FC2ブログ

一ヶ月にかかる手巻きタバコ代−2016年6月【コストパフォーマンス】

 さて、月末になったので2016年6月にかかったタバコ代を紹介します。


【シャグ】

-----
合計:2,200円


【巻紙】

-----
合計:378円


【紙巻きタバコ(JT製品)】

-----
合計:4,240



★★総計:6,818円★★




 6月は30日あるので、紙巻きタバコだけを吸っていた場合の一ヶ月のタバコ代を「450円×30箱=13,500円」とすると、今月は6,682円浮いたことになります。これを450円で割ると、約15箱分の節約につながりました。


 今月は、金額的にはかなり抑えることが出きたのですが、シャグ代より紙巻きタバコ代の方が高くなってしまいました。

 個人的な都合ですが、今月は何かと時間に追われる日々を送っていたことでタバコ屋に行く機会が少なかったことや、単純に巻くのが面倒になってしまいつい紙巻きを買ってしまったことが要因です。
 今月はチェ・シリーズばかりを買ったのは、容量が手頃でオマケの巻紙が薄紙だからということもありますが、近所にあるタバコ屋でわずかながらシャグを取り扱っていて、自分の好みではチェ・シリーズくらいしか選択肢が無かったので頻繁に利用したというだけです。
 


▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png

 

▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 一ヶ月の手巻きタバコ代 出費 コストパフォーマンス

チェ・ブルー(Che Blue)【シャグの感想】


チェ・ブルー Che_Blue チェ チェ・ゲバラ Rebel Che ハーフスワレ 手巻きタバコ RYO
チェ・ブルー
原産国:ルクセンブルク
内容量:25g
価 格:550円
グラム単価:22.0円
巻紙付



【商品について】
 シャグの定番銘柄の一つでもあるチェ(Che)・シリーズより、シルバー以来の新作が2016年6月に登場しました。
 商品説明によると、ヨーロッパで人気のファイア・キュアード原料主体の本格派タバコで、コクのあるヨーロピアンスタイルだとか。ハーフスワレや黒タバコが好きな人におすすめだそうです。

 因みにファイアキュアードとは、密閉度の高い室内で生木を燃やしてその熱と燻煙で乾燥する製法で、燻した香りがタバコ葉につくので、スモーキーな香りが特徴とのこと。やはり本格志向のシャグということでしょう。

 ともあれ今回のブルーの発売によって、チェ名義のシャグではレギュラー(赤パウチ)、ライト(シルバー)、メンソールとひと通りのテイストが揃ったことになります。


【シャグについて】
 刻み幅は繊細で、色は暗めのダークブラウンで、開封するとハーフスワレ系特有のカツオブシ臭がかなり充満します。
 開封時点でそれなりに保湿されているので、すぐに加湿する必要は無いでしょう。


チェ・ブルー Che_Blue チェ チェ・ゲバラ Rebel Che ハーフスワレ 手巻きタバコ RYO

【喫味】
 私の中では、ハーフスワレ系のシャグはとにかく吸いごたえが強く喫味が濃いめというイメージがありましたが、しっかりとした苦味、コクに加えて心地よい甘さが口に残り、それでいながら後味はスッキリしています。
 当然ながらバージニアとかアメリカンブレンドとは喫味は異なりますが、個性の強いタバコが好きな人は気にいると思います。

 また、吸いごたえもそれほど強くないので、けっこう吸いやすいシャグです。値段を考えると質は高いのでコストパフォーマンスという点では優秀なシャグだと思います。このあたりはさすが“チェ”といったところでしょうか。

 ただし、煙の残り香はかなり個性的なので、そういった点が気になる人には注意が必要かもしれません。


【巻紙】
 チェ・シリースおなじみの、オリジナルの薄紙(スローバーニング)が同梱されています。


CHE CHE_SHAG チェ チェ・シャグ CHE_GUEVARA チェ・ゲバラ 手巻きタバコ REBEL ペーパー 巻紙 薄紙 スローバーニング


 基本的にシャグのオマケ紙は燃焼剤入りの漂白ペーパーが主流なので、薄紙というのはありがたいところです。


【最後に…】
  実のところ、私はあまりハーフスワレ系は得意では無いのでこのブログではあまり取り上げていないのですが、前調べもせずにチェの新商品ということで反射的に購入したものの、個人的には最後まで持て余すことなく消費できそうです。

 また、内容量と値段が手頃なので、ハーフスワレ系を初めて試すにはかなり適したシャグだと思います。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png




続きを読む

関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 チェ・ブルー Che_Blue チェ チェ・ゲバラ Rebel Che ハーフスワレ

バージニア・スプリング(VIRGINIA SPRING)【シャグの感想】

VIRGINIA SPRING バージニア・スプリング 手巻きタバコ シャグ RYO
バージニア・スプリング
原産国:オランダ
内容量:25g
価格:550円
グラム単価:22.0円
【巻紙付】


【商品について】
 バージニア・スプリングは、このページで紹介しているジブ・アメリカンブレンド(Zibb)と同時発売されたオランダ産のシャグで、2016年2月から日本で販売されています。
 商品説明によると高品質なバージニア・ブレンドタイプで、入念に厳選されたバージニア葉をブレンドして作りあげたとのことです。


【シャグについて】


ジブ Zibb アメリカンブレンド 手巻きタバコ ROLLING TOBACCO 15g

 色は明るめのブラウンで、刻み幅は細く気持ち長めです。
 開封時点ではそこそこ保湿されていたので、加湿はお好みでしょう。


【喫味】
 バージニア特有の酸味や香ばしさ、甘み、コクが程ほどに感じられるあっさり系の喫味で、吸いごたえも比較的軽めに感じましたが、大きな特徴もクセもなく見事なまでに可もなければ不可もなく、良くも悪くも全てにわたってオーソドックスな喫味のシャグでした。ありません。
 ある程度個性の強い喫味が好きな人には物足りないと感じるかもしれませんが、逆に言えば万人受けするタイプなので好みに関係なくすんなりと手を出しやすい銘柄という言えるでしょう。


【巻紙】
 ジブ同様「LIBELLA」という巻紙が同梱されています。燃焼剤入りの漂白ペーパーですが、心なしか薄めに思います。


ジブ Zibb アメリカンブレンド 手巻きタバコ ROLLING TOBACCO 巻紙 ローリングペーパー


【その他オマケ】
 冒頭の画像がそうですが、初回限定でジッパー式の特製パウチが付いています。
 パウチごと収納できるので、シャグの保管にありがたいです。


【最後に…】
 あっさり系が好きな人向けに思いましたが、この手のシャグは選択肢が多いので決め手に欠けるのは仕方のないところでしょう。
 しかし大きなクセが無いというのはある意味長所でもあり、万人受けするものなので常喫や手巻きタバコファーストチョイスに向いていると思います。
 しかも価格も手頃で内容量も25gと少なめなので、そういった意味では買う価値はあると思います。
 私の場合は、お目当てのシャグが手に入らなかった時の代用や個性的な喫味のシャグが続いた時の箸休め的な用途で使えそうです。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 バージニア・スプリング VIRGINIA_SPRING バージニアブレンド

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR