FC2ブログ

一ヶ月にかかる手巻きタバコ代−2018年5月

 さて、月末になったので2018年5月にかかったタバコ代を紹介します。

【シャグ】

-----
合計:1.610円


【巻紙】

-----
合計:1,256円


【紙巻きタバコ(シガリロ含む)】

  • ケント・エスシリーズ・スパーク 5・100’s(KENT SPARK 5)×4=1,640円(@410)
  • ブラックジャック・スーパースリム・メンソール(Black Jack)×3=900円(@300)
  • チェ・グリーンメンソール(Che GREEN MENTHOL)×1=430円
  • ケント・エスシリーズ・スパークメロー・100’s(KENT SPARK MELLOW)×2=820円(@410)
-----
合計:3,790円



★★総計:6,656円★★



 5月は31日あるので、1日あたりのタバコ代は約215円となりました。


 シャグは先月に少し買いだめした分出費は抑えられましたが、今月は巻紙の買いだめをしたことと紙巻きをいつも以上に購入してしまったこともあったので、全体的にはそれほど抑えられたというわけではありませんでした。

 

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png

 

▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 一ヶ月の手巻きタバコ代 出費 コストパフォーマンス

1984年のタバコカタログ

catalog_01.jpg
※クリックすると拡大します


 先日、昭和59年(1984年)発行の『たばこカタログ』というものをフリマサイトで見つけました。

数百円で出品されていたので興味本位で落札したのですが、まだ民営化する前に発行されたらしく名義は日本たばこ産業ではなく日本専売公社です。

 全国の小売店や業者向けに配布されていた商品カタログと思われ、出品した人は恐らくタバコ店の主人だったかもしれません。

 この頃、私はまだ子どもだったので当然喫煙の習慣は無かったのですが、上述の通り日常でもメディアでも露出が多かったので、CM等で見覚えのある銘柄もあったり、改めて見るとレトロに感じるパッケージデザインなどは見ているだけでも面白いです。

catalog_04.jpg
※クリックすると拡大します

catalog_02.jpg
※クリックすると拡大します

catalog_05.jpg
※クリックすると拡大します

catalog_03.jpg
※クリックすると拡大します


 このカタログのメインは日本たばこ産業の取扱銘柄の紹介ですが、紙巻きだけでなく葉巻やパイプ葉、シガリロも一部掲載されていました。


 他には、タールとニコチンの含有量や定価の一覧、たばこ税納付金の推移といったものも掲載されています。

 だいぶ前のカタログなので現存していない銘柄も多く、全く知らないものも多いですが、個人的にはTender(テンダー)とPARTNER(パートナー)のパッケージデザインは子どもながらに見覚えがあります。
 しかし、喫煙ができる年齢の頃には既に市場から消えていたと記憶しています。

 また、当時の価格は1箱200〜260円あたりで、2018年5月現在では420円〜500円くらいなので、この30数年で概ね2倍強に跳ね上がっていることになりますが、思ったほど上昇していないというのが感想です。
 諸外国によっては1箱10ドル近い価格のところもあると聞きますが、それと比べれば、うるさくなったとはいえ今でも日本はタバコに寛大というか、元来タバコが好きな人種なのか、まだ相応の税収が見込めるということでしょうか。


 そしてカタログの後半には、昭和元年(1926年)から昭和57年(1982年)までの上位5銘柄の販売実績が掲載されていました。
さすがに戦前ともなるとゴールデンバット以外は殆ど知らない銘柄だらけですが、昭和29〜39年(1954-65年)はしんせいが売上トップだったのは、個人的には意外でした。


【1984年という時代】
 因みに、1984年の主なできごとはこのような感じです。

  • 冬季サラエボオリンピック、夏季ロサンゼルスオリンピック開催
  • 広島東洋カープが阪急ブレーブス相手に日本シリーズ優勝
  • 茨城県立取手第二高等学校(取手二高)が夏の甲子園優勝
  • 初の外国人力士、高見山が現役引退
  • サッカーの釜本邦茂が引退
  • エリマキトカゲが流行
  • 1アメリカドル=222.69〜251.6円



 この当時、成人の喫煙率が70%はあったらしいので喫煙に関しては今とは比較にならないほど寛大だったというか、どこでも吸えた時代だったと記憶しています。
 レストランや喫茶店では全席喫煙、病院の待合室や学校の職員室、駅のホーム、飛行機の機内、はては国会でも手元に灰皿が置かれていました。

 当然ながら当時は広告の出稿量も含め露出が多く、TVCMはもちろんのこと映画やドラマ、トーク番組等でも喫煙シーンが映されるのはごく普通でした。

 しかしながら、70%とはいえピーク時は80%を超えていたらしいので、この頃から嫌煙派の意見は徐々に反映されていたと思います。

 現在は喫煙率がかなり少数になったので、特に都心では喫煙できる場所がかなり減りましたが、現在の価値観からすると異様に感じるかもしれません。


【最後に…】
 フリマサイトで見つけた時は、昔の銘柄のパッケージデザインが見れればいいという程度の動機で購入したのですが、実際に目を通してみるとなかなか読み応えがあったので、充分に元を取れた1冊でした。

 

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : タバコカタログ

レッドブル・ブラックカラント(RED BULL BLACK CURRANT)【シャグの感想】


レッドブル・ブラックカラント RED_BULL_BLACK_CURRANT レッドブル RED_BULL フレーバーシャグ カシス RYO 手巻きタバコ
レッドブル・ブラックカラント
原産国:ドイツ
内容量:40g
価 格:900円
グラム単価:22.5円
【巻紙付】


【商品について】
 2016年の2月頃に、レッドブルよりブラックカラント(RED BULL BLACK CURRANT)が登場しました。レッドブルシリーズでは唯一のフレーバー系シャグです。
 ブラックカラントはカシスのことで、英名がブラックカラント、仏名がカシスというというそうです。因みに和名ではクロスグリというそうです。

 競合のシャグは、スタンレー・カシス(STANLERY Cassis)エクセレント・キールロワイヤル(EXCELLENT Kir Royal)あたりでしょうか。

 商品説明によると、ルームノート(※喫煙をしている空間の香り)もつづく甘い香りが漂い好印象とのことです。


【シャグについて】
 色は暗めで刻み幅は細いです。触ってみたところ、多少は加湿されているようなので開封直後でも楽しめるでしょう。

 香りはかなり控えめで、注意深く嗅げば添加されていることがわかる程度です。
 ほんのり程度の甘酸っぱい香りで、私の嗅覚ではプルーンにも似ていると思いました。ともあれ、上述のスタンレーとエクセレントは強めの香りだったと記憶していたので、予想外でした。


レッドブル・ブラックカラント RED_BULL_BLACK_CURRANT レッドブル RED_BULL フレーバーシャグ カシス RYO 手巻きタバコ

【喫味】
 香りの強さどおりといったところで、フレーバーシャグの中ではかなり控えめな方です。

 これまた意識して吸わないとわからないかもしれませんが、それでもフレーバーは上質です。
 隠し味程度ながらも上品で瑞々しいカシスの甘酸っぱさと、タバコ自体の喫味とのバランスが絶妙なので数本で飽きるということはないでしょう。
 また、他のフレーバーシャグ同様吸いごたえは軽めなので非常に吸いやすいので良い意味で立て続けに手を出したくなる代物です。

 ただ、個人的には好きな香りですが、決して本物のカシスを再現しているわけではないので人によっては芳香剤のようなケミカルさを感じるかもしれません。尤も、フルーツとしてのカシスは食したことはありませんが。 
 

【巻紙】
 他のレッドブル同様、オリジナルの巻紙が入っていました。一般的な、フリーバーニングの漂白ペーパーです。


RED_BULL_BLOND, RED_BULL, レッドブル・ブロンド レッドブル 手巻きタバコ RYO バージニア


【最後に…】
 上述のとおり、フレーバーはかなり弱いのでフレーバーシャグとしては物足りないかもしれませんが、フレーバー自体の質は高く、くどくない分すぐに飽きるということはないでしょう。
 個人的にはなかなか気に入ったので、いずれリピートするかもしれません。


 

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








関連記事

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 レッドブル・ブラックカラント RED_BULL_BLACK_CURRANT レッドブル RED_BULL フレーバーシャグ カシスフレーバー

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR