FC2ブログ

セブンスター・メンソール 5(Seven Stars MENTHOL 5)【紙巻きタバコのカスタマイズ】

Seven_Stars_MENTHOL Seven_Stars セブンスター・メンソール セブンスター タバコ JT
セブンスター・メンソール 5
タール:5mg / ニコチン:0.5mg
価格:460円 / 20本



【商品について】
 今さら説明不要ですが、セブンスター(Seven Stars)は日本初のチャコールフィルター(活性炭)を採用したタバコとして1969年(昭和44年)に発売され、40年以上経った現在でも常に国内売り上げ上位に入っているJT製品の主力銘柄の一つです。
 今でこそ吸いごたえの強い部類に入っていますが発売当初は最も軽いタバコで、その軽さが大衆に受け入れられて爆発的な人気を得たそうです。

 そのセブンスターシリーズに、2014年4月よりメンソール版が新たに加わりました。ラインナップは単純に、タール12mg、8mg、5mgの3つです。
 これまでもセブンスター名義のメンソールタバコは定期的に販売していますがこの商品はこれまでとは一線を画しており、JTもかなり力を入れていることが伺えます。

 公式サイトの商品説明によると、

〈一般的な葉たばこに比べ、特に熟度が進んだ希少な原料である“完熟葉”をブレンド。”完熟葉“の特徴である香ばしい濃厚な香り立ち、キレのある味わいと豊かな煙量感がたばこの味・香りに一層深みを与えるとともに、メンソールのうまさを引き立てる〉

 とのことで、“いかに葉が上質か”ということをかなり強調しています。

 また、パッケージデザインも同様に力を入れています。
 これまた公式サイトによると、

〈『セブンスターのデザインをベースに、際立つメンソールのうまさとしっかりしたたばこの味わい・コクを深みのある “グリーン”で、希少な完熟葉の持つ上質な味わいを“ゴールド”で表現し、パッケージの風格と輝きを高めている〉

とのことです。
 確かに、色合いも一般印刷で使用する版の掛け合わせではなく特色を使っているようで、光の加減でパッケージに光沢が出るようになっています。
 また、おなじみの「Seven Stars」のロゴにも特殊加工が施されており、少しだけ立体的に浮き上がっています。

seven_stars_menthol_5_03.jpg


 この画像は販促ポスターですが、高級感漂う渋いデザインになっています(※画像をクリックすれば拡大します)

 因みにこのシリーズはそれぞれ「ディープメンソールボックス」「ソリッドメンソールボックス」「アラスカメンソールボックス」の後継銘柄として販売するので、入れ替わる形でこの3つは廃盤となるようです。


 そして、これがバラした画像です。とりあえず8本分をバラしました。

Seven_Stars_MENTHOL Seven_Stars セブンスター・メンソール セブンスター 紙巻きタバコ JT


 8本にしたのは、下にも感想を書きますがそのまま吸ってもじゅうぶん楽しめること、現時点で併用して吸っているシャグがまだまだ残っていること、8本程度の量であれば短時間で加湿されるだろうという理由です。


【加湿前の喫味】 
 結論から言えば、そのままでもかなり美味いです。
 “完熟葉”を謳っているだけあってか、他の紙巻きタバコよりも葉の甘さや香ばしさは濃厚で、コクもしっかりしています。口内に広がる香りも、実に心地よいです。
 これまで私が試した紙巻きタバコの多くは、加湿することで葉の甘さや香ばしさ、コク等がより引き出される傾向にありましたが、この商品は最初からその状態を維持されているという印象です。
 
 また、メンソールはかなり強いですが上品です。同じセブンスターシリーズの「アラスカメンソール」と同じくらいと思います。

 因みに、加湿しないまま薄紙で巻き直すだけでも葉の風味はより引き出される印象を持ちました。


【加湿後の喫味】  
 加湿することと、ハンドロールである以上一本あたりの葉の量が少なくなることもありますが、全体的に喫味があっさりしたくらいでした。これを「引き締まった」と感じるか「風味が薄くなった」と感じるかで好みは分かれると思いますが、私の味覚では加湿しない方が好みでした。

 やはり、ヘタに加湿したことでせっかくの完熟葉の良さが弱まってしまったようです。今回は量が少ないこともあって2時間程度でけっこうしっとりしましたが、それでも加湿しすぎたようです。

 しかしながら葉にもメンソールはしっかり添加されています。プレーンフィルターで吸ってもチェ・メンソール(Che Menthol)より気持ち弱い程度の強さはあります。


【余談】
 分離したフィルターを捨てるのももったいないので手巻き用として試してみたのですが、やはりこれだけでもメンソールはかなり強いです。恐らくピュア(PURE)・レギュラーメンソールと同じくらいでしょうか。

 因みに、紙巻きタバコのフィルターだけあって、一般的な手巻きタバコ用としてはかなりのロングサイズに該当します。直径は7mm、長さは27mmありました。
 シャグを楽しむために使用すると吸いごたえや喫味がかなり軽く感じると思います。
 また、この長さだと手巻きタバコでは一般的な長さである70mmサイズの巻紙で巻くとシャグの部分がかなり短くなってしまうので、好みに応じて何ミリか切るか、キングサイズの巻紙(長さ110mm)で巻いた方が良いかもしれません。


【最後に…】
 今回のカスタマイズに関しては、バラさずにそのまま楽しむか、たとえバラしても加湿せずにペーパーを変える程度に留めた方がより美味しく感じました。

 ともあれ、タバコ自体はかなり良質です。
 個人的には、手巻きタバコに手を出していなかったらこれをメインに買っていただろうと思うくらい気に入ったタバコです。


▼宜しければクリックをお願いします。
br_c_1470_2.gif
blogmura-logo_180.png











関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 煙草
ジャンル : 趣味・実用

tag : 紙巻きタバコのカスタマイズ セブンスター・メンソール セブンスター Seven_Stars_MENTHOL Seven_Stars JT 完熟葉

プロフィール

dada

Author:dada
手巻きタバコのブログ。シャグ・巻紙・フィルターの感想と費用がメイン。たまに紙巻きタバコ、シガリロ、煙管、加熱式タバコ、電子タバコの感想、雑記も。

カテゴリ
ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

宜しければクリックを
お願いいたします。
PR
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索
スポンサードリンク
最新記事
タグクラウド

リンク
QRコード
QR