FC2ブログ

フランドリア・バージニア(Flandria VIRGINIA)【シャグの感想】


Flandria_VIRGINIA Flandria フランドリア・バージニア フランドリア ベルギー RYO シャグ
フランドリア・バージニア
原産国:ベルギー
内容量:30g25g
価格:
660円590円
グラム単価:
22.0円23.6円
【巻紙付】


【商品について】
 フランドリア(Flandria)はベルギー産のシャグで、現在のラインナップは黒タバコのブラック(BLACK)とベルジック(BELGIQUE)、無添加のナチュラル(NATURAL)、そして今回のバージニア(VIRGINIA)です。
 バージニアは名前のとおり上質バージニアのストレートブレンドで、たばこにこだわりを持つイギリス人向けに作られたのが始まりだそうです。

 余談ですが、ナチュラルとバージニアはしばらくの間出荷停止になっていました。
 私の記憶では、ナチュラルの方は今年の2月頃から販売が再開されて一部のお店が取り扱うようになり、最近になって大抵の専門店でも見かけるようになりました。
 一方今回のバージニアは、明確な時期はわからないものの最近になって販売が再開されたようですが、現時点ではまだ一部のお店でしか取り扱っていないようです。


【シャグについて】

Flandria_VIRGINIA Flandria フランドリア・バージニア フランドリア ベルギー RYO シャグ


 色はやや暗めで刻み幅は細かいです。
 開封段階ではそれなりにしっとりしているのですぐに加湿する必要は無いと思いますが、商品説明によると保湿を勧めているので気になる人は保湿剤やヒュミストーン等を入れて置いた方が良いでしょう。


【喫味】
 バージニアブレンドらしい心地よい甘みと香ばしさが口の中に入ってきます。
 吸いごたえも程良くて後味もまろやかですっきりしているので、非常に吸いやすいです。
 なお、バージニアブレンド特有の青葉のような喫味は軽く感じた程度で、マックバレン・バージニアブレンド(MACBAREN VIRGINA BLEND)ほど強調されていませんでした。
 しかしながら、これを一つの味ととるか雑味ととるかで好みは分かれるかもしれません。
 私の味覚では、全体的な喫味はドミンゴ・バージニア(DOMINGO VIRGINIA)ラスタ・オリジナル(RASTA)より濃く、ペペシリーズ(Pepe)よりあっさりめといったところでした。


【巻紙】
 「PAY-PAY Negro」という巻紙が同梱されています。漂白済みで燃焼剤入りですが、オマケにしては珍しいヘンプペーパーです。
 また、大抵のオマケペーパーは50枚入りですが、これは紙質もあってか32枚入りでした。
 因みに「PAY-PAY」ブランドの別のペーパーは単体でも売っていますが、このNegroに関してはわかりません。


手巻きタバコ 巻紙 ペーパー PAY-PAY_Negro, PAY-PAY Flandria, ペイペイ・ネグロ ヘンプペーパー RYO 


【最後に…】
 喫味に大きなクセが無く上品で、吸いごたえも強すぎず軽すぎずといったところなので万人受けするシャグかと思います。
 加えてグラム単価と内容量も手頃なのでいつかリピートしても良いと思いましたが、上述のとおり現時点では取り扱っているお店の数が少ないので、少なくともネット通販を使っていない人には入手しづらいところが残念です。


【2016.12.5追記】
 フランドリアシリーズはしばらく廃盤になっていましたが、ベルジック以外の3銘柄が2016年10月より再販されました。
 とはいえ、容量、価格、パッケージデザイン、オマケの巻紙が変わったので(※スモーキング〈SMOKING〉のグリーンになりました)、リニューアル販売ということでしょう。
 そのため、このページトップの商品情報を修正しました。








関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 Flandria_Virginia Flandria フランドリア・バージニア フランドリア バージニアブレンド PAYPAY

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR