アクロポリス・ファインカット(AKROPOLIS WÜRZIG)【シャグの感想】

AKROPOLIS_WÜRZIG AKROPOLIS アクロポリス・ファインカット アクロポリス 手巻きタバコ シャグ RYO
アクロポリス・ファインカット
原産国:ドイツ
内容量:30g
価格:800円
グラム単価:約26.67円

【巻紙付】



【商品について】
 アクロポリス(AKROPOLIS)というシャグ自体は、以前から日本でも売っています。
 ドイツのPLANTA社の製品ですが、パウチではなくパイプ葉のように完全密閉された缶に入っており、価格も50gで1,750円(※グラム単価35円)というかなり高級品です。
 聞くところによると香りも吸いごたえもかなり強いらしく、どちらかと言うと本格志向のスモーカー向けというか上級者向けのシャグらしいというイメージを持っています。
 
 しかし2015年の初夏頃に、今回のパウチ版が新たに登場したので購入してみました。グラム単価で言えば約27円なのでシャグの中では高めではあるものの、缶入りよりはお得になっています。

 商品説明によると、ギリシャ産オリエント、バージニア、ケンタッキーの無加香ブレンドで、50g缶入りと比較してオリエント葉を多く配合。喫味が軽くオリエントが初めてのスモーカーにオススメとのこと。刻み幅が約0.3ミリとハンドローリングし易いサイズにカットなので、太巻き、硬巻きで巻き上げるとよりふくよかな香りが楽しめるそうです。
 要するに、より一般大衆向けに作られたシャグということでしょう。

 因みに、パウチにある「WÜRZIG」とは、ドイツ語で「香ばしい」とか「スパイシー」という意味だそうです。


【シャグについて】
 色は明るめのブラウンで刻み幅は商品説明どおり細く、開封段階で程よく加湿されています。


AKROPOLIS_WÜRZIG AKROPOLIS アクロポリス・ファインカット アクロポリス 手巻きタバコ シャグ RYO

 

【喫味】
 甘さや香ばしさ、コク等は程々にあって、程々に酸味というかフルーティな後味が残り、全体的には控えめ且つすっきりした喫味でした。吸いごたえも軽めなので吸っていて非常に心地よいです。
 結論としては、万人受けするスタンダードなシャグだと思います。

 また、確かに「WÜRZIG」とあるようにスパイシーな部分もありますが、個人的にはそれほど気になりませんでした。

 因みに、缶入りの方の商品説明には、既に廃盤になったものの昭和を象徴する紙巻きタバコの一つだったチェリー(Cherry)に近いとあったのですが、確かにチェリーを軽くしたような喫味でした。これまた期間限定品だったので現在では販売していませんが、このページで紹介しているホープ・サワーレッド(HOPE SOUR-RED-8)を思い出しました。

 なお、試していないので一概に比較はできませんが、缶入りの方とは恐らく別物だと思われます。


【巻紙】
 このページで紹介している「ORION」名義の巻紙です。「PREMIUM QUALITY」とありますが、フリーバーニングの燃焼剤入り漂白ペーパーです。


【最後に…】
 上述のとおり、勝手に缶入りのイメージを先行させてしまったために今まで購入を控えていましたが、個人的には好みのシャグだったのでもっと早く買えば良かったと少し後悔してしまいました。
 しかしながら、旨いには旨いのですがこれと似たような喫味のシャグは選択肢が多いので、やや個性に欠けるところがもったいないところかなと思いました。
 
 とはいえ、質が高いので大きくハズレるということはないことと、缶入りの方のアクロポリスに興味を持たせるという意味では相応に意義のあるシャグだと思います。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 アクロポリス・ファインカット アクロポリス AKROPOLIS_WÜRZIG AKROPOLIS ORION

プロフィール

dada

Author:dada
シャグ・手巻きタバコのブログです。シャグ・巻紙・フィルターの感想や、手巻きタバコを始めて気づいたことや思ったことを書いています。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR