スモーキング・シネスト(Smoking THINNEST)【巻紙・ペーパーの感想】


Smoking_THINNEST 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー スローバーニング
スモーキング・シネスト
レギュラーサイズ:長さ69mm × 幅37mm
ミディアム(1-1/4)サイズ:長さ77mm × 幅44mm
キングサイズ:長さ108mm×幅44mm    
購入価格:120円 / 60枚〜(※取扱店によって価格が異なる場合あり)
単価:2.0円〜
原産国:スペイン
燃焼速度:スローバーニング



【商品について】
 アクセサリ全般のブランドで、特に巻紙には定評のあるスモーキングより、“世界最薄”を銘打った巻紙が発売されました。英語で「薄い」を意味する「thin」に最上級を表す「est」がついているので、商品名としてはわかりやすいです。
 
 因みに、2016年にOCBより“世界史上最薄”という触れ込みで「OCB アルティメイト(OCB ULTIMATE)」が発売されているので、その競合ということでしょう。


 スモーキングの公式サイト(※要年齢確認)にある商品説明から抜粋すると、

 “今までで最も薄いペーパーで、飛んでしまうほど薄い!市場の平均的ペーパーと比べると20%も薄く、1平方メートルあたり10gという軽さで透明感もMAX。しかも強度もある。”

 とのことで、とりあえず薄さには自信があるようです。 

 また、FSC®(森林保護基金協力)の認定も受けているようで、糊は100%天然の野菜由来とのことで、環境にも人体にもやさしいことも強調しています。

 なお、上記の通りレギュラー、ミディアム、キングサイズと、全てのサイズが揃っています。


Smoking_THINNEST 手巻きタバコ 巻紙 ローリングペーパー スローバーニング


 これが巻いた画像です。
 少しわかりづらいですが、OCBアルティメイト同様シャグの細かい部分が目視できるほど薄いです。
 確かに、紙をつまんでみると互いの指の腹や体温を感知できるほど薄く、感触ではOCBの方と殆ど変わらないと思います。
 また、説明どおり強度もそれなりに丈夫のようで、すぐ破れるといったことはありません。
 

【喫味】
 確かに紙の味は全く気にならないので、タバコの味を直に愉しるでしょう。多少なりともプラセボや気分の問題もあるかもしれませんが、他の薄紙と比べてもいくぶんか喫味が濃いと感じられました。尤も、これだけ薄くて紙の味がしてしてしまうと話がおかしくなってしまいますが。

 燃焼速度は、シャグの量や吸引力である程度は左右されるものの、他のスローバーニングの薄紙(特に半透明のもの)と大きな差は無いように思いました。とはいえ、遅いには遅いのでじっくりと1本を愉しめるでしょう。

 しかし、最薄ゆえなのか状況によっては火種が消える頻度が高い気がします。
 これもシャグの状態や詰め具合、吸い方、場所等で変わってきますし、すぐに火が消えること自体はスローバーニングの薄紙全てに言えることではあるのですが、これに関しては1本吸いきるまでに火をつけ直すことが他製品よりも多かったです。


【最後に…】
 正直なところ、OCB・アルティメイトや他の薄紙との大きな違いは感じませんでしたが、単純に良質の巻紙だと思いました。
 枚数の単価で考えても、こちらの方が経済的という点はありがたいところです。
 薄ければ良いというわけでもありませんが、個人的にはなかなか気に入りました。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 巻紙 ペーパー スモーキング・シネスト Smoking_THINNEST Smoking スモーキング ヘンプペーパー 薄紙 スローバーニング

プロフィール

dada

Author:dada
シャグ・手巻きタバコのブログです。シャグ・巻紙・フィルターの感想や、手巻きタバコを始めて気づいたことや思ったことを書いています。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR