スタンレー・バージニア(STANLEY VIRGINIA)【シャグの感想】

STANLEY_VIRGINIA STANLEY スタンレー・バージニア スタンレー バージニアブレンド 手巻きタバコ RYO
スタンレー・バージニア
原産国:ベルギー
内容量:30g
価格:690円
グラム単価:23.0円
【巻紙付】


【商品について】
 2015年の4月から、スタンレー(STANLEY)シリーズにノンフレーバーのシャグが新たに登場しましたが、今回はその中からバージニア(VIRGINIA)購入しました。
 商品説明によると、「世界各地の一級品のバージニア葉をブレンドして創った、まさにバージニア100%の味わい」だそうです。
 競合となるのは、定番シャグのゴールデン・バージニア(GOLDEN VIRGINIA、以下GV)マックバレン・バージニアブレンド(MAC BAREN VIEGINIA BLEND)でしょう。


【シャグについて】


STANLEY_VIRGINIA STANLEY スタンレー・バージニア スタンレー バージニアブレンド 手巻きタバコ RYO


 他のスタンレー同様、シャグはしっかり保湿してあります。
 刻み幅はかなり細いので、ハンドロールでもローラでも巻きやすいでしょう。

 また、他のバージニアブレンドのシャグ同様酸っぱい香りもしますが、他とは一線を画す独特な香りです。私の嗅覚では、ソース味のスナック菓子を連想しました。
GVほど強くはないですが、巻いたタバコに鼻を近づければはっきりとわかる程度の強さはあります。


【喫味】
 タバコの甘さ、バージニアブレンド特有の酸味、コク等は、しっかりありながらも上品です。
 そのため後味もすっきりしていて吸いごたえも軽めく、辛さや雑味も無いのでとても吸いやすいです。
 紙巻きタバコで言えば、いわゆるバージニアブレンド系タバコのライト版若しくはスーパーライト版といったところで、私の感覚ではマックバレンよりも軽いと感じました。

 また、巻紙やフィルターの直径で喫味がけっこう変わる印象があります。
 尤も、このシャグに限らず紙の種類やフィルターのサイズで味が変わることは多かれ少なかれあるのですが、これに関しては割りと顕著のように思います。
 個人的には、太巻き(レギュラーサイズのフィルター)プラス薄紙のライスペーパーで、長さは標準(70mm以下のもの)という組み合わせが最も相性が良かったです。


【巻紙】
 他のスタンレーシリーズ同様、既成品のスモーキング・ホワイト(Smoking WHITE)が同梱されています。
 オマケの巻紙の多くは50枚入りですが、これは60枚入りなので紙にこだわらないという人には少しお得です。


GROGGY グロッギー Smoking_WHITE スモーキング・ホワイト スモーキング 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー RYO


【最後に…】
 やはりスタンレーは安定して質の良いシャグです。
 全体的には控えめな喫味のシャグなので、それこそGVを常喫している人には物足りないかもしれませんが、私の場合は軽めの方が好みなので、喫味然り吸いごたえ然りちょうどいいシャグでした。
 また、微々たる差ですがマックバレンよりもグラム単価が安いので、ある程度コスト重視の人やバージニアブレンドのシャグをまだ試したことのない人にも向いていると思います。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 STANLEY_Lemon STANLEY スタンレー・レモン スタンレー レモンフレーバー

プロフィール

dada

Author:dada
シャグ・手巻きタバコのブログです。シャグ・巻紙・フィルターの感想や、手巻きタバコを始めて気づいたことや思ったことを書いています。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR