FC2ブログ

ハイタバコ・ダークファイア(Hi tobacco DARK FIRE)【シャグの感想】


hitobacco-darkfire hitobacco 黒タバコ ハーフスワレ 手巻きタバコ RYO
ハイタバコ・ダークファイア
原産国:ブラジル
内容量:30g
価格:800円
グラム単価:約26.7円
【巻紙付き】


【商品について】
 2017年11月に発売されたハイタバコシリーズより、今回はダークファイアを購入しました。

 一般的に、紺色のパウチはハーフスワレ系と相場が決まっていますが、商品説明によると「黒タバコ本来の味の中に吸いやすさを兼ね備え、それでいて満足感のある吸いごたえ」とあります。
 しかし、黒タバコのパウチの色は概ね黒と相場は決まっているのですが、これに関しては黒タバコとして販売しているのでしょうか。
 尤も、製法も含めハーフスワレ系と黒タバコの違いはよくわかっていないのですが、ともあれクセの強い喫味であることには変わりはないでしょう。


【パウチについて】
 他のハイタバコでも書いていますがハイタバコシリーズはパウチが特徴的で、まずジップが付いています。
 ジップ付きパウチはゴールデン・バージニア(GOLDEN VIRGINIA)ジブ(Zibb)でも採用していますが、それだけでなくマジックテープも付いています。テープの面積は小さいですが、シャグの保管としてはかなり優秀です。いわば二重ロックのようなものなので、両方をしっかりとめておけばまずシャグがこぼれることはないでしょう。


【シャグについて】


hitobacco-darkfire hitobacco 黒タバコ ハーフスワレ 手巻きタバコ RYO

 色は暗めのブラウンでシャグは乾燥しており、パウチを開けるといわゆるスワレ系特有の“カツオブシ臭”が漂います。
 私の思う黒タバコは、カツオブシというよりは炒った煮干しのようなにおいと認識しているのですが、パウチの色然り香り然り、黒タバコというよりはスワレ系でしょう。


【喫味】
 久しくスワレ系を嗜んでいないこともあってか、時々吸っていてどちらだかわからなくなりますが私の味覚ではスワレ系寄りのような喫味に思いました。
 喫味はブラックココアのような重厚なコクがありながらも同時にシャープさもあって、後味はすっきりしています。

 吸いごたえは、やはり強いです。
 他のスワレ系や黒タバコもそうですが、少しでも空腹状態だと胃の中がグルグル回っているような感じになり、ニコチン酔いしそうです。個人差はあると思いますが、気持ち小腹が空いている程度の状態で嗜んでもそのような感じになったので、最低でも腹八分目くらいの状態でないとしっかり楽しめないかもしれません。
 しかし逆に言えば、食後の一服には適していると思います。


【巻紙】
 オリジナルの巻紙ですが、スローバーニングの薄紙が同梱されています。
 しかも、触った感じでは恐らく「極薄」くらいに分類されそうなほど薄い紙で、長さも1-1/4mm(78mm)という代物です。1-1/4mmの巻紙が同梱されている銘柄は、これまた私が知る限りではナチュラル・アメリカンスピリットくらいでしょうか。そのため、レギュラーサイズのローラーをメインで巻いているひとは注意が必要です。


ハイタバコ・バージニアブレンド Hi_tobacco_VIRGINIA_BLEND ハイタバコ Hi_tobacco RYO 巻紙 ローリングペーパー 手巻きタバコ

【最後に…】
 個人的には嫌いではないですが、やはり個性が強く本格派志向のシャグです。
 私の場合は、この手のシャグは常喫ではなく多くても日に数度嗜むという頻度になりそうです。そのため、時間をかけてす最後まで消費することになるでしょう。


 

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png



▶歯周ポケットの奥まで届くデントール!







関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : シャグの感想 ハイタバコ・ダークファイア Hi_tobacco_DARK_FIRE ハイタバコ Hi_tobacco 黒タバコ ハーフスワレ

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR