FC2ブログ

ザ・ピース(The Peace)【紙巻きタバコのカスタマイズ】

The_Peace, Peace, ザ・ピース, ピース 最高級タバコ 恩賜の煙草
ザ・ピース
タール:10mg
ニコチン:1.0mg
価格:1,000円 / 20本


 このブログではこれまでに既製品の紙巻きタバコを分解・加湿して巻き直すという遊びのようなことを数回紹介していますが、今回は紙巻きタバコの最高級品であるザ・ピース(The Peace)を購入したので同じく分解・加湿してみました。


【商品について】
 厳選されたバージニア葉の中からさらに旨みが豊かな葉を選別しており、原料、ブレンド、加工、香料等、全てにおいて最高品質を保っています。
 タバコの質だけではなくパッケージも同様で、品質維持のために特製の缶パックと新開発の「アロマパック」を採用。
 また、開発当初はピースのトレードカラーである“ピース紺”を金属質の缶に表現するのは難しかったそうで、試行錯誤を重ねた結果、ようやく再現できたという話を聞いたことがあります。
 そのため価格は20本で1,000円というかなりの高額で、単純計算で1本50円です。


【パッケージ】
 まず、箱の印刷がかなり力が入っています。
 金色の部分は金箔加工が施されており、光の加減で光沢が出る仕様になっています。
 また、エンブレムは箔押しがされているので、吸い終わっても保存しておきたいほどの高級感が漂います。

The_Peace, Peace, ザ・ピース, ピース 最高級タバコ 恩賜の煙草

 これが箱から出した状態です。
 缶のエンブレムにもエンボス加工が施されています。
 缶の方のピース紺は、やや赤めに思えました。確かにピース紺ですが、少し群青色に寄っている色合いです。

 そしてフタを開けると、アルミ箔で密封されています。これがアロマパックでしょう。
The_Peace, Peace, ザ・ピース, ピース 最高級タバコ 恩賜の煙草

 左下がつまめるようになっていて、引っぱると簡単にはがせます。 
 開けた瞬間、とても中身がタバコとは思えないほど上品で高級感のあるバニラの香りが漂います。
 ショートピースの方はいかにも濃厚なバニラといった香りですが、こちらはフルーティなバニラといったところです。

The_Peace, Peace, ザ・ピース, ピース 最高級タバコ 恩賜の煙草

 剥がすとさらにゴールドのアルミで包まれており、それを除けて初めてタバコとご対面です。

The_Peace, Peace, ザ・ピース, ピース 最高級タバコ 恩賜の煙草

 こうしてみると、高級感もさることながら神々しさをも感じてしまいます。
 既に廃止されたそうですが、かつては褒賞受章者、来賓、皇室ボランティアといった、国もしくは皇室に貢献した人への謝礼として天皇から下賜されたという恩賜の煙草(おんしのたばこ)を思わせます。


【喫味】
 吸うにあたって、以下のバリエーションを考えてみました。

 【1. そのまま吸う】
 【2.フィルターを少し切って吸う】
 【3. バラして加湿せずに薄紙で巻き直す】
 【4. バラした葉を加湿して巻き直す】

 【1. そのまま吸う】
 喫味もバニラの香りもショートピースをより上品した味わいで、今までに体験したことのない芳醇でやさしい香りです。煙もかなり柔らかいので、弱めに吸い込めば舌触りが特にまろやかになります。
 一般の紙巻きタバコではまず味わえない香りで、タバコでありながら良い意味でタバコを吸っている気がしません。さすがは1,000円だけのことはあるといった感じです。
 記載のタール・ニコチンの数値にしては軽く思えますが、吸った後の余韻はしっかりしていました。もしかしたら、強めが好きな人には物足りないかもしれません。

【2.フィルターを少し切って吸う】
 軽く感じるのは、フィルターがかなり長いからでしょう。30mmはあるので、まずは10mmほど切って吸ってみました。
 当然ながら【1】より喫味は強く、風味もフレーバーもかなり濃厚になりましたが、あまり切りすぎると本来の良さを失いかねないので、仮に切る場合は程ほどにしておいた方が無難でしょう。
 
【3. バラして加湿せずに薄紙で巻き直す】
 手始めに、10本分バラしてみました。

The_Peace, Peace, ザ・ピース, ピース 最高級タバコ 恩賜の煙草

 とりあえず薄紙で巻いてみましたが、結論から言えば失敗でした。
 なぜかタバコそのものの風味やバニラの香りが悪い意味で消え、かなり味気ないものになってしまいました。今までのケースでは薄紙で巻けばとりあえず味は向上したので、かなり意外でした。
 厚手の紙でも試してみましたが、乾燥状態ならこちらの方が相性が良いようです。
 というよりも、個人的にはあまりメリットの無い方法でした。

【4. バラした葉を加湿して巻き直す】
 単純に加湿したことと、一本あたりの葉の量が異なるため更に吸いやすくなりましたがバニラの香料はかなり上品なので、好みによってはせっかくの風味が悪い意味で薄くなったと感じてしまうしれません。
 また、がっつり加湿してしまうとそのような傾向になると思われるので、好みはありますが加湿は程ほどにしておいた方が良いように思います。

 紙やフィルターも色々変えて試しましたが、私の味覚ではプレーンのスリムフィルター + 厚手の巻紙という組み合わせがベストでした。
 少し加湿しすぎたことも否定できませんが、ザ・ピースに関しては薄紙との相性は良くないように思います。


 4とおりで試した結果、私の好みでは【2】【1】>【4】>【3】でした。
 当たり前の話かもしれませんが、やはり他とは一線を画すタバコなので小細工はせずにそのまま吸うのがベストでした。


【最後に…】
 遊びにしては冒険が過ぎた気がしなくもないですが、やはり最高級品ということもあってか、一般的な既製品と同じ結果にはならないと感じました。
 とはいえ、個人的にはこの缶が手に入っただけでも買った価値はあったと思っています。

 再び買うかはわかりませんが、仮に次回購入した時は全てそのまま吸うと思います。

▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png









関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : The_Peace ザ・ピース ピース Peace 恩賜の煙草 バニラフレーバー

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR