FC2ブログ

一ヶ月にかかる手巻きタバコ代−2018年4月

 さて、月末になったので2018年4月にかかったタバコ代を紹介します。
 まだ終わっていないですが、前倒しで書きます。

【シャグ】

-----
合計:2,980円


【巻紙】

-----
合計:454円

【フィルター】

-----
合計:760円


【紙巻きタバコ(シガリロ含む)】

  • ハイライト・メンソール(hi-lite MENTHOL)×1=420円
  • ケント・エスシリーズ・スパーク 5・100’s(KENT SPARK 5)×4=1,640円(@410)
  • ブラックジャック・スーパースリム・メンソール(Black Jack)×2=600円(@300)
  • メビウス・プレミアムメンソール・オプションレッド5(MEVIUS Premium Menthol Option Red 5)×1=440円
-----
合計:3,100円



★★総計:7,294円★★



 4月は30日あるので、1日あたりのタバコ代は約243円となりました。


 今月は、多少の買いだめをしたので先月より多めの出費となりました。

 因みに、ここ最近グロッギーを置いているお店が減ったと思っていたのですが、既に廃盤になったようです。そのため、各取扱店の在庫がなくなればもう入手はできません。

 個人的にはけっこう気に入っていたのですが、今回購入したお店の主人曰く昔から殆ど売れていなかった銘柄だそうです。
 このあたりはお店によって事情は違うかもしれませんが、確かにカクテル系はタバコのフレーバーとしては珍しい部類に入ると思うので仕方のないことかもしれません。
 しかし、廃盤になったことはともかくとしてもそこまで世間に受け入れていられなかったことに、自分と世間の嗜好の違いも含めて少し驚いた次第です。


 

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png

 

▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 一ヶ月の手巻きタバコ代 出費 コストパフォーマンス

パピヨン・バージニアスペシャル(PAPILLON VIRGINIA SPECIAL)【シャグの感想】

papillon-virginaspecial papillon パピヨン・バージニアスペシャル パピヨン 手巻きタバコ シャグ RYO
パピヨン・バージニアスペシャル
原産国:インドネシア
内容量:40g
価格:920円
グラム単価:23円
【巻紙付】


【商品について】
 2018年の4月に、インドネシア産シャグシリーズのパピヨンより、2種類のシャグが追加されました。
 内訳は、本物のインドネシア産クローブをブレンドしたというパピヨン・クローブ(PAPILLON CLOVE)と、バージニアの甘みが絶妙にマッチしているというバージニア・スペシャルです。

 元々パピヨンシリーズはクセの強い喫味が特長なので、今回はファミリーの中では最も無難な喫味だろうと想像し、バージニアスペシャルを購入しました。

 商品説明によると、「パピヨンらしい香りとバージニアの甘みが絶妙にマッチしたタバコ。甘く香ばしい煙が最大の特徴で、ふんわり優しいバージニアブレンドとのことです。


【パウチについて】
 パウチはPP袋に入っており、パウチ自体には密封の糊付けは一切されていません。申し訳程度にテープで止めてあるだけです。
 要は、オランダ産のシャグと同じ形状です。


【シャグについて】


papillon-virginaspecial papillon パピヨン・バージニアスペシャル パピヨン 手巻きタバコ シャグ RYO

 色は暗めのブラウンで、刻み幅は細かいです。
 また、よくよく触ってみるとさほど保湿はされていないように感じましたが、毛足が細くふわふわしているので開封直後でも嗜めそうです。
 香りは主にチョコ系で、薬草のような香りも追加されている感じです。私はクローブについてはよくわかりませんが、これがクローブの要素でしょうか。香りだけなら個人的にはなかなか良いです。


【喫味】
 コクのあるビター系で、口あたりはやさしくスムースに煙が通ります。喫味はインドネシア産らしく独特の風味があり、後味は割りとすっきりした酸味と甘みが残りました。全体的には温和でまろやかな印象です。


 私の味覚では、はっきりとしたバージニアらしさは感じませんでしたがバージニアが混ざったことでまろやかさが強調されているのかもしれません。

 吸いごたえは軽めに感じましたが、吸い終わった後にどっしりとした充足感が来ました。あくまで私の場合ですが、少しの空腹時でも相応のニコチン酔いというか胃の中がぐるぐるするような感覚があったので、満腹時以外は避けた方がいいかもしれません。

 また、シャグの量や巻紙の種類、吸い込む力、保湿具合なども影響しているかもしれませんが、燃焼速度は速めです。直径が細いスリムサイズよりはレギュラーサイズで巻いたほうがより楽しめるでしょう。

 あくまで私の味覚では、全体的にはシガー系に似た喫味に感じました。


【巻紙】
 パウチの外側にくっついていなかったので同梱されていないものと思ってしまいましたが、パウチの中に入っていました。
 しかもスタンダードな巻紙ではなく、糊のついてない本格的なオリジナル巻紙です。 


papillon-virginaspecial papillon パピヨン・バージニアスペシャル パピヨン 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー コニカル巻き RYO


 枚数は40枚で燃焼剤も入っている一般的な巻紙ですが、幅も一般的な巻紙より1.5倍くらいは広いのでコニカル巻きを推奨しているのでしょうか。

 因みに、以前オリジナルを購入したときはスモーキング・No.8レッド(Smoking No.8 Red)が同梱されていたのですが、どこかのタイミングで変わったのでしょう。


【最後に…】
 恐らくパピヨンシリーズの中では大衆向けというか万人受けする喫味だとは思いますが、それでもかなりクセの強いシャグなので好みは分かれるでしょう。

 私の好みでは、全く受け付けなかったというわけではないのでそれなりに楽しめると思いますが、あまり常喫向けではないので最後まで消費するまで時間がかかると思います。

 しかしながら、この手のシャグはブレンドや隠し味に使えるので、別のシャグにひと味足すためのものとして持っておくのもいいかもしれません。

 


▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 パピヨン・バージニアスペシャル PAPILLON_VIRGINIA_SPECIAL パピヨン PAPILLON バージニアブレンド

チョイス・ダブルアップル(CHOICE DOUBLE APPLE)【シャグの感想】

CHOICE_DOUBLE_APPLE, CHOICE, チョイス・ダブルアップル, チョイス アップルフレーバー 手巻きタバコ シャグ RYO
チョイス・ダブルアップル
原産国:デンマーク
内容量:30g
価格:710円
グラム単価:
23.67円
【巻紙付】



【商品について】
 チョイス・ダブルアップルは、チョイス・ダブルチェリー(CHOICE DOUBLE CHERRY)マルーラ(CHOICE MARULA)、カフェ(CHOICE CAFE)と同時に発売したシャグです。
 商品説明によると、「フレッシュなダブルアップルの香り立ち」とのことですが、ダブルアップルとは赤リンゴと青リンゴをミックスしたもののようです。パウチのカラーが赤とグリーンのツートンなのは、そのためでしょう。
 なお、チョイスでは既にチョイス・アップル(CHOICE APPLE)があるので、シリーズでは2つめのアップルフレーバーのシャグです


【シャグの香りについて】
 パウチに鼻を近づけると、開封前でも甘い香りを感じます。
 当然ながら開ければ更に強い香りが漂いますが、瑞々しさを感じさせるアップルの香りです。私の嗅覚では酸味が強めに感じたのですが、このあたりが青リンゴの要素かもしれません。
 香りの質は非常に高く、嗅ぐだけなら本当に洋菓子やキャンディなどと変わらない感じです。


【シャグについて】
 他のチョイスと同様、刻み幅は繊細で粗めに刻まれた葉も適度に入っています。
 初めからしっかり保湿されているので、すぐの加湿は必要無いでしょう。


CHOICE_DOUBLE_APPLE, CHOICE, チョイス・ダブルアップル, チョイス アップルフレーバー 手巻きタバコ シャグ RYO

【喫味】
 吸い込むと、瑞々し質の高いアップルの香りが口や鼻を通ります。
 やはり酸味が強めな印象で、口に残るフレーバーは香りほどではないですが相応には強いと思います。これを「くどい」と感じるかどうかで印象は変わるかもしれませんが、私の好みでは数回吸って飽きるということはなさそうです。
 また、フレーバー系全般に言えることですが吸いごたえも軽めなので、吸っている間は心地よい気分になれました。

 また、この手のフレーバーメンソールとの相性が良いです。メンソールフィルターをかましてみたのですがこれもこれで充分楽しめます。
 結論としては、酸味が強い分後味はすっきりしているように感じました。私の味覚では、スタンレー・アップルに近いという印象です。
 ただし、副流煙はかなり甘い強いので公共の場では注意が必要でしょう。


【巻紙】
 他のチョイスシリーズ同様マックバレン(MAC BAREN)のペーパーです。
 中身は普通の燃焼剤入り漂白ペーパーです。


手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー CHOICE チョイス MAC_BAREN マックバレン RYO


【最後に…】
 アップルフレーバーのシャグは今まであまり試したことはなかったのですが、個人的にはなかなか気に入りました。やはりチョイスシリーズは質が高いです。

 単体でも充分楽しめますが、この手のフレーバーは万能なので隠し味として他のシャグと混ぜてもいいかもしれません。プレーンタイプもそうですが、他のフルーツ系フレーバーのシャグと混ぜても面白いかもしれません。

 ともあれ、私の場合は最後まで飽きること無く楽しめそうです。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!






関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 CHOICE_DOUBLE_APPLE チョイス・ダブルアップル CHOICE チョイス フレーバーシャグ アップルフレーバー

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR