アンバーリーフ・フルボディ(AMBER LEAF)【シャグの感想】

AMBER_LEAF アンバーリーフ 手巻きタバコ RYO シャグ
アンバーリーフ
原産国:イギリス
内容量:25g
価格:570円
グラム単価:22.8円
【巻紙付】


【商品について】
 2015年11月に、アンバーリーフというイギリス(英国)産のシャグが日本に登場しました。
  現地では定番シャグの一つのようで、後述する商品説明にも「英国NO.1ブランド」と銘打っています。日常生活でイギリスに縁のある人の中には、前から知っていた人もいるのではないでしょうか。
 ところでイギリス産のシャグといえば、何といってもこのページで紹介しているゴールデン・バージニア(GOLDEN VIRGINIA、以下GV)ですが、その対抗馬的な銘柄でしょうか。
 
 今回の内訳は、黄色いパウチのフルボディ、白いパウチの「ブロンド」の2種類で、今回は黄色の方を購入してみました。

 商品説明から抜粋すると、バージニア葉を主体に、バーレー葉とサンキュアド葉(日光で乾燥処理された葉タバコ)のブレンドで、ネーミングは「琥珀色のタバコ葉」に由来しているそうです。
 熟成のピークに達した香喫味に優れており、数日間だけ収穫できる良質なものを厳選しているとか。
 また、熟練の職人の丁寧な手作業でステム(タバコの中骨)を除去する製法を採用しているとのことです。


【シャグについて】


AMBER_LEAF アンバーリーフ 手巻きタバコ RYO シャグ

 色は明るめのブラウンで、刻み幅は細かいです。これまた商品説明によると、0.45mgのファインカットだそうです。

 香りは、GVほど強くはではないですが独特です。
 私の嗅覚ではこのページで紹介しているスタンレー・バージニア(STANLEY VIRGINIA)に系統が似ていると思いました。
 また、開封時点でしっかり保湿されているので、刻み幅も相まって非常に巻きやすいです。
 しかし、巻く際にしっかりほぐさないとドロー(吸い込み)が悪くなるので注意が必要です。


【喫味】
 全体的にはビター系で後味はすっきりしていますが、バージニア葉ならではの甘さやコクもしっかり堪能できます。良い意味で万人受けする喫味で、口に入ってくる煙は柔らかく吸っていて心地が良いです。
 吸いごたえは軽めに感じましたが、その割には吸った後の充足感はそれなりにしっかり残るので、調子に乗って立て続けに吸うと食傷気味になってしまうかもしれません。


【巻紙】
 恐らく、オリジナルと思われる巻紙が同梱されています。フリーバーニングの漂白ペーパーですが、ドミンゴ(DOMINGO)の巻紙同様コーナーカットされているのでローラー(巻き器)を使用している人にはありがたい巻紙です。


AMBER_LEAF アンバーリーフ 手巻きタバコ RYO 巻紙 ローリングペーパー


【もう一つのオマケ】
 初回ロットだけかもしれませんが、私が買ったものにはクリッパー式のライターがオマケで付いていました。


AMBER_LEAF アンバーリーフ 手巻きタバコ RYO ライター LIGHTER クリッパー式 CLIPPER


お店によってはまだライター付きのものが売っているかもしれません。


【最後に…】
 シャグの香りが独特なので手巻きタバコのファーストチョイスに向いているかとなると微妙なところかもしれませんが、内容量が25gと少量でグラム単価もお手頃、喫味も万人受けするタイプなのでかなり手の出しやすいシャグだと思います。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 AMBER_LEAF アンバーリーフ アンバーリーフ・フルボディ

プロフィール

dada

Author:dada
シャグ・手巻きタバコのブログです。シャグ・巻紙・フィルターの感想や、手巻きタバコを始めて気づいたことや思ったことを書いています。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR