チョイスもチョイスで良いですが、ナッツの香りが高い分これもこれでなかなか気に入りました。
 また、グラム単価もそれなりに手頃なのでフレーバーシャグの入り口に選んでも良いと思います。
 スタンレーのシャグはこれで3つめですが、改めて上質な銘柄だと思いました。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png














関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 STANLEY_Chocolate STANLEY スタンレー・チョコレート スタンレー フレーバーシャグ チョコレートフレーバー

ハーベスト・ミント(HARVEST MINT)【シャグの感想】

HARVEST_MINT HARVEST ハーベスト・ミント ハーベスト 手巻きタバコ シャグ RYO ROLLING_TOBACCO
ハーベスト・ミント
原産国:ドイツ
内容量:40g
価 格:860円
グラム単価:約21.5円
【巻紙付】


【商品について】
 ドイツのフレーバーシャグシリーズのハーベスト(HARVEST)より、ミントフレーバーのシャグです。

 ところで、強さに差はあれどメンソール系シャグの選択肢はそれなりにありますが、いわゆる「ミント」を謳っているものはそう多くありません。
 私が知る限りでは、他にチョイスエクセレント、DJミックスからも出ていますが、商品名はそれぞれクールミント(CHOICE COOL MINT)レモンミント(EXCELLENT LEMON MINT)、ミント&クローブ(DJ MIX MINT & CLOVE)といった具合で、どれもミントに何かしらのフレーバーが加わっています。
 したがって、純粋に“ミント”だけを謳っているものはこれだけでしょう。


【シャグについて】


HARVEST_MINT HARVEST ハーベスト・ミント ハーベスト 手巻きタバコ シャグ RYO ROLLING_TOBACCO

 他のハーベスト同様シャグの状態は乾き気味、色は濃いめのダークブラウンで刻み幅はやや粗めというか細長いです。また、かなり粗く刻まれた葉脈や茎らしきものも適度に混ざっています。
 シャグに鼻を近づけると、ほんのりとした上品なミントの香りを感じます。


【喫味】
 フレーバーは香りの強さどおりといったところで、ミントがほんのり且つじんわりと口に広がります。荒々しさやざらつきのない、良質なミントの香りです。強さはお上品ですが清涼感もしっかりあるので、吸っていて心地良いです。
 そのため、その分タバコそのものの味も楽しめます。
 加湿の程度もあるかと思いますが、私の場合はやや辛さが舌に残りましたが、全体的に甘めで程々にコクもあり後味も爽やかです。

 そして、吸いごたえは他のハーベスト同様軽めなので吸いやすいです。クセの無い喫味なのでとっつきやすいシャグかと思います。

 因みに、加湿しなくても吸えなくはないですが、加湿したところミントが際立ち、葉の甘さやコクが更に深まるので個人的にはこちらの方が好みです。


【巻紙】
 オマケのペーパーはオリジナルで、厚さも普通で燃焼剤入りの漂白ペーパーです。

HAEVEST_CHERRY HARVEST ハーベスト・チェリー ハーベスト ドイツ 巻紙 ローリングペーパー 手巻きタバコ RYO


【最後に…】
 ハーベストはグラム単価も手頃ということも含め、個人的にはなかなか悪くないシャグです。
 フレーバーもさることながら飽きの来ない喫味なので、私の場合は最後まで持て余すことなく楽しめそうです。
 あくまで強い清涼感を求めなければという前提ですが、ミントやメンソールが好きな人は楽しめると思います。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png






関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 HARVEST_MINT HARVEST ハーベスト・ミント ハーベスト フレーバーシャグ ミントフレーバー

ロウ・クラシックシャグ(RAW NATURAL AUTHENTIC TOBACCO)【シャグの感想】

RAW_NATURAL_AUTHENTIC_TOBACCO RAW ロウ・クラシックシャグ ロウ 無添加 シャグ バージニアブレンド 手巻きタバコ RYO
ロウ・クラシックシャグ
原産国:デンマーク
内容量:30g
価 格:930円
グラム単価:31円
【巻紙付】


【商品について】
 無漂白・無農薬の巻紙に絶大な定評のあるブランドのRAW(ロウ)名義のシャグが、今年の初めに登場しました。
 因みに、私はまだ試していませんが同じく老舗の巻紙ブランドであるジグザグ(ZIG-ZAG)名義のシャグ・ジグザグ・ファインカット(ZIG-ZAG FINE CUT)が去年の11月頃に登場したので、巻紙ブランドのシャグが立て続けに登場したことになります。

 商品説明によると名前のとおり無添加のシャグで、最高の品質を追求し手作業で行い茎などを除く作業も全て手作業で行い、何世紀にもわたって受け継がれてきた伝統的な手法でタバコの葉を屋内で自然乾燥させているとのことです。
 完璧な喫味と燃焼を得るためにそれぞれブレンドの種類に合わせ、カットの長さと厚みを調整し、最高の煙、風味と濃度を求め、最大水分含有率を15%に抑えているそうです。

 ブレンドの具合は、米国バージニア州とノース・カロライナ州で収穫された糖度の高いバージニア葉に、ブラジル南部のリオグランデ・ド・スル(Rio Grande do Sul)産とサンタ・カタリーナ(Santa Catarina)産の葉を隠し味に加えたバージニアスタイルだそうです。
 商品名にある「AUTHENTIC」という単語は日本語に訳すと「本物の」「正真正銘の」「れっきとした」という意味だそうで、品質に自信があることを伺わせます。

 余談ですが、ネットで調べてみたところ発売元はマックバレン(MAC BAREN)のようで(※詳細はこちら)、どうやら他に無農薬版、黒タバコ、アメリカンブレンドもリリースしているようです。クラシック・シャグの売れ行き次第ではこれらもいずれ日本に入ってくるかもしれません。


【シャグについて】


RAW_NATURAL_AUTHENTIC_TOBACCO RAW ロウ・クラシックシャグ ロウ 無添加 シャグ バージニアブレンド 手巻きタバコ RYO

 色は明るめのブラウンで、刻み幅は細かいです。
 無添加なので当たり前ですが、シャグは乾燥しています。
 また、シャグのにおいは干し草を思わせる素朴な香りで、安堵感を覚えます。


【喫味】
 乾燥した状態では辛かったので、加湿してから吸ってみました。
 全体的にはあっさり系ですが商品説明どおり喫味は確かに甘く、青葉のような自然な青っぽさやコクも程々にあり、後味もすっきりしているので非常に吸いやすいです。
 強いて書くなら、加湿の具合にもよりますが少しばかり辛みが口に残りますが大きなクセとか雑味というわけではありません。良い意味で万人受けするシャグで、飽きにくい風味と言えるでしょう。

 そして、吸いごたえはかなり軽めです。
 あくまで私の感覚ではこのページで紹介しているチェ・シルバー(che silver)より気持ち強い程度で、同じ無添加のシャグでは最も軽いと思います。
 そのため、強めのタバコを恒常的に嗜んでいる人にはひと味足りないと思うこともあるかもしれませんが、軽めのタバコが好きな人であれば気にいると思います。
 ともあれ、商品名のとおり上質なシャグであることには間違いありません。


【巻紙】
 当たり前と言えば当たり前ですが、自社製品のロウ・クラシック・シングル(RAW CLASSIC SINGLE)が同梱されています。
 無漂白の極薄ヘンプペーパーで、RAW製品の中で最も売れ筋の定番商品です。単体で買えば130円なのでありがたいオマケです。(※巻紙の感想はこちらを参照してください)


RAW_CLASSIC RAW ロウ・クラシック・シングル ロウ 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー 無漂白 無添加 薄紙 極薄 RYO


【最後に…】
 私は軽めのタバコも好きなので、定期的に買っても良いと思うほど気に入りました。
 上述のとおり万人受けしそうな喫味なので、無添加シャグのファーストチョイスにも適していると思います。
 しかしながらグラム単価が31円というのはかなり高い方で、比較的入手しやすいシャグの中では最高値に近い価格帯です。
 しかしオマケの巻紙代を差し引けば計算上は約26.7円になるので、それでもシャグ全体では高い方ですがリニューアルしたマニトウ(MANITOU)と同じということになります。
 したがって、極薄無漂白ペーパーとのバリューパック製品と考えれば無闇に高いというわけでは無いでしょう。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 RAW_NATURAL_AUTHENTIC_TOBACCO ロウ・クラシックシャグ ロウ RAW 無添加シャグ バージニアブレンド RAW_CLASSIC_single

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR