フランドリア・ブラック(Flandria BLACK)【シャグの感想】


フランドリア・ブラック Flandria BLACK  Flandria フランドリア 黒タバコ 手巻きタバコ RYO
フランドリア・ブラック
原産国:ベルギー
内容量:25g
価 格:590円
グラム単価:23.66円
【巻紙付】


【商品について】
 フランドリア(Flandria)シリーズはしばらく廃止銘柄になっていましたが、2016年の10月頃に復活しました。
 復活前の内訳は、無添加のナチュラル(Flandria NATURAL)、バージニアブレンドのバージニア(Flandria VIRGINIA)、黒タバコのブラックとベルジック(Flandria BELGIQUE)の4つでしたが、ベルジック以外の3つが復活です。
 とはいえ、バージニアは「スパニッシュ・バージニア(SPANISH VIRGINIA)」という名称で、全て価格、容量、パッケージデザイン等が変わったので、完全復活というよりはリニューアルということでしょう。

 さて、今回購入したのはブラックですが、廃盤になる前は黒タバコ自体に興味が無かったので買ったことはありませんでした。
 しかし、市場から消えてから黒タバコの味を覚えたというか決して悪くない喫味だと思うようになったので、今回のブラック復活は願ったり叶ったりでした。
 商品説明によると、豊かなコクと香りのブラックタバコとのことですが、かなり大雑把というか掴みどころのない説明なので実際に試してみないことにはわからないでしょう。


フランドリア・ブラック Flandria BLACK  Flandria フランドリア 黒タバコ 手巻きタバコ RYO


 刻み幅は細めで色は名前のとおり黒に寄っているダークブラウンです。開封時点である程度保湿はされていました。
 シャグの香りは、いわゆるカツオブシ臭ですがそれほどあからさまというわけではなく、どことなく上品さを感じます。


【喫味】
 全体的には、かなり上品で上質な喫味です。
 黒タバコ独特の燻製のようなコクは濃いめながらも非常にすっきりしており、後味は深みのある苦味を感じました。
 過去に試したことのあるラスタ(RASTA BLACK)ドミンゴ(DOMINGO BLACK)は、どちらかというと黒タバコ風味の無着香シャグという印象でしたが(それはそれで悪くないですが)、やはりこれらとは一線を画した“THE・黒タバコ”といった趣でした。

 しかしながら、上品とは言えやはり吸いごたえはかなりずっしりしていて強めです。

 あくまで私の場合はですが、少しでも空腹状態で嗜むと確実にニコチン酔いしてしまう他、たとえ満腹の状態でも直径がレギュラーサイズのフィルターで吸うと少しクラっときました。少なくとも、立て続けにバカバカ吸うような代物では無いようです。
 
 また、少しでもシャグが乾燥した常態だと強めのいがらっぽさがノドを直撃するので、保湿はこまめにした方が良いと思います。


【巻紙】
 復活前はPAY-PAYという巻紙が入っていましたが、今回からはスモーキング・グリーン(Smoking GREEN)が同梱されていました。
 質は普通のシガレットペーパーですが、60枚入りということと(※オマケの巻紙の多くは50枚入り)コーナーがカットされているので、紙にあまりこだわらない人やローラーで巻く人には少し嬉しいかもしれません。


Smoking_Green_cut_corners スモーキング・グリーン・カットコーナー 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー RYO


【最後に…】
 あまり黒タバコは嗜んだことはありませんが、それでも単純に質の高さが窺えるシャグでした。
 とはいえ、私の場合はさすがに常喫するには強すぎるので、主に食後の一服用として永く大事に愉しみたいと思います。



▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : フランドリア・ブラック Flandria_BLACK Flandria フランドリア 黒タバコ

プロフィール

dada

Author:dada
シャグ・手巻きタバコのブログです。シャグ・巻紙・フィルターの感想や、手巻きタバコを始めて気づいたことや思ったことを書いています。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR