シャグの管理には茶筒がけっこう使えるという話

 手巻きタバコを嗜むにあたって、シャグを何かしらの容器に入れて管理している人はたくさんいるでしょう。


 何しろパウチを開けたままにしておけばシャグが乾燥して風味が損なわれしまい、かといって加湿しすぎるとシャグによっては質が落ちたり、ドロー(吸い込み)にも影響してしまうので、何らかの容器に移して管理している人は多いと思います。
 ゴールデン・バージニア(GOLDEN VIRGINIA, GV)のようにファスナーが付いているパウチを採用している商品もありますが、殆どは一度開けてしまえば再度密閉することはできません。


 ところでその容器ですが、大まかに分ければキャニスター、ジップロック、タッパー等に移し替え、恐らく一般的にはヒュミストーンやヒュミディパック等で加湿するのが一般的でしょうか。余談ですが、加湿にはミカンの皮が有効ということを聞いたことがあります。
 中には、単に加湿するだけでなくバニラエッセンス等の料理用の香料、ラム酒やウィスキー等の蒸留酒、ハッカ油等で香り付けをする人もいるでしょう。実際に、アパラギ製品のようにタバコ用の香料を取り揃えています。


 私の場合はそれほど厳密にはやっていないので、パウチに入れっぱなしで中にヒュミストーンを入れる程度ですませることもままありますが、基本的には直径が広めのキャニスターに入れていました。100円ショップで手に入るので、大した出費でも手間でもありません。


 ところで先日、あくまでキャニスターの代替品として茶筒を購入してみたのですが、実際に使ってみるとこれがなかなか使い勝手が良いことを知りました。


cyadutsu_02.png
cyadutsu_01.png

  まず、キャニスターと比べても密閉性が高く、水に浸したヒュミストーンを入れると短時間で程よく加湿され、且つ保湿されている時間もキャニスターより長い気がします。
 尤も、そこはキャニスター自体の質によるところもあることと、あくまで「そんな気がする」というところもあるので確実ではありませんが、恐らく内蓋がついているからでしょうか。容量にもよりますが、1パウチすべてを消費するまでに何回かヒュミストーンを浸し直す必要がありますが、茶筒にしてからその回数が明らかに減っています。


 さらに気づいたですが、茶筒の蓋は深いのでヒュミストーンを水に浸す容器としても使えるということです。



 今までは、使わなくなったプラスチック製の名刺入れを使っていたのですが、茶筒一つでシャグと石の加湿の両方ができるのはなかなか便利です。


 しかしながら難点もって、残りが少なくなったらシャグを取り出すのがキャニスターよりも面倒ということです。
 茶筒は名前のとおり筒なので、形状としては細長いです。そのため、残りが少なくなればに茶筒を横に寝かせるか、一度全てのシャグを紙の上などに出して、巻いた後にまたシャグを入れ直さなければなりません。
 もちろんキャニスターでも最終的には同じことをしなければなりませんが、高さがある分キャニスターよりも早い段階で「倒す」▶「取り出す」▶「場合によっては紙の上に残ったシャグを入れ直す」という作業を強いられることでしょうか。


 とはいえ、手間としては小さなものなので単純に保湿に重きを置けば、茶筒の方が優れている気がします。




▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 茶筒 シャグ管理

プロフィール

dada

Author:dada
シャグ・手巻きタバコのブログです。シャグ・巻紙・フィルターの感想や、手巻きタバコを始めて気づいたことや思ったことを書いています。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR