FC2ブログ

一ヶ月にかかる手巻きタバコ代−2015年6月【コストパフォーマンス】

 さて、月末になったので2015年6月にかかったタバコ代を紹介します。


【シャグ】

-----
合計:2,240円


【巻紙】

-----
合計:324円


【フィルター】

-----
合計:1,170円

【紙巻きタバコ(JT製品)】

-----
合計:1,720円


★★総計:5,454円★★



 6月は30日あるので、紙巻きタバコだけを吸っていた場合の一ヶ月のタバコ代を「445円×30箱=13,350円」とすると、今月は7,896円浮いたことになります。これを445円で割ると、約18箱分の節約につながりました(※紙巻きタバコ代に関してはこちらをご参照ください)


 先月とは打って変わって、今月は自分なりに少ない出費となりました。
 とはいえ、ParvathiとPERUANOはいただきものということと、相変わらず紙巻きタバコはそれなりに購入しているので、出費の分だけ消費量が減ったというわけではありません。

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png

 






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 一ヶ月の手巻きタバコ代 出費 コストパフォーマンス

アパッチ・ナチュラル(APACHE NATURAL)【シャグの感想】

APACHE_NATURAL APACHE アパッチ・ナチュラル アパッチ 無添加シャグ 手巻きタバコ RYO
アパッチ・ナチュラル
原産国:オランダ
内容量:25g
価格:560円
グラム単価:22.4円
【巻紙付】



【商品について】
 オランダ産シャグのアパッチより、今回は無添加のナチュラルです。
 商品説明によると「たばこ本来の香りと喫味を愉しむ。100%ナチュラルな素材で作られている」とのことで、葉の種類やブレンド具合といった具体的な特徴はわかりません。
 余談ですが、私の行動範囲にあるいくつかのタバコ専門店にはアパッチは置いてあるものの、何故かこのナチュラルだけ置いていないところが多く最近になって初めて見かけました。


【シャグについて】
 刻み幅は細めで色はダークブラウン。触った感じではかなり乾燥しています。保湿は必須でしょう。


APACHE_NATURAL APACHE アパッチ・ナチュラル アパッチ 無添加シャグ 手巻きタバコ RYO


【喫味】
 口当たりもマイルドで吸いごたえも軽め、口の中に葉の甘味が程よく残りました。良くも悪くも無難な喫味で、同じ無添加のシャグの中でも控えめな方だと思います。
 何となくですが、同じアパッチのゴールド(APACHE GOLD)を大人しめにした喫味に思いました。


apache アパッチ 巻紙 ローリングペーパー ルックアウト LOOK_OUT RYO


【最後に…】
 特徴のある喫味が好きな人には物足りないかもしれませんが、この手のシャグはすぐに飽きが来るということは無いので。
 また、値段も手頃で容量も25gと少量なので、喫味も含めて手を出しやすいのもメリットでしょう。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 アパッチ・ナチュラル APACHE_NATURAL APACHE アパッチ 無添加シャグ

【日本未発売・ウルグアイのシャグ】PERUANO【シャグの感想】

PERUANO, Tabaco_de_liar ウルグアイのシャグ tabaco uruguayo RYO 手巻きタバコ
PERUANO
原産国:ウルグアイ
内容量:45g


【商品について】
 このカテゴリでは日本未発売のシャグを紹介していますが、今回もウルグアイ産のシャグです。「PERUANO」はスペイン語で、直訳すると「ペルー人」若しくは「ペルーの」という意味です。ペルーのタバコ事情はわかりませんが、同じ会社から「PUERTO RICO」というシャグがあるらしいので、単に地名を銘柄に採用したかもしれません。

 このシャグは、このページで紹介しているCERRITO同様ウルグアイの老舗タバコ会社・MONTEPAZ社が生産・販売しています。
 紙巻きタバコですが、フレーバータバコでおなじみのアークロイヤル(ARK ROYAL)、格安タバコのブライト(BRIGHT)、CelFXという最新のチャコールフィルター使用という触れ込みのフロイド(FLOYD)がMONTEPAZ社製なので、なにげに日本と馴染み深い会社です。

 さて、このカテゴリで紹介しているシャグは概ね喫煙による健康被害の警告写真やアイコンが大きく掲載されていますが、これも例外なくパッケージの3/4近くが警告写真で占めています。
 同じ銘柄でもバリエーションは色々あるらしいのですが、写真は表裏共に以前に入手したCERRITOと同じです。


【パウチについて】
 これまたCERRITO同様、パウチは袋状ではなく厚紙でシャグを包んでいる構造になっています。日本ではまず見かけない形状なので、新鮮に感じます。



PERUANO, Tabaco_de_liar ウルグアイのシャグ tabaco uruguayo RYO 手巻きタバコ

 これが分解した画像です。CERRITOのページでは牛乳のパックに近いと書きましたが、今回は何故かバターを開ける感覚に似ていると思いました。
 当然ながら一度ここまで開けたらパウチの機能は望めないので、シャグをキャニスターに移して保存しています。


【シャグについて】
 色はやや明るめのブラウンで、毛足は細かいです。
 公式サイトでは「フルフレーバー」としか書いていないので葉の詳細はわかりませんが、とりあえずしっかりと加湿してありました。


【喫味】
 日本で売っていない以上は詳細を説明しても証明のしようがないので最低限に留めますが、端的に掛けば全体的にビター系で、口の中にブラックココアパウダーのような苦味が残ります。
 吸いごたえは軽めですが、時間差でそこそこどっしりとした充足感が来るので、ハーフスワレ系に近いかもしれません。

 しかしながら、それ以外はこれといって特筆するものは浮かばず、良くも悪くも普通の喫味のシャグでした。
 個人的には、単体で愉しむにはもう一味欲しいといったところでしたが、この手の喫味はすぐに飽きが来ないので長く愉しめるといえば楽しめることと、他のシャグとブレンドしても相性を気にしなくていいという点がメリットでしょうか。


【最後に…】
 これまた良くも悪くもハズレの無いシャグなので、開けて以来コンスタントに愉しめています。
 容量も45gと多めなので、当分は重宝しそうです。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png









関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 PERUANO 日本未発売 ウルグアイのシャグ

【日本未発売・ブラジルのシャグ】Parvathi【シャグの感想】

Parvathi, パールヴァティー, ブラジルのシャグ, 手巻きタバコ, RYO
Parvathi
原産国:ブラジル
内容量:25g


【商品について】
 このカテゴリでは日本未発売のシャグを紹介していますが、今回はブラジル産のシャグです。
 パウチに記載されているポルトガル語を機械検索にかけたところ、100%無添加のバージニアベースらしいです。

 公式サイトのURLもあるのでアクセスしてみたのですが、何らかの理由で閉鎖しているようで詳細はわかりません。

 因みに検索して初めて知ったのですが、Wikipediaによると「Parvathi」とはヒンドゥー教の女神の一柱で、「山の娘」を意味するそうです。日本語表記では「パールヴァティー」が一般的のようです。
 余談ですが、某人気スマホゲームのキャラクターや同名のインド人女優の情報も検索結果に表示されました。
  

 今回はいただき物なので0円で手に入れたのですが、手書きの値札シールには「25.00」とありました。
 ブラジルの通貨であるレアルのレートは2015年6月3日現在で1レアル≒約40円らしいので、日本円に換算すると約1,000円です。
 日本での相場で考えるとグラム単価約40円というのはかなり高めですが、このシャグだけ特別なのか、ブラジルでは平均的な価格なのかはわかりません。
 

 ところで、これまでに紹介した南米のシャグは警告画像をかなり大きく掲載していましたが、このシャグはパウチの裏面に1/3程度の大きさで掲載されています。



Parvathi, パールヴァティー, ブラジルのシャグ, 手巻きタバコ, RYO


 わかりづらいかもしれませんが、タバコの火も消さずに子どもに食事を与えている構図です。
 主観ですが、これはタバコの害以前に常識の問題のような気がします。


【パウチについて】
 無添加ということなのか、ゴールデン・バージニア(GOLDEN VIRGINIA、GV)のようにファスナー付きです。
 勝手に南米のパッケージはかなり雑というイメージがあったので意外でしたが、それだけ上質ということでしょうか。



Parvathi, パールヴァティー, ブラジルのシャグ, 手巻きタバコ, RYO


 色はやや明るめのブラウンで、毛足は細かいです。
 無添加らしくシャグの香りもかなり素朴で良い香りですが、じっくり嗅ぐとドラム(DRUM)とは異なるカツオブシ臭というか燻製のようなにおいも感じました。


【喫味】
 日本で売っていない以上は詳細を説明しても証明のしようがないので最低限に留めますが、端的に掛けば吸いごたえは軽く後味もすっきりしているので非常に吸いやすいです。

 とはいえ、バージニアベースといってもマニトウ(MANITOU)ペペ(Pepe)プエブロ(PUEBLO)あたりとは遠からず近からずといったところでシャグの香りどおり燻製のような独特な風味です。


【最後に…】
 ブラジル製のタバコは初めてですが、良くも悪くも日本で売っているものとはすこしばかり毛色の違う独特なシャグでした。
 量もそれほど多くないので大事に嗜みたいところです。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png





関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 Parvathi 日本未発売 ブラジルのシャグ パールヴァティー

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR