FC2ブログ

一ヶ月にかかる手巻きタバコ代−2017年10月【コストパフォーマンス】

 さて、月末になったので2017年10月にかかったタバコ代を紹介します。
 

【シャグ】

-----
合計:550円


【巻紙】

  • リズラ・シルバー(RIZLA SILVER)×2=210円(@105)
-----
合計:210円



【フィルター】

-----
合計:380


【紙巻きタバコ(JT製品)】

  • ケント・エスシリーズ・スパーク5 100s(KENT SPARK 5)×1=410円

-----
合計:410

【プルームテック】

  • メビウス・クーラー・グリーン(MEVIUS COOLER GREEN for ploom teck×1=460円
-----
合計:460



★★総計:2,010円★★




 10月は31日あるので、一日あたりのタバコ代は約65円となりました。


 先月に免税品タバコを2カートン購入したおかげで、今月は相当出費を抑えることができましたが、先月と今月の平均額は6.300円(1日あたり約206円)くらいです。
 そのため、総合的に考えると大した節約にはなっていません。しかも、そのおかげで手巻きやプルームテックにはあまり手を付けず、先月の買いだめ分は今月でほぼ消費してしまったのでなおさらです。


 さて、ここしばらくは新発売のシャグは殆どありませんでしたが、ここに来て新作が立て続けに発売されるようです。

 また、プルームテックでも来月に新フレーバーが2種類発売されるそうです。
 内訳は、アップルミントフレーバーの「メビウス・レッド・クーラー(MEVIUS RED COOLER for ploom tech)と、カフェモカフレーバーの「メビウス・ブラウン・アロマMEVIUS BROWN AROMA  for ploom tech)とのことで、これもなかなか興味深いです。
 

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png

 

▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 一ヶ月の手巻きタバコ代 出費 コストパフォーマンス

ブルーノート・ファインカット(blue note Fine Cut Tobacco 40g)【シャグの感想】


ブルーノート・ファインカット blue_note_Fine_Cut_Tobacco_40g 手巻きタバコ シャグ RYO
ブルーノート・ファインカット
原産国:ドイツ
内容量:40g
価格:1,300円
グラム単価:32.5円
【巻紙付き】


【商品について】
 ブルーノートはダンタバコ社から出ているパイプタバコの銘柄の一つで、その手巻きバージョンです。私はパイプを嗜まないので詳しくはわかりませんが、愛好家からは名品とされているそうです。
 商品説明によると、上質感溢れるたばこにしっかりとした甘さが最後まで感じられる逸品で、しっかりとした甘さが最後まで感じられるとのこと。大のパイプタバコ好きの当社員が作り上げたブレンドなので、充足感満載の仕上がりになっているそうです。

 また、パイプ葉の方の商品説明によると、上品さあふれる甘さにスムースな吸い心地で上質さと香味成分がとてもよく調和されているようで、充分に熟成されたバージニアとキャヴェンディッシュが深みとコクを出しているとのこと。トロピカルフルーツとバニラが強調された甘い喫味としています。もちろんパイプのシャグ版だからといって全く喫味が同じとは限りません。


【シャグについて】


ブルーノート・ファインカット blue_note_Fine_Cut_Tobacco_40g 手巻きタバコ シャグ RYO

 色はやや明るめのブラウンで、刻み幅は細めです。


【喫味】
 上品ながらもしっかりと甘いフレーバーを感じます。
 始めのうちは、バニラというよりはカスタード系というか、卵をふんだんに使用した高級な洋菓子を思わせる風味でした。少なくとも私が試したことのあるバニラフレーバーのシャグの中では最も質が高いと感じました。このあたりがトロピカルフルーツの成分かもしれませんが、一概にバニラフレーバーのシャグと一括りするには良い意味で難しいと思いました。
 また、シャグの質も良いようで、クセや雑味は一切なく後味もスッキリしています。

 しかしながら、吸っている間の吸いごたえは少し軽めに感じましたが、吸い終わった後に時間差でどっしりとした充足感が来ます。フレーバーシャグは全般的に軽めのものが多いので、その感覚で立て続けに吸うとニコチン酔いの注意が必要かもしれません。


【巻紙】
 パーティ・イン・ハウス(Party in House)のブルーが同梱されていました。
 このページで紹介しているアメリカン・バイソン(AMERICAN BISON)パーティ・イン・ハウスでしたが、あちらはシルバーでこちらはブルーです。スローバーニングの薄紙で、あまり出回ってはいませんが単体でも販売しています。


party-in-house-blue パーティ・イン・ハウス・ブルー 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー 薄紙 スローバーニング

【最後に…】
 上述のとおり、好みではあるものの少なくとも私が試したことのあるバニラフレーバーを称するシャグでは最もフレーバーが気に入りました。単純に上質なシャグだと思います。
 グラム単価で考えるとかなり高価な部類に入りますが、シャグの質も含めて値段相応といったところかもしれません。
 
 とはいえあくまで私が知る限りでは、この商品はどこのタバコ専門店でも置いているものではなく、手巻きにかなり力を入れているところでないとまず見かけたことがないのが残念なところです。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!






関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 ブルーノート・ファインカット blue_note_Fine_Cut バニラフレーバー パーティ・イン・ハウス

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR