グロッギー・ピニャコラーダ(GROGGY BLUE PINA COLADA)【シャグの感想】

グロッギー・ピニャコラーダ グロッギー ピニャコラーダ GROGGY_PINACOLADA 手巻きタバコ シャグ RYO
グロッギー・ピニャコラーダ
原産国:アメリカ
内容量:30g
価格:640円
グラム単価:約25.6円
【巻紙付】


【商品について】
 カクテルフレーバーのシャグシリーズであるグロッギー(GROGGY)より、今回はピニャコラーダフレーバーのシャグです。
 ピニャコラーダとはラムベースのカクテルで、パイナップルジュースとココナッツミルクをメインに、砕いた氷と一緒にシェイクしたものです。スペイン語で「うらごししたパイナップル」という意味だとか。元々はカリブ海にあるプエルトリコが発祥とのことです。

 因みに、同じカクテルフレーバーシリーズでおなじみのサーフサイド(SURF SIDE)シリーズでも出ていますが、あちらはかなり南国色の強いパウチのデザインですが、こちらはカクテルの色を表したであろうクリーム色系ベースのシンプルなデザインです。


【シャグについて】


グロッギー・ピニャコラーダ グロッギー ピニャコラーダ GROGGY_PINACOLADA 手巻きタバコ シャグ RYO


 パウチを開けると、まずはパイナップルの香りを強く感じました。もちろんココナッツも感じますが、パインに比べると弱めです。しかし、開けてしばらく経つと逆にココナッツの香りが強くなりました。
 シャグの色はやや暗めのブラウンで、刻み幅は繊細ながらも気持ち粗めに感じます。
 触った感じではパラパラしていますが、申し訳程度ではあるものの湿度はあるのでそのままでも楽しめるでしょう。


【喫味】
 フレーバーは、パイナップルよりもココナッツの方が強めに感じましたが、個人的にはシャグ、パイナップル、ココナッツが全て程よく混ざっているという印象です。ラムに関してはあまり感じませんでした。
 また、シャグの香りは強めですがフレーバー自体はほんのり控えめという程度なので、吸っていて心地よい強さです。
充足感は強めに感じましたが、私の場合は飽きることなく最後まで楽しめそうです。


【巻紙】
 私がこれまでに買ったグロッギーには、「TWISTER」という巻紙を経てスモーキング・ホワイト(Smoking WHITE)が入っていましたが、今回はギゼ・オリジナルが同梱されていました。
 紙巻きと同じ質のレギュラーバーニングですが、これ自体は単体でも100円で販売しています。


ギゼ・オリジナル GIZEH_ORIGINAL 手巻きタバコ 巻紙 ペーパー  グロッギー  GROGGY 手巻きタバコ RYO

【最後に…】
 個人的な好みとして、ココナッツ系はそれほど好きではないので今まで敬遠していたのですが、食わず嫌いが解消されたという程ではないにせよ、なかなか悪くないフレーバーでした。内容量も25gと手頃なので、最後まで飽きることなく楽しめそうです。


 余談ですが、別の方が運営しているウェブサイトで、現在日本で販売されているシャグでピニャコラーダを再現できるというページを見たことがあります。
 要するに、グロッギー・ストレートラム(GROGGY STRAIGHT RUM)エクセレント・パイナップル(EXCELLENT PINAPPLE)、ブラックデビル(BLACK DEVIL)をレシピ通りの配分でブレンドすれば、理屈で言えばピニャコラーダフレーバーになるということです。
 そのページではさすがに氷までは再現していませんでしたが、要は清涼感ということなので強めのメンソール系シャグかミントオイルを適量混ぜるか、いっそのことシャグ自体を冷やすと、もしかしらたより近づくのではないでしょうか。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 GROGGY_PINAVOLADA GROGGY グロッギー・ピニャコラーダ グロッギー フレーバーシャグ カクテルフレーバー ピニャコラーダ

プロフィール

dada

Author:dada
シャグ・手巻きタバコのブログです。シャグ・巻紙・フィルターの感想や、手巻きタバコを始めて気づいたことや思ったことを書いています。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR