FC2ブログ

一ヶ月にかかる手巻きタバコ代−2015年4月【コストパフォーマンス】

 さて、月末になったので2015年4月にかかったタバコ代を紹介します。


【シャグ】

-----
合計:2,600円


【巻紙】

-----
合計:328円


【フィルター】

-----
合計:540円

【紙巻きタバコ(JT製品)】

-----
合計:1,690円


★★総計:5,158円★★



 4月は30日あるので、紙巻きタバコだけを吸っていた場合の一ヶ月のタバコ代を「445円×30箱=13,350円」とすると、今月は8,192円浮いたことになります。これを445円で割ると、約18箱分の節約につながりました(※紙巻きタバコ代に関してはこちらをご参照ください)


 今月はかなり少ない出費で済みました。
 特に節煙を心がけていたわけではありませんが、ここ最近は以前にも増してスリムフィルターで巻く比重が高くなったので、その分シャグの消費につながったと思います。
 また、先月に巻紙類をいくつか買いだめをしたのであまり買うことがなかったということもあるでしょう。

 とはいえ相変わらず紙巻きタバコも何だかんだで購入しているのですが、あくまで出費に重きを置くと、もしかしたら100%手巻きにするのではなく適度に紙巻きタバコも購入することが節約につながるのではないかと感じました。

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png

 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 一ヶ月の手巻きタバコ代 出費 コストパフォーマンス

スタンレー・ゴールデンリーフ(STANLEY Golden Leaf)【シャグの感想】


STANLEY_Golden_Leaf STANLEY スタンレー・ゴールデンリーフ スタンレー 手巻きタバコ RYO バージニアブレンド
スタンレー・ゴールデンリーフ
原産国:ベルギー
内容量:30g
価格:690円
グラム単価:23.0円
【巻紙付】


【商品について】
 2014年の10月に発売したフレーバーシャグのスタンレー(STANLEY)シリーズより、2015年の4月よりノンフレーバーのシャグが新たに登場しました。
 内訳は「オリジナル(ORIGINAL)」「ハーフツヴァイア(HALF ZWAAR)」「バージニア(VIRGINIA)」「ゴールデンリーフ(Golden leaf)」「アメリカンブレンド(AMERICAN BLEND)」「アイスミント(Ice Mint)」 の計6種類で、既存のフレーバー系も入れると全11種類という大所帯のファミリーとなりました。これだけ種類が豊富なのは、フレーバー系だけですがチョイス(CHOICE)シリーズくらいではないでしょうか。

 今回のゴールデンリーフは実のところラインナップの中で最も気になっていたのですが、その理由は単純に商品名に「ゴールデン」と銘打っているからでした。
 ゴールドを意味する名前を銘打っている他の銘柄ではマニトウ・ゴールド(MANITOU GOLD。リニューアル前は「マニトウ・バージニアゴールド」)ですが、それに近い喫味なのかどうなのかが気になるところです。

 因みにパウチの裏には以下の様な商品説明らしき英文が記載されています。



STANLEY_Golden_Leaf STANLEY スタンレー・ゴールデンリーフ スタンレー 手巻きタバコ RYO バージニアブレンド



"Stanley Golden Leaf tobacco is blended from a unique combination of Virginia tobaccos
and other high quality tobaccos from around the world.
This blend was developed to ensure a tasteful experience with sweet touches."


 機械翻訳から抜粋すると、
「バージニアのタバコと世界中から厳選した他の高品質のタバコとのユニークな組み合わせから配合されている。
このブレンドは、甘いタッチで上品な経験を確実にするために開発された」


 とのことです。
 バージニアをメインに、他とは一線を画したブレンドのシャグということでしょうか。


【シャグについて】


STANLEY_Golden_Leaf STANLEY スタンレー・ゴールデンリーフ スタンレー 手巻きタバコ RYO バージニアブレンド


 他のスタンレー同様シャグの色はやや暗めで毛足は細めです。
 開封段階でしっかり保湿されているのですぐに加湿する必要は無いでしょう。
 また、タバコ本来の香りもするものの何となく甘いような、コーヒーのような何とも独特な香りも感じました。
 少なくとも私が知る限りでは初めての感覚ですが、他のシャグには無い良い香りです。


【喫味】
 ビター系統の喫味で、コクはしっかりあって、程よい苦味ほのかな甘さとがうまく混ざったような感じです。口の中にはブラックココアのパウダーを思わせる香りが残ります。
 煙も濃厚でありながら、刺々しさもなく丸くて柔らかく、するすると煙が入ってきます。
 吸いごたえは軽めなので非常に吸いやすいですが、私の印象では巻紙によって大きく変わります。薄手のライスペーパーで巻くと軽いですが、このページで紹介しているトリップ(Trip。セルロースペーパー)で巻いたものは強めです。尤も、セルロースで巻くと大抵他の巻紙より強めに感じますが、もしかしたら私だけかもしれません。

 個人的には他銘柄と比べると、あくまでですが強いて挙げればラスタ(RASTA)シリーズやオリジナルではないドラム(DRUM)に近いかもしれないという印象です。しかし、このあたりは人によって感じ方は異なるでしょう。ともあれ良い意味で独特な後味で、マニトウとはまったくの別物です。


【巻紙】
 他のスタンレーシリーズ同様、既成品のスモーキング・ホワイト(Smoking WHITE)が同梱されています。
 オマケの巻紙の多くは50枚入りですが、これは60枚入りなので紙にこだわらないという人には少しお得です。


GROGGY グロッギー Smoking_WHITE スモーキング・ホワイト スモーキング 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー RYO


【最後に…】
 商品説明どおりユニークなブレンドで、私の中では当たりの方でした。
 といってもメインで吸いたいと思うほど気に入ったわけではありませんが、今の分が無くなってしばらく時間が経つと、また吸いたくなるかもしれないと思わせるシャグでした。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png









関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 STANLEY_GOLDEN_LEAF STANLEY スタンレー・ゴールデンリーフ スタンレー バージニアブレンド

スタンレー・アイスミント(STANLEY ice mint)【シャグの感想】


STANLEY_Ice_mint STANLEY スタンレー・アイスミント スタンレー 手巻きタバコ シャグ ミントフレーバー RYO
スタンレー・アイスミント
原産国:ベルギー
内容量:30g
価格:690円
グラム単価:23.0円
【巻紙付】


【商品について】
 2014年の10月に発売したフレーバーシャグのスタンレー(STANLEY)シリーズは人気のようですが、2015年の4月より新たに6種類のシャグが登場しました。
 内訳は「オリジナル(ORIGINAL)」「ハーフツヴァイア(HALF ZWAAR)」「バージニア(VIRGINIA)」「ゴールデンリーフ(Golden leaf)」「アメリカンブレンド(AMERICAN BLEND)」「アイスミント」 で全てノンフレーバーです。
 フレーバー系も入れると全11種類という大所帯のファミリーとなりました。これだけ種類が豊富なのは、フレーバー系だけですがチョイス(CHOICE)シリーズくらいではないでしょうか。

 今のページで紹介するアイスミントはネットで発売されると知ってから気になっていたのですが、商品説明によると「清涼ミントのさわやかな香り。きめ細かい刻みが特徴の手巻たばこ」とのことで、購入したお店の店主曰く、コルツ・クリアメンソール(COLTS CLEAR MENTHOL)より清涼感が強いとのことでした。
 メンソールやミントフレーバーのシャグは幾つか出ていますが、主観ではあるものの清涼感だけで言えばコルツとチェ・メンソール(Che Menthol)以外はそれほど前面には出ない程度なので、期待が高まります。


【シャグについて】


STANLEY_Ice_mint STANLEY スタンレー・アイスミント スタンレー 手巻きタバコ シャグ ミントフレーバー RYO


 シャグの色はやや暗めで毛足は細め、開封段階でしっかり保湿されています。


【喫味】
 ミントは強めですが刺々しさは無く丸いです。それでいて、タバコの甘さや香ばしさも濃いめなので、シャグの味もしっかり入ってきます。
 コルツとは趣の異なる清涼感ですが、そこはメンソールとミントの違いなので好みの問題でしょう。紙巻きタバコで言えばラークのアイスミント(LARK ICE MINT)が好きな人は気にいるかもしれません。

 私の味覚では、清涼感は若干コルツより弱めに感じましたが、そこは個人差もあると思います。ともあれ、清涼感だけならシャグの中ではかなり強い方です。

 また、雑味もなく吸いごたえもかなり軽めで非常に吸いやすいです。 
 タバコ自体の甘さも相まって、口の中に良い意味で程よい甘さが残ります。


【巻紙】
 他のスタンレー同様、既成品のスモーキング・ホワイト(Smoking WHITE)が同梱されています。
 オマケの巻紙の多くは50枚入りですが、これは60枚入りなので紙にこだわらないという人には少しお得です。


GROGGY グロッギー Smoking_WHITE スモーキング・ホワイト スモーキング 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー RYO


【最後に…】
 とにかくクセも無くすんなり煙が入ってくるので、単純に吸いやすいです。
 元々メンソール系が好きということもあるので、個人的にはかなり気に入りました。特にこれからは暑くなるので、定期的に手を伸ばしたくなるシャグです。
 強めのタバコが好きな人には物足りないかもしれませんが、グラム単価もそれなりに手頃なので手巻きタバコデビューでこれを選んでも損は無いと思います。やはり、スタンレーシリーズはハズレが無いと改めて思いました。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 STANLEY_ICE_MINT STANLEY スタンレー・アイスミント スタンレー ミントフレーバー

マントラ・コーラ(mantra cola)【巻紙・ペーパーの感想】

mantra_cola mantra マントラ・コーラ マントラ 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー コーラフレーバー RYO
マントラ・コーラ
サイズ:長さ78mm × 幅44mm
価 格:250円 / 50枚
単 価:5円〜
原産国:スペイン
燃 焼:スローバーニング


【商品について】
 フレーバーペーパーで有名なマントラ(mantra)シリーズより、コーラフレーバーの巻紙です。
 マントラに限らずフルーツフレーバーの巻紙はいくつかバリエーションがありますが、日本国内で比較的容易に入手できる巻紙でコーラを謳っているのは、恐らくこれだけだと思います。

【商品の特徴】
 他のマントラシリーズ同様、フレーバー系ということもあってか袋詰めになっています。
 香りの種類は、キャンディーやガム等に使われているであろう、わかりやすいコーラの香りですが、フレーバーの性質上か、それほど強くはありません。

 そして他のフレーバーペーパー同様、全体に当該フレーバーのイラストがプリントされています。



mantra_cola mantra マントラ・コーラ マントラ 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー コーラフレーバー RYO

 ソフトドリンクということで、コーラが入っているコップのイラストが散りばめられています。


mantra_cola mantra マントラ・コーラ マントラ 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー コーラフレーバー RYO

 実際に巻いてみるとかなり可愛らしいので、もしかしたら女性に見せたら面白がってくれるかもしれませんが、公共の場では良くも悪くも注目されそうです。

 また、フレーバーペーパーだけあって糊にもフレーバーが添加されており、舐めるとほんのりコーラの味がします。


【喫味】
 フレーバーペーパーだけあって、唇まわりにほのかなコーラの甘さを感じます。
 
 そして喫味ですが、ほんのりコーラを感じる程度なのでシャグが負けてしまうということはありません。マントラシリーズの中では弱い方だと思います。
 そのため他の巻紙と一緒くたに保管しても香りが移るということはありませんが、その分、ある程度早めに消費しないと香りが早く飛んでしまうかもしれません。

 あくまで私の味覚ではシャグを選びそうに思いました。
 ノンフレーバーのシャグだとアメリカンブレンドであれば違和感無く楽しめそうですが、バージニアブレンドやドラム系のシャグとは好みが分かれそうです。

 むしろ、フレーバーシャグとの相性が最も良いのではと思います。
 実際に販売されているコーラのバリエーションを考えると、ドミンゴ・チェリー(DOMINGO CHERRY)エクセレント・レモンミント(EXCELLENT LEMON MINT)あたりのとの相性が良いように思います。
 あるいは、バニラのシャグを巻いてかつて日本でも販売されていたバニラコーラを再現するのも面白そうです。


【最後に…】
 

 しかしながら、これに限らずマントラシリーズ全般に言えることですが、枚数が多く単価も決して安くないところは正直なところデメリットでしょう。
 私の場合はさすがにメインで使おうとは思いませんが、フレーバー自体は嫌いではないのでたまの気分転換や気まぐれで重宝しそうです。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png









関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー mantra_cola mantra マントラ・コーラ マントラ Smoking フレーバーペーパー スローバーニング コーラフレーバー

ロゴ・スーパーライト(LOGO Super Light) 【紙巻きタバコのカスタマイズ】

logo_superlight logo ロゴ・スーパーライト ロゴ 紙巻きタバコ 格安タバコ
ロゴ・スーパーライト
タール:5mg / ニコチン:0.4mg
原産国:インドネシア
価格:370円 / 20本



【商品について】
 ロゴ(LOGO)シリーズは日本向けに生産されたインドネシア産の紙巻きタバコで、このページで紹介しているブライト(BRIGHT)やウェスト(West)シリーズと同じ370円で販売している格安タバコです。
 商品説明によるとバージニア葉、バーレー葉を中心にしたアメリカンブレンドで、100通りのブレンドから選ばれたオンリーワンなタバコとのことです。
 バリエーションは今回のスーパーライトの他に、タール10mgのオリジナル、1mgのロゴ・ワン(LOGO One)の計3種類です。

logo_superlight logo ロゴ・スーパーライト ロゴ 紙巻きタバコ 格安タバコ


 これがバラした画像です。
 他の紙巻きタバコより刻み幅は粗めで、色も暗いように見えます。


【(1) 紙巻きタバコとしての喫味】
 吸いごたえは、タール・ニコチンの数値にしてはかなり軽く感じます。
 多少のざらつきは感じたものの煙はまろやかで後味も甘めですが、やはりチャコールフィルターの影響か、全体的に薄味のタバコに思いました。
 吸いやすいには吸いやすいですが、人によっては味気ないタバコと感じてしまうかもしれません。良くも悪くも値段相応のタバコといったところしょうか。


【(2) 加湿前の喫味】
 まずは、加湿せずに手持ちの巻紙とフィルターで巻き直したものを吸ってみました。
 紙巻きタバコは、両切りタバコにフィルターがくっついている構造ですが、手巻きタバコは一枚の紙で葉とフィルターを巻きます。そのため、フィルターから煙が逃げない分吸いごたえや葉の味はかなり濃くなりました。
 しかし同時に辛さも際立ったので、やはりチャコールフィルターの力が大きいようです。
 結論を先に言えば10mgの方を買えばいいだけの話ですが、吸いごたえが物足りないと感じた時に試すといいかもしれません。


【(3) 加湿後の喫味】
 加湿したことで辛みも吸いごたえも(2)より緩和され、物足りなさを感じることなくコクと甘みも増したのでだいぶ美味しく吸えるようになりました。
 バラして加湿して巻き直すという一連の手間をかけた分だけ良くなったという感じです。


【最後に…】
 銘柄によっては加湿して巻き直したところであまり変わらなかったものもあるのですが、LOGOに関しては割りと大きく変わった印象です。
 私の好みでは、そのままの状態ではそれほど気に入ったわけではありませんが、少なくともバラした分は持て余すことは無さそうです。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png










関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 紙巻きタバコのカスタマイズ ロゴ・スーパーライト LOGO_Super_Light LOGO ロゴ アメリカンブレンド 格安タバコ

ラスタ・メンソール(RASTA MENTHOL)【シャグの感想】


RASTA_MENTHOL RASTA ラスタ・メンソール ラスタ メンソールシャグ RYO
ラスタ・メンソール
原産国:ベルギー
内容量:25g
価 格:580円(※2014年4月〜)
グラム単価:約23.2円
【巻紙付】



【商品について】
 ベルギー産のラスタ(RASTA)より、今回はメンソールのシャグです。
 商品説明から抜粋すると、「バージニアブレンドにメンソールを加えた刺激的な喫味のシャグ。キャラクターはマイルド」とのことです。


【シャグについて】
 他のラスタ同様色はやや明るめのダークブラウンで、刻み幅は細かいですが粗めに刻まれた葉脈もしくは茎のようなものも適度に入っています。
 開封段階では一定の湿度は保たれているので、フワフワとした感触です。



RASTA_SILVER RASTA ラスタ・シルバー ラスタ 手巻きタバコ シャグ RYO


【喫味】
 紹介しているサイトによってメンソールは強めとあったりマイルドとあったりと統一されていなかったのですが、私が試した限りではアクセント程度にとどまっており、かなり控えめです。
 言い方を変えれば上品で、メンソールは自体も刺々しさは無くじんわりと口に広がるので、タバコ自体の甘さも堪能できます。
 しかしながら、コルツ・クリアメンソール(COLTS CLEAR MENTHOL)や紙巻きのメンソールタバコくらいの清涼感を求めると物足りないかもしれません。

 そして吸いごたえは非常に軽く、このページで紹介しているラスタ・シルバー(RASTA SILVER)にメンソールを添加したような喫味でした。

【巻紙】
 他のラスタ同様、「ORLANDO」というごく普通の燃焼剤入りの漂白ペーパーです。
 しかしコーナーがカットされているので、いつもローラーで巻く人には重宝するかもしれません。


RASTA ラスタ ORLAND 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー シャグ RYO


【最後に…】
 メンソールも吸いごたえも軽めなので、単純に吸いやすいシャグです。
 逆に言うとこれといった大きな特徴が見当たらないのですが、手巻きタバコの入り口、或いはライト志向の人にはより楽しめると思います。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png









関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 RASTA_MENTHOL RASTA ラスタ・メンソール ラスタ 値上げシャグ メンソールシャグ

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR